Hatena::ブログ(Diary)

Alumino日記 RSSフィード Twitter

2012-01-08

[]深入山


1週間経ちましたが,あけましておめでとうございます.

昨年後半は登山の記事しか書いていませんでした.今年も登山ブログとして更新されることが多くなるのでは?と思いますが,よろしくお願い致します.


新年一発目の登山は雪の深入山まで.

会社の先輩がスノーシューで登山している写真を見て,これはやらねば!ということで購入+シェイクダウン


f:id:MiKe:20120109142759j:image

一昨日の雪 & 気温が低いので見事なパウダー


f:id:MiKe:20120109142800j:image

これがスノーシュー.MSRのEVO ASCENT.


f:id:MiKe:20120109142756j:image

林間コース途中から山頂への直登ルート.写真は直登し始めたところ.


f:id:MiKe:20120109142757j:image

結構キツイ!けど,スノーシューの使い方にも慣れてきてなんとか登る.


f:id:MiKe:20120109142801j:image

この写真だけ見ると,とても広島とは思えない!?


f:id:MiKe:20120109142758j:image

山頂到着!快晴ではないけど,素晴らしい景色でした.


f:id:MiKe:20120109142802j:image

山頂から.左奥の高い山が三瓶


f:id:MiKe:20120109142803j:image

中央奥に微かに見えるのが大山


てなわけで,スノーシュー楽しすぎる.

スキー部員なのに雪山を滑らず登っていていいものかとは思うけど,スキーでは味わえない雪山の楽しさを実感してしまった.

今度は軽い板を買って,スノーシューで登山,スキーで下山ってのもいいかもしれないな.


↑途中ログがバグってます.

2011-11-12

[][]剣山


いつもの会社のメンバーで剣山まで.


金曜帰宅後2時間ほど寝て,0時出発.

麓の見ノ越についたのが6時前くらいかな?朝食を食べて7時前に登山開始.


見ノ越からまずは一の森に向かう.

こちらはガスってることが多いのか,苔むした道.

f:id:MiKe:20111119001737j:image


尾根に出るとすぐ一の森.

一の森からの剣山と次郎笈

f:id:MiKe:20111119001738j:image


尾根伝いで剣山まで.

f:id:MiKe:20111119001739j:image


剣山登頂.

f:id:MiKe:20111119001740j:image


剣山から次郎笈までの尾根道は本当に美しい.

f:id:MiKe:20111119001741j:image


次郎笈で昼ごはんを食べて,下山開始.

f:id:MiKe:20111119001742j:image


のはずが,道を間違えて,もう一度剣山に登ってしまった.

f:id:MiKe:20111119001743j:image


おかげで今回の総獲得標高は結構なもんだったのかも?


帰宅は9時.活動時間は21時間!流石に疲れたよ.

これで今年の登山はおしまいかな?

2011-09-29

[][]仙丈ケ岳


もはや登山ブログです.

最後の木金休みを利用して,南アルプスまで.

最初は1泊2日での北岳を考えていたけど,金曜が雨とのことで木曜日帰り出来る仙丈ケ岳に.


水曜日,退社後に新幹線名古屋まで.名古屋からレンタカー伊那仙流荘.仙流荘で車中泊


仙流荘からの夜明けの鋸岳.

f:id:MiKe:20111002201405j:image

天気は快晴,が予報では16時くらいから曇りだすとのこと.


仙流荘からはバスで北沢峠.

f:id:MiKe:20111002201406j:image

平日の始発のバスは9時北沢峠着,最終のバスは16時北沢峠発なので7時間で行って帰ってこないといけない.

標準コースタイムは登り4時間下り2時間40分.標準コースタイムよりは早く歩けるでしょ.ということで出発.

f:id:MiKe:20111002201407j:image


5合目までは苔むした木々の間を行く.3合目くらいからそれなりの勾配になるけど,大山の階段に比べれば楽チン.

f:id:MiKe:20111002201408j:image

f:id:MiKe:20111002201409j:image


5合目をちょっと過ぎたところで,森林限界に.

雲1つ無い天気.正面には小仙丈ケ岳.

f:id:MiKe:20111002201411j:image

背後には甲斐駒ケ岳.

f:id:MiKe:20111002201410j:image


すれ違った方が,山頂は絶景とのこと.午後からは曇るかもということで,晴れてるうちに山頂へと急ぐ.


小仙丈ケ岳山頂.

f:id:MiKe:20111002201412j:image

f:id:MiKe:20111002201413j:image


富士,北岳.

f:id:MiKe:20111002201414j:image


見づらいけど,北アルプス

f:id:MiKe:20111002201415j:image


小仙丈ケ岳からの小仙丈沢カール.

f:id:MiKe:20111002201416j:image


薮沢カール.

f:id:MiKe:20111002201417j:image


小仙丈〜仙丈の尾根で見つけた羽毛.雷鳥だといいな.

f:id:MiKe:20111002201418j:image


仙丈ケ岳山頂.

f:id:MiKe:20111002201419j:image


11時半頃登頂.

f:id:MiKe:20111002201420j:image


山頂からの360度.中央アルプス〜北アルプス〜八ヶ岳〜甲斐駒〜富士〜南アルプス

D


しつこく,富士と北岳.

f:id:MiKe:20111002201421j:image


大仙丈ケ岳と大仙丈沢カール.

f:id:MiKe:20111002201422j:image


北アルプス.穂高と槍.

f:id:MiKe:20111002201423j:image


中央アルプス千畳敷カールと御岳(たぶん).

f:id:MiKe:20111002201424j:image


山頂でラーメンとおにぎりを食べてから12時半頃下山開始.

当初は薮沢沿いのルートで下山予定だったけど,あまりに景色がいいので尾根沿いの来た道をピストン


尾根沿いからの鳳凰山.

f:id:MiKe:20111002201426j:image

f:id:MiKe:20111002201425j:image


次はあれ登るぜ!

f:id:MiKe:20111002201427j:image


下山時,苔にスポットライトのように太陽が差して美しい.

f:id:MiKe:20111002201428j:image

f:id:MiKe:20111002201429j:image


14時20分頃下山.15時のバス停で仙流荘まで.

f:id:MiKe:20111002201430j:image


仙流荘で温泉に入ったのち,高遠ケルンというお店で蕎麦

f:id:MiKe:20111002203051j:image


そのまま伊那に泊まって.翌日帰広.途中木曽駒のロープウェイまで行ってみるも予報どおり雨ですぐに退散.


無茶な日程を組んだおかげで,最高の天気に恵まれた.

やっぱり登山は晴れが一番.次はどこ登ろうか?


登山記録.

2011-09-22

[]大山


1週間前の話ですが,会社のいつものメンバーで大山登って来ました.


霧雨でしたが...


山頂もこんな感じ.

D

1つ前の記事にも同じような動画があったような?


f:id:MiKe:20110930235432j:image

こちらは縦走路.そのまま天国へ行けそうな雰囲気.


f:id:MiKe:20110930235431j:image

ダイセンキャラボクの実.食べられるんかいな?


帰りは本降りに濡らされながらも無事下山.


今回は携帯でGPSログを取ってみたので,貼り付けてみる.ちゃんと見れるか?