Hatena::ブログ(Diary)

驚異のアニヲタ社会復帰への道

Prima Project

2011-12-13

対応のあるケースコントロール研究 McNemar検定

数学いらずの医科統計学PART6 CHAPTER31をRでやってみる。

 

McNemar検定の話。

ケースとコントロールが一致した、134のサンプルを抽出した。

 

¥begin{matrix}&&&case&¥¥&&risk(+)&risk(-)&sum¥¥&risk(+)&13&4&17¥¥control&risk(-)&25&92&117¥¥&sum&38&96&134¥end{matrix}

 

ケースとコントロールを対応させたままには、McNemar検定を使ってみる

data1 <- rbind(c(13, 4), c(25, 92))
mcnemar.test(data1)

	McNemar's Chi-squared test with continuity correction

data:  data1 
McNemar's chi-squared = 13.7931, df = 1, p-value = 0.0002041
library(epibasix)
mcNemar(data1, force=TRUE)

Matched Pairs Analysis: McNemar's Chi^2 Statistic and Odds Ratio
 
McNemar's Chi^2 Statistic (corrected for continuity) = 13.793 which has a p-value of: 0
 
McNemar's Odds Ratio (b/c): 0.16
95% Confidence Limits for the OR are: [-0.005, 0.39]

summary(mcNemar(data1, force=TRUE))

Matched Pairs Analysis: McNemar's Statistic and Odds Ratio (Detailed Summary):
 
                                Exposed Person: Disease Present
Control Person: Disease Present                              13
Control Person: Disease Absent                               25
                                Exposed Person: Disease Absent
Control Person: Disease Present                              4
Control Person: Disease Absent                              92

Entries in above matrix correspond to number of pairs. 
 
McNemar's Chi^2 Statistic (corrected for continuity) = 13.793 which has a p-value of: 0
Note: The p.value for McNemar's Test corresponds to the hypothesis test: H0: OR = 1 vs. HA: OR != 1
McNemar's Odds Ratio (b/c): 0.16
95% Confidence Limits for the OR are: [-0.005, 0.39]
The risk difference is: -0.157
95% Confidence Limits for the rd are: [-0.238, -0.075]

p=0.0002である。帰無仮説は、母集団オッズ比が1.0、である。

 

ケースでリスク(+)、コントロールでリスク(-)なら、うれしい・・・(1)

ケースでリスク(-)、コントロールでリスク(+)なら、まずい・・・(2)

 

合計をいじらずに、上のふたつを満たすには…と思って、(1)ケースでリスク(+)、コントロールでリスク(-)に¥Deltaの増分をつけると

 

¥begin{matrix}&&&case&¥¥&&risk(+)&risk(-)&sum¥¥&risk(+)&13-¥Delta&4+¥Delta&17¥¥control&risk(-)&25+¥Delta&92-¥Delta&117¥¥&sum&38&96&134¥end{matrix}

 

(1)も(2)も両方増える。

¥Deltaは13まで増やせるけど、¥Delta=13にしたところで、(1)のところが0というのは研究としてどうなのか…

ryamada22ryamada22 2011/12/12 22:24 層別化して解析するマンテル=ヘンツェルとマクネマーの関係についてコメントされています(誤字が散見されますが):"http://oshiete.goo.ne.jp/qa/1448354.html"
マンテル=ヘンツェル:"http://software.ssri.co.jp/ex2010/function/mantelh.html","http://d.hatena.ne.jp/ryamada22/20061201"

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/MikuHatsune/20111213/1323504215