Hatena::ブログ(Diary)

エンタメLIFEHACKERS::mikye’s daily report RSSフィード

 | 

2008-04-28

[]OUTLOOKで送信するとき自動的にBCCをつける方法

自動仕分けのルールだとCCは設定できてもBCCは設定できないんですよね。以下のようにやります。

f:id:MikyE:20080428121512j:image


1.OUTLOOKを開いてAlt+F11を押す

2.VBAエディタが開く。左上のツリーを開いて(なにもいじったことなければProject1という名だと思う)、ツリーに出てきたOUTLOOKアイコンを右クリック→コードの表示

3.以下のコードを張って閉じる。以上。

Private Sub Application_ItemSend(ByVal Item As Object, Cancel As Boolean)

Dim objMe As Recipient

Set objMe = Item.Recipients.Add("myaddress@mydomain.dom")

objMe.Type = olBCC

objMe.Resolve

Set objMe = Nothing

End Sub

※ myaddress@mydomain.domBCCで送りたいメアドに変えてください。

僕はGoogle Apps経由のGmailをPOPでOUTLOOKで受け取り、OUTLOOKで送信の際にGmailへこの方法で自動的にBCCしてます。こうすると送信メールがGmailバックアップされるし、iGoogleログインしたどのPCからでも送信メールをGoogle Desktop検索できるようになりますからね。

「素直にOutlookやめてGmailにすればいいやん」と思うでしょうけど、OUTLOOKの方がGTDやりやすいんですよねぇ。。そこらへん書こうと思うんですけどムック一冊ぐらいの量なのでめんどくさくてなかなか手をつけられない(笑)。→書きました


PS.Outlook Security Updateのエラーが出る場合はこちらのコードで。

Private Sub Application_ItemSend(ByVal Item As Object, Cancel As Boolean)

Dim objRecip As Recipient

Dim strMsg As String

Dim res As Integer

Dim strBcc as String

' #### USER OPTIONS ####

' address for Bcc -- must be SMTP address or resolvable

' to a name in the address book

strBcc = "someone@somewhere.dom"

On Error Resume Next

Set objRecip = Item.Recipients.Add(strBcc)

' handle case of user canceling Outlook security dialog

If Err = 287 Then

strMsg = "Could not add a Bcc recipient " & _

"because the user said No to the security prompt." & _

" Do you want still to send the message?"

res = MsgBox(strMsg, vbYesNo + vbDefaultButton1, _

"Security Prompt Cancelled")

If res = vbNo Then

Cancel = True

Else

objRecip.Delete

End If

Err.Clear

Else

objRecip.Type = olBCC

objRecip.Resolve

If Not objRecip.Resolved Then

strMsg = "Could not resolve the Bcc recipient. " & _

"Do you want still to send the message?"

res = MsgBox(strMsg, vbYesNo + vbDefaultButton1, _

"Could Not Resolve Bcc Recipient")

If res = vbNo Then

Cancel = True

End If

End If

End If

Set objRecip = Nothing

End Sub

いけこいけこ 2008/10/05 19:10 BCCメールアドレスの指定箇所で、アカウントごとにメールアドレスを変更したかったのですが、
MailItem.SendUsingAccount.SmtpAddress プロパティで取得できましたので、報告いたします。


------------------------------------------------
Private Sub Application_ItemSend(ByVal Item As Object, Cancel As Boolean)
Dim objMe As Recipient
Dim strBcc As String
strBcc = Item.SendUsingAccount.SmtpAddress
Set objMe = Item.Recipients.Add(strBcc)
objMe.Type = olBCC
objMe.Resolve
Set objMe = Nothing
End Sub
------------------------------------------------

YasYas 2009/08/11 21:11 ”OUTLOOKで送信するとき自動的にBCCをつける方法”ありがとうございます。
こういうの探していたんです!!!
これで”会社1”、”会社2””自宅”のメールが送受信共にストレスなくgmailで一括管理できます。
本当は”携帯”のメールもgmailで一括管理といきたいとこですが、Docomoなのであきらめました。
(gmailに受信したメールはすべて携帯に転送させていますが・・・・閲覧用として)
次に携帯を換える時は転送サービスのあるauにしたいです。
本当、感謝、感謝です。

bukinbukin 2011/02/10 22:26 有益な情報、ありがとうございます。

最初、上の方法(1.〜3.の手順)で上手く行きませんでした。
その原因が分かりましたので、ココを読まれる方のご参考までに。
私のOutlookでは、セキュリティレベルが“高”になってまして、
そのために、このマクロが実行出来ない状態でした。
“中”に変更したら、動作するようになりました。

そういえば、Excelなんかにもレベルの設定があったけど、Outlook
にも同じようなものがあり、さらに、そのせいで動かないなどとは、
そもそも思ってもみないことでした。

盲点でした。

手順1.〜3.どおりにやって動かない方、セキュリティレベルの設定を
確認してみてください。

bukinbukin 2011/02/10 22:28 有益な情報、ありがとうございます。

最初、上の方法(1.〜3.の手順)で上手く行きませんでした。
その原因が分かりましたので、ココを読まれる方のご参考までに。
私のOutlookでは、セキュリティレベルが“高”になってまして、
そのために、このマクロが実行出来ない状態でした。
“中”に変更したら、動作するようになりました。

そういえば、Excelなんかにもレベルの設定があったけど、Outlook
にも同じようなものがあり、さらに、そのせいで動かないなどとは、
そもそも思ってもみないことでした。

盲点でした。

手順1.〜3.どおりにやって動かない方、セキュリティレベルの設定を
確認してみてください。

bukinbukin 2011/02/10 22:31 大変申し訳ない…。
投稿がダブってしまいました。orz

MikyEMikyE 2011/02/11 10:08 bukin様

セキュリティレベルの情報を補っていただき、ありがとうございます。

happy2happy2 2012/06/22 11:45 こちらのHpの情報で設定をして、その時の動作確認ではメール送信して、指定のBccメアドへも送信できたのですが、
一度終了させてから再度試してみたら、Bccへの送信はできませんでした。
セキュリティレベルの設定を変えるとのご指摘も考えましたが、設定を変える場所が分からず(見当たらず)・・・
[ツール]⇒{セキュリティーセンター」⇒[マクロのセキュリティー」の『すべてのマクロに対して警告を表示する』にチェックを入れてみたら、動きました。
ただこの設定をすると、Outlook起動時に毎回警告を表示してきます。
この状態で使用してもいいのでしょうか?
ちなみにOutlook2007使用です

MikyEMikyE 2012/06/22 16:53 >happy2 みません。ちょっとすぐ思いつきません。どなたかおわかりになる方、コメントいただければ幸いです。

kanmeikanmei 2013/04/02 15:51 このページのお世話になったので、お礼がてら解決方法です。
Office をインストールすると selfcert.exe というものがインストールされていると思います。(無ければ microsoft から download できるようです)
エクスプローラーなどで selfcert.exe を探して、起動してください。
適当な文字列を入れて、閉じてください。これで自分の署名が出来ました。
Outlook を立ち上げた後 ALT+F11 に上記コードを入れて、
[Tools]-[Digital Signature]
を選択して、"sign as" の "choose" をクリックし、先ほど作ったデジタル署名を選択してください。
次の Outlook の起動時に Warning が出ると思いますが、そのときに「この署名のものを常に信頼する」という一番左のボタンが選択できるようになっていると思いますので、そちらを選択して Outlook を立ち上げてください。
これで warning のうるささから開放されると思います。

yhyh 2015/08/21 13:31 下記URLでselfcert.exeを直接使用せずにデジタル署名の作成等ができましたので共有させて頂きます。
https://support.office.com/ja-jp/article/%E3%83%9E%E3%82%AF%E3%83%AD-%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82%AF%E3%83%88%E3%81%AB%E3%83%87%E3%82%B8%E3%82%BF%E3%83%AB%E7%BD%B2%E5%90%8D%E3%82%92%E8%BF%BD%E5%8A%A0%E3%81%99%E3%82%8B-956e9cc8-bbf6-4365-8bfa-98505ecd1c01?ui=ja-JP&rs=ja-JP&ad=JP

wedoitwedoit 2016/01/01 22:34 OutlookNoMissAddinは簡単、迅速に導入できるOutlook専用誤送信対策ソフトです。
利用者はパソコンにインストールするだけですぐに誤送信防止ができ、
メールサーバやOutlookの特別設定、環境ファイル設定などは一切いらないです。

主な機能:

送信前にミス/誤送可能性のあるところを一目で分かる

宛先間違を検出、目視チェック
敬語ミス、文法ミス、タイポを検出
添付ファイル漏れを検出
添付ファイルを自動圧縮&暗号化
パスワード通知メール自動作成
メール遅延送信(社内、社外、それぞれ)、一時保留
雛形テンプレート利用により驚くほどメール作成スピードアップ!

一度使うと、手を離せない!
http://superdbtool.com/blog/archives/1009

テンプレートの利用により、常にBCC、CCをすることはとても簡単です。

kawaguchikunkawaguchikun 2017/04/05 13:50 こんにちは。
私は、Power Toys for Outlookを使って、Outlook上でのBCC自動追加機能を使用しています。
こちらはEVOというソフトが最近アップデートして、使用可能になったアドインのようです。
CC自動追加機能はOutlookが本来もっている機能ですが、BCC自動追加に関しては対応させるのに私も困っていました。
私のようなPCの知識の無い者にも簡単に設定できましたし、出費も他と比べるとお値打ちだと思います。
無料トライアルもありますので、宜しければご参考にしてください。

lemonzlemonz 2017/05/18 16:28 複数人を自動BCC送信させたい場合は
どのようにすればよいでしょうか?

Set objMe = Item.Recipients.Add("aaa@abc.com","bbb@bcd.com")

Set objMe = Item.Recipients.Add("aaa@abc.com"or"bbb@bcd.com")

Set objMe = Item.Recipients.Add("aaa@abc.com")
Set objMe = Item.Recipients.Add("bbb@bcd.com")

適当に3つの実験をしましたができませんw
ご存知の方よろしくおねがいします。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

 | 
Connection: close