Hatena::ブログ(Diary)

宮台真司の「日本の難点」

このサイトは4月18日発売される「宮台真司」初の新書『日本の難点』(幻冬舎新書)のキャンペーンブログです。このサイトでは、年5月10日ABC本店で行われる発売記念イベントで宮台さんにぶつける質問を広く募集しています。詳しくはこちらまで。また、書籍の詳細等もこのブログ内で随時紹介していきます。

2011-11-11 やってみたら、こうだった このエントリーを含むブックマーク

辛酸なめ子の現代社会学

辛酸なめ子の現代社会学

宮台真司氏(社会学者)、激賞!

昨今万事が喜劇だと感じられるのはなぜか。

辛酸なめ子さんはその理由を明らかにした。

「閉じていて過剰なもの」が溢れるからだ。

「過ぎたるはなお及ばざるが如し」と言う。

本書には僕たちの「過ぎた営み」が満載だ。

愛すべき「終らない空回り」だらけの現代。

明快な分析に爆笑して…出家したくなった。


結論。「人間がこの世で手に入れたものは、スーパー銭湯で一時的に借りたタオルのようなものにすぎない」。社会と上手につながるための辛酸なめ子流現代社会学。


ある時、著者は気がつきました。私のしていることは、すべて取材である、と。では、何のために取材をするのか。それは、功徳を積んで、善行マイレージを貯めて、いつの日かアセンション(次元上昇、昇天)するためだ、と。この取材の数々は、この世で名前をつければ「現代社会学」と呼べるものばかり。複雑多様化する社会の中、現代人たちはどのように社会とつながりを持ち、日々を送っているのか。モテブーム、純愛ブーム、スローライフ、○○王子、KYモンスターペアレント萌えブームなどなど、世の中を駆け抜け盛り上げた社会現象たちをテーマに、実地を歩き、体験し、話を聞いて、写真を撮り、文章にまとめ、エッセンスとして漫画に昇華しました。本書は、社会となんとかつながりを持とうとしてきた著者の抱腹絶倒、孤軍奮闘の壮絶な記録です。

2011年11月11日(金)

最近のナンパのやり口に物申す!

ノンフィクションライター・郷田ゴーさんの「ナンパ」を題材にしたルポ本「やってみたら、こうだった」。本の内容と宮台さんの経験を通して、コミュニケーションツールとしての「ナンパ」を紹介します!さらに宮台さん独自の視点で語る「女性」についてもお話をします!それではポッドキャストをお楽しみ下さい!

TBS | 404 NotFound

実録! 美女ナンパ突撃ルポ やってみたらこうだった (宝島SUGOI文庫)

実録! 美女ナンパ突撃ルポ やってみたらこうだった (宝島SUGOI文庫)

2011年11月11日(金)のニュースランキング

1.巨人・清武代表が号泣会見「渡辺会長はプロ野球私物化

2.会見延期から一夜。総理、きょうTPP交渉参加表明へ

3.少年院出所後、4割が再犯、3割が暴力団へ(犯罪白書

4.ザックジャパンアウェーの劣悪ピッチの中、タジクと対戦

5.「パソコンの明かりが支え」トルコ地震で救出の邦人女性

6.オリンパス。助言会社が孫請け契約。不正隠避の狙い?

7.「1ミリシーベルト以上は除染政府が基本方針を閣議決定

8.年金改革。厚生、共済年金の一元化法案を提出へ

9.「1」並びの今日、ピラミッドで「怪しげな儀式」?閉鎖決定

10.死亡事故受け、60年続いた天竜川下り船が廃止に


TBS RADIO AM954 + FM90.5 | URL変更のお知らせ