Hatena::ブログ(Diary)

気がつけばベルトを着けている

2010-10-11 PHPMatsuriに参加してきました。そいやっ

こんにちは
新ライダーオーズが安定した面白さで毎週日曜が楽しみなMochi2ですタトバ
先日ハッカソンイベントPHPMatsuriに参加させていただいたのですが、
これがとてもよい経験になったので、感想を投稿させていただきたいと思います。

f:id:Mochi2:20101012002240j:image

PHPMatsuriに参加してきました

2010/10/02〜2010/10/03に晴海グランドホテルにて開催されたハッカソンイベントPHPMatsuriに参加してきました。
海外から、CakePHPsymfonyLithiumのコア&リードデベロッパを招待しての、たいへん贅沢なイベントす。
詳細は公式ページから確認いただければと思いますが、土曜の朝から日曜の夕方まで(人によっては徹夜で)もくもくと開発したり技術講演を聞いたりワークショップしたり、(一般の方から見ると)非常にクレイジーな催しでした。

祭りの詳細は、参加者の皆様がとてもすばらしいまとめを書いてらっしゃるので、こちらをご覧ください。
感想ブログ、写真 » PHP Matsuri
この投稿では個人的なKPTや感想なんかをつらつらあげさせていただきます。
普段symfonyで開発しているので、symfony成分多めです。

f:id:Mochi2:20101002204748j:image

会場ではPHPフレームワークのロゴを模したケーキがふるまわれました。うまい!

チャレンジ&KPT

チャレンジ
  • 新しい技術(Lithium or Symfony2)にチャレンジする
  • 海外の開発者に英語で話しかける
  • 普段勉強させて頂いている開発者に話しかける(そしてお礼を言う)
  • 成果物を発表する

Keep:良かったこと
  • 新しい技術にチャレンジ
    • PHP 5.3.3環境を構築することが出来ました
    • Symfony2 について開発者本人の言葉として知ることが出来ました
    • Symfony2 で簡単なアプリを作成することができました
  • 海外の開発者に英語で話しかける
    • ランチで偶然同席した、@さんに英語で話しかけることが出来ました
    • @さんに話しかけて一緒に写真を撮ってもらえました
  • 開発者に話しかける
    • ウノウ(現ZyngaJapan)の開発者さんからsymfony 1.4でのアジャイル開発事例と、functionalテストにおける問題点や解決アプローチを聞くことが出来ました
    • OpenPNE@手嶋屋の開発者さんとお話しさせていただき、よい刺激をいただきました
  • 成果を発表
    • 作成したネタアプリを発表することができました
    • 発表についてSymfony賞をいただけました

Problem:改善したいこと
  • 英語で話しかけると言っても「Thank you」「OK」程度だった
  • Symfony2の中身が変わりすぎてて大混乱。たいした機能を実装できなかった
  • 発表内容がネタ9割で、技術的に特筆するべきポイントがなかった
  • 他の開発者さんの発表に対して質問が出来なかった
  • プレゼンの内容が日本語のみで、海外の開発者さんがポカーンだった

Try:次回挑戦したいこと
  • 技術に根ざした価値を持つ発表をする
  • 他の開発者さんの発表に対して、自分にとっても他の参加者にとっても有益な質問をする
  • 海外の開発者さんに、普段技術的に疑問に思っていることを質問し、回答をいただく程度の会話をする

成果物

  • 発表したネタアプリを見たいと仰ってくださった方がいたので、さくらVPSを利用して公開してみました。
    • 孤独のグルメネタアプリはこちら
    • 私の好きなシーンをランダムでただただ表示し続けるネタアプリです
    • 本番環境ではdebug toolbarすら表示されないのでSymfony2で作られていることがわかる要素が皆無です。
  • Symfony2でのアプリの作り方やさくらVPSでの公開の流れなんかは別記事としてアップしたいとおもいます。気が向けば

感謝の気持ち

運営の皆様に感謝
  • イベントを開催してくださった@さん、とてもよい経験をさせていただきました。ありがとうございました
  • イベントを運営してくださったスタッフの皆様。お疲れさまでした&ありがとうございました
  • お祭りへの参加を促してくださった@さん。ありがとうございました
参加者の皆様に感謝
  • すばらしい講演、ワークショップの講師をしてくださった開発者の皆様
  • 個性的な成果を発表してくださった発表者の皆様
  • すばらしい情熱と開発の楽しさを体現してくださった参加者の皆様
  • 本当に、ありがとうございました。

その他お礼

  • とくにsymfonyでのアジャイル開発の事例紹介とTDDワークショップで講師をしてくださったIKEMEN JIREI KNIGHTの@さん、ありがとうございました。
  • @さんに話しかける際に助けてくださった@さん、ありがとうございました。
  • 同室になって私の下らないお話を聞いてくださった@さん、ありがとうございました。
  • 発表する勇気がなかった私に、「何かコミットメントしないと」と背中を押してくださった、@さん、ありがとうございました。
  • 20代前半という若さにも関わらずSymfony2についてのすばらしい情報をプレゼンしてくださった@さん、@さん、ありがとうございました。非常によい刺激をいただきました。

あと、日本語symfony情報が欲しい方は日本symfonyユーザー会へ行ってみるといいと思います

  • お祭りに参加した印象として、CakePHPLithiumがとても人気で、symfony人口は比較的少なめなのかなと感じました。
  • 日本語のsymfony情報は、日本symfonyユーザー会さんが、活発に&よい情報を発信してくださっています。未見の方はぜひ。
    • いつもすばらしい情報を発信してくださっているユーザー会の@さん、@さん、ありがとうございます。この場を借りて
    • ユーザー会がmottomotto盛り上がるとよいなーと祈っております。

気がついたら邦楽ラップもかくやという感謝率、あやうく産んでくれた母親に感謝までいくところでした。
ちょっと気持ち悪いことになってきたのでこの辺にしておきます。

f:id:Mochi2:20101003215310j:image

いただいたもの

もうちょっと技術的に突っ込んだ記事を書けるようにならないといかんなと反省しつつ、今日はおやすみなさい