ベルナール・ド・モンフェラン の日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2005-12-27 ご挨拶 / Message このエントリーを含むブックマーク

ご挨拶

新たなる任務のために、大使として3年を過ごした日本を離れる事になりました。そこで、このブログは今回で終了します。定期的にアクセスされ、コメントを寄せてくださった皆様に感謝します。必ずしもご要望に応じられなかったかも知れませんが情報を提供し、コミュニケーションを図ろうとする上で皆様には支えていただきました。この国を去るにあたり、グローバル化に巧みに適応した日本への称賛を惜しみません。常に文化とアイデンティティーを大切にしつつ、将来に向けた研究への多大なる努力を忘れずに、難しい改革を推進し、時には賃金のベースダウンや早期退職へとつながりかねない回避困難な社会的な負担を受け入れて来られました。

近年、日本とフランスは真のパートナー国になりました。もちろん、古くからお互いの文化に対する憧れはありました。ですが、両国の関係はもっと前進したのです。5年前にフランスは第2の対日投資国となり、約500のフランス企業が日本に進出しています。大学や研究面での協力も多く実現しています。政治の分野でも世界平和に貢献するべく重要な課題について話し合って来ました。今まで以上にしっかりとした多国籍のシステムを作り上げようと努力しています。フランス安全保障理事会常任理事国としては唯一、日本の常任理事国入りを可能とする決議案の共同提出国でした。また、フランスはEUが独自の分析や地域的なプレゼンスによって北東アジアの安定と対話の促進に寄与して行くべきであると願っています。

国際社会の団結をより強固なものとし、紛争を解決するべく政治的意志を持ち、責任ある行動ができる国が必要とされているからこを、日仏関係はこれらかも良好であろうと確信しています。



 駐日フランス大使

 ベルナール・ドゥ・モンフェラン


Message

Après trois ans passés au Japon comme Ambassadeur, je vais quitter ce pays pour exercer d'autres responsabilités. Il est donc temps de mettre un terme à ce blog. Je voudrais remercier tous ceux qui ont suivi ces chroniques régulières et qui m'ont fait part de leurs commentaires. Même si je n'ai pas toujours répondu à leurs attentes, qu'ils sachent qu'ils m'ont aidé dans ma tâche de communication et d'information. Je quitte le Japon, rempli d'admiration pour un pays qui a si bien su s'adapter à la mondialisation. Il s'est réformé malgré les difficultés et malgré les coûts sociaux inévitables (parfois même des baisses de revenus et une plus grande précarité de l'emploi), tout en restant toujours fidèle à sa culture, à son identité et en regardant toujours l'avenir grâce à un effort considérable en faveur de la recherche.

La France et le Japon sont devenus ces dernières années des partenaires importants. Depuis très longtemps nous avons une attirance de sentiments pour nos cultures respectives. Mais nous avons été beaucoup plus loin. Depuis 5 ans la France est devenue le deuxième investisseur étranger au Japon ; cinq cents entreprises françaises sont actives au Japon. Nos coopérations dans la recherche et entre universités sont nombreuses. Dans le domaine politique, notre dialogue traite de toutes les questions importantes pour la paix du monde. Nous travaillons ensemble à créer un système multilatéral plus fort. La France a été le seul membre permanent du Conseil de Sécurité à co-parrainer la résolution en faveur d'un siège permanent pour le Japon au Conseil de Sécurité. La France souhaite que l'Union Européenne contribue par ses analyses et par sa présence à la stabilité de l'Asie du Nord Est et à y développer un climat de dialogue.

Je suis très confiant que ces relations continueront à se développer à l'avenir car la société internationale a besoin de pays responsables qui mobilisent leur volonté politique pour résoudre les crises et créer une société internationale plus solidaire.

Bernard de MONTFERRAND

pippopippo 2005/12/27 21:32 ブログをいつも楽しみにしていました。3年間ほんとうにお疲れ様でした!

LeiermannLeiermann 2005/12/28 00:30 いつも貴 blog を興味深く拝見させて頂いておりました。貴国の文化を愛する一日本人として、両国関係の発展に尽力された大使閣下のご努力に、この場を借りて敬意と感謝の意を表したいと思います。どうもお疲れ様でした。

akoako 2005/12/28 00:58 私は、日本のある会合でモンフェラン閣下のスピーチに大変感銘をうけたことから、フランス文化に興味を持ち始め、フランスについてより深く勉強を志すようになりました。閣下が日仏関係の集いに率先しておいでになり日仏間の交流の促進を深めようとされたこと、ブログでの情報発信、フランス現代美術週間などで大使公邸を一般開放されるなど、一般の人たちに対しても窓口を開かれたことが、両国関係の真の発展に多大に貢献されたことと思います。閣下のブログがなくなるのはとても残念ですが、次なる任地でもそのお人柄できっと親仏家を増やされることでしょう。益々のご活躍を祈念いたします。

takataka 2005/12/28 14:12 いつもブログを読ませて頂いており、日本とフランスの強い結び付きを再認識しながら、お互いの国の在り方について色々と考えさせられました。3年間本当に有難うございました。

s yanos yano 2006/01/02 17:40 Thank your Excellency,
It is greatest pleasure for you to touch us directly and disclose
your frank opinions. May this year be a properous one to you and your families.
We miss you and your diary.Please be back to Japan some day.

official@kemalgekic.jp

12341234 2006/01/05 09:19 なんかもう、遅いようですがいまさらフランス映画の「地下鉄のザジ」に感動しました。アニメ映画の監督、宮崎駿の作品よりおもしろかったです。
自分が面白いフランス映画を見られる環境にいなかったことを痛感しました。
マジですみません・・・。

若年寄り若年寄り 2006/01/05 20:12 モンフェラン大使閣下、貴大使は、日仏交流発展に大変立派な貢献をされました。大使の、常に高い見識と誠実なご発言には、いつも感銘をうけておりました。大使のような方が、国際社会に一人でも多くなれば、世界のきしみも減っていくだろうと思います。そして、フランス文化の深さ、幅広さが、いまや、世界で求められています。大使の、今後益々のご活躍を遥かに祈っております。

rootxrootx 2006/01/06 12:38 Thank you. ベルナール・ド・モンフェラン

竹山智康竹山智康 2006/01/13 12:39 何回かコメントを書かせてもらいました。3年間お疲れ様でした。

2005-12-16 香港での交渉の本当の目的/Le vrai but des négociations de Hong このエントリーを含むブックマーク

香港での交渉の本当の目的

香港におけるドーハ・サイクルの交渉は単に理論上のものではありません。この交渉の行方が韓国の稲作従事者やマリの綿花栽培者の雇用と生活を脅かしかねないのは明らかです。大勢のアフリカの人々に薬品を供給する手立てにもなります。同時に先進国から貧しい国への投資を促すものです。このように重要な利権に影響を及ぼしかねないので、慎重であるのと同時に釣り合いを考慮しなければなりません。

・ 市場の開放自体は好ましいことですが、自由主義以上に抽象的な宗教であってはなりません。50年来のEUの成功の秘訣は共同政策、規制、そして調整を伴なう完全な市場の開放によって得られたものです。もしも市場開放が共同農業政策を中断させるものであれば、環境や農業物加工業を揺るがしかねないので、それが目的ではありません。共同農業政策を破棄したらヨーロッパの農民は何を失うのでしょうか?逆に利益を得るのは誰でしょう?様々な研究が行われた結果、利益を得るのは貧しい国々ではなく、オーストラリアニュージーランドカナダ米国だそうです。果たしてこれは私達が望むことでしょうか?貧しい国々を支援するには開発援助のような手段が必要であるとヨーロッパでは考えているからこそ、EUは世界一のODA供給地域なのです。

・ 妥協点と勝ち得た条件の均衡なくして合意はできません。ドーハ・ラウンドの波及効果に世論が敏感になって行く風潮がありますので、それぞれの国では説得するためにも釣り合いの取れた合意内容が必要です。農業問題の妥協は結構ですが、新興工業国からの工業製品に対する市場開放の努力、発展に向けた、言葉だけでなく、実を伴なった先進国による全体的な動き等を通してバランスを考えるべきでしょう。社会制度や生産システムに支障をきたさずに、世界的な経済成長へとつながる成功のためには、このような均衡の取れた内容が望まれます。

駐日フランス大使

ベルナール・ド・モンフェラン


Le vrai but des négociations de Hong Kong

Les négociations du cycle de Doha à Hong Kong ne sont pas un exercice de théorie. Chacun voit bien qu'elles affectent dans leur emploi et dans leur vie des hommes et des femmes comme les riziculteurs de Corée ou les cultivateurs de coton du Mali. Elles peuvent permettre un accès à des médicaments à des millions d'Africains. Elles peuvent favoriser plus d'investissements de pays riches dans les pays pauvres. Les intérêts en jeu sont tellement importants qu'il faut agir avec prudence et équilibre :

- L'ouverture des frontières est en soi une bonne chose, mais pas plus que le libéralisme elle ne doit être une religion abstraite. Le secret de la réussite de l'Europe depuis 50 ans c'est une ouverture totale des frontières, mais accompagnée de politiques communes, d'une régulation et d'un contrôle de marchés. Si l'ouverture des frontières veut dire casser la politique agricole commune, cela ne peut être un objectif, car sans cette politique que deviendrait notre environnement, que deviendrait notre industrie agroalimentaire ? Si l'on cassait la PAC on voit bien ce que perdraient les agriculteurs européens. Qui en seraient les bénéficiaires ? Toutes les études montrent que ce ne seraient ni les pays pauvres, ni les pays émergents, mais l'Australie, la Nouvelle Zélande, le Canada et les Etats-Unis. Est-ce cela que nous voulons ? Les Européens savent que pour aider les pays pauvres il faut d'autres mesures et en particulier de l'Aide publique et c'est pour cela que l'Europe est le premier apporteur d'aide du monde.

- Il ne peut y avoir d'accord sans équilibre entre les concessions et les avantages obtenus. Chacun de nos pays a besoin d'un tel équilibre pour "vendre" un éventuel accord à des opinions publiques de plus en plus sensibles aux effets du Doha round. Concessions agricoles oui, mais équilibrées par un effort d'ouverture sur les produits industriels par les pays émergents, mouvement généralisé des pays industriels en faveur du développement et pas seulement effets d'annonce... Ce n'est qu'avec de tels équilibres que nous obtiendrons un succès qui confortera la croissance mondiale sans casser des systèmes sociaux ou des systèmes de production.

Bernard de MONTFERRAND

N.O.N.O. 2005/12/27 01:23 ノブレス・オブリージュ!
EUの農民の保護も大切ですが、富める国と貧しい国の経済の不均衡を是正するのはもっと大切です。テロの拡大を防ぐためにも先進国で足並みをそろえて譲歩すべきところは譲歩し、公正な世界を実現して欲しいものです。

2005-12-07 ドーハ・ラウンドにおけるEUとフランスによるたいへん前向きな提案/ このエントリーを含むブックマーク

ドーハ・ラウンドにおけるEUフランスによるたいへん前向きな提案

世界中で、貿易面で最も開かれた国であると自負するからこそ、フランスドーハ・ラウンドの成功を願っています。国境の一層の開放によって、今まで以上の利益がもたらされると信じています。ですからこそ、EUの均衡の取れた交渉内容を支持して来たのです。ですが、現段階で他のパートナーが提案に充分に応えていないと感じています。

途上国にとって有益であるのがドーハ・ラウンドの優先事項である筈なのに、このままでは発展面に関する大きな前進が見られません。EUは世界一の援助地域です。例えばEUは最貧国49ヶ国から関税も、制限もなしに輸入を行っています。途上国からEUが輸入している農産物は米国カナダ・日本・豪州ニュージーランドを合算させた輸入量を上回るものです。そうした貧しい国に対して、我々のパートナー国はもっと努力をするべきです。

今回の交渉は問題の一端にすぎない農業に集中しすぎました。この分野では共同農業政策を見直して、EUは大きな努力をして来ました。援助の総額を減らし、価格や量との連携を解く事でマイナス効果をなくしました。2000年6月の「Farm Bill(米国農業政策)」を通して援助を大量に増やしている米国のような国による、国内改革を期待する権利がEUにはあります。特にブルキナ・ファソのG.D.P.以上の額に相当し、アフリカのサブサハラ地域での生産を脅かす、綿花への援助を廃止するよう希望します。

それ以外にも、市場アクセス、原産国表示や貧しい国の薬品に対するアクセス等にも努力が成されるべきであると考えます、

EUはたいへんに前向きな提案を行いました。EUの存在がなければ一切の前進ができなかったでしょう。

駐日フランス大使

ベルナール・ド・モンフェラン


L’Union Européenne et la France font des propositions très positives dans les négociations de Doha

La France souhaite le succès du cycle de Doha parce qu’elle est l’un des pays les plus ouverts du monde au commerce extérieur. Elle a donc tout à gagner à une plus grande ouverture des frontières. C’est pour cela qu’elle a soutenu les propositions de négociation équilibrées de l’Union Européenne. Mais aujourd’hui, elle estime que les autres partenaires n’ont pas répondu suffisamment à ces offres.

Trop peu a été fait pour le développement alors que le cycle de Doha devrait être en priorité au bénéfice des pays en développement. L’Union Européenne est le premier apporteur d’aide du monde. L’Union Européenne importe sans tarif et sans limitation tous les produits des 49 pays les plus pauvres. L’Union Européenne importe davantage de produits agricoles en provenance des pays en développement que les U.S.A., le Canada, le Japon, l’Australie et la Nouvelle Zélande réunis. Nos autres partenaires doivent faire un effort supplémentaire en faveur des pays pauvres.

La négociation s’est concentrée sur les questions agricoles qui ne sont qu’un élément du problème. L’Union Européenne a fait dans ce domaine un effort considérable pour réformer la politique agricole commune. Nous avons diminué le montant des aides, nous les avons découplées des prix et des quantités ce qui supprime leurs effets négatifs. Nous sommes en droit d’attendre que des pays comme les Etats-Unis réforment eux aussi leurs aides qu’ils ont massivement augmenté à l’occasion du Farm Bill de juillet 2000. Nous demandons à ce qu’ils suppriment leurs subventions au coton qui sont supérieures au P.I.B. du Burkina Faso et qui menacent le coton de l’Afrique subsaharienne.

Nous souhaitons aussi que des efforts soient faits pour l’accès au marché, sur les appellations d’origine et sur beaucoup d’autres sujet dont l’accès aux médicaments pour les pays pauvres.

L’Union Européenne a fait des propositions très positives. Sans elle, aucun progrès n’aurait pu être fait.

Bernard de MONTFERRAND

2005-11-30 フランスにおける新たな産業・研究政策/La nouvelle politique indus このエントリーを含むブックマーク

フランスにおける新たな産業・研究政策

フランソワ・ロース産業担当大臣が日本を訪問中です。大臣の訪日の目的はフランスの新しい研究・技術刷新に関する取り組みを説明するためです。これは企業、研究所、大学、そして地元の公共機関との連携を強めるためで、それぞれの垣根を取り除いて基礎研究から研究開発と技術への応用を促進するためです。まず政府は地方ごとに研究テーマを絞って、自発的に提案するように呼びかけました。結果として、15の国際的水準のクラスターと52の国内的に優秀なクラスターを認知することになりました。最も重要な判断基準は、それぞれのクラスターの中で、企業がいかに重要な役割を果たせるかという事です。つまり、クラスターの定義とは地方自治体の支持を受けた、刷新的な協力可能なプロジェクトを中心とした、企業、研究所、教育機関による地理的に限定された集合体です。研究所で芽生えたアイディアを速やかに企業に移転して製品化し、それぞれの段階で然るべき教育を受けた人材を活用するのです。クラスターには税制上の優遇措置が認められます。

また、競合するプロジェクトの中から選ばれたものを財政的に支援するために15億ユーロの予算を持つ国立研究庁を開設しました。

この方針の背景には次の二つの主要な考え方があります。

1-官民の研究を一体化する

2-プロジェクトごとの財政負担と研究を実施する。

 フランス側では、真のグローバル化を目指して、日仏間のクラスターの関係強化を望んでいます。

 フランス政府は、これからもこの方針の推進のために、多大なる予算を投じる所存です。それは、この政策がフランスの産業面での地位の維持に役立つからです。

駐日フランス大使

ベルナール・ド・モンフェラン


La nouvelle politique industrielle et de recherche en France

Le Ministre de l'Industrie français, M. Loos, est en visite au Japon. Son but est d'expliquer la nouvelle politique française de la Recherche et de l'innovation technologique. Le but est de favoriser le travail en commun des entreprises, des centres de recherche, des universités et des institutions locales. Lever les barrières entre ces acteurs permettra de favoriser le passage de la recherche fondamentale à la recherche développement et à la technologie. Pour cela le gouvernement a lancé un appel à la concurrence en demandant que les acteurs se regroupent par régions et par thèmes et lui fassent des propositions. Après étude, il a ensuite sélectionné 15 pôles à vocation mondiale et 52 à vocation nationale. L'un des critères de choix de ces pôles a été que les entreprises y jouent un rôle moteur. Un pôle de compétitivité est défini comme la mobilisation dans un espace géographique limité, d'entreprises, de laboratoires et d'organismes de formation, autour de projets coopératifs innovants, avec le soutien des collectivités territoriales. L'idée est de faire germer des idées dans les laboratoires de recherche pour les transférer rapidement dans des produits fabriqués par les entreprises et que ces dernières s'appuient sur les compétences des personnes issues des organismes de formation spécialisés du pôle pour les mettre en œuvre. Ces pôles de compétitivité disposeront d'avantages fiscaux.

Nous avons aussi créé une Agence nationale de recherche qui va disposer de 1,5 Milliards d'Euros pour financer des projets de recherche industrielle sélectionnés après mise en concurrence.

Deux idées principales inspirent cette politique :

- la fin des frontières entre recherche publique et industrie.

- le financement et la recherche sur projet.

Notre souhait est de développer des liens étroits entre les pôles de compétitivité français et les "clusters" japonais pour faire de la recherche qui soit réellement globale.

Le gouvernement français a la volonté politique de mettre des moyens financiers importants au service de cette politique. C'est la condition qui permettra à la France de rester un grand pays industriel.

Bernard de MONTFERRAND

Takamasa.N.SiggersTakamasa.N.Siggers 2005/12/26 03:27  これにも一言。産業・研究の育成を期待されるのであれば、地方ごとではなく、その産業にとって重要なキーマンおよびキーデバイスを確保した状態で緻密な仕様書に基づく開発および開発体制を築かない限り、他に対して優位を保った研究開発などできません。大規模プロジェクトであれば特に顕著です。

 Ifremerの内情を見る限り、研究リソースを集約しただけで、その組織規模でWHOIやSOCに追いつくことは出来ても、出し抜くのは研究者個人の能力や業績はともかく、組織としては著しく困難と言わざるを得ません。

 これでは本当に「地位の維持」のためだけの計画なのではないでしょうか?

2005-11-22 東京でのフランス現代美術週間の意義/Semaine de l'art contemporain このエントリーを含むブックマーク

東京でのフランス現代美術週間の意義

この度、東京の代表的なギャラリーにおきまして、2005年11月21日から27日の1週間、フランスのアーティストを同時に紹介する運びとなりました。この機会にフランス大使公邸も一般に公開して、同様にフランスのアーティストの作品を展示します。こういった試みにより大使公邸が公開されるのは初めてのことです。

東京フランス現代美術週間を開催する運びとなったのにはいくつかの理由があります。

最初の理由は、フランスの「旬」の創作活動を皆様により良く知っていただくことです。フランスにおける創作活動は多様で、活力に溢れているだけでなく、あらゆるものを一から問い直す能力を持っています。つまりこれらの創作活動は、独自の方法で現代社会を表現し、体感しているのです。そこには現実の世界と同様、主観性と一過性、単純さと概念的な探求、ユーモアと真面目さ、荒々しさと詩情とが不思議なまでに入り混じっています。

また、私はこの催しが、日本のギャラリーフランスとの関係を強めるのに役立てばと望んでおります。アーティストと一般の人々をつなぐのはギャラリーです。これは、と思うアーティストを自ら選び出し、そのプロモーションを行うのはギャラリーの役割です。この企画がこうした活動を応援するものになればと願っています。

日仏間におけるアートの対話は、アーティスト間のみならず、観客との間においても常に実りあるものでした。この催しは、そうした対話の継続に貢献することとなるでしょう。極めて異なる作風の作品の集合であっても、おのおのがしっかりとした伝統文化の基に着想された作品であれば、それは新たな発想の源になりうるだけでなく、私達の感性を刺激するものだからです。

今回ご協力くださったギャラリー小柳、ミヅマアートギャラリー、小山登美夫ギャラリー、ケンジタキギャラリー、ナガイファインアーツ、ギャラリー五辻、エルメス、アニエス・ベー、そして原美術館の関係各位に感謝いたします。また、先日のヴェネチア・ビエンナーレにおきまして金の獅子賞を受賞したアーティスト、アネット・メサジェ女氏を含む十数名のフランス人アーティストがこの機会に来日できましたことを大変嬉しく思っております。


駐日フランス大使

ベルナール・ド・モンフェラン


Semaine de l'art contemporain français à Tokyo

Hier soir nous avons inauguré à la Résidence de France la semaine de l'art contemporain français au Japon.

Pendant la semaine du 21 au 27 novembre 2005. Quelques-unes des meilleures galeries de Tokyo ont accepté de présenter au même moment des artistes français. La Résidence de France sera ouverte au public à cette occasion pour accueillir elle aussi ces artistes. Cette ouverture est une "première".

Pourquoi une semaine de l'art contemporain français à Tokyo ?

D'abord pour mieux faire connaître la création française actuelle. Elle est diverse. Elle a une grande vitalité et une capacité à tout remettre en cause. Elle exprime et vit à sa manière le monde d'aujourd'hui. L'on y trouve, comme dans notre monde, un extraordinaire mélange de subjectivité et d'éphémère, de simplicité et de recherche conceptuelle, d'humour et de sérieux, de violence et de poésie.

J'espère aussi que cette semaine aidera les galeries japonaises à renforcer leurs liens avec la France. Ce sont les galeries qui mettent en contact les artistes avec le public. Ce sont elles qui prennent le risque de choisir un artiste et de le promouvoir. Je souhaite que cette semaine les conforte dans leur action.

Cette présentation contribuera à la poursuite du dialogue artistique franco-japonais qui a toujours été extrêmement fructueux, aussi bien entre les artistes qu'avec le public. Le contact d'œuvres si différentes, mais inspirées par une très forte tradition culturelle, est souvent à l'origine de nouvelles idées et stimule nos sensibilités.

Je remercie particulièrement les galeries Koyanagi, Mizuma Art, Tomio Koyama, Kenji Taki, Nagai Fine Arts, Itsutsuji, Hermès, Agnès B et le musée d'art contemporain Hara. Et je suis très heureux qu'une dizaine d'artistes français dont Annette Messager qui a gagné le Lion d'or à la dernière Biennale de Venise aient pu venir au Japon à cette occasion.

Bernard de MONTFERRAND

なっくんなっくん 2005/11/23 23:49  本日、フランス現代美術週間のことを知り、早速、大使公邸を拝見させていただきました。素敵な建物と空間に対し、作品がとても似合うように展示されていて良かったです。スタッフ方の対応も素敵でした。
 あと、大使閣下の日記の存在も本日知りました。この場を持って感謝申し上げます。

NONO 2005/11/24 09:21 今度の大使はオープンですね!
私も行ってみようかな?

starbowstarbow 2005/11/26 23:58 本日大使館を拝見させて頂きました。
眺望やら作品やら建物やら、よいものを見ることができました。

ひとつだけ。
フランス大使館への道や、案内(坂の上の入り口が正しい入り口だとか)が不親切であったのが気になりました。

またこのような機会を待っております。

ThomasThomas 2005/12/05 13:51 A quand une opération similaire à Kyoto où les artistes contemporains Français résident en nombre ?!
Kyoto serait-elle oubliée par les autoritées françaises...?