週間ハロー!プロジェクト批評。・・・の残骸 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-08-25 393「誠意ってなんだろうね」 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント


「モーニング娘。誕生10年記念隊 コンサートツアー2007夏〜サンキューMy Dearest〜」に関する大切なお知らせ



コンサートを休むという事そのものについて、ボクは別にどうこう思う所もないし、

まして病気になった事を、自己責任がどうとか言って責めるつもりも毛頭ない。

病気なんて、罹る時はどれだけ気をつけていたって罹るものだし、

夢売り商売とは言え、所詮は生身の人間が相手のこと。

こんな事態も、あって不思議ではないとは思う。

だが、そこに至るまでのプロセスが、例の如くのお粗末ぶりというか、

相変わらずファン感情を逆なでするような、ちゃらんぽらんさのオン・パレード

必要最小限の「誠意」すら見えてこない事務所の対応には、ため息しか出てこない。


先週末、大阪での10年記念隊コンサートの公演中、突然ステージからいなくなった後藤真希

その後、共演者から、退場の理由が体調不良である旨の説明があったという。

ケガや病気で、ステージから突如演者が捌けて行くのを目の当たりにするというのは、

ボクにも何度か経験があるが、見ていてあまり気持ちの良いものではない。

何があったのか心配になるし、終演後には、何とも言えない後味の悪さも残る。

なにより、その人間目的に観ている者にしてみれば、「この後はもう出ません」などと言われて、

一体どうしろという話で、これはもう、絶対的に気持ちの良い出来事ではない。

ただ、それだけなら「まあしょうがない」と思いもできるかも知れないが、

その翌々日の21日には、なんと韓国へと赴き、イベントに颯爽と登場したというからたまらない。

心配していたファンにしてみれば、元気な姿を見られて良かったというところなのかも知れないが、

傍目から見れば、「体調万全でないのに韓国って…」などとつい思ってしまう。

案の定というかなんというか、韓国イベントから3日経った今日になって、仙台公演までの病欠が発表され、

チケの払い戻しだなんだと、てんやわんやの大騒ぎとなっている。

だいたい彼女は、8月8日のお台場でのイベント病欠しているのだから、その段階、あるいはもっと前の段階で、

記念隊のステージを務め上げられるだけの体力が無い、という判断はできなかったのだろうか。

もちろん本人の意思というのもあっただろうし、決断に踏み切れない様々な事情もあるに違いない。

だが、莫大なチケットの払い戻し、各方面にかかる多大な迷惑というものを考えれば、

例えば、セットリストやフォーメーションの変更。あるいは代役の起用など、

ツアー開始までの間に、最悪の結果を回避する為にでき得ることはいくらでもあっただろうし、

早めの決断があれば、少なくとも、今回のような突然の出演キャンセルという事態だけは、

なんとか避ける事ができたと思えるだけに、非常に残念だ。

この事務所の危機管理能力の無さ、そして状況判断のヘタさは、今年になって何度も目撃してきているが、

依然として体質の変わっていない所を、改めて露呈した形となった。


ボクは後藤一人がステージに出てこないからと言って、チケット代を払い戻す必要はないと思う。

もっと言えば、昨今、何かあるたびに行われる払い戻しについても、ボクは極めて否定的だ。

「何が起こっても、金さえ返しておけばそれで済む」

おそらくそんな空気が、事務所の体質の中に含有されているからこそ、

喉元過ぎればなんとやらで、次から次からこういう不祥事を生むのだろう。

数千円の金や、型どおりのお詫びの文句が誠意などでは決してない。

後藤真希がいないのなら、他のメンバーの力やサポートメンバーをフル活用して、

パワーダウンを感じさせないものを作ればよいのだ。

そして、がっかりしている後藤ファンに「まあこれはこれでアリかな」と思わせるようなステージ提供し、

開いた穴を完全な形で補填する事こそ、真の誠意なのではないかとボクは思うのだが。

103790