Hatena::ブログ(Diary)

MoonMt.Lab IT開発技術 調査報告書 RSSフィード

2013年08月26日

単体テスト実施時にテストのカバレッジを計測するツール:EclEmmaプラグイン

テストのカバレッジとは、テスト対象となるソフトウェア全体のうち、テスト実施部分が占める割合のことである。

EclipseJUnit(S2JUnit4を含む)を使用してテストを実施する場合、EclEmmaプラグインを用いることで、テストのカバレッジを計測することができる。

今回は、EclEmmaプラグインのインストールと使い方について紹介する。

<インストール方法>
Eclipseのメニューバーの[ヘルプ(H)]-[Eclipseマーケットプレース(M)...]を選択する。
f:id:MoonMtLab:20130826062634p:image

表示されたダイアログの検索欄に「EclEmma」と入力し、【実行】ボタンを押す。
インストール対象の「EclEmma Java コード・カバレッジ」が表示されるので、【インストール】ボタンを押す。
f:id:MoonMtLab:20130826062635p:image

下記ダイアログが表示される。変更の必要は無いので、【確認(C) >】ボタンを押す。
f:id:MoonMtLab:20130826063334p:image

ライセンスのレビューが表示されるので、読んで問題なければ、「使用条件の条項に同意します(A)」を選択して、【完了(E)】ボタンを押す。
f:id:MoonMtLab:20130826063651p:image

インストールが開始される。途中、Eclipseを再起動して良いか聞いてくるので、同意する。

<インストールの確認>
インストールが正しく行われたかを確認するには、テストクラスを右クリックし、表示されるメニューに「カバレッジ(V)」が追加されていれば、問題なくインストールされている。
f:id:MoonMtLab:20130826063652p:image

<カバレッジの計測方法>
テストクラスまたはテストクラスが格納されたパッケージを右クリックし、[カバレッジ(V)]-[2 JUnitテスト(2)]を選択する。
f:id:MoonMtLab:20130826064609p:image

<実行結果>
ビューにカバレッジが表示される。
f:id:MoonMtLab:20130826064610p:image

また、カバレッジを満たしていないコード部分を赤く色付けしてくれる。
f:id:MoonMtLab:20130826064611p:image

<お勧め書籍>
 

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/MoonMtLab/20130826/1377467826
Connection: close