Hatena::ブログ(Diary)

Motoharuの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2016-05-29

吉川浩満著『理不尽な進化ー遺伝子と運のあいだ』(2014)

理不尽な進化: 遺伝子と運のあいだ

理不尽な進化: 遺伝子と運のあいだ

99.9%の生物種が消える?「絶滅」から生命の歴史を眺める!この世は公平な場所ではない?進化論が私たちに呼び覚ます「魅惑と混乱」の源泉を、科学と人文知の接点で掘り当てる、進化思想の冒険的考古学!

まえがき
この本のテーマ/誰のための本か/この本の由来

序章 進化論の時代
進化論的世界像――進化論という万能酸
みんな何処へ行った?――種は冷たい土の中に
絶滅の相の下で――敗者の生命史
用語について――若干の注意点

第一章 絶滅のシナリオ
絶滅率九九・九パーセント
遺伝子か運か
絶滅の類型学
理不尽な絶滅の重要性

第二章 適者生存とはなにか
誤解を理解する
お守りとしての進化論
ダーウィン革命とはなんだったか

第三章 ダーウィニズムはなぜそう呼ばれるか
素人の誤解から専門家の紛糾へ
グールドの適応主義批判――なぜなぜ物語はいらない
ドーキンスの反論――なぜなぜ物語こそ必要だ
デネットの追い討ち――むしろそれ以外になにが?
論争の判定

終章
理不尽にたいする態度
グールドの地獄めぐり
歴史の独立宣言
説明と理解
理不尽にたいする態度
私たちの「人間」をどうするか

あとがき/参考文献/人名索引/事項索引

189

199

399

片岡剛士著『日本経済はなぜ浮上しないのかーアベノミクス第2ステージへの論点』(2014)

消費税増税のダメージで、今年度の実質GDPがマイナス成長になることも予想される日本経済。こんな状況でさらに消費税を引き上げたらどうなってしまうのか?真にとるべき政策は何なのか?無用な誤解や神話をすべて取り除き、まっさらな視点で読み解く、この国のこれから。

はじめに 日本経済、本当のところ、どうなのか?
第1章 アベノミクス1年目で起きたこと
第2章 円安なのになぜ輸出が増えないのか
第3章 長期円高の大きな後遺症
第4章 消費税増税で沈む日本経済
第5章 増税を延期し、アベノミクスを再機動せよ
おわりに 経済失政は繰り返されるのか
付録 よくわかる!国際収支統計の仕組み

吉原直樹,近森高明編著『都市のリアル』(2013)

都市のリアル

都市のリアル

さまざまな境界的問題,それらをめぐる力学を都市論を軸に有機的につなぎ,いまの都市の姿に迫る。就職・労働・地域・文化・医療など各論から,あるいは現代的な都市問題,防犯や犯罪リスク,災害復興などを扱う目線から提示する都市のアクチュアルな社会学。

序 章 「ゆらぐ都市」から「つなぐ都市」へ 吉原直樹, 近森高明
第1部 問いのなかの都市
 第1章 計画と開発のすきまから――人間不在の足跡を読む 清水亮
 第2章 都市は甦るか――不安感の漂うなかで 高橋早苗
 第3章 不安の深層から――見えない犯罪の裏側を探る 菱山宏輔
 第4章 働くものの目線――サービス産業化する都市の内側 田中研之輔
第2部 ゆらぐ都市のかたち
 第5章 見えない家族,見える家族――イメージの変容から 永井暁子
 第6章 あるけど,ないコミュニティ――町内会のゆくえ 小浜ふみ子
 第7章 きしむワーク――行政のはざまで 筒井美紀
 第8章 生と死のあいだ――都市高齢者の孤独に向き合う医療と介護 伊藤喜高
第3部 つなぐ都市へ
 第9章 新しい絆のゆくえ――ソーシャル・キャピタルのいまを解く 伊藤喜高
 第10章 文化を編みなおす――夢物語から立ち上がる 高橋雅也
 第11章 サウンドスケープ今昔――あふれる音の向こうに 小泉恭子
第4部 都市のリアル
 終章─1 上からと下から――都市を見る漱石の目,鴎外の目 吉原直樹
 終章─2 《都市的なるもの》の救出――ベンヤミンを補助線にルフェーヴルを読む 近森高明

第1章 計画と開発のすきまから――人間不在の足跡を読む

〈住宅〉の歴史社会学―日常生活をめぐる啓蒙・動員・産業化

〈住宅〉の歴史社会学―日常生活をめぐる啓蒙・動員・産業化

第2章 都市は甦るか――不安感の漂うなかで

都市化の社会学 (1978年)

都市化の社会学 (1978年)

巨大都市の危機と再生―ニューヨーク市財政の軌跡

巨大都市の危機と再生―ニューヨーク市財政の軌跡

今野健一 , 高橋早苗「ニューヨーク市における犯罪の減少と秩序維持ポリシング」『山形大学紀要』. 社会科学 38(2), 37-58, 2008-02-15 【リンク
第4章 働くものの目線――サービス産業化する都市の内側

組織エスノグラフィー

組織エスノグラフィー

第5章 見えない家族,見える家族――イメージの変容から

概念としての家族―家族社会学のニッチと構築主義

概念としての家族―家族社会学のニッチと構築主義

第6章 あるけど,ないコミュニティ――町内会のゆくえ
既読

地域再生の罠 なぜ市民と地方は豊かになれないのか? (ちくま新書)

地域再生の罠 なぜ市民と地方は豊かになれないのか? (ちくま新書)

第11章 サウンドスケープ今昔――あふれる音の向こうに

歌う国民―唱歌、校歌、うたごえ (中公新書)

歌う国民―唱歌、校歌、うたごえ (中公新書)

平安京 音の宇宙―サウンドスケープへの旅 (平凡社ライブラリー (508))

平安京 音の宇宙―サウンドスケープへの旅 (平凡社ライブラリー (508))