Hatena::ブログ(Diary)

読書録 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2013-03-14 『玉村警部補の災難』 海堂尊 著

[]玉村警部補の災難 09:05 玉村警部補の災難を含むブックマーク 玉村警部補の災難のブックマークコメント

玉村警部補の災難 (『このミス』大賞シリーズ)

玉村警部補の災難 (『このミス』大賞シリーズ)

久しぶりの海堂作品だが、相変わらず?面白い。

このミステリーがすごい!』掲載を単行本化した内容。玉村警部補が、デジタル・ハウンドドックの加納警視正の指示で、田口医師が関わった事件について確認に訪れたという設定で、4つの事件が紹介される。他の著作で田口医師が活躍したという事件とは、これのことだったのか、とパズルが埋まっていくような感覚があった。本当は時系列で読んで行った方が良いのだろうけど・・。どの本からだったか、この本にも「桜宮市年表」というのが巻末についていて、年代と事件、出来事が時系列で並んでいるので、一連の作品を思い起こすこともできた。テーマはAi=死亡時画像診断の必要性や、医師と司法の境界線の問題などが、ふんだんに盛り込まれていたが、Ai情報研究推進室長という肩書を持つようになった今の立場で、ブルーバックスに書いていた時とどう変化したのか知りたいとも思った。ネトゲの『ダモレスクの剣』はやったことがないけど、その分野への造詣も深いとは、なかなかなものだ。なお、『極北ラプソディ』がテレビドラマ化されるようなので、以前のようにテレビ⇒小説の時とは違う感覚が味わえるのではないかと期待している。

(目次ー引用)

0不定愁訴外来の来訪者

1東京都二十三区内外殺人事件:厚生労働省班会議出席

2青空迷宮

3四兆七千億分の一の憂鬱:積雪観測小屋殺人事件(雪下美人殺人事件)

4エナメルの証言:竜宮組幹部連続自殺事件

{3/8-14読了、記入は同日}

藍色藍色 2013/07/16 16:21 短編集は初めてだったのですが、大変楽しめました。
やはりシリーズを読んでいる方が楽しめるとは思いますが、短編それぞれ独立しても面白く読めると思います。
トラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。

MrBooPapaMrBooPapa 2013/07/20 10:14 藍色さん、コメントありがとうございます。海堂さんの作品は、ほんと面白いと思います。最新作も入手はしたのですが、逆にまだ読めていなくて・・
また、トラックバックも今気づいたので送信してみましたが、うまくいったかどうか?
今後ともよろしくお願いいたします。