Hatena::ブログ(Diary)

読書録 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017-11-13 『オレたちバブル入行組』 池井戸 潤 著

[]オレたちバブル入行組 12:53 オレたちバブル入行組を含むブックマーク オレたちバブル入行組のブックマークコメント

オレたちバブル入行組 (文春文庫)

オレたちバブル入行組 (文春文庫)

 ドラマで高視聴率を記録した「半沢直樹」シリーズの第一巻。実はドラマも途中からだったので、東京編からは見ていたのだが、この大阪編については今回初めて接した。

 登場人物の性格付けや、どんでん返しの展開、どうやって東京のポストに戻ってきたのかなど、理解をふかめることができ、期待にたがわず面白かった。ドラマの大阪編も、また再放送があれば見てみたい。


発刊した文藝春秋のサイト→ http://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784167728021


 印象に残った言葉から以下を引用

p290:半沢のことば「オレは基本的に性善説だ。相手が善意であり、好意を見せるのであれば、誠心誠意それにこたえる。だが、やられたらやり返す。泣き寝入りはしない。十倍返しだ。そしてー潰す。二度と這い上がれないように。…」

p362:新野剛志氏の解説「働く者すべての心にずしりと来る。そして、どんなに小突かれても折れない半沢の姿、組織に従いながらも譲れない一線、捨てられない矜持が見えてきたとき、明日も働く元気がわいてくるはずだ」



{2017/1110-13読了、記入は18土曜}

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/MrBooPapa/20171113