吹風日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006年9月13日 原爆は本当に8時15分に落ちたのか、止められた時計、14万の歴史 このエントリーを含むブックマーク

8時15分で止められた時計

1945年8月6日広島において人類最初の核攻撃が行われました。原爆が投下された時刻、8時15分は子供でも知っております。ところが、この「8時15分」という時刻に疑いをもつ被爆者たちがいます。今日は、原爆が投下されたあの瞬間、人類が何を失ったのかについて考えます。

 「お母さんはねえ、どうもあの時から、神経過敏になってね。あんな音を聞くと、つい、さっきのようにあわててしまって……」

 「あの時からって、あの原爆?」と私はたずねた。

 「ええ」と答えると、母は縫い物の手をやすめて、私の顔をじっと見つめた。

 私は自然母の顔から視線をそらした。

長田新編『原爆の子』より

時事ネタ」という言葉を知らぬ当ブログ。秋の気配すら感じるこんな時期に「原爆」ネタです。この時点で、3人ぐらいしかついてきてないような気がしますが、がんばります。

広島市に原爆が投下されたのは、8時15分。これは、もはや国民的常識といっていいでしょう。そして、この数字を疑う理由などこれっぽっちもありません。なんといっても、わずか60年前、数十万人が直接体験した歴史的事件なのです。こんなことをいちいち疑っていたら、正常な社会生活は送れません。

ところが、これを疑問をもつ人がいました。中条一雄『原爆は本当に8時15分に落ちたのか―歴史をわずかに塗り替えようとする力たち』です。一見、トンデモ陰謀論かと思わせるタイトルですが、さにあらず。元新聞記者らしい、足で集めた地道な情報でかためた労作です。

中条自身も被爆者です。同窓会はいつも最後には原爆の話題になるといいます。あるとき、中条の友人の一人が、原爆は、実は8時6分に落ちたのだと言い出します。これがすべての話の発端でした。

その友人は、原爆投下の日、高級時計ロンジンを友達から預かっていました。毎朝NHKの時報を聞いて時刻を合わせるのが習慣でした。被爆直後、時計が壊れていないか心配で反射的に時計を見たそうです。「八時六分を鮮明に覚えている。絶対に間違いない。」

うーん、しかし、あの混乱の中ですからねえ……。

ところが、中条は、その後さまざまな証言をかきあつめ、資料をあさり、施設を訪れ、8時15分という定説に、実は明確な根拠がないことを明らかにしていきます。詳しくは原著にあたってください。

しかし、この本、あまり話題になっていないようです。私の知る限りでは、finalventさんが何度か言及されているぐらいです。

まあ、無理もないところです。なぜかといいますと、この本、結局のところ、「ではいつ原爆が落ちたのか?」という質問に答えを出せなかったんですね。これはがっかりです。我々一般大衆がほしいのは、「答え」ですよ。真実を常に探求する姿勢こそが大切だ、というのはありがたい教えですが、やっぱここはスパッと「本当は8時6分に落ちた」って言い切ってくんないとさー。そしたら「97へぇ」出して、ぐっすり寝られるというものです。

ところで、私は上のほうで無造作に「8時15分に根拠がない」と書き散らしたわけですが、しかし、反論が山ほど来そうです。例えば、原爆資料館にある、8時15分で止まった時計はどうなのか? 右上に写真をあげておきましたので、御覧ください。これは『原爆は本当に8時15分に落ちたのか』に掲載されている写真を私が勝手に撮影したものです。見覚えありますよね?

当然、中条も、この時計については考えています。ちょっと『原爆は本当に8時15分に落ちたのか』の議論のサンプルとして、この懐中時計について考えてみることにしましょう。

まず、中条は、時計が動きを止める外的な原因を考えます。原爆のエネルギーは、爆風の衝撃波、熱線、放射線の3つの形で放射されました。原爆資料館の時計は、ゼンマイ式の懐中時計ですから、止まる原因は、熱か爆風です。

中条は、熱によって時計が止まるのは、火災により時間をかけて時計が熱せられた場合である、としています。実際、中条は自宅から父が愛用していた焦げた懐中時計を発見しましたが、それは九時半で止まっていたそうです。それにしても、実際に被爆した人だけあって、具体例がナマナマしておりますな。

でも、原爆の熱線は、爆心地の瓦を蒸発させるほどだったとか言うじゃないですか。私としては、一応、原爆の熱線で一撃停止した可能性も考えたいです。つうわけで、さくっと見積もってみます。適当に読み飛ばしてください。

Wikipediaの「広島市への原子爆弾投下」の項によれば、熱線の威力は、爆心地から1km先で1平方センチあたり23カロリーだったそうです。原爆資料館の時計は爆心地から1.6kmのものです。ここでは、大ざっぱな見つもりをしたいだけなので、1平方センチあたりの熱量を20カロリーとします。

懐中時計の大きさは、直経5cmぐらいですかね? ならば面積は約20平方センチ。正面からすべての熱線を受けたとして、20*20=400カロリー。時計が熱を吸収しやすい鉄でできていたとします。鉄の比熱は0.1。重さは? まあ50gを切ることはないでしょう。

以上の数値をもとに計算すると、懐中時計の温度上昇は、400÷0.1÷50=80度となります。さすがは原子爆弾ですね。1.6km先の物体を、ほぼ一瞬で(水が)沸騰する温度にまで熱しています。

とまあ、仰々しく計算しましたが、これは正面から熱線を受けた場合の話です。だいたい、モノは懐中時計ですから、文字通り「懐中」にあればほとんど熱は来ません。原爆資料館の懐中時計は、文字盤が白色ですし、金属光沢で反射する分も考えれば、おそらく実際の温度上昇は、この5分の1もなかったのではないか。

どうやら熱で停止した可能性はなさそうです。となると、爆風による衝撃しか考えられない、ということになります。

中条の議論に戻ります。中条は、爆風で止まったとすれば、「文字盤が歪むなど別の外部的な損傷が必ず生じるはず」である。しかし、この時計は「あまりにも損傷のなさから見て、どんな衝撃で針が止まったのか理解し難い」と指摘します。確かに、表面のガラスが完全に破壊されてふっとんでいることを考えると、針が「原爆投下時間」を指したまま止まる、というのは不自然だと、私にも思えます。

被爆に耐えた時計は、他にも何十個とあるそうです。その中で、最も「8時15分」に近いものが資料館に選ばれた、ということではないでしょうか?

それならば、この時計は、「8時15分」の根拠にはなりませんね。

このようにして、中条は、「神話」を一つ一つ潰していくわけです。その過程は、なかなかスリリングです。まあ、結局オチがつかないんですけど。

ところで、私はちょっと面白いことに気づきました。右上に貼ってある懐中時計の秒針を見てください。画像がちっこくて申し訳ありませんが、32秒あたりを指しているはずです。この時計の写真は、『原爆は本当に8時15分に落ちたのか』の表紙にも使われており、そちらではよりはっきりと「32秒」が確認できます。

ところがですね。ネットにある、同じ「原爆資料館の懐中時計」の写真を見てください。ちょっとお行儀悪いですが、画像に直リンしときます。→画像1画像2

見ていただければただちに分かると思いますが、このリンク先の写真では、秒針が指しているのは「40秒」あたりなんです。なんと秒針が動いています! えー!?

時計が勝手に動くわけはありませんから、だれかが動かしたのでしょう。可能性としては、わざと動かしたか、知らないうちに動かしてしまったか、当然どちらかです。

故意に針を移動させたとしたら、それはもう、この時計の信憑性なんてハナからありゃしねえってことです。なぜ秒針の位置を変える必要があるのか、その理由はさっぱり分からんちんですが、ともかく、そんなことする人なら、長針を勝手に15分の位置に合わせるぐらいのことはするでしょう。

一方、知らないうちに針が動いてしまったのだとすれば、それは要するに、この懐中時計の針というものはそのぐらい動きやすいものだってことでしょう。であるならば、この時計が指している8時15分という時刻をうのみにするのは、実にバカバカしい話ですよねえ。

ともかく、それはやっちゃいかんだろ、という感じですな。この時計の存在意義は「原爆が爆発した瞬間に止まった時計」というところにあるのですから、たとえ秒単位だろうと、ズレちまっちゃあ興ざめでしょ。資料館の職員の方々は、ちゃんと時間合わせましょうよー。

さて、「8時15分で止まった時計」をめぐって長々と話してきましたが、結局のところ、広島に原爆はいつ落下したのでしょうか。上で書いたように、中条にもその結論は出せなかったようです。

しかし、私は話は簡単だと思います。原爆は8時15分に落ちたのだし、同時に8時6分にも落ちており、人によっては8時11分であり、またある人には8時20分かもしれず……要するに、人それぞれの時間に落ちたのです。

ああ、このペテン野郎は、ついに意味不明のブログの書きすぎで頭がイカれたか、と思われたことでしょうが、私は大真面目です。別に、相対性理論における固有時間の話などしたいわけではありません。

原子爆弾が爆発したというのは、単なる物理的現象です。今もこの瞬間に、人類の1億5000万km上空では、1秒間に広島型原爆6兆発分のエネルギーが太陽から生まれています。しかし、それは、我々にとって何の歴史の1ページでもありません。物理現象は、人間に何らかの意味をもたらして、初めてそれは歴史となるのです。

そう。歴史は、人の中にあります。

1945年12月末、放射線による急性障害がいったん収束した時点で、広島では原爆によって約14万人が死亡したと言われています。その14万人それぞれに、違う原爆が、違う世界が見えていたはずです。ならば、原爆投下時間が人それぞれ、いくつもあったって、別にいいじゃないですか。

あの日消えたのは、14万の命であり、肉体であり、笑顔であり、涙であり、絶望であり、希望であり、そして、歴史でありました。

今はただ、その歴史、1つ1つに黙祷を。

たこやき坊主たこやき坊主 2006/09/16 07:19 アメリカ軍の作戦資料が最も正確なんでしょうけれど…
八時十五分。誰にとっても悲しみでしかない瞬間ですね。

美和子美和子 2006/09/16 10:32 はじめまして。
どの日記もとても興味深い内容で新鮮な広がりを感じながら
学ばせていただいてます☆
さまざまな時を材料にして
生き生きとした命を繋げる歴史が
人の源の目的なのだ感じる広島在住人でございます。

MrJohnnyMrJohnny 2006/09/17 19:17 たこやき坊主さん、アメリカ側の資料については、『原爆は本当に8時15分に落ちたのか』で中条が7つの資料を検討しています。「8時15分17秒投下、16分ジャスト爆発」が4つ、「8時15分30秒投下、16分20秒爆発」が2つ、「8時15分ジャスト投下、15分43秒爆発」が1つ、です。

中条は、「8時15分」は作戦予定時刻であるが、エノラ・ゲイが離陸したテニアン島から広島までの2700kmをほぼ予定通りに飛行するとは考えがたく、これらの数字はあとづけでひねり出されたのではないか、と推測しています。実際、こう数字がばらばらな以上、いくつかの数字は捏造されているわけですし。

まあ、何時何分であれ、まったく、「悲しみでしかない瞬間」ですね。同感です。


美和子さん、ありがとうございます。「さまざまな時を材料にして生き生きとした命を繋げる」という言葉はいいですね。そういうブログでありたいものです。

痛風に吹かれて痛風に吹かれて 2006/10/20 16:10 こつこつとエントリーを拝読させていただいております。
哲学者の木田元さんは「闇屋になりそこねた哲学者」の中で
江田島兵学校の教習中に投下の瞬間を目撃したと書いています。
googleすると
佐伯彰一さんとの雑誌対談で8:06説を述べているような。
ここでは本とちょっと異なる記述です。
本でも対談でも水泳中とあったので、時間はどうやってみたのでしょうか。
青黒い空を見たと「闇屋」にはあり、「ぴかっと光った」「爆風」と
対談にはあり。

MrJohnnyMrJohnny 2006/10/20 19:24 痛風に吹かれてさん、面白い情報でした。なるほど、一人の人間にとっての「歴史」であっても、微妙に揺れていくものだ、ということかもしれません。それにしても、「青黒い」とは。何気ない言葉ですが、現場を想像するしかない人間にはけして言えない言葉ですね……。

櫻井規善櫻井規善 2010/01/21 22:29 なるほど、興味深い情報ですね。
しかし、時間は関係ないですね。

たしかにたしかに 2010/08/29 16:02 時間の誤差はあるかもしれませんね。ただ起きた事実は変わりませんね。

安田安田 2010/10/06 01:36 やはり文化の違いというのはあるのでしょうね。

taktak 2010/10/06 22:00 事実は事実ですからね。
でも、胸が痛みます。

歳 2010/10/20 16:31 歴史にも様々な背景があります。
必然とはいえ、つらいものもあります。

aaaaaa 2010/10/22 16:38 過去から目をそむけることはできませんね。

ゆえゆえ 2010/10/26 22:53 おっしゃる通り、各々の世界観などは
異なっているものですからね。

tutututu 2010/11/02 12:15 私が考えていたこと。
おそらくそうなんだろうと思います。

teikinteikin 2010/11/05 07:37 難しい問題です。
融資される方は低金利の方がいいよね、やっぱり。

たくたく 2010/11/24 16:40 偶然も必然には違いないのかなぁ、と
感じてしまいます。

らいとらいと 2010/11/26 04:03 多分そういう観点ではなかろうかと
感じております。

くるりんくるりん 2012/04/03 16:29 難しいですけどそうなんだと思います。

製本印刷製本印刷 2012/04/17 10:17 なるほどやっぱりそうなのですね。

真城真城 2012/04/24 18:21 僕もそう思います。

いつもいつも 2012/05/15 14:00 分析としては事件性はないと考えるのが妥当でしょう。

keikei 2013/07/06 00:11 難しいですけどそうですか

linklink 2013/09/17 18:37 いい記事ですね。

ニキビ太郎ニキビ太郎 2014/01/30 21:31 なんか色々と考えさせられました。
歴史から学ぶことは大切ですね。

ぽぽんS6000ぽぽんS6000 2016/05/28 17:49 勉強になりました。ありがとうございます。
原爆が上から落ちたとの常識を疑ってみてください。
見えてくるものが必ずあると思います。

ぽぽんS6000ぽぽんS6000 2016/05/28 17:49 勉強になりました。ありがとうございます。
原爆が上から落ちたとの常識を疑ってみてください。
見えてくるものが必ずあると思います。

へのへのもへじへのへのもへじ 2017/02/10 20:16 私には意味のある本でした。忘れさられている本を取り上げて下さり有難うございました。

平和が一番平和が一番 2017/08/13 22:17  初めまして
「落とした時間」で言えば、8:06でしょう。
リトルボーイが爆発し、
「爆風により止まってしまった時間」でいえば、8:15でしょう。

原子爆弾には、落とす側の戦闘機が逃げる時間を作る為、
小さなパラシュートの様なものをつけていました。

その為、投下してすぐ爆発。とはいかず
少し時間をとる必要があったのです。
その時間が9分なのではないでしょうか。

しらすRしらすR 2018/02/24 16:58 時間を合わせたと言っていたそうですが、70年ほど前ですし本当にその時間があってるとはいいきれません。それと、火によった被害で時間がずれても可笑しくないですね。それから8時15分が、投下予定であっても国によっては「時差」が存在するのでずれててもなんとも言えません。もし「時差」を考えて行動してても時間は前後しますが、だとしたら十分以上時間が前後する事はそう無いんではないでしょうか。意味わかんなかったらすみません。これが俺の意見です

ii 2018/08/06 09:11 最後のまとめ方はよかったけど、都市伝説みたいな書き方をするのはなんか嫌だ