吹風日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006年10月10日 最近の若者は本当にいたか、とカントは言った、皆が本を書いている このエントリーを含むブックマーク

何千年も前の遺跡から「最近の若者は……」と書かれた出土品が出てきた、という話をご存じの方は多いと思います。でも、これって本当の話なんでしょうか? 今日は、「最近の若者」のルーツを追っかけながら、ネット社会と統一されない自己について考えます。

 人の話す言葉のどれが正しいとするかは、なかなかむずかしいことです。それはどこに基準点をおくか、いつの時代、どこの言葉を基準とするかによります。どれが正しいかというところに踏みこむと、保守的な態度の人、新しいことを好む人、いろいろあって、その人の人生や世界に対する考え方が言葉の選択の上に出てきます。今から何千年も昔のくさび形文字を解読したところ、「このごろの若者の言葉づかいが悪くて困る」とあったそうです。言葉は人間の行為だから、保守的、革新的という相違があるのは当然です。

大野晋『日本語練習帳』より

日本語ブームの種火となった『日本語練習帳』です。

私もかつて当ブログで、「正しい言葉」という概念がいかに怪しいものであるかについて、いくつかエントリを書いてきました。「産経新聞が『乱れた日本語』だと指摘した表現を夏目漱石も使っていた」とか「お嬢様言葉は昔は『乱れた言葉遣い』として批難されていた」とかです。その点で、この大野晋の主張には深く共感できます。

ところで、ここに書かれた「今から何千年も昔の楔形文字を解読したところ、『このごろの若者の言葉づかいが悪くて困る』とあった」というのは、実に面白い話ですね。大人のよく使う「最近の若者は……」という言葉は、彼らが若者だった頃にも言われていたのだろうし、それどころか、人類発祥以来、もう何千年となく言われ続けてきた言葉なのです。「近頃の藍藻は酸素吐きやがる」(野尻抱介)。いやあ、愉快です。

うん、で、大野先生、ソースは?

いや、もちろん、私は大野先生尊敬していますし、今回引用した文章には深く共感しますし、この「最近の若者」の話は大変面白いですよ。でも、それとこれとは別です。この話の情報元は何でしょう? いったい、いつどこでだれが発掘した粘土板にこんな言葉が書いてあったのでしょうか? ぜひ知りたいです。

というわけで、相変わらず長い前フリですが、今日は、最古の「最近の若者」を探しているうちに考えたことを書くことにします。ひとつおつきあいよろしくおねがいします。

さて、軽くググると、まず発見したのは、2chのコピペでした。それによりますと、「古代アッシリアの粘土板 B.C.2800頃」「ソクラテス」「プラトン」の言葉がそれぞれ引用されています。とはいえ、「ソースは2chコピペです」では、喧嘩売ってんのか、つう感じです。細木数子の占いのほうがまだ信用できます。

今度は、この2chのコピペを手がかりにして調べると、人力検索はてなで同じ疑問をもっている人が見つかりました。「最近の若者はなっていない」という感じの文章……の正確なソースを教えてほしいという質問です。ここでは、情報の出典として『アシモフの雑学コレクション』という本が挙げられています。おおっ、あのアイザック・アシモフですか。これは、信憑性が高そうです。

そこで、この『アシモフの雑学コレクション』(原題 Isaac Asimov's Book of Facts)を検索します。ラッキーなことに、英語日本語の両方で、この本から引用しているサイトを見つけることができました。

アシモフが紹介しているのは、次の3つの言葉です。引用します。

1つ目は、紀元前2800年ごろの、古代アッシリアの粘土板にある文。"Our earth is degenerate these latter days. There are signs that the world is speedily coming to an end. Bribery and corruption are common."(世も末だ。未来は明るくない。賄賂や不正の横行は目に余る。)

2つ目は、ソクラテスの言葉。"Children are now tyrants...they no longer rise when elders enter the room. They contradict their parents, chatter before company, gobble up dainties at the table, cross their legs, and tyrannize over their teachers."(子供は暴君と同じだ。部屋に年長者が入ってきても起立もしない。親にはふてくされ、客の前でも騒ぎ、食事のマナーを知らず、足を組み、師に逆らう。)

3つ目は、プラトンの言葉。"What is happening to our young people? They disrespect their elders, they disobey their parents. They ignore the law. They riot in the streets inflamed with wild notions. Their morals are decaying. What is to become of them?"(「最近の若者はなんだ。目上の者を尊敬せず、親には反抗。法律は無視。妄想にふけって街で暴れる。道徳心のかけらもない。このままだと、どうなる。)

2chのコピペの内容と一致しています。おそらく、この本が有力な元ネタでしょう。これらの言葉で検索をかけると、たくさんのページがヒットします。

なお、これ以外にも、ハンムラビ法典に「今の若い者は……」と書かれているそうだ、などの説も見かけました。ハンムラビ法典はネット上に英訳がありますが、私には正直、どこにそんなことが書いてあるのか分かりません。だいたい、ハンムラビ法典は「法典」です。法律に「最近の若者は……」などと書いてあるわけがないと思います。ちなみに有名な「目には目を」は196条です。his eye shall be put out!

さて、1つ目の、紀元前2800年ごろの古代アッシリアの粘土板については、現時点では、残念ながら疑う材料も信じる材料もどちらも手に入っていません。つうか、そもそもコレ、「最近の若者」についての言葉じゃありませんし、スルーします。

今回、私が問題にしたいのは、ソクラテスとプラトンの言葉のほうです。

ソクラテスは自身で著作を残しませんでした。ですから、その言葉は、どうしても弟子のプラトンの著作などを通じた伝聞になってしまいます。となると、はっきりソースが見つかりそうなのは、プラトンです。

プラトンの著作は、そのすべてが英訳され、プロジェクト・グーテンベルグ(著作権切れのテキストを収集するプロジェクト)で公開されています。青空文庫に『クリトン』しかない日本とは大違いですね。羨ましいです。

アシモフが引用したプラトンの言葉も、このテキスト群のどこかにあると考えられます。

ところがですね、実はこっからが本題なんですけど。ないんですよ、このアシモフの引用したプラトンの言葉が。プラトンの著作の中にないんです。

まず、アシモフの引用した文章を直接検索してもヒットしないことは、直ちに確認ができます。しかし、まあ、もしかしたらちょっと違う翻訳を使ったのかもしれません。

そこで条件をゆるゆるにしてスクリプト言語に検索させます。プラトンの言葉に使われた38単語のうち、一般的でなさそうな16単語(happening young,people,disrespect,elders,disobey,parents,ignore,law,riot,streets,lamed,wild,notions,morals,decaying)が、連続する100単語中に8単語以上出現する場所を探します。結果は、ヒット0件。

英語圏のやり取りも紹介しておきます。Google Answersに、人力検索はてなと同じ、「最近の若者は〜」という言葉のソースをくれ、という質問が立っていました。その質問に対し、古今の引用を列挙して答えた凄腕の解答者がいましたが、その人は、このプラトンの言葉に対して、"I think this is a direct quote, but can't find the reference at the moment."とコメントしています。直接の引用だと思うけど、今のところどっから参照した文か分からない、というわけです。しかし、私の確認する限り、"direct quote"ではなさそうです。

Slashdot.orgには、こんなやりとりがありました。このプラトンの言葉を引用したコメントに対して、"Where did this quote come from?"(この引用はどこから?)とツッコミが入っています。つっこんだ人は、"I've read Plato and the neoPlatonists (especially Plotinus) but can't recall a source for the quotes. "(プラトンは昔読んだけど、この引用は記憶にない)と言っています。

もちろん、これらの傍証は、アシモフの引用したプラトンの言葉が「ない」ことの証明にはなりません。なにせプラトンの著作はベタテキストで7MB以上あるのです。こんだけ大量の文章です。探せば、実はどっかにあるのかもしれません。

しかし、これはほとんど「悪魔の証明」です。いくら対象が有限とはいえ、7MBのテキストすべてに目を通さなければ反論できない、というのは過酷すぎます。ここでは、反証可能性というものがほとんど奪われていると言えるでしょう。

だいぶ話が長くなってきたので、いったんまとめます。まず、アシモフがプラトンの言葉として「最近の若者は〜」を引用しました。ところが、それが、プラトンの著作の中に発見できない、という話でした。

私は現時点で、アシモフの引用は、かなりの確率でガセだろうと思っています。これは、いわゆる「カントは言った」のたぐいではないか。カントはありとあらゆる名言を残しているので、適当なことを言って「カントは言った」とくっつければサマになるというやつです。「やっぱり冬は熱燗に限る、とカントも言っている」みたいな。

しかし、私が本当に注目したいのは、アシモフの引用がガセかどうかではありません。そうではなく、このような誰もウラを取っていない怪しい情報が事実として拡散してしまう、ネット社会についてです。

唐突ですが、「最近の若者」つながりで、キケロの言葉を紹介しましょう。つうか、この言葉も本当にキケロが言ったのかどうか疑わしいようですが、検索してみると、もうキケロの言葉ということですっかり定着しているようです。こんな言葉です。

"Times are bad. Children no longer obey their parents, and everyone is writing a book."(拙訳:くそっ、なんて時代だ。子供は、もう親の言うことなんか聞きゃあしねえ。そして、みんなが本を書いている。)

この"everyone is writing a book."を見たときの衝撃は忘れられません。そして、キケロから2000年。時代は、"everyone is writing a blog."になったのです。"blog"じゃなくて"mixi"でもいいです。

以前から、「ネズミはチーズを食べない」というのはガセとか、ネットは洗脳社会だとか、同じようなことを何度も書いていますが、私は普通の人の、たぶん100倍ぐらいの量の検索をする人間なんで余計に痛感するんですよ。まず、ネットの99%はコピペです。そこでは不正確な情報がそのままの形であっという間に拡散します。これ、なんとかならんか、と。

理想を言えば、「アシモフが言ったから正しい」とか「朝日新聞が言ったから正しい」とか「アルファブロガーが言ったから正しい」とか「アー」とか、そういう判断のしかたをやめて、1つ1つの主張を検証するべきなんでしょう。要するに「だれが書いたか」で判断するのではなく「何を書いたか」で判断するということです。

ここでは、「アシモフ」という統一された人格は、むしろ邪魔です。

これは、いわゆる「はてブの衆愚化」問題と共通するところがある。なんで、GIGAZINEさんがやり玉に挙げられるかというと、ホッテントリがGIGAZINEさんばかりだからなわけですが、それは、批判者の心の中に、GIGAZINEのエントリは内容でブクマされているのではなく「GIGAZINEだから」あんなにブクマされてるんだ、という思いがあるからだと思います。ぶっちゃけ、GIGAZINEさん以外が、例えば私が「svchost.exeの正体を探る」という記事を書いても、絶対に600usersにはならないと思う。

要するに、ソーシャルブックマークが目指す理想の方向性というのは人格の解体である、と考えられているのでしょう。「人格の解体」という言葉に抵抗があるなら、「権威の解体」でもいいですが。

話はmixiに飛びますが、非常に秀逸な考察があります。ishさんの「mixi疲れと友達の友達」では、「普通であれば相手によって色々な『自分』がいる」が、mixiでは「すべてのマイミクに対し一意な『自分』」しかいないと指摘します。けれど、そもそも、「全体の見えなさ」「見通しの悪さ」「常に部分的でしかないもの」の総体こそが「自分」なのだ、と。

ここでも、統一された自分とそうでない自分というものが焦点になっています。

ちなみに、この「ish☆走れ雑学女ブログ」は、謎の病原菌でたった一つのブログを残して他のブログが消滅するとしたら、どのブログを残しますか?という質問に対する、現時点での私の答えです。激しくオススメ。

mixiでは最近、日本の歴史において最高レベルであろうプライバシー侵害事件が発生しましたが、これはmixiに実名を書いてしまったことも理由の一つになっています。すなわち、「ネット外の自分」と「ネット上の自分」というものを統一してしまったことが問題の一因となった。

つうことで、このあたりは、共通する根っこがあるんじゃないかという気しますが、話が長くなりますので、また別の機会に書くことにしまして、とりあえず今日の話を強引にシメておきます。

私は、大野晋の書いた話、すなわち、楔形文字に「このごろの若者は……」と書いてあったという話は、嘘くさいと思っています。しかし、嘘と言えるだけの根拠は見つかっていません。もし、私が楔形文字についての造詣が深ければ、もう少しまともなことが言えたでしょう。また、もし、プラトンをきちんと読んでいれば、アシモフの引用について的確な批判ができたでしょう。

これで分かることは、勉強というのは、他人と違う意見を言うための武器なんだということです。勉強しない人間というのは、他人の意見を受け入れるしかないということでしょう。なかなかしんどい話ですが、私は今回のエントリを書くにあたって自分の無力さをいろいろ痛感しました。さらなる研鑚を積みたいと思います。

sho_tasho_ta 2006/10/11 17:56 こ、これは深い。
コミュニケーションのあり方が「人間(人格)のあり方」に影響を及ぼす好例ですねえ。たまげました。

千早千早 2006/10/11 19:01 ネット上の文章にも、自然淘汰が働かないものですかねえ。
ネットに繋いだばかりの頃は「検索機能バンザイ」なんて思っていましたが、最近はノイズの多さに辟易しています。

思うに、文責を負うという意識が薄いのではないかと。
公序風俗に反したのでもなければ、特に咎められることも、権威が失墜することもないですし。
教壇の上に立つ面持ちで、「適当なことを言ってはいけない」と常に思い続けていたいものです。

takahirotakahiro 2006/10/11 22:36 時事問題はあまり書かないこのブログですが、
ブログを読んでて、今日のNHKの北朝鮮が二度目の核実験をやったという誤報を思い浮かべてしまいました。
今日の文章は、報道機関にあてた熱烈な皮肉なのだろうか、などと思ったりしています。

MrJohnnyMrJohnny 2006/10/12 03:06 sho_taさん、たまげたのはこっちです。sho_taさんのコメントを拝見して、改めて自分のエントリを読み返したのですが、そんなことが書いてあるとは思ってもいませんでした。「読巧者」という言葉は、こういうときに使うのでしょうねえ。ありがたいです。

千早さん、「自然淘汰」という言葉は刺激的ですね。淘汰を成立させるには、「死」に相当する仕組みが必要で、それをウェブにどう取り込むか。「文責」ということについて言うと、私はむしろ、人が文責を意識するからこそ、ウェブの99%がコピペになるのだと思ってますので、良し悪しだなーという感じです。

takahiroさん、書き手としてはなんも考えず書いていましたが、確かにこのエントリで指摘したような問題は、ネットよりもむしろ、マスコミのほうが深刻なのかもしれませんね。まあ、誤報も世界を豊かにしてくれるんで、別にいいかなと思いますが、ボケっぱなしでツッコミが入らないと笑えねえ、という感じです。

痛風に吹かれて痛風に吹かれて 2006/10/12 12:03 最近の若者は「○○」のバージョンもいろいろあるようです。
明治の元老井上馨は「最近の若者は声小さい」と耳の遠い老人は
みな同じことをいう、とどこかで読みました(熊楠の書簡か何かで)。
たぶん、『「最近の若者は○○って」昔からいわれている』の『』括りの
部分のバージョン(昔をいつに設定するか)もいっぱいあるのでしょう。
文責のない書き込みで申し訳ありません。

星間電設星間電設 2006/10/12 12:23 はじめまして、昼休みにこんにちは
ここはニュースサイトからのリンクで知ったのですが一発でファンになってしまい
お休みの期間中に「MrJohnny さんの文章を読みたい」禁断症状のようなものが出て
過去の記事を全部読んだりしてしまいました
ところで「最近の若者は」ですが自分でもぐぐって見たところ
ヒッタイトから古代エジプトへの書簡で現在トルコのアナトリア文明博物館に所蔵されてる
との説を発見しました、どうやら博物館ガイドの定番ネタのようです

ユウユウ 2006/10/12 14:07 私も「ネットの情報は嘘かもしれない」ということを忘れてはいないと思っています。しかし、この記事のように嘘を検証する情報も流れているわけですから、結局はネットを使う人の情報リテラシー能力の問題なのではないかと思います。
そこで質問なのですが、現在の中高生に対する情報リテラシー教育の現状はどうなっているのでしょうか。自分で調べればいいのでしょうが、気が向きましたら記事にまとめて頂けるとうれしく思います。

MM 2006/10/16 00:19 結論は変わらないのですが
「最近の若者〜という落書きがスパルタにもあった」とか「ソクラテスが言った」というのはネットが浸透する前からあった話です。
自分が始めて聞いたのはテレビだったと思います。
ネットは伝達する速度を速めただけではないかと・・・
細部の話で問題と過程と結論は変わりませんけれど

MrJohnnyMrJohnny 2006/10/17 14:09 レス遅くて、ほんと、すいません。

痛風に吹かれてさん、実に面白い話ですね。あまり関係ありませんが、ふとD・R・ホフスタッターが書いた話を思い出しました。大好きな喫茶店のコーヒーが楽しめなくなったとき、それは「コーヒーの味は昔のままだが、もう自分はこの味を美味しいと思えない」のか「コーヒーは昔のままだが、もう自分はそれを昔と同じ味に感じることはできない」のか。それにしても、「痛風に吹かれて」という御名前はすばらしい。ウチも「痛風日記」にしようかと思いました。

星間電設さん、こんにちは。今後も吹風日記を楽しんでいただければ幸いです。アナトリア文明博物館は最も可能性がありそうですね。一応、執筆時点で公式サイト(http://www.anadolumedeniyetlerimuzesi.gov.tr/index1eng.htm)なんかも見たのですが、それらしい記述は発見できず、なのでした。

ユウさん、情報リテラシー教育の現状についてですが、記事にまとめる予定はちょっと立たないので、簡単なコメントでご勘弁ください。情報教育においては、情報社会に参画する態度として、セキュリティ、個人情報の保護、著作権などを教えますが、情報の信頼性についてはそれほどの時間はかけられていないようです。私も情報は門外漢なのでかなり印象で書きますが、正直な話、ガセネタをつかまされることよりも大きなリスクが現状のネットには氾濫しており、中高生にはそういった危険への対策を優先すべき、という状況かと思います。

Mさん、まったくその通りですね。テクノロジーが変化しても、人間の本質的な部分は変化しないものですし。違いがあるとすれば、ネットでは口コミと違って、情報の劣化がおこりにくいと信じられているので、ガセネタであっても信頼性を保ったまま流通してしまいやすい、という点でしょうか。

FummyFummy 2006/10/21 01:40 最近コメント欄盛況で慶賀の至りです。
(その分以前より新エントリUpの間隔が空きがちなのが残念)

結構前のエントリーでもコメントついてるのがこのブログの楽しさを物語りますね。RSSで拾い読みしてると過去エントリのコメントを読み逃しがちになるので気をつけないといけませんが。

エントリの主旨とは反対かもしれませんけど、一連の原典追跡の様子を読んで、あらためてWeb2.0時代の可能性を垣間見たような気がします。民間伝承の原典を素人が片手間の時間でこれほど簡単に検証できる時代になったのですなあ。

原典も読まない半可通が簡単にモノを語ることに批判的なアカデミックな方もおられるかもしれませんが、真に半可通な私は一介の平刑事が瞬時に老子を引用して韜晦した日常会話を語れる世界にも憧れます。

>ガセネタをつかまされることよりも大きなリスクが現状のネットには氾濫しており、

真偽以前に悪意の有無の方が問題ですか。
「イノセント」な未来はまだ遠いとみえます。

MrJohnnyMrJohnny 2006/10/23 07:03 Fummyさん、こんにちは。

当ブログのコメント欄は正直レベル高いと思うわけですよ。私はアクセス数というものをかなり意識していまして、それは根が俗物だというのもありますけど、たくさんアクセスがついたほうがたくさんコメントがもらえて嬉しいというのもありますな。

更新頻度については、申し訳ないです。Fummyさんに初めてコメントをいただいた頃は、毎日更新でしたねえ。エントリが上がらないのは単に最近忙しいせいなんですが、どうやら私自身の心理的問題もあるようでして、おそらく自分に対する自己評価と外部評価のバランスなんじゃないかとか考えたりしますが、まあよく分かりません。

Web2.0の可能性に関しては、その通りですねえ。いつも評論系の文ばかり読んでいるせいか、ついつい議論が現状の批判にすり寄っていってしまいます。ですが、私などは検索大好き人間ですし、このネット社会はさまざまな問題をかかえつつも、本当にこの時代に生まれてよかったと思うわけですよ。人類史上、国数英理社の勉強が、ここまで人生を楽しくする時代はなかったんじゃないかと。

通る人通る人 2006/11/18 16:59 今時の若者は、という言葉を若者が若者に使うようになったのはいつなんだろ?

櫻井規善櫻井規善 2010/01/21 21:51 すごいですね。
これは参考になります。

ひろひろ 2010/06/13 12:58 興味深い話ですね

かこかこ 2010/06/13 13:01 なかなか」答えのない話ですよね

なるなる 2010/08/08 14:34 コミュニケーションの解釈にもよりますが、なるほどと頷いてしまった

kaikai 2010/10/18 17:47 昔からいわれていることではありますが、どうなんでしょうね
「昔はよかった」とか「最近の若者は」っていうのは

さちさち 2010/12/23 14:53 おもしろいブログですね。また来ます。

yogoyogo 2010/12/25 11:30 住宅ローンの用語はここで調べてね。

kzkz 2011/03/27 14:13 紀元前の壁画に〜〜のネタもとはこち亀だと思いますよ 派出所で中川が話していたような思い出があります

通りすがり通りすがり 2011/07/01 14:48 アシモフさん達くらいの人物は、ついテキトーなことを言ったり書いたりしても、後々の世まで、有力な証言の一つとされたり、検証すべき研究対象となる可能性があるのですねぇ…。
 
例えば、面倒な相手との面倒な口論を終わらせるために、
 
「古代の文献にこんなことが書いてあったよ。だから、君の説は間違いね」
 
て感じに、つい出鱈目を言うとか、酔って冗談を言うとか、ありそうだし。
 
アシモフさんて、小説家でもあったのだから、そんな厳格に、『無責任な嘘など決してつかない』て感じな、ものすご堅い人でもなさそうだし。
 
現代まで名前の残ってるような古代の学者さん達も、時々は、夢のある面白い嘘話をマジメに語ってたかもしれないですねぇ…。
 
そのほうが、当時の人からも好かれて、持て囃されただろうし。
 
ぼくのような者がアシモフさんの名前を知ってるのも、アシモフさんが小説を書いた人だからで、もし、アシモフさんが堅い堅い研究一筋な人だったら、うーん、確実にそんな人、知らないに違いない…orz

名入れプレゼント名入れプレゼント 2011/08/04 05:29 興味深いです

keikei 2011/08/24 21:14 そういうこともあったとは、
ただただ驚きです。

ドクターベッタドクターベッタ 2011/09/27 19:39 日本語練習帳って懐かしい。

不倫不倫 2011/11/29 17:08 日本語練習帳って懐かしい。

不精不精 2012/02/06 21:43 この記事は懐疑的に見ているだけで検証をほとんどしていない。適当なコピペを張り付けている人たちと何ら変わりない。プラトンの国家論にはきちんと明記されている。プラトン全集P604を読んでください。

okokookoko 2012/04/27 20:26 参考になります。

犬 2012/08/15 03:55 所詮「比喩」であり、聖書の内容を議論の引き合いに出すようなものなのではないでしょうか。
プラトンが言ってようが言ってまいが「最近の若者」云々の話の本質が変わる訳じゃない。
事実を正確に記録するなんていうのは誰かがシュミでやってりゃいい。エッセンスを抽出して濃縮していったほうが、多分生きてく上では楽しいです。
つまり、情報インフラとは本質的にはそういう機構なんじゃないかと。信憑性を犠牲にしたエッセンス抽出マシーン。
そしてネットは現時点では最強の情報インフラ。それだけなんじゃないですかね。

スパロボマスターKスパロボマスターK 2013/04/19 17:30 プラトンの国家http://blogs.yahoo.co.jp/tessai2005/42291649.htmlより抜粋
ソクラテスと師ケパロスの対話
「われわれは、古い諺(ことわざ)のとおりに、同じくらいの年齢の者が何人かいっしょに集まることがよくあるのだが、そういう集まりの場合、われわれの大部分の者は、悲嘆にくれるのがつねなのだ。若いころの快楽がいまはないことを嘆き、女と交わったり、酒を飲んだり、陽気に騒いだり、その他それに類することをあれこれやったのを思い出しながらね。そして彼らは、何か重大なものが奪い去られてしまったかのように、かつては幸福に生きていたが今は生きてさえいないかのように、なげき悲しむ。なかには、身内の者たちが老人を虐待するといってこぼす者も何人かあって、そうしたことにかこつけては、老年が自分たちにとってどれほど不孝の原因になっていることかと、めんめんと訴え続けるのだ。」
これが近い?

くるぶしの黒ずみくるぶしの黒ずみ 2016/05/11 10:06 参考になります。くるぶしの黒ずみ

ミュゼ 脇だけミュゼ 脇だけ 2016/06/03 04:12 正しい日本語の概念は難しいものですね。Web2.0の可能性に関しては、その通りですねえ。いつも評論系の文ばかり読んでいるせいか、ミュゼ 脇だけついつい議論が現状の批判にすり寄っていってしまいます。ですが、私などは検索大好き人間ですし、このネット社会はさまざまな問題をかかえつつも、本当にこの時代に生まれてよかったと思うわけですよ。人類史上、国数英理社の勉強が、ここまで人生を楽しくする時代はなかったんじゃないかと。