田名部伸紀建築設計事務所

2010 | 04 | 05 | 06 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2017-09-21

原点確認 その4

f:id:N-Tanabe:20170919003909j:image:w650

津別峠からは阿寒国立公園屈斜路湖が一望出来る。

実に良い眺め、朝方は屈斜路湖の雲海が望めるので、

季節(日の出方向)によっては撮影ポイントになる。


青さをより得ようと思い、少し上から撮ってみて、

手を伸ばして写真を撮る。影が写ってしまった。


展望台に上ると、先客が一人、スケッチをされていた。

聞けば九州の方で火山の研究をされているのだと。

今は摩周湖の噴火を対象としているという。

f:id:N-Tanabe:20170919003904j:image:w650

見えている出島、ここは和琴半島。数え切れない程、

ここでキャンプをした楽しい思い出。

その和琴半島の上の方に見えるのが摩周の外輪山。


摩周湖はカルデラ湖、巨大な噴火の痕跡だ。

聞けば噴火は7200年前、比較的新しい。

噴出物は多くはなかったものの爆発のエネルギーは

相当だったらしい。火砕流は広範囲に及んだらしく、

屈斜路湖のカルデラを乗り越え広がったという。


時期を考えると、私の特に好きな石器を使った文化、

大陸から樺太経由でやって来て、白滝で見つけた良質な

黒曜石を使って手数を掛けずに見事な石器をつくる

石刃鏃文化が花開いたのが女満別、きっと彼等は

辿り着いたこの地で大噴火に遭遇したのだろう。

築いた文化が失われてしまったのかもしれない。


火砕流は阿寒にも伸びたらしく、そのような痕跡は

今も広範囲に確認が出来るらしい。ただ南斜面は状態が

良くないらしい。積もった火山灰故に地盤が緩く、

それが方位と関係しているとも話して下さった。


・・・つまり、7000年程前の阿寒国立公園とは、

灰に埋まった死の世界、道東の過半が死滅した現実。

今は緑豊かなこの景観も、実は刹那の出来事なのかも。


摩周湖の噴火、同じ頃に九州でも同規模の噴火があり、

おそらく当時の日本は大混乱に陥ったのだろう。

縄文最盛期は5000〜6000年程前?人類って逞しい。


私が訪ねてしまい、火山研究者はスケッチの手を

止めてしまった上に、しばらく二人で話もしてしまい、

お邪魔してしまいました。すみません。

しかし、得がたい実地での情報は貴重な機会、

ありがとうございました。感謝しております。


f:id:N-Tanabe:20170919003900j:image:w650

と言う事で、幾つかの峰越しに阿寒の山も。



北海道を眺めると4つの穴が開いている。

摩周湖、屈斜路湖、支笏湖洞爺湖

どれもカルデラ、この内の一つ摩周湖の爆発を

北海道に居た人が経験をしている。

そんな事を考えて故郷の風景を眺めると、

また違った思い、スケールの大きさを実感する。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/N-Tanabe/20170921/p1