ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

Mac OS Xの文字コード問題に関するメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010-02-18

InDesignのグリフ置換とOSのバージョン」についてのAdobeからの回答


  • InDesign CS3/CS4のグリフパネルから漢字のexpt/jp04/jp78/jp83/jp90/nlck/tradグリフをダブルクリックで入力し、これをInDesignタグで書き出した場合、Mac OS X 10.4ではGlyphFormとなり、Mac OS X 10.5/10.6ではOTFeatureListとなる。この現象はAdobeでも確認された。
  • Adobeの意図した動作はGlyphFormのほう(Mac OS X 10.4のほう)であり、Mac OS X 10.5/10.6でOTFeatureListとなるのは想定外*1Windows版では一貫してGlyphFormとなっている。Mac版の将来のバージョンでは、GlyphFormに統一される予定(下図)。

f:id:NAOI:20100218165051p:image

  • 動作の違いの原因については、「Mac OS X 10.4と10.5以降のフォント関連の呼び出しルーチンの変更によるものと思われます」とのこと。

*1:ずっと(2年間以上)「新しい仕様」だと思っていたのが、実は「Adobeの想定していない動作」だった……。