ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

Mac OS Xの文字コード問題に関するメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010-04-16

IVD登録候補グリフと統合漢字の衝突


  • 前回のエントリの続き。PRI 167の確認作業をはじめてすぐに2つひっかかったので、けっこうな数になるかと思ったのだけれど、結局見つけたのは合計3つだった(下図)。(追記。コメント欄も参照)

f:id:NAOI:20100416170443p:image

  • これらはIVD登録から外さなければならないはず。

Ken LundeKen Lunde 2010/04/16 23:57 PRI 167 の U+50B3 variant-3 JTAD7A も同じ状態です。そのグリフは Extension D の U+2B74A です。その上、Extension D の U+2B74A の「J」ソースも「JTAD7A」です。

NAOINAOI 2010/04/17 00:33 コメントありがとうございます。Extension Dは現在まだFPDAMですけれど、ソースが同じである以上、PRI 167にJTAD7Aが入っているのは明らかにミスですよね。

Ken LundeKen Lunde 2010/04/21 08:31 もう一つ見つけたばかりです。PRI 167 の U+7B0B variant-2 JTB7A2 は Extension B の U+25B01 です。

NAOINAOI 2010/04/21 11:39 あ、ホントだ。情報ありがとうございます。

NAOINAOI 2010/04/21 13:10 Ken Lundeさんの指摘されたU+25B01のように、Adobe-Japan1に入っていないものにも目を向けると、もっとあるかもしれませんね。たとえば、PRI 167のU+82E5 variant-2 IB0861とU+20C25とか。

NAOINAOI 2010/04/21 15:43 PRI 167のU+9F21 variant-2 JTC095とU+21FF3。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/NAOI/20100416/1271405196