ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

Mac OS Xの文字コード問題に関するメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010-04-21

IVD登録候補グリフと統合漢字の衝突・その2


  • 前回のエントリのコメント欄でKen Lundeさんにご指摘いただいた例と、その後見つけた例を図にしてみた。左側がPRI 167のグリフ。

f:id:NAOI:20100421172856p:image

  • 今回のグリフはいずれもAdobe-Japan1には入っていないので、右側のグリフについては、(まだ規格化されていない)CJK統合漢字拡張DのU+2B74AはISO/IEC 10646:2003のFPDAM8、それ以外はUnicode Standardの符号表のものを用いた。
  • 以下追記。Ken Lundeさんから(今回のエントリの)コメント欄でご指摘いただいた例を追加(下図)。

f:id:NAOI:20100422130903p:image

  • 以下2度目の追記。KoichiYasuokaさんからコメント欄でご指摘いただいた例を追加(下図)。

f:id:NAOI:20100623151917p:image

Ken LundeKen Lunde 2010/04/22 02:50 U+8613 variant-2 JTBA87 は U+27068 ですよね。

NAOINAOI 2010/04/22 13:13 コメントありがとうございます。追記しておきました。なかなか打ち止めになりませんね。

KoichiYasuokaKoichiYasuoka 2010/06/23 14:02 今頃になって、U+6577 variant-2 JTB24ES は U+22FBE のような気がしてきました。

NAOINAOI 2010/06/23 14:22 わあ! もうないと思ってました。追記しておきます。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/NAOI/20100421/1271838927