Mac OS Xの文字コード問題に関するメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

2012-01-25

Mac OS Xフォントアイコンについてのまとめ


  • まず、Mac OS 9時代のフォントは、下図左側のようなかんじ。もう忘れていたが、TrueTypeも、CIDも、Type 1もスーツケースだった。このフォントスーツケース(ファイルタイプFFIL:Font File)が、(フォントフォーマットの種類を問わず)Mac OS XではFFILアイコンになる。また、Type 1フォントアウトラインデータ(ファイルタイプLWFN:LaserWriter Font)が、Mac OS XではLWFNアイコンになる。LWFNはFFILと組み合わせなければ機能しない。

  • Mac OS 9のTrueType(FFIL)は、各種のリソースリソースフォークに格納していた。これをデータフォークに移したのが、Mac OS XのDFONT(Datafork TrueType Font)。DFONTはMac OS Xでしか利用できない。TTF(TrueType Font)とTTC(TrueType Font Collection)はWindowsのTrueTypeだが、Mac OS Xにも浸透してきている。Mac OS X 10.6 Snow Leopardまでは、FinderでTTFの「種類」を「Windows TrueType Font」と表示していたが、Lionでは単に「TrueType Font」になった。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証