Mac OS Xの文字コード問題に関するメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

2013-10-30

絵文字が表示されない状況について改めてまとめてみる

  • 絵文字の送受信に関しては、送り手と受け手の環境やメールアドレスの組み合わせによって結果が異なってくることに加え、文字ごとにキャリアの変換テーブルの影響を受けるため、その全容を記述するのは難しい。そこで今回は、「変換テーブルの影響」はバッサリ切り捨て、どのキャリアでも表示可能なペンギンの絵文字に絞って、基本となる「送り手と受け手の環境やメールアドレスの組み合わせ」について、できるだけ網羅的に記述することとした*1
  • SoftBank iPhoneでは、iOS 7.0.0から7.0.2までの間、メールアプリの仕様が変わったことによる絵文字のトラブルが多発していたが、iOS 7.0.3で以前と同様の仕様にもどって安定した。以下の図はすべて、iOS 7.0.3をベースとしている。
  • iPhoneから一般の(キャリアのものではない)メールアドレスで送信した場合(図では「@icloud.com」としてあるが、これはあくまで一例*2)。絵文字はUTF-8で送信され、必要に応じてキャリアの受信側サーバで変換されて届く。現在、キャリアの受信側サーバのなかでは、SoftBankだけがUnicode絵文字の変換に対応していない。iPhoneの販売で先行していたSoftBankだが、iPhone側のハードコードによって絵文字をサポートしてきたぶん、サーバ側の対応が遅れているということだろうか。

  • ドコモiPhoneから@docomo.ne.jpで送信した場合。過渡的な状況なのだと思うが、こんなかんじ。

*1akane_nekoさん、MD5500さんにご協力いただいてテストしました。ありがとうございます!

*2:キャリアのメールアドレス以外であっても、@gmail.comは挙動が異なるので注意。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/NAOI/20131030/1383115719