NATROMの日記 RSSフィード Twitter

0000 | 01 | 02 | 03 | 04 |
0010 | 11 |
0011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 11 |
0012 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |
0013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 11 |
0014 | 01 | 02 | 05 | 06 | 07 | 09 |
0015 | 05 | 06 | 09 |
0016 | 01 | 02 | 09 | 10 |
0017 | 01 | 03 | 05 | 10 | 11 |
2004 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
cover ■「ニセ医学」に騙されないために

 ホメオパシー、デトックス、千島学説、血液型ダイエット、ワクチン有害論、酵素栄養学、オーリングテストなどなど、「ニセ医学」についての本を書きました。あらかじめニセ医学の手口を知ることで被害防止を。

0012-09-14 医療化

[]医療化とか広義の医原病とか 医療化とか広義の医原病とかを含むブックマーク

医原病というと、たとえば輸血由来のウイルス性肝炎のようなものだと思っていたけど、ウィキペディアによればそれは狭義の医原病であって、それとは別に広義の医原病もあるとのこと。


ウィキペディアより引用『「社会的医原病」とは、今日の医療社会学や医療人類学の用語でいう「医療化」(Medicalization)を指し、医療の対象が拡大していくことを指す』( http://goo.gl/LWn7D


「医療化」は、私の理解では、ニコチン中毒、出産、同性愛など。高血圧もそうらしい。「医療化」も中立的で、悪しき医療化とそうでない医療化とがある。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/NATROM/00120914

0012-09-07 「尿管癌も移植腎候補にしよう」

[]「尿管癌も移植腎候補にしよう」 「尿管癌も移植腎候補にしよう」を含むブックマーク

2012年のAm J Transplant。万波先生たち。

■Restored renal transplants from donors with ... [Am J Transplant. 2012] - PubMed - NCBI

現時点での「修復腎移植」の候補は小径腎細胞がんである。それ以外に下部尿管癌(移行上皮癌)*1も移植源になるのではないかという話。

8例の手術を行って、レシピエントの死亡が3例。うち2例ががんとは無関係の死因。以前の報告では一例が脳梗塞、もう一例が不明であった。不明であったのが、後の調査で「がんとは無関係」と判明したということであろうか。

死亡3例中の1例は、移植の15ヶ月後に局所再発があり部分切除した。この2度目の手術の3年後に死亡したが、死因は肝転移を伴う原発性肺癌と推定された。なぜ推定なのかというと、病理解剖をしていないから。以前の報告では「原発性肺癌(SCC)」と断定的に書いていたが、今回はより正確な記載になっている模様。報道によれば難波紘二氏は「局所再発があった一例も、死因とは無関係だったことが明らかになった」*2としているが、病理解剖もなしに「死因とは無関係」とは言えない。

以上、再発率は8分の1で12.5%。レシピエントの生存率は1年、3年、5年、10年でそれぞれ100%、100%、75%、60%。再発した一例も進行度pT3であり、他の7例はstage pT2か、それより早期であるので、T2かそれより早期の移行上皮癌であれば移植腎として使えるかもしれない。ということらしい。

それはそれで、きちんと手続きに則って検証していただければいいと思う。

*1:"distal papillary and nonpapillary transitional cell carcinomas"とある

*2:URL:http://www.chugoku-np.co.jp/Health/An200701300220.html

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/NATROM/00120907