NATROMの日記 RSSフィード Twitter

0000 | 01 | 02 | 03 | 04 |
0010 | 11 |
0011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 11 |
0012 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |
0013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 11 |
0014 | 01 | 02 | 05 | 06 | 07 | 09 |
0015 | 05 | 06 | 09 |
0016 | 01 | 02 | 09 | 10 |
0017 | 01 | 03 | 05 | 10 | 11 | 12 |
0018 | 01 | 03 | 04 |
2004 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 |
cover ■「ニセ医学」に騙されないために

 ホメオパシー、デトックス、千島学説、血液型ダイエット、ワクチン有害論、酵素栄養学、オーリングテストなどなど、「ニセ医学」についての本を書きました。あらかじめニセ医学の手口を知ることで被害防止を。

0013-05-31 遺伝学と言語学と

[][]遺伝学と言語学と 遺伝学と言語学とを含むブックマーク

cover

cover


■わたしは誰、どこから来たの―進化にみるヒトの「違い」の物語 スフォルツァ (著)

■文化インフォマティックス―遺伝子・人種・言語。 [単行本] スフォルツァ (著)

原著はそれぞれ1993年および2001年。久しぶりにこの手の本を読んだ。基本は遺伝学の本。著者(「わたしは誰、どこから来たの」は息子との共著)のスフォルツァはイタリアの遺伝学者。R.A.フィッシャーの直弟子。

遺伝学者といっても計算ばかりしているわけではない。というかフィールドワーカー。いきなりピグミーの話から始まる。ヒト遺伝学をやるにはサンプルが必要だ。当然、アフリカのさまざまな民族のサンプルも必要であろう。

「わたしは誰、どこから来たの」の原著の1993年は20年前。ネアンデルタール人の行く末について2つの説が紹介されている(P90)。「現代のヒトとの競争で絶滅した」「現代のヨーロッパ人に変わった」。著者は前者を支持すると書いてある。

現在では(ごく稀な例外があるかもしれないにせよ)後者を支持する学者はいないだろう。よって、二つの説を併記する必要もない。もちろん、「ミトコンドリア・イブ」をはじめとした人類遺伝学の進歩による。ヒトゲノム計画以前。使える遺伝マーカーも少なかったころの話である。

人類遺伝学についての話は他の本でも読めるが、この二つの本の特色は、遺伝学のみならず、言語学からも人類起源を論じていることである。言語も進化し、系統樹を描くことができる(ダーウィンもそのことについて言及していたそうだ)。言語と遺伝子の系統樹は、興味深い例外もありつつ、概ね一致する。

MEkenH4MEkenH4 2013/06/05 08:54 言語学からのアプローチはユニークですよね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/NATROM/00130531