NATROMの日記 RSSフィード Twitter

0000 | 01 | 02 | 03 | 04 |
0010 | 11 |
0011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 11 |
0012 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |
0013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 11 |
0014 | 01 | 02 | 05 | 06 | 07 | 09 |
0015 | 05 | 06 | 09 |
0016 | 01 | 02 | 09 | 10 |
0017 | 01 | 03 | 05 | 10 | 11 | 12 |
0018 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 |
2004 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |
cover ■「ニセ医学」に騙されないために

 ホメオパシー、デトックス、千島学説、血液型ダイエット、ワクチン有害論、酵素栄養学、オーリングテストなどなど、「ニセ医学」についての本を書きました。あらかじめニセ医学の手口を知ることで被害防止を。

2004-09-30

[]地域医療続き 地域医療続きを含むブックマーク

地域医療の続き。9月2日の記事。

●存続危ぶまれた泉崎村立病院 新院長が診療開始(福島中央テレビ 過去のニュース)

*浜院長インタビュー

「いつかは福島でへき地医療、ここはへき地ではないですが、地域医療を最後は、もう50歳になりましたし、最後役立てたらいいかなと常々思ってたので」

 浜崎院長の専門は内科と整形外科で、先週から患者の診療にあたっています。

*患者インタビュー

「急なケガでちょうど先生いたから、診てもらって良かった。この病院があるから、村民の人もいいんじゃないですか」

「(地元に病院がないと)白河か矢吹(の病院)にということになって足が問題になっちゃうんですよ。我々は一安心ということだね」

 浜院長は、「地域の人がちょっとでも幸せになるような病院を目指したい」と意気込んでいます。

「地域の人がちょっとでも幸せになるような病院を目指したい」が20日あまりで「もう限界。勘弁してくれ」になってしまった。「当直は週1回まで」だったはずが、「週5回をつけられた」。村幹部は「すべて納得済みで来てもらったと思っていた」と発言しているが、週5回当直も納得済みだったのだろうか?忙しさ自慢の医師はたくさんいるだろうが、ずううっと続く週5回の当直を経験した人いますか?確かに、「1週間の泊り込み」ぐらいはそう珍しくない。でもそれは、若くて元気な研修医時代の話。しかも、(良くなるにせよ悪くなるにせよ)患者さんの状態の見通しがつくまでの間だけ。それに「私の患者」を「私の勉強にもなる」ために診るのと、バイト医師でもできることを予算か人材不足で「させられて」いるのとではモチベーションだって違う。

泉崎村立病院の当直は、確かに状態の悪い患者さんをかかえた泊り込みと比べれば楽だろう。しかし、電話で指示するだけも睡眠は中断される。しかも泉崎村立病院院長の週5回当直はずっと続くのだ。先週も、今週も、来週も、再来週も。いきなり辞めたかのような報道もなされているが、毎日新聞では「勤務態勢の改善を求めたがはねられた」とある。SOSは出ていたのだ。私は、辞めた院長を無責任呼ばわりする気にはとうていなれない。

いったい、院長はどうすればよかったのだろう?「当直は週1回までのはずがなく、週5回はしなければならないだろう」ということを予測できなかったのが甘かったのか?通常業務と週5回当直と休日の呼び出しに耐えながら、勤務態勢の改善を粘り強く求めなかったのが悪かったのか?後任の医師が見つかるまで(いったいいつになるやら)、辞職を保留すべきだったのだろうか?超人にしかできないことができなかっただけではないか。

遠藤遠藤 2004/10/01 04:26 大学時代の先輩の医者から聞いた。「遠藤くん、医者って儲けているように見られるんだけど、あれで給料がよくなかったら誰もやらないよ!」。聞くと、診察の間はトイレにもいけず、患者さんへの第一声は「お待たせしました」だそうで。医者も大変なようです。

NATROMNATROM 2004/10/01 09:51 大変な人とそうでない人と格差が激しいです。また、大変な時とそうでない時の格差も激しいです。外来が予約で一杯で、新患がたくさん来た時に限って、病棟の患者さんが悪くなります。

2004-09-29 ステーキハウス症候群て何?

[][]ステーキハウス症候群て何? ステーキハウス症候群て何?を含むブックマーク

副院長が珍しくヒラの医局員の部屋に来て、本棚を探しつつ、「症候群の本はないか」。ナントカ症候群とかいう病気はそれこそ山のようにあるのだが、症候群だけを集めた辞典のようなものはないのか、ということらしい。なんでも「ステーキハウス症候群」について知りたいらしい。なんだそれ、聞いたことないよ。こういうときどうするかっていうと、Googleに聞く。これしかない。

続きを読む

nobuotakahashinobuotakahashi 2004/09/30 09:20 「Googleって便利ですね」というのが、あたり前になりすぎていて、めったに聞けないので新鮮でした。全く同感。 皮相的には「身もフタもなくなった」という気もします。だって、これまでだった「物知り博士」に聞いたり、もんもんと悩んだり、「1年かかってやったわかった」というようなことが、ほとんど一発検索なんだもの。テレビのグルメ番組の店の場所や、献立の材料もメモしなくなったなぁ。
 ネットやらない人ならともかく、MLで「これ、どういう意味でしょう?」と聞く人には「Googleしたら」といいたくなるけど、ついついこちらで調べる、教えたがり。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/NATROM/20040929

2004-09-28

[][]ナカシマ先生に電話がかかってきた ナカシマ先生に電話がかかってきたを含むブックマーク

医局の電話が鳴ったのでとってみたところ、病棟からだった。

「大久保さまという方から電話があって先生とってくれますか?」

「どちらの大久保さまですか?」

「それがよくわかんないんです」

大久保さんという患者さんには覚えがない。他の先生あてだったら、その先生の院内ピッチに連絡がいくはずだ。とにかく話を聞かないとよくわからん。

「はい、代わりました」

「大久保です。ナカシマ先生ですか?」

「いえ、内科の○○です。どちらのナカシマ先生にお電話ですか?」

「内科のナカシマ先生です」

「どちらの大久保さまですか?」

「中央の大久保です」

「どちらの中央ですか?」

「中央センターの大久保です」

「どちらの中央センターですか?」

「ナカシマ先生はいらっしゃるのですか。代わってください」

「お伝えしますので、ご連絡先を教えてください」

「ナカシマ先生は連絡先をご存知です。そちらにおられないのですか。至急連絡したいことがあるのです」

「中央センターの大久保だけではわかりませんので、ご連絡先を教えてください」

「ナカシマ先生はご存知です。お伝えください。切ります」

といって切れた。すぐに患者からの電話じゃないってことはわかった。どうして内科の医局にかかってきたかってことも。大久保氏は、おそらく不動産の営業マンである。税金対策としてマンションを売ろうとしているのだ。仕事中に営業の話をされてはたいそう迷惑なのである。外来中、ムンテラ中、処置中にそんな電話がかかってきたら最悪である。最近は、電話交換の段階で怪しい人からの電話はシャットアウトしてくれる。しかしながら、向こうも商売。いろんな手を考えてくる。スパマーがなんとかスパムフィルターを通す手段を考えるようなもの。

「九大の田中」からかかってきたことがあった。交換手は通さざるをえないし、大学医局に一人ぐらい田中先生の知り合いはいるものだから、電話には出る。でも、内容は営業トーク。所属を聞くようにしたかなんかで、もうかかってこなくなった。凄いのは、「武田製薬」からかかってきたこともあった。でも、内容は営業トーク。呼び出して、小一時間説教しようかと思ったね。だいたい、いきなりウソつくような相手から高い買い物しようかって馬鹿はいるのかね。なめてんのか。

今回の手口は、イキナリ病棟に電話をかけるという技。交換手は営業マンの手口をよく知っているが、ナースは知らない。言われるがまま医者に電話をつなぐであろう。しかし、今回すぐに化けの皮がはがれたのは、ウチの病院には、内科はおろか、すべての科を含めてもナカシマ先生はいなかったからだ。ナースも困って、医局に電話をまわしたのであろう。今回、ナカシマ先生になりすまさなかったのが悔やまれる。

[]地域医療 地域医療を含むブックマーク

村で唯一の常勤医が辞職したのが、けっこう大きなニュースに。

■泉崎村唯一の常勤医が辞職(アサヒコム)

  泉崎村立病院に今月1日に就任したばかりの院長(49)が辞職したことが27日、村議会全員協議会に報告された。村立病院の院長は同村でただ1人の常勤医。村では院長宿舎を改修し、引っ越し費100万円を用意するなどして迎え入れたばかりだっただけに、戸惑いを隠せないでいる。村は当面、高齢を理由に退職した元院長(70)に院長代行を依頼するという。

  辞職した院長は、宮城県内の私立病院の勤務医だったが、前院長(40)が今春、泉崎村に辞意を伝えたのを知り、自ら後任を申し出てきた。8月下旬に採用され、今月1日に正式就任した。

  だが、院長は22日、小林日出夫村長に辞意を伝え、24日に辞表を提出した。休日に呼び出され、当直も週5回つけられるなど、「肉体的、精神的に限界」という内容だったという。

  しかし、村によると院長は実際に当直勤務をしたことはなかったという。「勤務の大変さは説明したし、すべて分かって来たはず。甘く考えていたのでは」と反論する。


■福島・泉崎村立病院 期待の新院長、1ヵ月で退職(河北新報)

 小林日出夫村長は「事情を理解して引き受けてもらったと思っていたので驚いている。入院患者もいるのに、猶予期間もなく辞めたのは理解できない」と話している。

 村は嘱託医の元院長(70)を院長職務代理者にして診察を続けるとともに、新たな院長を探し始めた。「入院患者と、かかりつけの外来患者の診療には当面影響はない」としている。

 村によると、浜崎さんは22日に突然、村に電話で辞意を伝えた。驚いた幹部が事情を聴きに出向いたが、「もう限界。勘弁してくれ」と、明確な理由は述べずに退職願を提出。25日には村を後にした。

 ある幹部は「診療時間の短縮を求めたり、それほど多くない夜間の呼び出しに応じないことがあったりと、当初からトラブルがあった。自分の思うようにならないのと、周囲から孤立したのが原因では」と推測する。

 27日の村議会全員協などでは「あまりにも村民をばかにしている。悪い夢を見ているようだ」と憤る声が聞かれた。


■泉崎村立病院・院長が辞表提出−−「肉体的、精神的に限界」(毎日新聞)

 この医師は、前院長の辞意表明(2月)を報道で知り、宮城県蔵王町の私立病院の勤務医から院長就任を申し出て、8月下旬から勤務していた。辞表の理由は(1)休日も呼び出される(2)履歴書に「当直は週1回まで」と書いたが週5回をつけられた(3)勤務態勢の改善を求めたがはねられた――としている。常勤医師が院長一人の職場環境を問題視しているようだ。

 一方、村幹部は「すべて納得済みで来てもらったと思っていた」と驚きを隠せない。村は院長のため、病院そばの院長用宿舎を450万円かけて改修し、引っ越しの支度金100万円を用意した。小林村長は「赴任から1カ月もたっていない。新院長をリーダーに出直そうと考えていた矢先だけに残念」と話す。

これを機会に、地域医療に関心が向き、問題が少しでも解決するといいですね(優等生的発言)。それにしても、「週5回の当直」ってなかなかすごい。並たいていではない。当直の翌日も、別に休みではない。だからといって診療時間の短縮を求めると、「当初からトラブルがあった」と言われる。休日も休みではない。いったい、いつ休むのであろう。「勤務の大変さは説明したし、すべて分かって来たはず。甘く考えていたのでは」との村長の言葉であるが、そんなことで後任の医師が見つかるのであろうか。

2004-09-26

NATROM2004-09-26

[]楽しい休日 楽しい休日を含むブックマーク

再び近所の川にハゼ釣りに。干潮時には濁りが入ってて誰も釣れていなかったが、潮が満ちてくるにしたがい、濁りもとれて釣れはじめた。ハゼ5-6匹、キス4匹、コチ1匹(20cm)(写真)。今回もワタリガニが数匹釣れたがリリースサイズ。てんぷらにしてもらって食べました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/NATROM/20040926

2004-09-25

[]オフ会 オフ会を含むブックマーク

昨日はオフ会だった。うまい酒飲んで、うまい魚(クジラは魚に含まれる)を食べた。飲みすぎてあんまりよく覚えていないのだけれど、「一万円もらえれば進化論を否定してもいい」と満場一致で決まったような気がする。進化論を否定してもらいたい人は連絡お待ちしています。

[]クモを殺してはいけない理由 クモを殺してはいけない理由を含むブックマーク

チビと公園へ。ちっちゃいクモを発見すると同時に踏み潰そうとするチビ。たしなめると、

「おうちにはごきぶりはいるけど、こうえんにはごきぶりはいない」

と反論。家でハエトリグモの類を殺そうとするチビに、ゴキブリを取ってくれる益虫だから殺してはいけないと普段から言っているのだ。たしかに、ゴキブリを取らないクモなら殺してもいいのか。チビの反論は論理的だ。小手先の理由で殺してはいけないと教育するのは間違っている。でも、きちんと理由を説明するのは難しいのだ。とりあえず、「己の欲せざる所は人に施すことなかれ」の精神で、

「パパが踏み潰されたらイヤだよね。クモさんも踏み潰されるのはイヤじゃないかな」

と言うと、チビは、

「くもはけもの。パパはけものじゃない」

それは反論になっていないぞ。けものって何だよ。

[]認知科学 認知科学を含むブックマーク

チビが保育園のお友達とくんづほぐれつしているところを見ながらの妻との会話。

「子犬のじゃれているのと似ているねえ」

「ていうか、まあ同じだろ」

「遊ぶのは、哺乳類だけかな。魚とかあまり遊ばないよね」

「わからんぞ。みんなでお遊戯するぐらいだからな。我々がわからないだけで、実は遊んでいるのかもしれぬ」

「しりとりとか?」

何でしりとりなんだよ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/NATROM/20040925

2004-09-24 縄文セックス

NATROM2004-09-24

[][]縄文セックス 縄文セックスを含むブックマーク

エッチな単語を含んだ日記を書けばアクセス数がうなぎのぼりだということで、何かふさわしい記事がないか毎日チェックしている。ウソだけど。本当は、「進化論」をキーワードに見つけた。なかなかステキだよ。

■セックスは神の神秘です!!縄文セックスのテク

セックスは男女の躰の構造と機能を考えさせられます。その構造には人間を先回りして、こうすれば女性はイクという機能が組み込まれています。ソレは進化論なんてものではありません。神の設計図と言うしかないものです。

最近私は女性を二人連続して10回以上づつイカセルことが出来るようになりました。各30分ぐらいの時間でこれは出来ました。

私は、確かにこれまで無神論でしたが、この頃は神の存在と設計を信ずるようになりました。あんなに簡単に女性がイク設計になっているとは...とびっくりしています。

ソレは偶然進化したなんてトンデモないことです。あまりにも上手く出来過ぎていますヨ。

相手の女性をいかせようとする、その努力によって、男性がますますいかなくなる構造に神はあらかじめ設計しているのです。だからこそ、ますます女性は何回もイキ、男性はいやでも女性を何回もイカセルしかないように設計されて、両者のセックスは男女が、たがいの感謝と満足に向かって融合せざるを得なくなっています。

縄文セックスは男女が仲良く感謝しあい、謙虚に助け合うようになっているのです。

縄文セックスのテクは神の設計をなぞり、たどることから出来ています。

縄文セックス、ソレは神への帰依への道なのです。

進化論を否定する論法ってのはこれまでたくさん見てきたけど、オルガスムス(オーガズム)の存在をもって設計者の存在を主張するというのははじめて。なかなかオリジナリティがある。女性の中で射精しさえすれば繁殖は可能なのだから、オルガスムスの適応的意義って何だろう?という問いは正当なものだ。ただ、オルガスムスが進化論的に説明できないということはない。オルガスムスの適応的意義についての仮説をいくつか思いつくは簡単だ。検証困難なこともあるだろうが、進化論を否定したつもりになっている他のトンデモさんの論法と同じく、オルガスムス(オーガズム)の存在をもって設計者の存在が証明できるわけではない。

それはそれとして、自称では結構なお年なのにも関わらず、新たなセックステクの発見にいそしんでいるRokunowaさん、ブログの他の部分もほとんどこんな調子。自分が女性を何回イカせたか。そのためのテクニックの披露。たまに進化論や言語学についてのトンデモ。なぜだかはわかんないけど、画像は山の風景(写真)。ぼーっと読んでいるぶんには楽しい。体験談は、どこまでホントなんだろう?

実はヤフー掲示板でも活躍中。プロフィールには、「天文考古学で短周期地軸大移動を発見。日本人と日本語の起源がアイヌ語族であるとの仮説を提唱。縄文セックスにおけるsexテク、を発見し、再開発中。」とある。膨大な彼の発言からステキな部分を抜粋。■科学 > 天文学 > 誰か教えてください!のmsg52-53より。

人類は地球上では7千万年前から使用していました。

宇宙的には、人類は永遠の過去から火を使用していました。

(中略)

 人類は宇宙に充満しているのです。永遠の過去から、人類は宇宙を旅行し、さまよい、新たな惑星に住み着いてきました。

 地球の人類も彼らの親戚で、7000万年前から地球に住んでいます。この点では進化論に私は反対します。恐竜の活躍していた時代には、地球に人類はすでに存在しました。

 貴方の言うとうり電離層のプラズマ状の大気のエネルギーが地球では700度、金星では500度だとすると、金星には地球と同様、人その他の生物が生きている可能性があります。するとG.アダムスキーの体験はウソでも、荒唐無稽でもなく本当であるとの蓋然性が高くなりました。

 彼は金星に行って、帰って来た唯一の地球人で、金星では人々が水着を着て海で泳いでいるのを目撃しています。

 ......

 金星に行って帰ってきた人はG.アダムスキーだけです。彼は金星人が泳いでおり、海があり、彼らと話をしてきたのです。

「宇宙人とセクースした!」系のトンデモはしばしば聞くけど、同系統なのかなあ。「30分で68回イッた」という彼女は、もしかしたら金星人だったのかもしれない。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/NATROM/20040924

2004-09-23

[][]「社会生物学の勝利 批判者たちはどこで誤ったか「社会生物学の勝利 批判者たちはどこで誤ったか」を含むブックマーク

cover

ジョン・オルコック著 長谷川眞理子訳 原著は2001年。著者も訳者も信頼できそうで、社会生物学についての見解を知るには役に立つだろう。タイトルがなかなか凄い。内容も、タイトル通りというところ。社会生物学については、誤解に基づいた的外れな批判がなされていたこともあり、そうした誤解を解くには適切な本だ。本書の前書きに述べられている社会生物学に関する誤解をいくつか抜き出して見ると

社会生物学は、第一に人間行動を説明する学問である

社会生物学は、いくつかの行動形質は遺伝的に決定されているという主張に基づく還元主義的学問である

社会生物学は、検証していないし、検証不可能な「なぜなぜ物語」を生み出すことに専念する、純粋に机上の空論である

社会生物学とは、ある種の行動を「自然である」、「進化によって形成された」と名づけることにより、人間行動のすべての不愉快な面を正当化できるようにする学問である

これらは「まったくの間違いである」。社会生物学は生物の社会行動の進化的な研究を行う学問である。社会行動を行う種はごまんとある。人間も社会行動を行う種であり、社会生物学の研究対象であるが、人間がメインの研究対象というわけではない。ガガンボモドキやミズスマシと比較して、ヒトの研究は注目を集めやすく、ゆえに議論を呼びやすい。しかし、ヒトは神に似せて創造された特別な生物であるという信仰を持っていない人は、ヒトもまたダーウィン的な進化の産物であり、よってその社会行動は社会生物学の研究対象となりうることに同意せざるをえないだろう。(ただし、人間の社会行動のすべてが社会生物学的なアプローチで説明できるというわけではない。説明できるものもあるし、説明できないものもあるだろう)。

しかしながら、人間の行動の社会生物学的な説明は論議を呼ぶ。たとえば、レイプ(強姦)についての進化的な説明、つまり、ある条件下ではレイプが男性の繁殖のチャンスを上げるためレイプ行動が進化したという説明に対して、フェミニストを中心に非難がまきおこった(P327)。レイプが適応的な行動だったとという仮説が、検証によって棄却されることはあるだろうが、そうした仮説を提唱する事自体が批判されることは妥当ではない。こうした批判が巻き起こる理由の一つに、レイプに適応的意義を認めることはレイプを正当化することであると誤解する人がいることがある。ドーキンスの言う、「どうあるべきかという主張と、どうであるという言明とを区別できない人々」だ。それは自然主義的誤謬(自然主義の誤謬)と呼ばれる。

…人々が進化の理論とはなんなのかを理解すれば、「自然な」、「進化で生じた」形質は、変えがたいわけでもなく、社会的な視点から見たときに望ましいとも限らないということを知るだろう。私たちが進化で見に付けた*1性質を、道徳的な必然として受け入れる必要など、どこにもないのである。(P333)

もちろん、自然主義的誤謬を利用する連中に警戒する必要はある。「レイプは適応的な行動だから犯罪ではない」などと主張する馬鹿がいたら、思いっきり馬鹿にしてあげよう。しかし、「レイプは適応的な行動などではない」という反論はきわめてまずい。「レイプが進化的に適応的だろうとそうでなかろうと犯罪である」というのがより適切な反論である。(レイプは犯罪ではない、などと主張する馬鹿はそうそうはいないだろうが、「男女同権に反対!自然の摂理に従った男女の役割分担を」と主張する馬鹿は存在する)。

*1:原文ママ

遠藤遠藤 2004/09/23 20:12 これは面白そうです。早速購入しよ!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/NATROM/20040923

2004-09-20 楽しい休日

NATROM2004-09-20

[]門司港レトロ 門司港レトロを含むブックマーク

連休は、バナナの叩き売り発祥の地、門司へ。グルメ情報をいろいろ調べていったのだが、駐車場に入れるのに手間取って、チビが「おかなすいた」と言うものだから、19日の昼食は目に付いた一番大きそうなレストランへ直行。それほど期待はしていなかったが、フグ天丼が意外とうまかった。チキン南蛮丼風味付け。

九州鉄道記念館へ。実は二回目。鉄道マニアはまた別なのかもしれないが、まあ二回目にはさして見る所もなし。チビは喜んだ。ミニ鉄道公園では4種類のミニ鉄道が走っていて、我らは72系ゆふいんの森に乗る。「72系ゆふいんの森」といっても、ここに来て初めて知ったんだけど。平日には、全種類コンプリートしていく猛者もいるんだそうな。信号は本物と同じシステムを使っているそうである。

夕食まで時間があったのでオルゴールミュージアムへ。見るだけでも結構楽しい。夕食は、チビが乗りたいというものだから、船の上のハンバーグレストランへ。味は普通というか並。ホテルで披露宴があっていて、仕掛花火を見れた。チビが寝た後は、夜景(写真)を見に港へ。1時間ほど夜景を見て、いいかげん帰ろうと思ったところ、隣の親父に小アジが釣れているものだから、あともう一時間くらい粘って夜景を見ていた。夜景はきれいだったし、楽しかったよ。

翌20日は船で下関に渡って水族館へ。下関だけあって、フグ関係が異様に充実している。淡水のフグがあんなにいるとは思わなかった。アザラシがトトロみたいであった。イルカショーは遠目で見ただけ。昼食は門司のオープンカフェで焼きそばとチヂミを食った。以外にうまかった。

北九州市自然史・歴史博物館へ。ここには昨年も来ている。恐竜のパノラマ展示があって、これがなかなかよくできている。リアルに動き、演出としての声やカミナリの音があり、昨年のチビは怖くて中に入れなかったのだ。今回はリベンジ。さすが三歳になっただけあって、泣きもせず中に入れた。ベロキラプトルに近づこうとしたらさすがに「こわいこわい」言っていたけどな。他にも化石関係の展示が見事であって、ここは何度来ても楽しめる。夕食は近所でラーメン食って寝た。楽しい休日であった。

[]新庄 新庄を含むブックマーク

本日のホークス対ファイターズ。三瀬が打たれて3点差をひっくり返され、新庄のサヨナラ満塁ホームランで12対16でファイターズの勝ち。新庄カッコイイ。プレーオフにライオンズが出てきても、ファイターズが出てきても、マリーンズが出てきてもイヤだな。

揚げ足取り揚げ足取り 2004/09/21 06:07 満塁ホームラン→幻の満塁ホームラン
12対16→12対13
ですね。

nobuotakahashinobuotakahashi 2004/09/21 08:43 ホントに見せてくれますね、新庄は。「幻のホームラン」は、まさかわざとではないだろうが、ホームラン以上に記録(記憶?)に残る。メッツ時代は「やりすぎ」の感じだったけど、ハムに来てからは、「いい感じ」

NATROMNATROM 2004/09/21 08:49 そういやなんか走者を追い越していましたね。訂正感謝。この勢いのままプレーオフされたらかなわんなあ。

front-octopusfront-octopus 2004/09/22 13:40 ホークスはファイターズにとってはひとつのモデルケースで目標と言えるでしょう。昨夜の試合を見てきましたが、福岡ドームはこんな雰囲気なのかなとちょっとうれしくなりました。こうなったのには新庄効果も確実にあるように思います。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/NATROM/20040920

2004-09-18 古田がんばれ

NATROM2004-09-18

[]プロ野球ストライキ プロ野球ストライキを含むブックマーク

ただでもらったもんだけど、紙切れになってしまった(写真)。「本券は払い戻しいたしません」と書いてあった。「日本初のプロ野球ストライキ記念日のチケットとして、保存しておけば将来価値が出る」と考える人が他に1万人くらいはいそうな罠。とか思っていたら、ヤフーオークションで売っている奴がいた。

ストライキチケット9/18土曜中日ー巨人パノラマ自由

http://page11.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/n7216678

1500円の値がついているでやんの(自作自演の可能性も?)。誰か、ホークス−ライオンズ戦のチケット欲しい人いるかい?

[]どろろと百鬼丸 どろろと百鬼丸を含むブックマーク

知らないうちにどろろがゲームになっていた。妖怪かなんかに体の各部分を持っていかれて、戦って倒すたびに体を取り戻すというストーリーだったはず。確かにゲーム向きかな。どんどん体を取り戻していって、一番最後に脾臓だけが残ったりしたら、戦う気力がわかないよな。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/NATROM/20040918

2004-09-17 あるいは愚痴

[]折り合いをつけるのは難しい 折り合いをつけるのは難しいを含むブックマーク

「独り暮らしで寂しかった」と救急車を呼ぶほどではないにしろ、何かいい解決法がないかなあと思われる問題について。特に独り暮らしの高齢者に多いのだけど、病気と関係のないことについて、延々としゃべる方がおられる。日ごろ、話相手がいないので、医者を相手にいろいろ話したいのであろう。患者の話をよく聞く医師がよい医師ということになっている。できることならばゆっくりと話し相手になりたいものだ。だがしかし、患者さんはその人だけではないのである。外来では、患者さんが列をつくって待っているのである。

高熱でぐったりしている患者さんが待っているのに、いちいち花壇の手入れの話を延々と聞いているわけにはいかない(花壇の話だけではなく、変化のない慢性の症状「腰が痛い」「目がかすむ」等もそうだ)。うまく終わらせて、次の患者さんを診なければならない。これが自然に出来るのが理想的なのだろうけど、患者さんの中には、なるべく長く話をできるように、話をさえぎられないように意図的に続けて話をしているとしか思えない人もいる。こういう人に気が済むまで話をさせていたら、後の患者さんは30分は余計に待たされることになるのだ。

どっかで折り合いつけなければならない。効率的に外来をまわすためには、余計な話は途中でさえぎらなければならない。丁寧な物の言い方をするものの、基本的には「お前の話は無駄だから聞かない」と言わなければならない。変化のない再診の患者さんより、初診の患者さんにより多くの時間を割きたい。息子の嫁の病気の話は聞きたくない。前医で出された薬の説明は前医に聞いてくれ。「白くて丸い薬」じゃ分からん。みのもんたと俺とどっちを信用するんだ。

折り合いをつけすぎるとクレームがつくことになる。「ほとんど目をあわさずカルテばかり見て、ちょっと話をしただけで『お薬出しときます』で終わり。3分診療だ。ひどい医者だ」。これはあんまりにしても、めっちゃ混んでいるときにはそうしたい気持ちになってしまうこともある。一方で良医たらんとして丁寧な診察をしていると、「いつまで待たすんだゴルァ」とやっぱりクレームがつく。クレーム対応にさらに時間がかかれば悪循環に陥る。どうすればいいんだ。

シビアなのが料金を時間制にするってこと。タクシーのメーターみたいなものを診察室につけておき、患者さんが入ってきたときから料金がカチカチと上がっていく。これはシビアすぎて冗談にしかならない。お話を聞くだけの人ってのがいれば少しは問題が解決すると思う。現在勤務している病院には、医療短大の学生さん(看護師のタマゴ)が研修に来ているのだけれど、学生さんがお話を聞いてくれるだけで、患者さんの満足度がアップしている気がする。いつでも学生さんがいるわけではないので、問診専門のパラメディカルがいればなあ。あるいは、外来ナースを一人増やして、予診をとってくれるだけでもいいのになあ。別にナースでなくても、資格がなくても、話を聞いてくれる人がいるだけでもいいのになあ。

KosukeKosuke 2004/09/24 18:15 > 別にナースでなくても、資格がなくても、話を聞いてくれる人がいるだけでもいいのになあ。

ボランティアを活用する病院が増えましたが、彼ら彼女らに任せても良い仕事がもっとありそうですね(しみじみ)。

病棟では同室の患者同士が結構そういう機能を果たしてますが、無責任な噂話の弊害もあるしねぇ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/NATROM/20040917

2004-09-15

NATROM2004-09-15

[]芋静注 芋静注を含むブックマーク

朝日新聞の悪口を書けばアクセス数がうなぎのぼりだということで、何かふさわしい記事がないか毎日チェックしている。政治といった俗事よりも、科学や数学といった崇高なテーマのほうが、この日記にふさわしい。14日の朝日新聞の青鉛筆という小さな囲み記事に崇高なテーマを発見した。

芋焼酎をテーマにした本社主催の朝日懇話会が13日、鹿児島市のホテルで開かれ、余興に約60人の聴衆が計5銘柄を当てる「利き酒会」を楽しんだ。

芋焼酎には一家言を持つ本場の左党が、自信満々に挑戦。甘い香りに包まれた会場で、頭をひねりながら試飲を繰り返すうちにほろ酔い気分になる人もいた。

しかし全銘柄正解はゼロ。最高は3銘柄でわずか4人だった。60年間焼酎一筋の男性(78)は愛飲の焼酎すら分からず、「人の舌なんて、いい加減なもんです」。

全銘柄正解はゼロだって、わはは。最高は5問中3問正解でわずか4人。60人もいれば、デタラメでも5問中4問くらいは正解する人もいそうなのに。ここは一つ、デタラメでも5問中4問以上正解になる確率を計算してやろう。まず、全問正解となる確率だが、A、B、C、D、Eの銘柄を並べるやり方は5×4×3×2×1=120通り。その中で、全問正解は1通りだから、全問正解の確率は1/120。けっこう厳しいな。60人しかいなかったら、全問正解者がいなくてもそれほど変じゃない。

で、次に5問中4問正解の確率だけど、えっと、よく考えたら、1問だけ不正解って普通はありえないよな。違う問題に同じ銘柄を答えるといったひねくれ者でない限り。なんだ、5問中4問以上正解になる確率は結局、1/120か。つまらん。では、5問中3問正解になる確率は?まったくのデタラメに答えて、5問全部外れる確率はいくつだろう?5問中3問正解の確率、5問中2問正解の確率までは、手計算でできたけど、5問中1問正解、5問中0問正解の確率は、もっとエレガントなやり方(写真)で解いた。答えが見たい人は、続きを読むをクリック。(問題があまり厳密ではないけど勘弁してね。大体の意図を広い心で汲み取ってください。)

続きを読む

チーズチーズ 2004/09/15 13:32 ひょっとして、銘柄も選択枝になっていないちょー厳しい聞き酒だった、とか。

NATROMNATROM 2004/09/15 14:50 それは厳しすぎる。そもそも選択枝になっていなかったという可能性の他に、たとえば「20銘柄中から」5銘柄を当てるという問題だったという可能性も考えられる。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/NATROM/20040915

2004-09-14

[]救急車有料化 救急車有料化を含むブックマーク

■タクシーじゃない!救急車要請急増に都が有料化検討も(読売新聞)

利用急増の原因の一因として、都会で独居老人が増えていることが記事では述べられているが、さらに

 その一方で、救急隊員が現場で戸惑う事例も増えている。東京消防庁によると、「具合が悪い」「腹が痛い」といった要請で駆けつけたものの、症状を確認すると「独り暮らしで寂しかった」「1人で病院に行くのが不安だった」などと打ち明けられ、そのまま引き揚げるケースもあるという。

 さらに、救急車をタクシー代わりに使おうとする例もしばしばあり、50代の男性は「9時から入院することになっている」と病院名を指定して出動を要請、衣類を入れた紙袋を手に持って待っていたという。

 「歯が痛い」と夜間に要請してきた20代の女性は「診察してくれる歯科医院が分からないから」と説明した。忘年会のシーズンには、酒を飲み過ぎた人からの救急コールも多い。

 こうした現状に対し、同庁は「要請を受けた段階では緊急性の有無を判断できず、まずは駆けつけるしかない」と頭を抱える。実際、搬送者の症状を分析すると、昨年は生命に危険がない軽症者と中等症者が全体の9割以上を占めた。

「歯が痛い」のはしょうがないだろう。救急病院を紹介し、出動しなければよい。急性アルコール中毒も、内心はいい気はしないが、処置が遅れると死ぬこともありうる。まあOK。「独り暮らしで寂しかった」てのはさすがにNGか。タクシー代わりってのは論外。まれにはいる、こういう人。まず、優等生的なコメントを述べとこう。大半の人にとっては、救急車ってのはどうしようもなくなってから呼ぶものなのだ。仮に有料化したとして、そのために本当に救急車を必要とする人が呼ぶのをためらい、結果として手遅れになることも考えられる。ごく一部のマナーの悪い利用者のために、潜在的な利用者が犠牲になってはならない。救急車の有料化はいかがなものか。

ま、それはそれとして、とんでもないことで救急車を呼ぶ人ってのは存在する。あらかじめ言っておくけど、医者からみて結果的に軽症だったってのはそれには該当しない。軽症か重症かってのは医者に診せるまではなかなかわかんなかったりする。たとえば、尿路結石による腹痛で、搬送中に石が落ちたせいで腹痛が消失した場合、入院を要しない「軽症」に丸をつけることになる。でもこれって、救急車を呼んでもかまわないケースだ。「生命に危険がない軽症者と中等症者が全体の9割以上を占めた」というだけでは、救急車の利用マナーが低下したとはいえない。一般的に言えば、「この位で救急車呼んだら怒られるかも」と迷うぐらいなら、救急車を呼んでもいい。とんでもない人ってのは、「この位で救急車呼んだら怒られるかも」とすら考えられない人なのだ。

最終的に搬送されてきた人しか医師は診ないので、救急隊はさらにとんでもない人に遭遇しているのだろう。正直言えば、そういう「必要ないのに救急車を呼ぶような困った人」からは金取っちゃえって思わないでもない。それだと、誰かが(たぶん医師が)、症例ごとに救急車が必要であったかどうか判断しないといけない。面倒だし、トラブルの元になる。有料化の前に、教育を考えたほうがよいのではないかと思う。「こういう場合は、救急車を呼んでもよい。こういう場合は自分でタクシーを呼ぶなりして、自分で救急病院へ行きましょう」という感じ。それになにより、救急車や救急病院ってのは、公共の資源であるということ、ある人が利用していたら別の人(その人は今すぐ救急車が利用できないと死ぬかもしれないのだ)が利用できないことになるってことを、もっと分かってもらいたい。救急車はタクシーではないし、夜間外来はコンビニではない。

nobuotakahashinobuotakahashi 2004/09/14 16:58 「救急車を呼ぶべき時」についての教育、はするべきですね。大人もだけど、手遅れなら学校ででも。有料だと思っている人とか、すぐにどの病院にでも入れると思っている人とか、誤解は多いと思います。

NATROMNATROM 2004/09/14 22:39 内容に問題ないとは言えないが、問題を広く知ってもらうという点では、記事にしただけ読売新聞は評価できる。「1回当たりの費用約4万5000円」ってのも算出する意味あんのか、と思ったけど、救急車にもコストがかかってんだな、と理解してもらえる助けになる。「結果的に軽症はOK」「救急車を呼ぼうかを迷っているうちに重症化するというケースもある」ってことにも触れていればなお良かった。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/NATROM/20040914

2004-09-13

[]ドーキンス VS グールド ドーキンス VS グールドを含むブックマーク

なにげにアマゾンで「ドーキンス」を検索してみると、ドーキンス VS グールドってのを発見。これって、あのドーキンスとあのグールドだよなあ。

nobuotakahashinobuotakahashi 2004/09/14 13:28 「モロ」な題名ですね。発売が2004/10だから、もうすぐですね。原書は2001年にでているようです(amazon.co.jpでは在庫切れ)。
グールドとドーキンスがライバルと知った時は、ちょっとショックでしたが、こういうレベルの戦いは観迎です。

NATROMNATROM 2004/09/14 22:34 ちゃんとした人が書いているのであれば、内容は面白いはず。心配しているのは、あまりもののわかっていない人が、売らんがために書かれた本かもってこと。読んでみないとわからんわな。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/NATROM/20040913

2004-09-11

NATROM2004-09-11

[]楽しい休日 楽しい休日を含むブックマーク

今日は、妻とチビとで海に。投げ釣りでキスを狙ったのだが、釣れたのはフグが二匹。仕掛けを入れた端からコツコツ当たりがあり、餌を取るだけならまだしも、針ごと持っていく。そこらじゅうにフグがいる感じ。釣りになんない。きっと、サーファーが「釣り人邪魔だから困らせちゃえ」と、フグを大量に養殖しているに違いない(妄想)。しょーがないので釣りは止めて、海に流れ込んでいる小さな川で遊ぶ。体長数センチのボラの仔が群れていて、網で取った。

妻が亀(写真)を見つけた。10センチ弱といったところか。アカミミガメではなさそう。どうやらイシガメらしい。今日の獲物。クサフグ2匹、仔ボラ数匹、イシガメ1匹、カニ1匹。お昼は、海の近くの店へ。前は台風が吹けば飛ばされそうな、建築基準法は大丈夫なのか、といった店だったのだが、最近はあちこちにチェーン店ができ羽振りがよいのか、ものすごくきれいになっていた。イクラ丼がうまかったが、他は普通。夕食は近所でギョウザ食って寝た。楽しい休日であった。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/NATROM/20040911

2004-09-10 カテゴリ名は医学より医療のほうが良かったなあ

[]献血の思い出 献血の思い出を含むブックマーク

献血ルームがあったら、そうっとのぞいて見てごらん。医者が血圧を測っているよ。病棟がクソ忙しいのにアルバイトで来させられている研修医や、研究でクソ忙しいのにアルバイトで来させられている大学院生だったりする。だから、居眠りしていたり、論文を読んでいたりしても許してね。バイト代はそれほどよくはなかったが、それなりに楽だった。前にも言ったが、実は誰にでもできる。血圧は自動血圧計が測ってくれるし、問診はマニュアル通りにやればいい。というようなことを、

Do you think for the future?■赤血球成分献血導入?

を見て思い出したりした。で、tf2さんの疑問。

献血のメニューが増えるのは良いことのようにも思えるが、一方では、誰がどうやって献血の種類を決めるのか? 現状でもいろいろと問題がありそうだけど、献血現場でのメニューの選び方について、もっとオープンでわかりやすく納得のいく仕組みが必要な気がする。

当時のメニューは、400cc、200cc、成分献血だった(今もそうか?)。私の行っていたところでは、「ポテトはいかがですか?」というノリで、「成分献血はいかがですか?」と看護婦さんが勧めていた。どうやらノルマのようなものがあるらしく、できれば成分献血をして欲しかったようだ。一度、「先生も成分献血はいかがですか?」と勧められ、やってみたことがある。ゆったりとした椅子に座って、ぐっすりと眠れてなかなかいい感じだった。でも、その間、私の仕事は誰がやっていたんだろ?医者なんかいなくったって問題ないってことですな。

献血のアルバイトは献血ルームだけではなく、献血車を持ってってドサまわりみたいなこともやる。みんなも、街頭で献血をお願いされたことがあるだろう。献血車では成分献血はできなかったので、メニューは400ccと200ccだ。基準をクリアしてれば、400ccをお願いしていた。どうせ採るなら、たくさんとっちゃえってこと。ところが、あるおじさんが「わしは200ccで」と言い出した。看護婦さんも、そのまま200ccでお願いすればいいものの、「400cc採っても大丈夫ですよ」と説明をはじめた。しまいにゃ、「わしゃ、200ccでしかせん」「先生、納得されません。説明してください」。いいよもう、400ccだろうが200ccだろうが。

リピーターが多い献血ルームと違って、初めて献血するような人が多いドサまわりではちょっとしたトラブルがおこることがある。私の経験では、初老の男性が「アメリカはエイズ入りの薬を日本に売りつけてケシカラン」と言い始めたことがあった。エイズじゃなくてHIVね、それに、日本の対応もまずかったし、そもそも安部英が…、ていうか、関係ないじゃん。何で今それを私に言う。「そうですね」とスルーして次の人の血圧を測ろうとしたけど、初老の男性動かない。「先生はいかが思われますか」。知るか。こっちは早く終わらせて病棟の仕事をせんといかんのじゃゴルァ。「興味深いお話だけど次の人がお待ちだから、終わってからゆっくりお話しましょう」と言ったつもりだったが、経験の浅い研修医のせいか、どうも本音が態度に出てしまったらしい。気分を害されてしまった。

こっちは献血を「お願い」する立場、あちらは無償で血液を提供する立場。お客様以上に神様なのだ。女医はセクハラまがいの言葉をかけられることもあるそうだが、その辺は我慢しないといけない。最近だと、「肝炎ウイルス入りの血液製剤を作るな」とか文句をいう人もいただろう。そういうのは、アルバイトではなく、もっと偉い人に言ってください。

完全に血液製剤を代替できる製品が開発されるまで、献血は必要とされるであろう。血液は常に不足気味である。みんなも、ときどきは献血に行ってあげてください。成分献血を勧められたら、急いでいない限り、そうしてください。献血ルームは快適だ。血圧を測るときに、医者をウォッチしてみよう。

tf2tf2 2004/09/10 01:23 献血ルームは、冷暖房完備でTVもあるし、最近だと飲み物飲み放題、おやつもくれるし、おみやげもくれるしで、慣れると本当に快適でやみつきになれます。おまけに血液の健康診断もしてくれるし。

問診のお医者さん、岡山の献血ルームではいつも若い人ばかりで、何か頼りない感じがしたけど、こちら横浜方面では一線を退いたらしい老年(ヨボヨボ)のお医者さんがいつも待ち構えていて、これはこれで怖いです。耳も遠いようで、こちらの答えを聞き取れないことも多いし、血圧測定の手元も危ない。。 ドナーの心配する前に、自分の心配した方がよろしいのではと、ヒヤヒヤしてます。

nozokinozoki 2005/11/17 18:35 以前、400ccを献血して、気分が悪くなったことがあります。
回復するまで余計な時間がかかってしまい、お医者さんや待ってる皆さんにも悪いことをしたな,と反省しました。
以来私は200ccが私の体にはベストだと判断いたしました。
400ccだと次までにずいぶん間隔を空ける必要があるので、1年間で一番多く献血できるのは200ccの方ですか、それとも同じでしょうか。

NATROMNATROM 2005/11/18 09:01 献血のルールはよう覚えておりませんので、年間の献血量が多くなるのがどちらかはわかりません。400 ccとると気分が悪くなる人もいるのですね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/NATROM/20040910

2004-09-09

[]私をあんな愚かな生き物と一緒にしないでくれ 私をあんな愚かな生き物と一緒にしないでくれを含むブックマーク

日常的な会話。

「へえ、アマゾンって、家電も売っているのか」

「アマゾンなんだから、アマゾンに関係したものを売ればいいのに」

「アマゾンに関係したものって何よ?」

「アマゾン川の魚とか。ピラニアとかピラルクとかガーゴイルとか」

「ガーゴイルはアマゾン川にはいない。ていうか、魚じゃねえ」

なんかガーフィッシュと間違えたらしい。北米の魚っていうから、やっぱりアマゾン川にはいないがな。つか、リンク先のおばさん凄い、あんたよりもでかいよ、魚。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/NATROM/20040909

2004-09-07 サンマ賛歌

[][]サンマ賛歌 サンマ賛歌を含むブックマーク

「花の色や香りは、人間を楽しませるために、神様がおつくりになった(進化したわけではない)」と言う創造論者がいる。じゃあ、ラフレシアの臭いはどうなんだとか言いたくなる。「スウィーティーというグレープフルーツに似た果物を食べました。神の愛により、イスラエルにこんなに美味しい果物をくださったのです」と言った創造論者もいた。熱心な創造論者ってのは、キリスト教右派で親イスラエルなのだ。ていうか、スウィーティーは思いっきり品種改良された果物だぞ。神様じゃなく、人がつくったんだ。

奴らが、こうした喩えに、どうして秋刀魚を持ち出さないのか不思議でたまらない。秋刀魚は品種改良されていないのにもかかわらず、なぜこんなにもうまいのだ。「秋刀魚の美味しさは自然淘汰では説明できない。秋刀魚は神によってつくられたのだ」と主張されたら、反論できないぞ。大根もそうだ。大根は、秋刀魚に合うようにデザインされているとしか思えないではないか。盲目の時計職人が、秋刀魚と大根を作り出す確率は、10の600万乗分の1だ(NATROM推定)。スウィーティーなど別になくてもいい。秋刀魚はないと困る。将来の夢は、マイ七輪で漁港で上がったばかりの秋刀魚を焼いて食うことだ。

そうした秋刀魚好きの遺伝子を引き継いだのか、チビが秋刀魚の歌を歌ってくれた。

サンマサンマ♪なすび♪

サンマサンマ♪キャベツ♪

茄子やキャベツはサンマに合わないとお父さん思うな。

サンマサンマ♪お肉♪

サンマとお肉はどちらも表3だから、バランス悪いぞ。

サンマサンマ♪時計♪

サンマサンマ♪カーテン♪

お前、目についたものを適当に歌っているだけだろう。とういわけで、チビはサンマも食べたが、主に納豆を食べた。

納豆>>>>>こえられない壁>>>>>サンマ

であるらしい。

遠藤遠藤 2004/09/20 20:57 これは名文だ!秋刀魚への愛と親馬鹿が融合した、歴史的に残るだろう名文である。チビの歌は国民的愛唱歌となり、50年後も歌い継がれることだろう。

kobakoba 2004/10/01 11:22 大根は品種改良の末の産物だと思う。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/NATROM/20040907

2004-09-06

[][]種分化の研究 種分化の研究を含むブックマーク

■進化論解明 カギは熱帯魚 速い分化 1万2000年で700種 シクリッド(東京新聞)

Googleニュースが新しくできたってことで、進化論で検索してみたら、上記記事が引っかかってきた。大島弘義(東京新聞・中日新聞科学部記者)による記事。

 アフリカ・ビクトリア湖の美しい熱帯魚、シクリッドはわずか一万二千年の間に、一種から七百もの種に分化したらしい。東京工業大大学院生命理工学研究科の岡田典弘教授は、あまりにも速い種分化の謎を、遺伝子の変異から解明する研究を続けている。ダーウィンの進化論を分子レベルで示すことができるかもしれない。今夏から、生態や形態の専門家を含めたチームを結成し、本格調査をスタートさせた。

 シクリッドはカワスズメ科の魚類。色や形の変化に富み、観賞魚として人気がある。大きさは数センチから八十センチ、餌も虫や小魚、こけと多様だ。東アフリカのビクトリア湖、タンガニーカ湖、マラウイ湖には、全世界のシクリッドの七割の千数百種が生息している。

ダーウィンの箱庭 ヴィクトリア湖は読んだことがある。急速な種分化のモデル生物として、シクリッドが注目されていることは知っていたが、日本人も研究に参加していたのは初耳だった。

 実は、色や形が全然違うのに、ビクトリア湖のシクリッドのゲノム(全遺伝情報)は基本的に同じ構造で、種による違いはごく小さいという。

 「だから、異なった種のゲノムを比べて、ある変異が種の中で固定していれば、その変異が種の形成にかかわったのだといえる。こうした原因遺伝子を多く見つけて、種を形成する分子機構を解明したい」と狙いを語る。

岡田先生は、クジラとカバが近縁であることSINE法を用いて示した人でした。(岡田先生のサイトは、キーワードの説明もあり、めちゃめちゃ充実してます。)もともと、SINE法を用いた系統関係の研究をしていたのが、SINE法が使用できないほど新しい種(シクリッド種内でSINE挿入多型があるそうだ)に注目した種分化の研究も行うようになったとのこと。続報に期待したい。地味ではあるがしっかりとした記事を書いた大島弘義記者も評価したい。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/NATROM/20040906

2004-09-05 楽しい休日

NATROM2004-09-05

[]ハゼ釣り ハゼ釣りを含むブックマーク

最近、ボウズ続きだったので、リベンジ。必ず釣れるものということで、近所の川にハゼ釣りに。といっても、20年ぐらい釣ってない。まあいいか。ハゼだし。みんなはハゼを釣ったことあるかな?ハゼを釣るのは簡単だ。針に餌つけて、ぽいと投げ込んでおけば釣れる。以上。道具も何でもよい。今日使用したのは、サビキ釣り1000円セットの竿と、シーバス用ロッド。値段は20倍ぐらい差があるが釣果は変わらない。

ところで、魚釣りの楽しみってなんだろう?ウキが消し込む瞬間、竿の先にアタリが伝わるその感触、魚の引き、などなどだ。ハゼ釣りではそれと全く異なる楽しみを見つけなければならない。ハゼのアタリはとても微妙だ。別にアタリなど分からないても釣れる。引きはないに等しい。上げるまで、釣れているのかどうか分からない。数を釣るのであれば、微妙なアタリを見逃さず、手早く釣ることが必要なのだろう。でも、そんなことしなくても釣れるし〜。竿も固すぎたし〜。風も強かったし〜。

というわけで、どんどん釣れるが、段々、「釣り」というよりは「作業」のような気がしてきた。飽きてきてそろそろ帰ろうかとしたときに大物が来た。最初は、またコンビニ袋だと思ったのだが、釣れてみたら怖い蟹。(多分)ワタリガニでした。本日の獲物(写真)。ハゼ20数匹。最大15 cm。ワタリガニ1匹。フグ1匹。コンビニ袋数個。ワタリガニは茹でて、ハゼは大きいのは刺身、小さいのはから揚げにして美味しくいただきました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/NATROM/20040905

2004-09-03

[][]ホルモンを含有していない胎盤製剤 ホルモンを含有していない胎盤製剤を含むブックマーク

■メルスモン製薬、無承認でヒト胎盤原料の医薬品製造(日経新聞)

医薬品メーカー「メルスモン製薬」が、ヒト胎盤を原料にした医薬品を無承認で製造・販売していたとして厚生労働省から自主回収を指示されたとのこと。

 同社は胎盤の抽出物を原料にした医薬品を正規に承認を受けて製造・販売しているが、胎盤そのものを加熱殺菌して細かく切断し、瓶詰めした医薬品を承認・許可を受けていない製法で生産し、販売していたという。

 この商品は、アレルギー性疾患や免疫力の回復などに効果があるとして皮膚の下に直接埋め込む療法で使用されていた。昨年は約1万4000本製造されたが、これまで健康被害は報告されていないという。

胎盤埋没療法とかいうものか。ま、代替療法の類に入りますな。加熱殺菌されていたとしても、効果が明確でもないのに、ヒト由来の製剤をよく使う気になれるな。上記記事の件では、承認を得ていなかったのが問題だったのだが、メルスモン製薬のサイトから、「正規に承認を受けて製造・販売している」であろう製品を発見。「今日の治療薬」にも「治療薬マニュアル」にも載っていなかったが、更年期障害・乳汁分泌不全に保険適応があるらしい。

■胎盤製剤メルスモン

国内の、感染のないヒト胎盤を原料とし、多種のアミノ酸を含有しています。酸で加水分解し、最終減菌(121℃/30分間)するためホルモンは含有しておりませんし、細菌やウィルスによる感染もありません。

オイオイ、「ホルモンは含有しておりません」って、じゃあいったい何が効いているんだYO!。単なるアミノ酸入りの水であるような気がする。まあ、何が効いているのかわかんなくなるほど過熱・分解させてあるほうが安心ではあるが。しかし、プリオンが感染する可能性は否定できないと思うぞ。メルスモンではないが、やはりヒト胎盤製剤である別の製品に関する注意。

現在まで、国内外において本剤の投与より変異型クロイツフェルト・ヤコブ病vCJD)等の感染症が伝播したとの報告はない。しかしながら、製造工程において感染症を防止するための安全対策が講じられているものの、ヒト胎盤を原料としていることに由来する感染症伝播の危険性を理論的には完全に排除することができない。

「治療薬マニュアル」のヒト胎盤抽出物 商品名ラエンネック (日本生物製剤)の項より引用

まとめ。感染のリスクは小さいと思うが、メリットが明確でない以上、ヒト胎盤製剤の使用はお勧めしない。加熱・滅菌を十分に行えばそれだけ感染の危険は減るが、同時に有効成分だって分解されているはず。アミノ酸が効くってのなら、ヒト由来の製剤を使う意味はない。BSE(牛海綿状脳症)であれだけ騒ぎが起きたのに、こういうことにはみなさん関心がないのだろうか。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/NATROM/20040903

2004-09-02

[]米大リーグ史上初の4割打者 米大リーグ史上初の4割打者を含むブックマーク

■地元コラムニストがイチロー批判を撤回(スポーツナビ)

 米シアトルの地元紙『シアトル・ポスト・インテリジェンサー』は31日(日本時間9月1日)、シーズン当初まだエンジンのかかっていなかった、マリナーズのイチロー外野手にはもう飽きた、というコラムを執筆したコラムニストが、それを撤回及び、謝罪そしてあらためてイチローをたたえるコラムを紹介した。

 同コラムはイチローへの謝罪から始まり、イチローの躍進に感嘆し、過去のように8月、9月に打率が下降するようなことがなければ、米大リーグ史上初の4割打者も夢ではないとまで褒めたたえている。

えっとね、気になったのは、「米大リーグ史上初の4割打者」ってところ。元記事はおそらくこれ。

■Ichiro proving doubters wrong (Seattle Post-Intelligencer)

JOHN LEVESQUEとかいうコラムニストが記事を書き換えていないとするのなら、翻訳者が間違えたんだろうと思う。4割打者がどうとかいう該当部分はこう。

Either way, as his batting average hovers near .370, Ichiro has newspaper columnizers and radio chattererboxes*1 reviving speculation about whether a major league ballplayer can hit .400 for a full season.

「米大リーグ史上初の4割打者」とはどこにも書いていない。へたっぴな訳をつけるとしたら、「イチローは、コラムニストやラジオ解説者に、メジャーリーガーが4割をフルシーズンで打てるかどうかについて思い出させるだろう」という感じかな。とにかく、これまで4割を打ったメジャーリーガーは存在したのだ。■「最後の4割打者」の銅像がフェンウェイ・パークで公開ってのも見つけた。進化生物学者のグールドは、それで本を一冊書いているぐらいなのだ。フルハウス 生命の全容―四割打者の絶滅と進化の逆説から引用。

アメリカンリーグがスタートし、ナップ・ラジョイが4割2分2厘を打った1901年から、テリー[テッド・ウィリアムズ]が4割1厘を打った1930年の間、シーズン打率4割という記録は、もちろん価値ありとされてはいたが、それほど珍しいことではなかった。その30年間に、リーグ最高打率が4割を超えた年は9回もあったのだ。その金字塔を達成した選手は全部で7人。(ナップ・ラジョイ、タイ・カップ、シューレス・ジョー・ジャクソン、ジョージ・シスラー、ロジャーズ・ホーンズビー、ハリー・ハイルマン、ビル・テリー)で、カップとホーンズビーはそれぞれ1人で3回も達成している。

ちなみに最高打率はホーンズビーが1924年に記録した4割2分4厘だが、1922年は、ナショナルリーグのホーンズビー、アメリカンリーグのシスラーとカップの3人が4割を越えた年だった。ここでことわっておくが、4割打者がもっとざらだった19世紀の記録をあえて除外しているのは、プロ野球黎明期におけるルールやプレーそのもののちがいがあるため、単純な比較はできないからである。(P108)

みんなも翻訳者がちょっぴり間違えたくらいで、本を引っ張り出してきて延々と引用する曲がった根性メディアリテラシーを身につけよう。

*1:原文ママ

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/NATROM/20040902