NATROMの日記 RSSフィード Twitter

0000 | 01 | 02 | 03 | 04 |
0010 | 11 |
0011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 11 |
0012 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |
0013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 11 |
0014 | 01 | 02 | 05 | 06 | 07 | 09 |
0015 | 05 | 06 | 09 |
0016 | 01 | 02 | 09 | 10 |
0017 | 01 | 03 | 05 | 10 | 11 | 12 |
0018 | 01 | 03 | 04 |
2004 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 |
cover ■「ニセ医学」に騙されないために

 ホメオパシー、デトックス、千島学説、血液型ダイエット、ワクチン有害論、酵素栄養学、オーリングテストなどなど、「ニセ医学」についての本を書きました。あらかじめニセ医学の手口を知ることで被害防止を。

2005-08-27 ジオマグ

[]ジオマグ ジオマグを含むブックマーク

チビが3歳のときに買ったおもちゃで、ジオマグというものがある。パチンコ玉大の鉄球と、色のついた磁石の棒(長いのと短いのと二種類)の組み合わせで遊ぶ。簡単なものでは、

正四面体
正八面体

など。大人も結構はまった。イタリア製なのだそうだ。イタリア人もなかなかやる。正十二面体や正二十面体にチャレンジしたが、辺や頂点の数が多くなると不安定になり、作るのはなかなか難しい。正八面体やそれに準じる形だと、コマのようにまわすこともできる。

チビはチビなりに楽しんでいる。3歳になったばかりのころはほとんど何も作れなかったのが、平面でなにやら作れるようになり、次第に立体的なものを作れるようになっていた。段々成長してくる様子が見れて嬉しい。

もくもくと遊ぶチビ

将来、「正八面体の頂点と辺の数はいくつか?」なんて問題を出されても平気であろう。

これは昨年の6月の作品。

キリンさん

■日本ジオマグ(geomag)ファンクラブなるサイトもある。大人が作っているだけあって、なかなか凄い作品が揃っている→ジオマグ写真集。私は正二十面体で力尽きた。パーツもなんだか行方不明になって段々減っているし。チビはウルトラマンやらムシキングやらに興味がいって、最近はあまりジオマグで遊んでいないのだが、最新作は面白かった。常識の枠を破った子供らしい作品だと思う。ユニークさで言えば、先のサイトのどの作品にも負けていないと思う。

ハーモニカ


アマゾンで購入可能→ジオマグ 缶入りマルチカラー 70ジオマグ カラー184ジオマグ オールカラー 120

ゴリゴリ 2005/08/29 20:35 小さい頃ブロックでよく遊んだのを思い出しましたが、それよりずっと高度なことができそうですね。キリンさんかわいい。

地下に眠るM地下に眠るM 2005/08/30 16:37 それなあ、といざらす にオムツを買いにいって目に付き、「ほしいよおおおおおおおおお」と物欲が点火したおもちゃにゃんよ。僕がみたのは韓国製のマッドマグにゃんが。
で、「これほしいよおおおお」と職場で騒いだら、若い奴も欲しくなってマッドマグの一番でかいセットを買い、そいつを社員旅行に持ってきたのだにゃ。
で、ゲロ酔いのオヤジどもが夜中中ちまちまマッドマグで遊んでたのだにゃ。

最後のほうでは、どれだけでかいドームが作れるかの共同制作でしたにゃ。
http://www.igachan.net/altec/
ただ、正三角形ではいまいちうまくドームにはならにゃーんだよね。

nobuotakahashinobuotakahashi 2005/08/30 16:57 ジオマグ、ぼくも大ファンです。1万円以上するセットを4つも買ってしまいました。NATROMさんの写真にあるのはスーパーマグと呼ばれるもののようですか、会社が分烈したり類似品が出たりして、混乱しているようです。
「ジオマグファンクラブ」にはぼくも作品を投稿したことがあります。

うひょひょうひょひょ 2005/09/04 09:45 さっそく4才の娘に買い与えました。毎日『くっつくやつで遊ぼう』と言うほどで、たいそう気に入ったようです。良いモノを紹介して頂き、ありがとうございます。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/NATROM/20050827

2005-08-21 遺伝情報を含まないDNA型情報

[][]遺伝情報を含まないDNA型情報 遺伝情報を含まないDNA型情報を含むブックマーク

■容疑者DNAの登録開始 9月から、犯罪捜査に限定(産経新聞)

 警察庁は18日、容疑者から採取した血液などを鑑定して得たDNA型情報について9月1日から登録を開始し、データベースの運用を始めることを決めた。犯罪現場に残された毛髪や体液などの資料のDNA型情報は既に昨年12月から登録されており、余罪解明など犯罪捜査に大きな“武器”となりそうだ。

 国家公安委員会は同日、運用方法を定めた「DNA型記録取扱規則」を承認。「犯罪捜査に資すること」に目的を限定し、遺伝情報を含む部分は利用しないことを明確にするため、鑑定するDNAの部位を明記した。

 警察庁は運用状況を専門家による有識者会議に報告。会議は、どのような犯罪の容疑者を登録対象とするかや、運用に関する法整備の必要性などを検討する。DNAは「究極の個人情報」だけに、データベースの厳格な運用とともに、登録拡充には慎重な議論を求める声が強まりそうだ。

こうしたデータベースについては、犯罪抑制と人権保護のトレードオフにあることはすでに述べた。犯罪者のみならず、容疑者のDNA型情報をも登録するってのは、もっと論議を呼んでよさそうなものなのだが、それほど話題にはなっていない様子。それはともかくとして、私が注目したのは、「遺伝情報を含む部分は利用しない」という部分。遺伝情報を含まないDNA型情報っていったいどういうことよ?

朝日新聞の記事では、「病気や遺伝情報を含む部分は登録せず」とあることより推測するに、「遺伝情報を含む部分」とは、表現型(病気も表現型の一つ)と関係する部分という意味で使用されていると思われる。普通は、表現型とは無関係な部分だって、遺伝情報に含む。ていうか、表現型と無関係な部分のほうが多いくらいだ。表現型と無関係だからこそ、突然変異が淘汰されずに残り、遺伝的に多型となりやすい。そういう部分こそが親子鑑定や犯罪捜査に使用しやすい。いったいなんでまた、表現型と無関係であれば「遺伝情報を含まない」という誤解が生じたのであろうか。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/NATROM/20050821

2005-08-20 たのしかった休日〜雨が降ってもプール

[]雨が降ってもプール 雨が降ってもプールを含むブックマーク

去年も行ったのだが、海の中道のホテルで一泊。あいにくの天気で雨が降っていたが、それでもチビはホテルのプールに入る。濡れるという点では雨が降っていようと同じなのだが、日が照っていないと寒いのだ。お昼はホテルで済ます。高い。午後は大人は主に昼寝とテレビで野球観戦だったが、チビはプールに入っていた。父が付き合わされてプールに入っていた。

夜は去年も行った寿司屋。ちゃんと去年の私から「コースは食いきれないほど出るから、子どもの分は控えめに頼むこと」という業務連絡があったのだが、やはり食いきれないほど出た。電話の予約では量はなくてもよいとは伝えてはいたのだ。一番高いコースを頼んだからこういうことになったのであろう。安いコースにするか、いっそのこと、4人で3人前だけ頼むか。

去年は台風で中止になったホテルの花火が見れた。そんなに高く上がっていないが、近くから見れるものだから、結構迫力があった。雨と風のため、夜釣りは止めた。シーバスロッドを買ってから1年以上経つが、ハゼとワタリガニくらいしか釣れてない。翌日は私だけ早起き。朝食バイキングを10分で食べれるだけ食べ、お仕事に。チビたちは水族館に行ったらしい。いいなあ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/NATROM/20050820

2005-08-19 夫婦別姓は病気のリスク

[][]夫婦別姓は病気のリスク 夫婦別姓は病気のリスクを含むブックマーク

■夫婦別姓についてとある青年医師の心の内より)

けろすけ先生は、「とある青年医師の心の内」というブログの管理人である。職場の事務員さんが結婚しても姓を変えなかったことに憤慨し、以下のようなことを書かれた。

夫婦別姓を名乗ることを主張する女性へ。

自分の子どもがそれによってどれくらい悩まないといけなくなるのか、

ちょっとは考えろ!

病気になるぞ。まじで。

夫婦別姓だと、子供が病気になるそうである。いったいどういう病気になるのであろう。どうやら、精神病になるらしい。コメント欄で、けろすけ先生は、以下のように書いておられる。

これは精神科医としての立場からですが。

「夫婦別姓」というのは子どもにとって、間違いなく「リスク」です。

たばこを吸っていたこと*だけ*で癌になる人は殆どいませんが、それでも私は「たばこをやめましょう」とお話しします。それと同じ事です。

喫煙と病気のリスクについては、それはもう膨大な統計学的な証拠がある。「たばこのリスクと同じ事」なのだそうであるからして、夫婦別姓は確かに病気のリスクになるのだ。なにしろ、けろすけ先生が精神科医としての立場でおっしゃるからには間違いない。残念ながら、文献の提示はなかったが、けろすけ先生は「症例」を経験しておられる。

夫婦別姓がリスクであるというのは全く根拠のない偏見

かどうかは、「症例」があるかないかです。あります。

つまり。客観的事実はあると言うことです。

後、10年もすれば、データがそろってくるでしょう。

エビデンスレベルは最低とはいえ、権威者の臨床経験も一応はエビデンスだ。夫婦別姓は病気のリスクであるというのは、ちゃんとエビデンスがあるというわけだ。けろすけ先生の、精神科医としての豊富な臨床経験について、プロフィールから引用する。

高校卒業後単科医大に現役入学。

しかしその後いろいろと思うところあり、

4年ほどの紆余曲折を挟んで、2004年の

4月から研修医。

内科、麻酔科、救急、外科、精神科、以上5科のローテーション勤務を経て現在2年目

現在小児科に勤務。

…。


■たんぽぽのなみだ〜民法改正運動の内幕経由。引用文中の強調はすべて引用者による。

たんぽぽたんぽぽ 2005/08/19 22:31 こんにちは、たんぽぽです。
わたしの、つたないページを取り上げてくださって、
ありがとうございます。
さっそく、わたしのサイトからも、言及しておきました。
(え? 取り上げたのは、わたしのサイトじゃなくて、
けろすけ先生のブログだって?(笑))

それにしても、それで「精神科医の立場から」と
言ってしまうのは、相当に問題ありのようですね...
お医者仲間はごまかせないにしても、しろうとを煙に巻くには、
じゅうぶんでしょうから...

夫婦別姓を待つ身夫婦別姓を待つ身 2005/08/21 13:56 一連の言動はあくまでも個人の信条からくるものではないかと思います。あれをプロの医師のコメントとするとどうかなと。少なくともお医者さんといえどもまだ経験が浅いとああいう人もいると肝に銘じるべきだと感じました。いつか病院にお世話になる時には思い出さないと。

tematema 2005/08/21 21:32 >(前略)お医者さんといえどもまだ経験が浅いとああいう人もいる(後略)
経験積むと治りますかね?
トンデモ道は、進めば進むほど深みに填っていくような気がするのですが...

たんぽぽたんぽぽ 2005/08/21 23:27 個人の信条にすぎないものを、医学的根拠があるなどと、
専門家が言うのは、とんでもないことだと思います。

お医者って、専門を離れると、意外とトンデモって
おっしゃったかたがいたけど、その実例だったのかも...
http://members.jcom.home.ne.jp/natrom/board050709.html#0507082101

ところで、コメント削除のけろすけセンセイ、
しゃあしゃあと、こんなことを書いていますよ。
http://blog.livedoor.jp/kerosuke_i/archives/50012244.html

たんぽぽたんぽぽ 2005/08/21 23:30 それから、日記、拝見させていただきました。
のちほど、コメントしたいと思います。>temaさま

たんぽぽたんぽぽ 2005/08/22 22:56 コメント欄、ないのね...>temaさま

tematema 2005/08/23 00:54 設定が間違ってました。多分書けるようにしましたので、どうぞ...って此処をこんな風に使ってゴメンナサイ>NATROMさん

たんぽぽたんぽぽ 2005/08/23 23:30 コメントできました。>temaさま

(って、わたしもこんなことに使って、すみませんです。>NATROMさま)

たまごどんたまごどん 2005/08/24 00:08 え!?コメントできるようになったピョンか?早速くだらないことを書きにいくのら。

2005-08-18 遺伝子の情報技術はデジタルである

[][]遺伝子の情報技術はデジタルである 遺伝子の情報技術はデジタルであるを含むブックマーク

ドーキンスの「遺伝子の川」を引用し、200字以内で答えさせる問題を発見した。全文引用するの何なので、下記リンク先を参照のこと。

■読むとは、思い出すことなりぃ、とかね。 ■超私的脳戸より)

「2001年大分医科大学医学部看護」とあるので、実際に出た問題なのであろう。リンク先では

知識を整理させるだけの問題なのだけれど、予備校でやってみると案外出来が芳しくない。おもしろがる生徒はおもしろがって答えを書くのだけれど、生物の成績が悪いわけではないはずの子でも案外書けなかったりする。知識がないというのではなく必要に応じてその知識を想起できないみたいなのだ。

とあるが、いや、難しいッスよ、これ。ここを読んでいる諸君らは答えられる?問題 aの方は高校生物の範囲内の話だろうが、問題 bのほうは、結構難しいはず。高校生物の範囲外である。少なくとも、私が高校のときには教わらなかった。引用されている部分には答えは書いていないので、自分で考えて答えなければならない。高校生のころの私は正答できなかったであろう。難しい問題であるけれども、しかし同時に良問でもある。問題文の、「アナログ式の情報伝達機器であるビデオテープあるいはカセットテープなどを例に」というのが、すばらしいヒントになっている。*1

*1:ちなみに、ドーキンスの「盲目の時計職人」に、複製の正確さの問題とは別に、なぜ遺伝システムはデジタルでなければならなかったのか、という議論がなされている。出題者はそこまで想定はしてはいなかったであろうが。

wadjawadja 2005/08/18 23:43 近頃の高校生は案外カセットテープ自体、実体験として知らんのとちがうやろか。wadjaも、ここ数年カセットテープを買った記憶無いし。せやから、ダビングしたら音質がどんどん劣化するのも、実感としては分からんとか。世代間のギャップかなー(笑)

NeanNean 2005/08/19 01:01 えっと、「極私的脳戸」の書き手であります。

引用された箇所だけでは誤解を招かれちゃうかな、と思うんでひと言。「問bはさておき」とあることにご留意下さい。引用された箇所は、その指摘をお読みいただければ、もっぱら問aに関してのこととご理解いただけると思います。

問bは wadjaさんがおっしゃるとおり、カセットの類なんてもうここ数年来の受験生の多くにとって実体験としては未知のものになっていますもん。僕が指摘しておきたかった問題点は、問aに関わるものとご理解いただければ幸いです。説明に不明瞭な点がありましたら、ご指摘いただけるとさらに幸いです♪

tematema 2005/08/21 21:19 temaはa.もヤバイです。最初に読んだ時「4進法」「暗号」「デジタル」「情報伝達システム」のどこに焦点を当てた説明を期待されてるのかが判りませんでした。これは国語能力の問題ですね。

ところで、
>aの設問くらい文中に「コドン[G?]」という用語まで登場しているのだから(後略)
とありますが、登場してます? 見つけられないのですが...

NeanNean 2005/08/22 01:16 他人様のところではありますが……

「コドン」の件、あちゃー、です。脳内変換してたみたいです。
はれほれひれはれ。訂正しときますです。
済みませんですセルジオメンデスです。

tematema 2005/08/22 21:21 人様のblogの誤記を指摘する前に、自分とこのをチェックしる!ブラジル66>自分
ちょいと無理アリ...

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/NATROM/20050818

2005-08-12 自由は進化する by デネット

[][]自由は進化する 自由は進化するを含むブックマーク

cover

■自由は進化する ダニエル・C・デネット (著), 山形 浩生 (翻訳)

ダーウィン進化論に反対する人たちの言い分の中に、ダーウィン進化論は道徳を破壊する、というものがある。ヒトが神に似せて造られた創造物ではなく、突然変異と自然選択によって進化してきたチンパンジーのいとこに過ぎないのなら、人間が道徳的であるべき理由がなくなってしまう、というわけだ。こういう意見は別にキリスト教原理主義者だけに見られるものではない。

「少数の単純な生物が長時間かけてさまざまな生物に変化すること」を認めていても、人間だけは他の生物と違って特別であり、善悪を判断する「魂」を持っているのだ、と考えているような人たちも、ダーウィン進化論に懐疑的であったりする。我々の母親の母親の母親の…とずっと祖先をさかのぼっていくと、いずれはチンパンジーとの共通祖先に行き着く。そのような「サル」が道徳的であったわけがないし、突然変異と自然選択で道徳的な心を獲得できるわけがない。よって、ダーウィン進化論はどこか間違っているはずだ。サルと人間を分ける「何か」、人間には突然変異では獲得できない「魂」があるはずなのだ。

進化生物学者は、そうした懐疑的な意見についてあまり反論したりはしない。道徳を破壊しようとしまいと、科学的な証拠があるのならダーウィン進化論は科学的に正しいのだ。こういうのは自然科学者の仕事ではなく、哲学者の仕事である。哲学者にもいろいろいるだろう。だが、まともな判断力を持った哲学者であれば、ダーウィン進化論をほぼ正しいとみなしてよいだけの科学的仮説であることが理解できるがゆえに、ダーウィン進化論を基礎においてこうした問題について議論できるであろう。そこで、ダニエル・C・デネットである。

デネットは、非物質的で霊的な「魂」の存在を否定する。ヒトの脳はほかのあらゆるものと同じく、物理法則に従って働く。だがこのことは、自由意思や道徳を破壊するものではないと論じる。この本は自由意思についての本だけど、道徳についての本でもある。だって、ある人が自由意志を持っていなければ、いったいどうやって道徳的でいられるのか?その気になれば盗んだり殺したりできるのに、あえてしないというのが道徳なのだ。「精神病」が犯罪を犯させた人は、非道徳的であったわけではない。他にどうしようもなかったのだ。選択する自由があるからこそ、責任が生じる。

我々は自由意思を持っていて、(その気になれば)道徳的に振舞える。我々の両親もそうだし、祖父母もそうだけど、ずっとずっとさかのぼっていった昔々の遠い祖先はそうではなかった。どこかで突然「自由意思」を持つようになったのではなく、少しずつじんわりと自由が拡大してきたのだ。というようなことをデネットは書いている(私の理解では)。ダーウィン進化論と自由意思・道徳は両立しうるのだ。

長くて難解な本であった。巻末に山形浩生がせっかちな人のための要約を書いているので、読むのが面倒な人はそちらを参照するのがよいだろう。

nobuotakahashinobuotakahashi 2005/08/16 17:25 ブッシュがID(Intelligent Design)を擁護するようなことを言った、という話をeSkepticで読んだので、NATROMさん、何か書いているかな、と思ってやってきたら、こんな楽しそうな本が紹介されているではありませんか。山形浩大訳というだけで、それ以上調べずにamazonしてきました。鵜浦裕さんの『進化論を拒む人々』という本の書評を書くことになって、読んでいるところなのですが、あちら側の人の話を読んでいるとアタマがおかしくなりそうです。ノアの箱舟の「発掘」まで行っちゃう人がいるんですねぇ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/NATROM/20050812

2005-08-07 カブトムシ♂ゲット

NATROM2005-08-07

[]カブトムシ♂ゲット カブトムシ♂ゲットを含むブックマーク

「これはもう親が楽しんでいるとしか思えない」って、ええそうですとも。というわけで、とうとうカブトムシ♂ゲット(写真)。夜の雑木林には色々な生き物がいることもわかった。林にあんなにゴキブリが多いとは思わなかった。ムカデも寄ってきており「ムカデもバナナ食うのかよ」と思っていたのだが、どうやらゴキブリを獲物にしていた様子。あと、蛾の類も多かった。ライトで照らすと目が赤く光って怪しい。しかもライトに向かって飛んでくるのだ。昼間はダンゴムシとカナブン。おっさんにも遭遇。考えることはみな同じ。おっさんの子供のころにはカブトムシを60匹は採ったとのこと。クワガタの大きさ自慢をはじめるにいたっては、子供のためとは言いつつ、おっさんも楽しんでいるのであるな。

結局、クワガタ×2、カブトムシ♂×1、カブトムシ♀×1が、この夏の成果。頑張ればもっと取れるだろうが、もういいや。バナナトラップは4箇所に仕掛けたのであるが、この4匹はすべて同じ場所で取れた。場所が大事なのだなあ。ものの本によれば早朝の夜が明ける前に行けとあるが、4匹中3匹は暗くなったばかりの午後8時半ごろで取れた。焼酎漬けは一度だけ試したが空振り。スーパーで投売りの腐りかけのバナナ(ものすごくお腹が減っていたら食べるだろうなあというレベル)を、2日ほど置いておいたぐらいがちょうど良い感じ。皮は剥かなくてもいい。というか、あまり触りたくない感じになっている。

カブトムシ♂も元気で、帰りの車では、虫かごの中でブンブンいう。間違って、ゴキブリを捕まえたのではなかろうかという気分にさせられた。家の中で虫かごから出したら、やっぱり飛んで電灯にぶつかった。

tematema 2005/08/17 22:14 あくまで、剥かないのですね...

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/NATROM/20050807

2005-08-06 バナナの叩き売りの心理学

[][]バナナの叩き売りの心理学 バナナの叩き売りの心理学を含むブックマーク

近所の中学校で夏祭りがあるというので、チビを連れて行く。私の母校である。久しぶりに、中学生のころ通っていた通学路を歩いた。20年ほどは経っているのだが、思いのほか変わっていない。夏祭りの会場では、なぜがバナナの叩き売りを実演していた。生では初めて見た。諸君らは、バナナの叩き売りがどのようなものかご存知であろうか。売り手が値を段々下げていって、客が一人でも手を挙げた時点で値段が決まる。複数の客が同時に手を挙げたら、声の大きかったほうの勝ち。

「はい500円500円500円500円500円、450円450円450円450円450円、400円はいそこの兄ちゃん、売った」

てな感じ。客がみな示し合わせていたら、かなり安い値段で買えるはずなのだが、一人でも抜け駆けがいたらそううまくはいかない。囚人のジレンマである。というか、実際に見ていると、まだかなり高い値のところで手を挙げる客がいる。もちろん、売り手は売り物のバナナがいかに高級で美味しいのか述べるのであるが、バナナが高級である時代はもう遥か昔なのである。ちょいと高級なバナナであっても、近所のスーパーで買えるのだ。バナナの値段については、カブトムシ捕獲作戦でいくつかスーパーをまわったので良く知っている。バナナの叩き売りでは、明らかに割高な値段がついていた。

客が大人であれば「バナナの叩き売り」という芸に対するご祝儀を含むのであろうが、買い手は主に小中学生であった。今の子供たちはお小遣いはそれなりにもらっているのであろうが、しかしバナナや芸に無駄金使えるほど潤沢にもらっているわけではなかろう。思うに、客同士の競争を煽ることが高値がつく理由なのであろう。今この瞬間手を挙げなければ、別の客が手を挙げて、自分がバナナをゲットするチャンスがなくなる。そう思わされるがゆえに、少々高くても手を挙げてしまうのだ。在庫のバナナは隠されていたが、それも理由があってのことだ。まだバナナはたくさんあると客に知られると、十分に値段が下がってからでないと手を挙げなくなる。

バナナが飛ぶように売れているのを見て、催眠商法というのは、こういうものであろうなあと思った次第である。念のために言っておくと、今回の売り手は芸を見せに来たのであってバナナで利益を上げようとは思っていなかったのであろう、明らかに割高な値段で思わず手を挙げてしまった子供に対して、本来ならルール違反なのだが、かなりの値引きをして売っていた。

たまごどんたまごどん 2005/08/10 00:46 なんかいい話なんだあ。バナナの叩き売りや香具師や大道詰将棋(簡単に詰みそうな詰将棋だけんど、王様に巧妙な合駒があって、むっちゃ難しい詰将棋のことなのら。祭りになるとギショウ屋(将棋屋)が来て、大人と子供からお金を巻き上げていたらしいピョン)って、たまごどんは未経験なんだあ。

子供のうちから叩き売りに参加できるとは羨ましいピョン。オケラになってバナナを抱えて、あれは一体何だったんだろうと思いながらバナナを頬張る子供は、人生における最大の醍醐味である「無駄遣い」を勉強したのら。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/NATROM/20050806

2005-08-03 犯人の生体情報って指紋?

[]犯人の生体情報 犯人の生体情報を含むブックマーク

NAN`s BAR経由。■世田谷の一家殺害、韓国人犯行説消える(読売新聞)より。

 この事件では、宮沢さん方に残されていた足跡から、犯人がはいていたのは韓国製テニスシューズ「スラセンジャー」で、サイズは28センチだったことがわかっている。このサイズの同製品は、国内では販売されていなかったことから、特捜本部は当初、韓国人による犯行の可能性も視野に入れて捜査を進めてきた。

 しかしその後、現場に残された犯人の生体情報などの捜査資料をもとに、韓国警察当局と情報交換を進めた結果、特捜本部は最近になって、「韓国で生まれ育った人物の犯行ではない」ことを確認した。

「犯人の生体情報」って何だろう?DNAでは韓国人と日本人の区別をつけるのは不可能だし、まさか「体液中の唐辛子の濃度」ではなかろう。ちょいと調べてみたら、どうやら指紋のことらしい。世田谷の一家殺害事件では犯人の指紋が残っており、該当する指紋がないかどうか韓国警察当局に問い合わせたのであろう。初めて知ったが、韓国では、成人は指紋を全例登録されているとのこと。


■韓国の住民登録証・指紋押捺拒否運動の紹介

韓国では満17歳になると、すべての「国民」が国に両手のすべての指の「指紋」を登録して、この「住民登録証」を受け取ります。

読売新聞も、「生体情報」とかではなく、指紋なら指紋と書けばいいのに。北朝鮮からのスパイを判別できるようにという理由もあるのであろうが、全例指紋を登録というのも、日本の基準からすると凄いようにも思える。上記リンク先で紹介されているように、韓国では反対運動もなされている。反対する気持ちは理解できなくもないが、私だったら素直に登録してしまうだろう。自分は犯罪者になるつもりはないし、指紋登録によって犯罪が抑制されるというメリットのほうが大きいと考えるからだ。よしんば日本が全例指紋登録を行っていたら、世田谷の一家殺害はもう解決しているかもしれないのだ。

■犯罪者DNAデータベースでも論じたけれども、これは人権と犯罪抑制のトレードオフの問題だ。誰だって自分の指紋やDNAデータが登録されるのは気が進まないけれども、犯罪が抑制されるのであればかまわないと思う人だっているだろう。韓国の指紋登録制度がどれくらい犯罪の抑制に役に立っているのか、また、悪用されたことはなかったかどうか、知りたい。

tematema 2005/08/03 22:47 生体情報は指紋でしたか。納得です。
それにしても、リンクされたページによれば、
>警察庁は2000年の1年間で総計24,240件の指紋鑑識を実施しているが、このうち身元確認がうまくいったのは2,877件に過ぎない。
という事なのに、本当に「韓国で生まれ育った人物の犯行ではない」として良いのでしょうか?(他の証拠も含めた総合的な判断とは思いますが...)

wadjawadja 2005/08/05 16:37 >身元確認がうまくいったのは2,877件に過ぎない。

temaさんに質問。これを引用しはったんは、鑑識方法の信頼性が低いといいたいんやろか?ソース見て無いけど(リンクがわからんかった)、日本には前歴のある人物のデータベースしか存在しないというのは要因ではないんやろか?それから、行われた鑑識は全て被疑者の指紋だけなんやろか(被害者のも入ってたりして)?

#関係ないけど、海外出張に行くようになって、会社に指紋(十指)を届出させられた(確かめへんかったけど、多分任意)。要するに、俺が身許も分からぬ腐乱死体で発見された時の用心っちゅーことやね。それとも誘拐されて切断した指が送られてきたときに、真贋判定してくれんのかいな?ありがたいこっちゃ。

tematema 2005/08/07 20:13 wadjaさんが指摘された通り、引用したのは、韓国の指紋鑑識方法の信頼性が低い(らしい)、と言いたかったためです。
この引用は、韓国の指紋鑑識に対する内容です。「警視庁」は、韓国の警視庁と思われます。
上記記述を信ずれば、韓国での指紋鑑識は成功率が10%程度ですので、韓国から「該当者無し」と回答されても、確実性は低いのでは無いか、と考えました。
なお、参照したリンクは、以下の記述直後のハイパーリンクです。
>韓国の「住民登録証・指紋押捺制度」やそれらと日本との関係については、指紋押捺拒否をしているユン・ヒョンシク(尹賢植)さんが詳しく報告をしています。

wadjawadja 2005/08/07 23:08 リンク先の紹介ありがとさんです。読んでみましたけど、韓国の警察庁の弁では、採取した指紋の不鮮明さが成功率の低さの原因としてますね。ひょっとしたら、韓国のように指紋登録が義務付けられてる国では、犯人は指紋を一生懸命拭き拭きしてんのとちゃいますやろか。

wadjaがtemaさんに質問したんは、指紋による人物特定技術そのものは、すでに世界中の警察で確立された信頼度の高いものとの認識があるからです(世界中ってのは極めて適当やけど)。100%信頼できるかどうかは別にして、韓国警察庁の言い訳を文字通りに受取るんなら、

>本当に「韓国で生まれ育った人物の犯行ではない」として良いのでしょうか?

に対する解答の根拠となりうるのは、世田谷事件の現場で採取された指紋の鮮明さであって、どちらかというと韓国における過去の指紋鑑定実績でははないことになりますね。結論としては、「情報が足りません」というしょうもない話なんですけど。Discoveryチャンネルの法医学番組のファンとして、ちょっと細部に拘ってみました(オタクか!)。

谷庵谷庵 2005/08/13 14:54 指紋の登録は悩ましい問題ですね。
凶悪犯罪の解決に結びつくのであれば賛成したい気もしますが、悪用もされそうで怖い。
ピザ屋のチラシを郵便受けに入れても逮捕されないが、政治的な内用だと逮捕される現実を見ると、うっかり賛成できないかな。
個人的にはしっかりと指紋を登録されているので、今更ですが。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/NATROM/20050803

2005-08-02 バナナトラップでクワガタオスゲット

NATROM2005-08-02

[]クワガタ採ったど〜 クワガタ採ったど〜を含むブックマーク

バナナトラップで今度はクワガタ♂が採れた(写真)。カブトムシに比べたらえらい小さい。こんなに小さかったかクワガタ。何クワガタかは分からぬ。おそらく、コクワガタであろうと思いつつ別に調べていない。

今度はカブトムシ♂と採ってやろうとバナナを買いにスーパーに行ったら、処分品の安いバナナは売り切れで、その代わりに処分品の棚ではカブトムシのツガイが300円で売られていた。

wadjawadja 2005/08/05 15:57 これはもう親が楽しんでいるとしか思えない。
だれか彼に夏休みを上げてください(笑)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/NATROM/20050802