NATROMの日記 RSSフィード Twitter

0000 | 01 | 02 | 03 | 04 |
0010 | 11 |
0011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 11 |
0012 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |
0013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 11 |
0014 | 01 | 02 | 05 | 06 | 07 | 09 |
0015 | 05 | 06 | 09 |
0016 | 01 | 02 | 09 | 10 |
0017 | 01 | 03 | 05 | 10 | 11 |
2004 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
cover ■「ニセ医学」に騙されないために

 ホメオパシー、デトックス、千島学説、血液型ダイエット、ワクチン有害論、酵素栄養学、オーリングテストなどなど、「ニセ医学」についての本を書きました。あらかじめニセ医学の手口を知ることで被害防止を。

2007-06-28 病腎移植とB型肝炎

[]HBe抗体陽性例の感染力 HBe抗体陽性例の感染力を含むブックマーク

前回のエントリーに関連して、今日はB型肝炎の感染力についての話をする。B型肝炎ウイルスマーカーはたくさんあってややこしい。私が学生のころに覚えた方法は、HBs抗原/抗体は「存在(Sonzai)」に関するマーカー、HBe抗原/抗体は「影響力(Eikyo)」に関するマーカーである、というもの。HBs抗原陽性かつHBe抗体陽性者には、B型肝炎ウイルスが「存在」はしても「影響力」は小さい(つまり感染力は弱い)わけである。感染力は弱いといってもHBe抗原陽性者と比較してであり、感染力がないわけではない。ていうか、HBe抗体陽性であっても、HIVやC型肝炎ウイルスよりも感染力は強い*1。この覚えかたもかなり大雑把で例外はいくらでもあるのだが、国家試験レベルではこれでOK。逆に言えば学生でもこれぐらいは知っているわけである。医師国家試験で、

腎移植ドナーはHBs抗原陽性であったが、HBe抗原陰性・HBe抗体陽性であったので、感染力はほとんどないと判断した。

という問題が出たら、答えは×である。下手したら禁忌肢*2だ。そういう訳で、万波医師の「当時の肝臓病の常識として感染性はないと判断される」というコメントは、どこかがおかしいとすぐに気付いた。ちなみに当時というのは腎移植が行なわれた2000年12月である。それで「移植が行なわれた当時であっても弱いながらも感染力があるとするのが常識」と書いたところ、トラックバック先のBecause It's Thereというブログで、ブログ主の春霞さんが追記として、


■市立宇和島病院の調査委員会、最終報告を発表〜“腎移植→B型肝炎感染→死亡”だったのか?(Because It's There)

しかし、「肝臓専門医にコメントを求めたところ、当時の肝臓病の常識として感染性はないと判断される」のであり、その旨の「当時のこれらのデータの評価を示す文献として、例えば、日本消化器病学会雑誌98巻P206からP213,2001年があ」るのに、(こちらは根拠を示しているのに)「NATROMの日記」さんは客観的資料を示すことなく、自分の思い込みで「感染力があるとするのが常識」と述べています。「HBs抗体が陽性という事は完治に近いと肝臓専門医の先生方に教えられてきた」というB型肝炎患者の見解も全く無視です。「NATROMの日記」さんは、B型肝炎患者をよく知る「肝臓専門医」よりも、優秀さを誇っておられるようです。

(中略)

ここにも、客観的証拠を無視し、米国の移植事情も知らず、臨機応変に反応のできない者がいるです。困ったものです。


と書かれた。「客観的証拠を無視し、米国の移植事情も知らず、臨機応変に反応のできない者」というのは、文脈から私のことを指しているのは明らかだ。mixiで書いた内容*3とかぶるが、当時の常識としてHBe抗体陽性であっても感染力があったと考えられていたことを示す資料を引用することにする。「Bed Sideノートシリーズ 肝炎」は、一般内科医向けの日本語の教科書で1998年7月発行、つまり問題となる腎移植の1年半前に書かれた。針刺し事故について書かれたP221から引用する。


また、感染源がHBe抗体陽性の場合は、通常感染力は弱いと考えられHBIG*4のみの投与で良いと、従来は考えられていたが、ミュータントウイルスの存在が判明している現在ではHBIGとHBワクチンを併用したほうが良いと考えられている。


この記述から当時の状況で分かることは2点。一つ目が、感染源がHBe抗体陽性であっても弱いながら感染力があり感染対策が必要である、ということ。これは学生レベルの知識である。二つ目が、ミュータントウイルスの存在という新しい知見を考慮すると、感染源がHBe抗原陽性であった場合と同じ対応が望ましいということ。これは、肝臓が専門でなくても一般内科医であれば知っていても良いレベルの知識である。もちろん、肝臓専門医は知っていなければならない。資料が一つだけでは不十分であると言う人もいるかもしれないので、肝疾患における肝炎ウイルスマーカーの選択基準(3版)日本消化器病学会雑誌98巻P206-213,2001年から、表およびHBe抗体の項目を引用する。

肝炎ウイルスマーカーの臨床的意義 HBe抗体 血中HBV少ない(感染性弱い),肝炎例少ない

肝疾患における肝炎ウイルスマーカーの選択基準(3版)日本消化器病学会雑誌98巻P206-213,2001年より引用。赤線は引用者による

6) HBe抗体

 HBe抗原に対する抗体である。HBV*5による肝炎時に産生されるが、HBe抗原が減少・陰性化した後で検出されるようになる。HBe抗体が持続的に検出される場合は存在するHBVは主としてpre-C mutant typeである。このmutantは通常増殖力に乏しく肝炎を起こすことは少ないが、増殖力を得た場合には激しい肝炎を起こす。B型劇症肝炎起因ウイルスと想定されている。


ちなみにこの資料は、「当時の肝臓病の常識として感染性はないと判断される」根拠として万波医師病気腎移植推進・瀬戸内グループ支援ネットが提示した、まさにその文献である。しかしこの文献のどこにも「感染力はほとんどない」とは書かれていない。「客観的証拠を無視した」と私を批判し、「(移植でウイルス感染したと考えた)調査委員会の医師の医学的知識は大丈夫なのだろうか」と心配する春霞さんはこの文献を読んでいないそうだ。他の万波支持者もほとんど読んでいないと思う。

病腎移植の妥当性については私は判断を保留している。まったくの健康腎の移植しか認めない一方の端と、癌や感染をまったく気にせず移植を行なうもう一方の端との、間のどこかに線を引くべきだと思う。どこに線引きするかは議論があってしかるべきだが、きちんと議論したいのであれば専門的な知識が要求される。線上にある微妙な症例について移植を行なうかどうか個々の医師の裁量で決めてもよいと思うが、実験的・先進的な医療であることを理解し、十分なインフォームドコンセントを行ない、後の患者さんを助けるのに役立つように記録を残す義務が医師にはある。「他にも病腎移植は行なわれているのに、なぜ万波医師だけがこんなに批判されるのか」と支援者は思っているようであるが、この辺の事情を勘案されたい。

万波医師のB型肝炎ウイルスの感染力についての認識はかなり問題があった。他にHBs抗原陽性ドナーからの移植例は、日本のものも含めいくつか報告があるが、私が見た範囲内ではどの例もB型肝炎ウイルスの感染力の強さを認識し感染対策がなされている。「HBe抗体陽性なら感染力はほとんどない」などという杜撰な認識のもとになされた腎移植がもし他にもあれば、批判されるに値する。報道によれば、レシピエントの1人は移植の3ヵ月後に再移植を受け、その約2カ月後に肝障害を伴った重症膵炎で死亡している。死亡時にはHBs抗原とHBs抗体がいずれも陽性だった。公表されている情報から判断すると、肝障害にB型肝炎ウイルスが寄与している可能性はかなり高く、膵炎もB型肝炎ウイルスが関与した可能性を否定できないと私は考える。

ただ、私見では万波医師の落ち度としてはそうは大きくはない。刑事責任を問われるようなことではない*6。民事としても、もともとのレシピエントの状態や移植に対する希望を考慮すると、責任はそう大きくないのではないか。肝臓内科医から見れば言語道断な行為ではあったが、医療が細分化した現在では専門外の領域の知識をすべて網羅するのは困難である。私も、専門外のすべての領域について国家試験レベルの知識を維持しているかと言われるときついものがある。移植医なんだからB型肝炎についてぐらいは知っておいて欲しいとは思うけど。もし本当に「当時の肝臓病の常識として感染性はないと判断される」と肝臓専門医がコメントしたのであれば、そいつから医師免許を剥奪すべきである。ただそこまで阿呆な肝臓専門医がそうそういるとは思えないので、肝臓内科医との連携に問題があった(「一般的には感染力は弱いとされている」が「感染力はないと判断される」と誤って伝わったとか、万波医師の前では正直に意見を交換できない雰囲気であるとか)のではなかろうかと思われる。問題点は、HBs抗原陽性ドナーから腎移植してしまったことよりも、むしろ、それが間違った判断であったという認識が今現在でも万波医師側にないことである。問題点が認識されないと、同じようなことがまた起こるであろう。



関連記事

■病腎移植を根絶させたい人はどこ?

■万波医師は不必要な臓器摘出を行ったか?

■学会会場での自由な討論を萎縮させる徳洲会の提訴

*1:たとえばhttp://www.bitway.ne.jp/ejournal/club/1543101232.htmlなどを参考に

*2:間違えるとヤバイ重要な問題。私が国家試験を受けたころはまだなかったように記憶している

*3:なとろむの日記:病腎移植−勝手に支援されても迷惑だろうhttp://mixi.jp/view_diary.pl?id=443680799&owner_id=1877426

*4:引用者注:HBIG=B型肝炎免疫グロブリン

*5:引用者注:HBV=B型肝炎ウイルス

*6:追記(2008年9月6日):「医師はすべての医療ミスについて免責を要求している」と誤解する人もいることを考えれば、もうちょっと慎重に書くべきだったかもしれない。

K 2007/06/28 13:38 この件について、最初から反対賛成どちらの立場にも立っていない医学の専門家の方の意見が聞きたかったので興味深かったです。

bamboobamboo 2007/06/28 18:43 批判を免れない医療をするのなら、検証に耐えるだけのデータを残さなければ叩かれるでしょうね。データがあれば、その時点では問題があると判断されても、今後に役立ったはずですし、ある程度評価もされたはずです。

妄想で妄想で 2007/06/29 20:56  万波医師がバッシングされないのはブラックジャック主義とでもいうべきものの蔓延ではないだろうか。
 BJは独創的な治療を行う。既存の権威(学会)から非難の声があがる。そんな賭けみたいなことをするなんて! BJは応える。あなたたちは賭けていないのか! BJの治療は功を奏し、患者は感謝の念で涙し読者は喝采を送る。(ときにBJの治療は失敗
 するが、それは絶対の自信(奢り)をもったときである)
 上記のやり取りは全くもって詭弁に過ぎないのだが(ランダムな賭けではなく、根拠のある最も分の良い治療法に賭けるべき)「患者のため」というのが免罪符になっているようだ…

 手塚のこの医学における権威=体制=年長者=悪の構図は「きりひと賛歌」でもあるようだ(未読)。

たまごどんたまごどん 2007/06/30 01:23 なるほどぉ〜。万波医師は相当なDQNかと思っていたけど、そうでは無い可能性があるわけかあ。病腎移植の病気に対する調査が甘かったってことだピョンな。問題は、NATROMピョンが指摘したように、今でも彼が自分の非を認めていないことだピョンな。

妄想でピョン、「きりひと賛歌」はナカナカ面白いのら。長老の医師は犬化する病気を伝染病と判断して発表し、一躍時の人になったんだピョン。若き医師が発した「これは風土病では?」という疑問の声も、彼には届かなかったんだあ。

それはともかく、あんなことやこんなことが一杯出てくる手塚先生のこの漫画は、思春期のたまごどんに多大な影響をあたえてしまったのら〜 (*^^*)

InoueInoue 2007/06/30 19:22 ブラックジャックの医療行為は「天才的な手術手技」が必要不可欠で、他人に真似できないので、追試不可能であり、再現性がありません。通常の科学をベースに医療行為をしている一般的な医師とは治療方針は違うが、だからといってナンセンスとは限らない。
万波医師が超絶的な外科医だったという報道もないので、ブラックジャック主義はあてはまりません。

NATROMNATROM 2007/06/30 21:53 でもまあ、万波支持者の間に権威=学会=悪の構図は少なからずありますよね。論文はおろか教科書すら読まずに調査委員会の「判断は、妥当でない」と考えちゃったりしていますから。「専門家の過小評価」です。万波医師はトンデモではないけど、万波支持者の一部は確実にトンデモです。

RYU_TI_SYURYU_TI_SYU 2007/07/01 06:40 >万波医師はトンデモではないけど、万波支持者の一部は確実にトンデモです。

万波医師にとってはありがた迷惑な話じゃな。

万波医師を抹殺するためのガッカイの陰謀だ!!

とか言ってみたり・・・

DrPoohDrPooh 2007/07/01 09:22 理解したくないコトを決して理解しようとしないケースを拝見すると,「インフォームドコンセント医師の仕事は極端に簡単」という主張がいかに非現実的かが分かります。

TappyTappy 2007/07/08 15:01 はじめまして、春霞さんのブログをみて来ました。
ネット上には、今回の病気腎移植の件について、医学的に
みて間違いや拡大解釈したものが多数あります。
そうしたネット上のホームページのうち、きちんとした
議論を行いたいと書かれてあるページについては、私から
そのページを書かれた方に、間違いなどを指摘したこと
があります(指摘した方は春霞さんではなく、別の方
ですが)。
その指摘に対して、
「証拠があるので間違っていない(ただし、その証拠は
読んでいない)。たとえ間違いがあるにしても、マスコミ
や学会も間違いを沢山言っているので、支援者が間違いを
言ってもかまわない。他人にとやかくいわれる筋合いがない」
という返事がきてがっかりしたことがあります。
再度、その方にその証拠はどこで入手したかお聞きしたところ、
万波先生を支援する有識者の方々のコメントを徳洲会のホーム
ページを見たり、徳洲会主催の講演会で聞いたとのことでした。
そこで、徳洲会のホームページを見てみると、明らかに医学的
に間違っていることや、誤解を招くことが多数ありました。
(今回のB型ウイルス性肝炎の間違いについては、徳洲新聞 2007年
(平成19年)3月5日 月曜日 No.559 3面に載っています)

今回の病気腎移植のでは、医学をあまり知らない一般の方が間違った
ことを書くのはやむえない(とはいえ、少しでも調べれば間違いと
わかることですが)のですが、有識者でありながら、間違いや誤解を
生じる発言をすること自体がかなり問題だと思います。

と 2007/07/09 09:15 (∩゜д゜)アーアーきこえなーい
…になっちゃいましたね。

彼の人たちにとって、データとは信仰のための道具に過ぎず、議論の素材にはなりえないということでしょうか。。。

地下に眠るM地下に眠るM 2007/07/09 12:15 僕が「アラシ」といえるかどうかはロムの判断に(自信を持って)任せるとして
なとろむ のコメント禁止の理由が常軌を逸していますにゃ。
絵に描いたような言論封殺にゃんな

TappyTappy 2007/07/12 00:17 2chで、B型肝炎のウイルスマーカーについて調べた人がいたので、
こちらも調べてみました(私は医師ではなく、単なる理学系の研究者
ですが職場には医学図書館もあるので)。
日本消化器病学会雑誌に掲載されてある選択基準は、NATROMさんのとおり
B型肝炎については万波医師らの移植当時も、そしてそれ以前やそれ以降も
変わっていませんね。にもかかわらず、新聞社にこのことについて抗議書を
送付した徳州会て、無茶というかよくやるなと思います。
この件のことが世間に知られたら、自らの信用を無くすかもしれないのに。
とはいえ、今回の病気腎移植関連の徳州会新聞(徳州会の広報誌)の記事は、
見る人が見れば一目でトンデモとわかるのが多いので、もう信用なんてない
のかもしれませんが。
ただ、この記事を信じている一般の人たちが気の毒に思います。

と 2007/07/12 06:45 http://megalodon.jp/?url=http://sokonisonnzaisuru.blog23.fc2.com/blog-entry-380.html&date=20070712064322
ついかっとなってやった。いまもちょっとかっとなってる。

NATROMNATROM 2007/07/12 09:04 To:Tappyさん
徳洲会グループによる抗議は巧妙というか、わかっててやっているというか、医学的な情報をまったく出していないので、それだけでは医師が読んでも抗議の正当性を判断するのが困難なのです。一部の報道には明らかな誤り(毎日新聞による「梅毒ウイルス」など)があり、抗議文だけ読んだら「また馬鹿マスコミがいい加減な報道したのかな」と思わせられますし、それが徳洲会グループの戦略(詳細な情報は出さず抗議したという事実を作るのが目的)なのだろうと思います。徳洲会グループの誤算は、病気腎移植推進・瀬戸内グループ支援ネットが万波医師による反論として、医学的に詳しい情報を公開しちゃったことです。このため、少なくともB型肝炎に関しては万波医師の落ち度が明確になりました。


徳洲会グループによる抗議
http://www.tokushukai.jp/media/rt/558di.html

病気腎移植推進・瀬戸内グループ支援ネット 万波医師による反論
http://www.setouchi-ishoku.info/article.php/20070501164629986


補足です。梅毒はウイルスではなく細菌であるスピロヘータの一種が感染することにより発症します。「梅毒ウイルス」は「エイズ菌」と同レベルの間違いです。細菌とウイルスを区別できない毎日新聞もどうかと思いますが、春霞さんのブログでは「梅毒ウイルス」という表現をスルーしたまま記事を批判している人もいました。梅毒に関しては「既感染であり現在は感染状態ではないからドナーとして不適切ではない」というのは正しいですが、医学的に裏をとって発言しているのではなく、無知なまま万波医師に有利な解釈を行ったらたまたま正しかったに過ぎません。mixiでは心臓死と脳死についてよく分かっていない発言もみられました。動機の正当性が無知の免罪符になるかのような風潮はなんとかならないものでしょうかね。

地下に眠るM地下に眠るM 2007/07/12 11:45 にゃんか、相手の投稿を禁止した後で、一方的に批判をはじめているようですにゃ。
うーん、ここまで恥知らずだったか・・・・

NATROMNATROM 2007/07/12 11:52 「ご自分がどんなに正しいと信じても、批判であればなおさら、節度を保たないと議論は続きません」って、どの口が言っているのでしょうかね。

TappyTappy 2007/07/12 21:54 NATROMさん、こんにちは。レスありがとうございます。
NATROMさんの指摘とおり、徳洲会グループからの情報は、
医学的な情報をまったく出していないので、それだけでは
読んでも抗議の正当性を判断するのが困難です。
こちらも当初は、そうした情報に騙されそうになりました。
(たとえば、イタリアのガンをもったドナーからの移植の
 論文のことや、メイヨー クリニックでではインフォーム
ドコンセントにおいて書面ににサインさせないということなど)
幸い、私の場合、そうしたことを自ら再度調べることによって
騙されることはありませんでしたが。
今回私が危惧しているのは、徳洲会グループからの情報の誤りや
ミスリードを一般の方に指摘しても、なかなかわかってもらえない
ことにあります。NATROMさんのおっしゃるとおり、動機の正当性が
無知の免罪符になるかのような風潮はなんとかならないかと思います。
まあ、気長にそうした指摘をやっていかなければならないような気も
します。無駄かもしれませんが、徳洲会の方も、こちらから機会が
ある度に言っていこうとは思います(徳洲会の方には、今まで2回
連絡しましたが今のところ返事はありませんが)。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/NATROM/20070628

2007-06-25 万波誠医師による病腎移植は容認できるか

[]地雷原を走る勇者 地雷原を走る勇者を含むブックマーク

癒着胎盤からの出血のため帝王切開中に妊婦が死亡した福島県立大野病院事件、あるいは、転送先の国立循環器病センターにて脳出血により妊婦が死亡した奈良県大淀病院事件について、医師のブログの間では概ね産婦人科医について好意的である。どちらの事件においても、診断や救命が困難な症例であり、医師の手落ちが死亡の原因ではないとみなされている。医師のかばいあいに過ぎないとみなす人もいるかもしれないが、いつも医師同士でかばいあうわけではなく、マスコミからバッシングを受けても医師からあまり擁護されない例もある。

病腎移植を行なった宇和島徳洲会病院の万波医師は、特に報道の初期のころはマスコミから激しいバッシングを受けていた。にも関わらず医師のブログでは擁護のコメントはあまり見られていない。大淀病院事件のときは第一報を報じた毎日新聞の記事を含め、記事の誤りが検証され、記者の名前が医学的に不正確な報道を行なうマスコミの象徴としてウィキペディアで(一時的にだが)項目が作られたりしたのと対照的である。私は最近知ったのだが、万波医師への支援を表明する非医療従事者がかなりいる。大野病院事件・大淀病院事件の産婦人科医の支援者の多くが医療関係者であるのに比べても対照的だ。この違いはどこから来るのだろう?

対象疾患の違いは理由の一つであろう。産科医のお世話になるのは一生に数度のみで、癒着胎盤や分娩中の脳出血はきわめてレアである。一方で、腎移植を待ち望む慢性腎不全患者の数は多い。だが、それ以外にも理由があるように見える。私の見るところでは、万波医師の人柄に対する信頼、支持者の医学的知識の欠如、学会に対する不信感などである。伝え聞く話では、万波医師の人柄は尊敬に値するものであることは確からしい。病腎移植は、移植腎の不足している現在においては、十分に考慮に値する医療である。しかし、万波医師の行った医療の是非と、万波医師の人柄や病腎移植の是非は独立した問題である。

たとえば、万波医師はB型肝炎ウイルス陽性(HBs抗原陽性、HBe抗原陰性、HBe抗体陽性)ドナーから腎移植を行なっており、「肝臓専門医にコメントを求めたところ、当時の肝臓病の常識として感染性はないと判断されるとのことです」とコメントしている*1。実際のところは、移植が行なわれた当時であっても弱いながらも感染力があるとするのが常識であり、少なくともこの件では万波医師の行った移植には大きな問題点があったと言わざるを得ない。腎臓病については私の専門外であるが、「HBe抗体陽性なら感染性はない」などと移植医であるにも関わらず発言する医師の言うことには懐疑的にならざるを得ない。センセーショナルな見出しはどうかと思うが、読売新聞では「息子は万波医師の実験台…B型肝炎感染者の腎移植*2」と報じた。実験台ならばまだマシである。後の患者さんの役に立つからである。実際には万波医師は十分なデータを取っていなかった。万波医師は自分のやっていたことが実験的な医療であるという認識に欠けていたと思われる。万波支援者は、医学的知識の欠如ゆえかB型肝炎ウイルス陽性ドナーからの移植を問題視していない*3。万波医師の不備は不備として認め、それとは別に病腎移植を推進したほうが結果的に透析患者の救済に役立つであろうに。

予測が難しく急激に予後が悪くなる疾患を扱うことも、倫理委員会の承認や文書によるインフォームドコンセントなしに実験的医療を行なうことも、どちらも現状においては危険である。しかし、前者の危険は避けることができない。誰かが産科医療や救急医療を行なわなくてはならない。内科医であっても、踏む確率が小さいだけで、「歩いてくるクモ膜下出血」や「症状のない心筋梗塞」などの地雷の上を歩いている。だからこそ、大野病院や大淀病院の産婦人科医が地雷を踏んだとき、多くの医師が擁護したのである。しかし、後者はどうか。いまどき、万波医師のような無茶な実験的医療を行なう医師はそうはいないだろう。倫理委員会の承認を取ることや、きちんとしたインフォームドコンセントを取るのは確かに煩雑な手続きである。しかし、勇み足で問題のある医療(たとえば感染対策なしのB型肝炎陽性ドナーからの移植など)が行なわれるのを未然に防ぐために必要な手続きである。少し遠回りになるが安全な道があるのにも関わらず、わざわざ地雷原を突っ切り、しかもそこに地雷があることを認識していないのは勇者ではない。



関連記事

■病腎移植とB型肝炎

■病腎移植のドナーが提訴

*1:病気腎移植推進・瀬戸内グループ支援ネット - 市立病院調査委員会の報告について:URL:http://www.setouchi-ishoku.info/article.php/20070501164629986

*2:息子は万波医師の実験台…B型肝炎感染者の腎移植(読売新聞):URL:http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20070501ik0a.htm

*3:たとえば
市立宇和島病院の調査委員会、最終報告を発表〜“腎移植→B型肝炎感染→死亡”だったのか?(Because It's There):URL:http://sokonisonnzaisuru.blog23.fc2.com/blog-entry-380.html、

なんで急性膵炎でなくなったのに、ウィルス感染死になるの?肝炎ウィルスって急性膵炎になるんだあ?(地獄への道は善意で舗装されている):URL:http://blogs.yahoo.co.jp/sxed2004/4732082.html

bamboobamboo 2007/06/25 16:17 今日は大淀病院の件の初公判ですね。ちゃんと報道されるのかな。実情に即した冷静な審理になることを望んでいます。患者側に思い入れたっぷりの修羅場だけは勘弁して欲しい。

杉山真大杉山真大 2007/06/25 20:22 そう言えば政府が、ここへ来て高リスク研究に積極的な援助をしようとしてるんですよね。このことが「地雷原を踏む勇者」を作らないか、個人的には気になりますね。
#アメリカでも採用されてるって言うけど、アメリカの現実はどうなんだろ?

通りすがり通りすがり 2007/06/26 12:17 「初公判」って、だれか逮捕か在宅起訴されて刑事裁判になってるんですか?
民事は「第○回口頭弁論」です。

bamboobamboo 2007/06/26 19:06 通りすがり氏、ご指摘感謝。実をいうと自信がなかったのでブログでは「民事裁判が開始される日」と書いた。我ながら勘が良い。調べてから書けよ>自分

tkcntkcn 2007/06/26 21:39 *3のBlogの方は、どうも本気でB型肝炎陽性もありだと思っているようですが、話の中でHBeAbとHBsAb、死体腎と生体腎の話が混ざっているし、おそらく非常に混乱した知識を基にしているか、最初から結論が決まっていて理屈を後付しているのではないかと思ってしまいます。
しかし、この方は「法律の専門家」ということらしく、こういう人が民事、刑事の判断に関与することもあるのだとおもうと、暗い気持ちになります。

REVさんぽくREVさんぽく 2007/06/26 21:52 妊産婦死亡率出産10万あたりおよそ6。
blog.m3.com/OB_Gyne/20070617/1
「2005年の妊産婦死亡数が62人であることから,毎年約4500人の妊産婦が死に至る可能性をもつ重症管理を受けていたと算定される」
life threatningなアレは産科的DIC(セイラームーンの作者)、PTE、など比較的慢性化しにくい感じ?(脳出血で助かれば後遺症残すでしょうがレア中のレア)
一方、移植を待ち望む慢性透析患者は25万人以上、1年あたり死亡数2万5000人弱。
週3回3時間の拘束を余儀なくされ、粗死亡率10%弱の生を生きていく(リアルリアリティ?)
http://d.hatena.ne.jp/pbh/20070625/1182757719
に。回答になるかな?

sci98sci98 2007/06/26 21:55 ちなみに公判って、広義には公訴の提起以降訴訟が終結するまでの一切の訴訟手続を指すから、第一回公判手続を初公判って書くのもちょっと混乱の元ですね。って、私も平気で初公判って書くけど。

kmori58kmori58 2007/06/27 03:23 つい先日レシピエントになりそこねた私がやってきましたよ。万波氏の病気腎移植はおっしゃる通り問題だと思いますが、レシピエントがすでに同じウィルスに感染している場合には移植してもいいのではないかと思います。過去に某先生がアメリカから病気腎をもってきてその基準で移植したケースがありました。そのときもマスコミに叩かれてましたけど。
>2つ上の人へ
10%の死亡率で11年たつと70%の人が死んでるはずですが、11年経ってもまだ生きてる私って超人ですか。死亡率は年齢調整しないと。QOLはおっしゃる通り問題ですけどね。あと3時間じゃなく4時間。病院にいる時間なら5時間ですね。

NATROMNATROM 2007/06/27 07:11 なんらかの感染対策(すでに感染しているレシピエントを選択するのを含めて)を行なった上での移植は十分考慮に値すると思います。複数の報告もあります。問題は、「(HBe抗体陽性なら)感染性はないと判断される」などという万波医師の非常識さ、および、教科書すら読む努力すらせずに万波医師の言うことを鵜呑みにしている支持者です。

トラックバック先で「客観的証拠を無視し、米国の移植事情も知らず、臨機応変に反応のできない者がいる」とか言われちゃいました。客観的証拠を無視しているのはどちらなのかを近日中に示します。

InoueInoue 2007/06/27 08:29 何にせよ、病腎移植は緊急避難でしかない。移植医療を推し進めたいなら、「臓器移植カードを持ってる脳死患者は移植ドナー」ではなく、「臓器移植拒否カードを持ってる脳死患者はドナーから除外する」という規定にするしかない。脳死になったら、デフォルトは移植ドナーってことで。

電気屋電気屋 2007/06/27 21:02 産経新聞に最近オーストラリアではかなり病腎移植が行われているとの記事がのり、万波氏に好意的な内容となっていました。

日豪の病腎移植グループ交流 「患者の苦しみ同じ」http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070618-00000018-san-soci

NATROMNATROM 2007/06/27 22:41 オーストラリアに限らず、HBs抗原陽性ドナーからの腎移植は結構なされているようです。しかし十分な感染対策のもとになされており、万波医師のように「感染性はない」などという非常識な判断をした上での移植例はおそらくほとんどないでしょう。

担癌患者からの移植についても、海外ではきちんとしたインフォームドコンセントがなされ、きちんとデータを取った上でのことだろうと思います。

2007-06-19 山田玲司はあっちに行っちゃったか

[][]トンデモに効くクスリ トンデモに効くクスリを含むブックマーク

ある朝、郵便受けに山田玲司のマンガが入っていた。正確には、新聞の号外のかたちで計8ページのうち、マンガは4ページ。「豪快な号外 30秒で世界を変えちゃう新聞」と書いてある*1。全体的には地球温暖化を何とかしようという趣旨でそれはいいのだが、どことなく違和感がある。たとえば山田玲司のマンガ。10歳のあかりちゃんのところに、10年後のあかりがやってきて警告および地球を守るための提案を行なうのだが、


地球温暖化マンガ「ほんと、未来はどうなるの?」山田玲司より引用

使い捨ての社会がアレルギーの人を増やし続けているの…

※ゴミを燃やしたり車の排ガスや発電のせいで出てしまった放射性物質や化学物質なんかが原因の一つだって言われてるわ…

アトピーやぜんそくの子は学校のクラスにもいるでしょ


放射性物質はさすがにともかくとして、人工化学物質がアレルギーの原因だと「言われている」ことは、まあその通り*2。医学的・科学的な根拠に乏しいのにも関わらず、そう「言われている」のであるが。西洋式のライフスタイルがアレルギー性疾患の増加に関係しているのは確かだが、排ガスその他の「化学物質」のせいとは限らない。日本において、30年前と比較して大気汚染物質は改善し、農薬・食物添加物の使用量も増加していないにも関わらず、アレルギー疾患は増えている*3。ベルリン崩壊以前の東西ドイツの比較では、東ドイツよりも西ドイツのほうがアレルギー性疾患の発症が多いのに対し、環境は東ドイツのほうが悪かったことが知られている。また、衛生仮説といって、微生物への感染の機会が減ったこととアレルギー性疾患の増加とが関与することを、複数の研究が示している。アレルギー性疾患の増加に対して、「人工化学物質」の関与は否定できないものの、主犯でないことはかなり確かである。

化学物質過敏症についても触れられている。

地球温暖化マンガ「ほんと、未来はどうなるの?」山田玲司より引用

07年にはもう100万人はその予備軍になってるわ。


化学物質過敏症の疾患概念の怪しさについては何度か論じた。予備軍推計の100万人というのは、内山巌雄による調査を、「未成年まで考慮すると、100万人近くがCSである可能性を示す調査結果だ」と評価した柳沢幸雄・東京大大学院教授のコメントからであろう。■化学物質過敏症:成人患者推計70万人?でも論じた通り、この推計はきわめてあやふやである*4

地球温暖化を防ごう、食べ物を残すのはもったいない、などは正しいスローガンではあるが、ところどころに怪しげな主張も混じっている。オーガニック食品は、生産効率が落ちる分だけ環境負荷になるんじゃないか。温暖化を憂うなら、原子力発電にやみくもに反対するのではなく、注意深く使う方法も考えるべきではないか。平和省を創りましょうって、そりゃいくらなんでもアレすぎだろう。こんな具合で、どこからどこまで信頼できるのか分からない。電気を消してのキャンドルナイトはどれくらい意味があるのか。割り箸を洗い箸にすると本当に環境にいいのか。非電化製品はまともそうだけど、どうなんだ。8ページの新聞を3000万部刷るのにどれくらいの森林が必要なのか。

いったいどういう団体が発行しているのかを調べてみたが、なんと呼びかけ人の1人は「きくちゆみ」さんであった。水道水を燃料に、しかも酸素を吐き出して走る車の存在を信じる夢のある人である。最近では、エイズを治癒する酵素風呂を「本当の国際貢献だ」と評価しているステキな人だ。

エネルギー保存則も知らないのにエネルギー問題を論じる人が呼びかけ人の一人である。まともな情報もあるのだろうが、玉石混交である。私が地球環境のために何かしたいと思うならば、必要なのは信頼できる専門家が環境負荷を計算して出したアドバイスであり、「買ってはいけない」にたやすく騙されるような素人がなんとなく環境に良さそうと思ったものの寄せ集めではない。マンガでは、主人公が問う。「私のできることが何かあるの?」。無駄なぜいたくや争うことをやめる他に、怪しげな情報を取捨選択できるリテラシーを身につけよう。正しい知識を得て、科学的に考えよう。地球温暖化を防ぐのに貢献しているのは、ろうそくを灯してエコな気分に浸っている愚か者ではなく、省エネ家電を開発する技術者だと思う。



関連記事

■治療にホメオパシーを用いる化学物質過敏症の権威

*1:http://kibou.main.jp/gogo.htmlでダウンロード可能であった(現在はリンク切れ)。発行者のメインサイトは、YES IS LOVE!みんなでちょっと動けば変わる TEAM GOGO【豪快な号外】:http://www.teamgogo.net/

*2:しかし「レセプター(受け手の感受性を増す物質)」とは言われていないと思うぞ

*3松永和紀著 メディア・バイアス P167

*4:松永和紀著 メディア・バイアス のP99でもふれられている。以下引用

 *患者数も誇張か?
 (中略)
 化学物質過敏症の患者数も、マスメディアによって独り歩きしています。たしかに、調査結果はあります。内山巌雄・京都大学大学院工学研究科教授らが、国立公衆衛生院(現・国立保健医療科学院)に在籍中の2000年、全国の男女4000人を対象に面接調査を行なっています(回答数2851人)。結果は、化学物質に対して高感受性をもつと考えられる人は21人(0.74%)でした。これをもとに、「日本の人口の0.74%は化学物質過敏症」などと市民団体は主張しています。
 しかし、この調査で使われた調査票に基づく診断基準には問題があり、内山教授自身が大気環境学会第44回年会講演要旨集で「課題を残している」と明記しているのです。
 また、0.74%という数字は回答した2851人における割合です。内山教授は講演要旨集に「高感受性を持つ人ほど調査に参加しにくい可能性があることを考慮すれば、潜在的にはさらに多くの高感受性を持つ人がいる可能性は大きい」と書いていますが、回答しなかった1149人は、症状とはまったく無縁で関心がなく回答しなかった可能性もありそうです。したがって、科学者の間ではこの数字は重視されておらず、この数字をもとに社会的な方策を検討するのは無理です。
 ところが、毎日新聞2003年1月12日付朝刊はこの調査結果を取り上げ、内山教授の「CS(注=この記事は化学物質過敏症のことをこのように略している)患者の疑いのある人が、成人だけで全国に約70万人は存在すると推計され、対策が急がれる」というコメントを紹介しているのです。
 さらに別の専門家のコメントとして、「未成年まで考慮すると、100万人近くがCSである可能性を示す調査結果だ。自覚症状がなかったり、誤った診断をされているCS患者が多数潜在していると思われる」と紹介しています。これでは、新聞社が数字を水増しし恐怖感を煽っている、と言われても仕方がないでしょう。

InoueInoue 2007/06/20 07:41 地球温暖化が果たしてそれほどの経済的、社会的損失をもたらすかどうかについては、池田信夫さんが疑問を呈していますが、まあ、それは問題だとしましょう。
では、どうしたら二酸化炭素排出を抑制できるか?群馬大学工学部で、学生のライフスタイルをもとに計算したところ、自家用車を使っているかどうかが、決定的な差であり、ほかは問題にならなかったそうです。

柳沢良則柳沢良則 2007/06/20 09:45 こんにちは。
群馬大学のペーパーはどこかで見ることができますでしょうか? Inoueさん

割り箸関連では、あの安井氏(国連大学)も延髄反射しているようです。w。
http://mntrav.cocolog-nifty.com/kankyo/2007/05/post_3e81.html
マイナスイオンの頃は良かったのですが、最近はIPCC関連でも、荒っぽい記事書いて
http://feliscatus.blog77.fc2.com/blog-entry-44.html
という感じで突っ込まれていますし・・・・。

温暖化関連は、問題構造が複雑であるがゆえに
簡単なことを声高に言う人のほうが人気を得るようですね。

Med_LawMed_Law 2007/06/20 12:05
公害訴訟で喘息患者が車製造会社を訴えて賠償を迫るっていうのは、因果律から言うと無理筋。タバコすってるだろう!という人まで救済すべきものかどうか?

因果律が切れているのに賠償を求めた者の要求を容認することは民主主義に対する挑戦だと言ってもよい。法の裁きに対する信頼が失われた時に失うものは大きい。
理性で判断されない国の法律とは、理性を持つ人には兇器にしか見えない

喘息患者を救済するために政策としてなんとかするというのは別の話
排気ガスとの関連性を考えて、国策として車販売/製造に税を追加するというのであれば、要は車を使う人が最終負担者だから、国民の選択であろう

バカな奴にバカと言える明解な根拠を与えるのが、科学の一つの役割でしょう
バカをバカといわずに放置することは、時にバカの拡大再生産に繋がり、連鎖反応が止まらなくなることもあります。
小さなバカであるうちに指摘してあげることは親切の部類に入るのだけれど、科学を知らない報道バカが増えてることを嘆いてしまう。
ちょこっとした知識があれば、騙されないのにね

地下に眠るM地下に眠るM 2007/06/20 16:24 >Med_Law

地下に眠るM地下に眠るM 2007/06/20 16:30 ありゃ、投稿失敗

>Med_Law
たとえ、科学的な文脈で「スジ」が通らなくとも、弱者救済や危険回避を「可能性」で判断することは現実的かつ理性的だと思うんだけど。馬鹿裁判結果があることは事実だと思うけど、弱者救済を意図した判決もけっこうあるのではにゃーだろうか? 行政や立法がうごかにゃーので、裁判で救済しなければならにゃー事例もけっこうあるんでにゃーの?
実際に、労働法制なんかは司法主導で整備されてきたということもあったりするにゃ。

sci98sci98 2007/06/20 23:10 民主主義社会においては、立法府が多数決の原理で動き、司法府が少数救済に動くのが基本です。

moon shadowmoon shadow 2007/06/21 18:01 確かに省エネ家電を開発する技術者の行為は尊い。とはいえ技術者も人間。技術者を擁する企業を運営するのも人間。何らかのインセンティブがないと動きません。もし石油やウランの枯渇、その他の環境危機が急速に訪れて今の産業構造が維持できなくなっても、技術者のやる気を引き出すことは可能でしょうか?

NATROMNATROM 2007/06/21 23:23 産業構造が維持できなくなったら、技術者のやる気を引き出すことは難しいでしょうねえ。それはそれとして、たとえお金が目的であっても技術は環境改善にに貢献し、崇高な目的であってもやり方を間違えた行動は環境改善には貢献しません。

tinyducktinyduck 2007/06/22 08:52 >地球温暖化を防ぐのに貢献しているのは、ろうそくを灯してエコな気分に浸っている愚か者ではなく、省エネ家電を開発する技術者だと思う。
「ではなく」ですか? 両方ではなく? 貢献度が高いのはどっちかというのはさておき、前者を愚か者と決めつけて誘導してはだめでしょう。賛同者に信頼できない人がひとりいたということで全否定寄りに誘導しかねない文は、「正しい知識を得て、科学的に考えよう」ともっともなことを勧めるのと同じ文脈で書いてはいけないと思います。
というか、このエントリー自体が「怪しげな情報を取捨選択できるリテラシーを身につけ」るための練習台のような状態になっていると感じました。

NATROMNATROM 2007/06/22 09:28 TEAM GOGOの賛同者は概ね愚か者とみなしてよいとは思いますが、キャンドルナイトにより環境問題を意識しようとする運動自体は意味があるかもしれません(ろうそくを灯すこと自体の省エネ効果はたかが知れていることには同意できますよね?)。キャンドルナイト運動自体は、TEAM GOGO以前にあったそうです。「TEAM GOGOのようなインチキ環境運動のせいで、キャンドルナイトのようなまともな運動も白い目で見られてしまう」といった趣旨の発言をmixiで見ました。そういうまとも(かもしれない)運動と区別するために、「ろうそくを灯す人」ではなく、「ろうそくを灯してエコな気分に浸っている愚か者」という言葉を使いました。愚か者の環境運動は、地球環境の改善に貢献するどころか、むしろマイナスだと思います。

ちなみに、「賛同者に信頼できない人がひとりいた」レベルの問題ではありません。「日本レイキ協会 理事長」とかいます。「山田和尚(バウ)」は千島学説どっぷりの人です。そもそもTEAMGOGOの言いだっしぺで責任者であるところのてんつくマンからして、科学的にものを考えるのが苦手です。「苦手」とは控えめな言い方で、要するにカルト教祖レベルの科学知識しかないということです。必ずしもリーダーに科学知識が要求されるわけではないという意見もあるかもしれません(それにしたって限度はあるだろうが)。だったらブレーンはいるかと言えば、誰もいません。信頼できるブレーンがいれば、ここで紹介したようなチラシの内容になるわけないわけでして。

温泉カワセミ温泉カワセミ 2007/06/22 12:55 蝋燭に関して、もちろん省エネだという考え方は否定するものではないのですが、二酸化炭素排出と言うことに関しては、多くの蝋燭の原料が石油由来のパラフィン(↓)である以上、化石燃料の一種とも言えるわけなんです。

http://www.butsudan.kogeisha.com/candle/cnadle-which.html

まぁ、石油原料の蝋燭を一切使わないということを徹底してるんなら別ですが、この手の運動をしてる人たちがドコまでソレを理解してるかと言えば、ハッキリ言って疑問に感じます。

クハ72クハ72 2007/06/22 21:17 とりあえずきくちゆみさんが著しく純真な人であることはわかりました。

nucnuc 2007/06/23 16:35 昨晩、実物を見ました。
六ヶ所村の話は詐欺だと思いました。
万が一を考えたときに原発は危ない、というのは理解できるにしても、
自然放射線の地域差から比べたら原発の300倍の放射線は大したことがなく
これがどうして、東北・北海道の農水産物の汚染になるのか。

電気を消しても、電気代を石油の額で換算した量で上から押さえられるので
ロウソクの輸送コストなどを考えると、ロウソクのほうが環境に悪い気がします。

woodwood 2007/06/23 22:26 水伝もそうですが環境問題は道徳と絡められる事例が多い気がします。「もったいない」を賛美するのが一例でしょうか。
環境問題対策は一次的正義ではなく、何を重きにおくかにより環境負担は異なります。例えば製紙では古紙再生には石油を使う量が多いので(再生可能な)カーボンニュートラルなバージンパルプをある一定量入れたほうが環境に優しいという意見が日本製紙から表明されています。これは森林に重きを置くか、CO2に重きを置くかということからの違いです。科学的な観点でさえ180°視点が変わることがあるという事例です。
科学的な考え方にもトレンドがあり、「科学的だから正しい」というわけでもなく。とても難しい問題を道徳の問題にすり替えるのは思考停止を引き起こし、検証も行われず犯罪的といっていいかもしれませんね。

hikomaruhikomaru 2007/06/25 00:04 はじめまして、hikomaruというものです。

 woodさんの仰っていることは、一理ある思います。今の学校における環境問題の教え方は、多面的ではなく一面的な教え方をしている学校が多いとおもいます。そもそも、
教師自体が環境問題を真剣に考えている人が少ないです。
 しかし、環境問題を道徳の問題にすり替えというのは、少しいいすぎだと思います。
そもそも、科学者だって環境問題をどうにかしたいと思う理由は、道徳的な使命感を感じてのことではないでしょうか。
 未来を生きていく子供たちに、多少強引でも環境問題について考えてもらうには、分かりやすく一面的な教え方もありなのではないでしょうか。複雑さを教えたところで子供たちは、興味を無くすだけではないでしょうか。大切なのは動機付けのはずです。
「水伝」とは違い、環境問題は、スポットの置き方に違いがあるだけで、似非科学では無いはずです。

地下に眠るM地下に眠るM 2007/06/25 00:44 環境問題は、元来が規範的な問題、つまり倫理道徳の問題なんでにゃーの?
事実命題(自然科学の問題)から価値命題をみちびくことは一般的にダメダメだけど、価値の問題を考える際には事実を参照する必要があるのが基本ですにゃ。環境問題の場合、規範の基盤となるべき事実関係が錯綜している(ようにシロウトには見える)あたりがいろいろと厄介なのではにゃーだろうか。

S.T.S.T. 2007/06/25 12:17 hikomaruさんのご指摘に、全く同感です。

あんねあんね 2007/06/27 01:15 こんにちは。私の住まう市では、教育委員会の承認を経て、小学校を通してこの新聞が配られました。文字ばかりのものと違って子どもが読めるマンガで、しかも学校を通して配られたものですから、現時点でより正確な情報を掲載していただきたかったと思っております。

吉岡応援団長吉岡応援団長 2007/06/29 01:22 ■「科学的には間違っている」という指摘に止めておけばいいものを余計な説教するから、組織へ【柘植グチ】されちゃうんだよ

根拠となる客観的な事実、大事ですね
主観的な先入観を客観的な事実と思い込むのはお止めになってみたら如何ですか
客観的な事実の提示のない、主観的な思い込みに基づいた根拠のない誹謗中傷は見っとも無いですよ。そんなことは個人のブログでおやりなさい
【吉岡英介】氏は、そう言っているのです

はてなダイアリー/sinzenbikikuti/

NATROMNATROM 2007/06/29 01:38 ネガティブキャンペーンなんかやらなくても、吉岡氏のイメージは十分に落ちていますよ。

忍冬忍冬 2007/07/03 22:58 はじめまして。トンデモに常に迷っているヒネ羊主婦です。

ちょっと前、次の日六ヶ所村に反対運動に行くという活動家の方(石鹸販売もしていた)の講演?のとき質問。
「石鹸で洗髪する時、髪への石鹸かす付着防止のため大量に石鹸を使うけれど、少量ですむシャンプーとどちらが環境負荷が低いのか悩むので教えてください。」すると「ごく微量でも微生物の細胞膜を侵す合成界面活性剤は、自分のためにも使わないでください。」「毒性をいうなら、少量なら人間に必要な塩だって濃度が高ければ人間は死にます。同じようなことが石鹸にもいえないでしょうか。」「(先ほどと同じようなお答え)」「ありがとうございます。今まで迷っていましたが、先生のおかげで方針がもてました。」

趣旨のよくわからないイベントで、講演の前後に子供の歌や劇があり、上のやり取りもお子様たちは聞いていて、司会の人は活動家先生より?のフォローを始め、なんだか活動家先生万歳みたいな集いなのかな〜と思って ひよってしまいましたが後悔しています。NATROMさんみたいにバシバシ反論できない自分が情けなくなりました。勉強します。

ゆみゆみ 2008/02/03 09:52 >30年前と比較して大気汚染物質は改善し、農薬・食物添加物の使用量も増加していないにも関わらず、アレルギー疾患は増えている* 

上記を読んで、 あれ?と思いました。  30年前は まだまだ素食で育った世代なので、 もともと体が丈夫で、 免疫力もあり、 年を取って添加物や農薬を摂取しても それほど表面に出てこないのです。 問題は、 最初から 添加物漬けで育った今の免疫力のない世代です。 たとえ使用量が30年前と比べて増えていないとしても、
若い人たちは体が弱く、アレルギーに苦しむのです。  NATROMさんも 将来赤ちゃんをもたれる時、 なるべく自然なものを食べ 奥さんが母乳で育てるようにすれば、 とっても穏やかで健康な 子供になると思いますよ。  また、 科学的根拠がないとなにも信じない姿勢もとても宗教的だと思います。 地球や生命を思いやり、自然とハイテクの共存を考える すばらしいバランス感覚を持った技術者がとても必要とされていると思います。

NATROMNATROM 2008/02/03 12:14 >30年前は まだまだ素食で育った世代なので、 もともと体が丈夫で、 免疫力もあり、 年を取って添加物や農薬を摂取しても それほど表面に出てこないのです

歳をとってからではなく、小児期のアレルギーの増加も、「添加物や農薬」とはパラレルではありません。ゆみさんのような主張はしばしば見られますが、根拠がありません。添加物や農薬が関与しないとは言いませんが、アレルギーの増加に最も寄与しているのは不自然に清潔な環境だと私は考えます。「自然なもの」も、母乳も、常識の範囲内であれば推奨できます。既に私の子は6歳で、幸いなことに健康に育っております。


>科学的根拠がないとなにも信じない姿勢もとても宗教的だと思います

まったくそうですね。でも科学的根拠がなくてもなにも信じないわけではないですよ。でも、「エイズを治癒する酵素風呂」「水で走る車」を信じちゃうのいくらんでもアレですよね。「人工化学物質がアレルギーの原因」と信じてしまうことも、私は問題があると思います。もし、人工化学物質の他に真のアレルギーの原因があったらどうするのですか?こういう主張には懐疑的になったほうがよさそうです。バランス感覚が必要です。

とてちてたとてちてた 2011/09/02 01:28 はじめまして。一言だけ。
エコ云々以前に、キャンドルは火事のもとなので、怖いです。やめたほうがいいと思いますが。

2007-06-14 千島学説の人

[][]Google八分なんて目じゃない、より巧妙な「情報操作」 Google八分なんて目じゃない、より巧妙な「情報操作」を含むブックマーク

Googleは現在のところもっとも利用されている検索エンジンである。Googleで検索できないページは著しく影響力が落ち、事実上、ネットから抹殺されたのと等しい。ある企業を告発する内容のページがGoogleで検索できなくなったこともある。このときは、幸いにも明らかに検索結果がおかしかったため、多くの人から問題視された。もし、もっと巧妙な、気付かれにくい形で検索結果を操作されたとしたら?実際に情報操作をされたという勇気ある告発を紹介しよう。


■いまWebネット上で起きている「異常」*1(Creative Space)

ここで言う「危険な情報」というのは、ある存在にとっての危険ということで、

決して、その情報自体が危険であるということではありません。

いやむしろ、危険どころか「希望の情報」と言うべきでしょう。


なのに、その「希望」は「ある存在」にとっては危険極まりなく、

そんなものが勝手にWeb世界で広がってはたまりません。


というわけで、Googleからあえて消し去って排除し、

多くの人々の目につかないようにしてしまう。

そういったことが、いま、さまざまな分野で行われているのです。

これが事実であれば、たいへんな問題である。私の個人的な意見では、たとえ真に危険な情報(たとえば、患者さんを適切な治療から遠ざけてしまう、癌治療や骨髄移植に関するデタラメなど)であっても、Googleの判断によって恣意的に検索結果から排除されることは許されない。あからさまな検索結果からの削除であれば問題にもなろうが、「情報操作は」あまりにも巧妙な方法で行なわれている。


ちなみに、「ガン呪縛を解く」のキーワードでGoogleを検索してみますと、

さすがに最初の2つほどは「Creatibe Space」の情報がヒットしますが、

それ以降、ぼくがサイトに書いたものは全くヒットしません。

(あれだけ頻繁に書いてきたのに、なぜでしょう?)

Google社は、「最も的確な結果を表示するために似たページは除外されている」と言い訳するのであろう。そんなことが許されていいのか。「ガン呪縛を解く」で検索した結果は、一位表示ぐらいでは不十分で、上位30件ぐらいは「Creatibe Space」の情報がヒットするべきである。そうならないのは、「情報操作」されているからだ。



それなかりか、なんともややこしい表現のタイトルがやけに目立ち、

例えば、


 札幌のクリスチャン鍼灸師: 稲田芳弘著「『ガン呪縛』を解く」


などといったものがやたらと目立ちます。

これを読めば、読んだ人にきっと誤解を与えてしまうでしょう。


 ん? 稲田というのは札幌のクリスチャン鍼灸師なのか? と。


ところが、ぼくはクリスチャンでもなければ、鍼灸師でもありません<笑>。


また、


 クローン人間現るッッッ!!の巻き : これもニセ科学商法?


などと、ぼくにとってはマイナスイメージの情報が飛び出してきます。

Google社は、「否定的なページであろうと、ページランクが高ければ検索上位として表示する」と言い訳するのであろう。マイナスイメージの情報が出てくるのは「情報操作」されている証拠である。Google社は検索結果に出てこないようにマイナスイメージのページを削除するべきだ。「札幌のクリスチャン鍼灸師」については、ものの分かった人がみたら、「札幌のクリスチャン鍼灸師」というのがブログのタイトルで、記事名が「稲田芳弘著「『ガン呪縛』を解く」であることがすぐに分かるが、ネット利用者の中には誤解する人もいる。誤解させるようなタイトルのページもやっぱり検索結果に出てこないようにGoogle社は配慮すべきだ。


こうした情報操作は、ぼくの名前「稲田芳弘」の検索でも全く同じです。

ぼくのメインのサイトは「Creative Space」であり、

そこでは堂々?と実名を出してコメントしているというのに、

「Creative Space」」は、完全に「無視(消去)」されている感じです。

よほど「Creative Space」を読まれたくないのでしょうねぇ<笑>。

「Creative Space」のトップページのタイトルタグ内どころか、ページ内にすら一切「稲田芳弘」の文字はない。だからと言って、稲田芳弘によるサイトである「Creative Space」が検索上位に出ないのはおかしい。これは「情報操作」である。

いやはや、「もう呆れ果てるというか、笑わざるをえない気分です」。



関連記事

■パリ大学アルベルン(アルペン)教授の「がん細胞の血球原説

■千島学説を追試した論文(by 酒向猛)は存在した!?

■911陰謀論と千島学説の関係は?

*1:URL:http://www.creative.co.jp/top/main3306.html

tkcntkcn 2007/06/14 13:38 、、、関係妄想ではないでしょうか。

sci98sci98 2007/06/14 15:09 「ユニパーサルスタジオジャパン」をgoogleで検索すると私の日記がトップにきます。作戦は成功しました。

地下に眠るM地下に眠るM 2007/06/14 21:10 Google八分そのものは事実みたいだからにゃ。
あいかわらず「悪徳商法?マニアックス」はGoogle八分にあってるみたいだしにゃ。
現実に検閲が行われている以上、この手の訴えをすべて笑うことはできにゃーわけだ。
こまったもんだい

tematema 2007/06/14 23:20 「tema」をgoogleで検索すると、277,000件もヒットします。有名になったものです。
でもなぜかtemaの日記は完全に「無視(消去)」されている感じです

NATROMNATROM 2007/06/14 23:42 よほど「temaの日記」を読まれたくないのでしょうねぇ<笑>。

wadjawadja 2007/06/15 00:18 で検索すると120,000件。どうもLebanonにもwadjaがいるらしい。確かにモスリムっぽいHNやわな。

bamboobamboo 2007/06/15 17:19 Drbambooでググルと、ちゃんと私のブログがヒットする。でも、アマゾンでレビューを書いている別人がいることを発見。

bamboobamboo 2007/06/15 17:37 「千島学説」でググったら、こんなの出てきた。
http://www.tanabe-kusuri.jp/cgi-bin/HP-tanabe/sitemaker.cgi?mode=page&page=page1&category=0
田辺製薬と間違える人、いると思う。

匿名さん匿名さん 2007/07/14 00:03 ふふふ。よく気が付きましたね。あなたの言ってることは正解です。実は私は昔、ある人物の悪行を実名でウェブに流し、名誉毀損で訴えられるハメになりました(笑)で、グーグルさんにお願いして、その人物名をNGワード指定してもらって、検索にひっかからないように、操作してもらったんですよ。わりと簡単にやってくれます。グーグルの情報操作って、こんな簡単なんだあ、と、感心しましたもん。2ちゃんにログ削除を申し出ても、全く応じてもらえませんでしたからね。ちゃんと弁護士通したのに(笑)

匿名匿名 2007/10/18 10:20 この人は自分で「稲田芳弘」って検索して、出てきた批判的なサイトを攻撃し、自説を押し通そうとする、頑固なジャーナリストなんですよ。

ひよどりひよどり 2008/01/29 18:16 匿名さんへ
>この人は自分で「稲田芳弘」って検索して、出てきた批判的なサイトを攻撃し、自説>を押し通そうとする、頑固なジャーナリストなんですよ。

こういう知ったかぶりって、匿名じゃないと、書けないよね?!実名の人を匿名の人が中傷するのは、フェアなことでしょうかね???いただけません。

nn 2008/01/31 11:56 「千島明」で検索すると、結構まともなのがヒットする。こう書くと、再度グーグルが情報操作するかな。でも、もう書いちゃったから情報操作したら読者が大騒ぎする。

通りすがり通りすがり 2009/02/12 03:00 はじめまして。
Google 情報操作
でググってみたらトップ項目でここがヒットしましたw

2007-06-12 静注ぐらいしてください

NATROM2007-06-12

[][]大学病院の看護師が静脈注射をしない理由 大学病院の看護師が静脈注射をしない理由を含むブックマーク

大学病院に舞い戻った。研修医のとき以来だから10年ぶりぐらい。給料が安いとは聞いていたが、今の研修医と同じくらいであった。しかしながらどういうわけだか帳簿上では私の週の労働時間は32時間になっているので、時給換算では私のほうが高給である。やったー勝ったー。もちろん、実働時間が32時間で終わるわけがないが、時間外手当をつけても雀の涙であるから面倒くさくていちいちつけなくなる。幸い、別にアルバイトもあるから合計の収入ではそれほど下がらなかった。

大学病院では経営は効率的で、くだらない雑用は一番給与の安い者がすることになっている。たとえば時間外に薬剤部に薬を取りに行ったり、検査室に検体を持って行ったりする仕事は医師が行う。夜間にも医師は必ずいるのに、たまに必要になる雑用のためだけに看護助手さんを待機させておくのは無駄ではないか。看護師は病床あたりの配置人数が決まっており雑用ばかりしていられないし。それにしても、私のようなヒラの医局員ならともかく、医局のNo3の(助教授の次に偉い)先生が検体を検査室に持って行くところを見たら、大学医局に残って上を目指そうなどという気にはまったくならないな。

私が研修医のころは、こうした雑用は研修医が行なっていた。時間外手当という概念はなかった。宿直でなくても皆遅くまで残っていた。現在の研修医は、5時になると帰る者もいると話には聞くが、当科の研修医は遅くまで残って頑張っている。しかしながら数が足りない。私のころは研修医は10人以上いたが現在は数人である。彼らに雑用を押し付けると潰れてしまう。

大学病院には不思議な慣習が残っていて、たとえば点滴のルート確保は医師が行う。研修医が行なうのならまだ理解できないでもない。トレーニングになるからだ。しかし、夜間に点滴が詰まったからという理由で宿直の医師をわざわざ起こすというのは理解できない。採血も基本的に医師が行うことになっている。市中病院ではどちらも看護師の仕事である。まあ百歩譲って、リスク回避もしくは手技の未熟により「針を刺せない」とのは認めるとしよう。しかしながら、当大学病院では、既に点滴ルートが入っている患者さんに静脈注射を行うのも基本的には医師の仕事なのである。三方活栓から簡単に静脈注射は可能であり、特別な技術は不要なのに。

技術の問題ではないことは確かだ。なぜなら、薬の種類によっては静脈注射をしてくれるからである。肝保護剤の強力ネオミノファーゲンCは看護師が静脈注射していいことになっている。しかし、利尿剤のラシックスや、吐き気止めのプリンペランはダメである。抗癌剤やインターフェロン等の、副作用の強いあるいは高価な薬がダメというのならばともかく、ラシックスやプリンペランがダメというのが理解できない。聞くところによると、どれがOKでどれがNGであるか、細かく規定があるそうな。ラシックスやプリンペランは臨時で使うことがあるので、看護師が静脈注射をしてくれないとたいへんに困る。たとえば、真夜中に患者さんに吐き気が出た場合、「嘔気・嘔吐時プリンペラン1A静注」と指示を出しておけば市中病院では看護師が注射をしてくれるのに対し、大学病院では当直医がわざわざ静脈注射をするためだけに起こされる。

しかし、不思議なことに、点滴で入れる分には看護師が施行可能なのだ。プリンペランの静脈注射は看護師はしない。しかし、プリンペランを混ぜた点滴はする。よって、下のような指示が出されることになる。

嘔気・嘔吐時、生食50ccにプリンペラン1Aを混注して側管より全開点滴

私が研修医のころはこうした習慣はなかった。規則の隙間をついて誰か頭のいい医師が考えついたのであろう。看護師のほうも、生食にプリンペランを混注したりルートを用意したりする手間が余計にかかる。もちろんコストもかかるし、患者さんにとっても50ccとは言え余分な水分負荷がかかる。ワンショットの静脈注射も50cc全開点滴も安全性ではほとんど変わらない。いい事何一つなし。とっととラシックスやプリンペランも看護師が静脈注射していいことにすればいいのに。

写真は生食50ccにプリンペランおよびラシックスのアンプルが準備されているところ。これを見たとき、看護師が静脈注射しない理由は、患者さんの安全のためでもなく、自分たちが楽をしたいわけでもなく、規則に縛られているだけだと気付いた。イスラム教徒が豚を食べない、ユダヤ教徒が安息日に電灯のスイッチを押さないのと似ていると思った。そういや、強力ネオミノファーゲンCがOK、ラシックスやプリンペランがNGといった規定は、アルブミン製剤はOK、貯血式自己血輸血はNGといったエホバの証人が受け入れられる血液製剤の細かい規定と似ているなあ。



関連記事

■医師派遣会社v.s.良心的な手配師

■2級医師資格は医療費を抑制しうるか?

■エホバの証人の輸血問題

wadjawadja 2007/06/13 00:21 あのー、質問です。点滴だと、当然静脈注射より薬の効き目が現れるのには時間かかるのですよね?50ccの全開点滴が、どれほど時間掛かるのか、知りませんけど。

DrPoohDrPooh 2007/06/13 01:05 3年以上経ってせっかく忘れていたのに,読んでいるうちに思い出して腹が立ってきました。

chirin2chirin2 2007/06/13 02:22 50ccならその気になれば1分で入れられるでしょう。効き目が現れるまでの時間はごくわずかです。

InoueInoue 2007/06/13 06:54 看護師の注射がOKかどうかは厚労省通達を根拠としていますが、どの薬剤ならOKかというルールは、どんな根拠に基づくんでしょう?

InoueInoue 2007/06/13 06:57 エホバの証人の輸血の基準は「自分の体から離れたら、もはやそれは体の一部ではないからNG」というもので、自己血輸血は当然NGですが、術中出血の回収再利用はルートでつながっているからOKなんだそうです。

sci98sci98 2007/06/13 09:22 >自分の体から離れたら、もはやそれは体の一部ではない
この思想って、ちょっと唯物論的なニュアンスがあって宗教っぽくないですね。

R・Y・UR・Y・U 2007/06/13 09:30 私のいた大学病院の病棟は「大学病院」というよりは「市中病院」って感じで(もちろん私立です)採血は看護婦さんがしていました。4-7月は研修医の仕事でしたが。root確保は医者の仕事でしたが一部のやるきのある看護婦さんは「先生、やらせて」といってやっておりました。彼女らなりに自己研修していたわけです。彼女らに理由を聞くといろいろできないと外で通用しなくなるからといっていました。その当時はえらいなあなどと思っていましたが、一生大学病院にいたくないならスキルを身につけトラバーユするしかないわけですな。そういえば病棟看護婦さんは4年目にはほとんどの人が退職していました。NATROMさんの大学病院は看護婦にとって居心地がいいんですね。他大学特に国立系の話を聞くと医局の先輩方の教育の賜かなとも思うこの頃です。

ハッターハッター 2007/06/13 13:16 規則って何のためにあるのかと思う事ってありますよね。リスクマネジメントがしっかりできるようになれば危険率から最善の規則を選べるようになるんですかね。
いま勤務医さんたちはとても大変な思いをされているんですね。まったくの外野で今までとても無知でした。

bamboobamboo 2007/06/13 22:05 他人(ひと)の不幸は密の味。
うちじゃそんなこと無いモンね。

sci98sci98 2007/06/13 22:41 >他人(ひと)の不幸は密の味。
だからマスコミがないことないこと書きたがるんですよ。

wadjawadja 2007/06/14 00:12 chirin2さん御教授ありがとうございました。「結局患者にしわ寄せ来るんか?」って思った訳ですが、1分なら大したこと無いなー。日本の社会におけるリスクマネジメントって、危険率の発想ないですね。特にマスコミ。起きると困ることは、起こしちゃならん、の一点張りだから。コストがどれだけ掛かると思ってるんだか。

地下に眠るM地下に眠るM 2007/06/14 10:56 >危険率の発想ない
>起きると困ることは、起こしちゃならん、の一点張り
1ビット馬鹿だよにゃ。0か1のどちらかしか判断できにゃーんだ

ssdssd 2007/06/14 12:57 抗不整脈を「5分書けてiv」の指示を出したら、茄子がシリンジポンプを組み立て始めたので黙ってシリンジを奪って自分で注射した若い頃の僕

匿名匿名 2007/06/14 23:01 エホバの証人の信者の輸血に関する考え方は一様ではありません。厳密には定められていないというのもあります。血液透析についても、施行可能と考える方と、宗教上の理由で(繋がってるけど一旦体外に出るから)受けないと答える方と両方いらっしゃいます。ちなみに、みなみナントカいう先生(仮名ですよ)は、信者の方に、輸血しないで心臓の手術してやるからオレんとこに来いというとかいわないとか。WOW!

元内科医元内科医 2007/06/19 22:26 私が大学で研修医してたころ、イカれた看護師さんに「今までは看護婦の厚意でヘパロックしてましたけど静注ですから今後先生たちがしてください」といわれました。でも点滴はする。そこでヘパリン入り生食50mL全開投与20mL入ったところでロックという少し危険な指示が乱発し言いだしっぺの看護師がキレたのでみんなで嘲笑したのも懐かしい思い出。

循環器っす循環器っす 2007/06/20 22:31 すごく素朴な疑問なんすけど、ルートのあるpt.にラシックス1Aワンショット投与するのは『静脈注射iv』と違うのと違うの?だって実際にやるのは三方活栓開けてラシックスぶち込んでフタ閉めるだけでしょ。そのあとプラボトル力一杯もんで入れたラシックスが直ちに体内に全量急いで入る様に数分間努力・・・なんかするわけないよな。
これ、『側管注』であって、『静注』と違うよね。体内に入る速度はほとんど点滴divスピードだもん。ちょっと濃いけど(笑)。
これ昔国立病院に勤めてたころ、すごく不思議でした。私は幸い大学病院に勤めた経験はないけど、たぶん論理の支離滅裂さに発狂しちゃうだろ〜な。
その厚生省通達というのも「通達だ」一点張りで何年のどの通達?と何度訊いても教えてもらえなかった。ところで循環器病棟だけは医長が尊敬されてたのでナースがちゃんと夜中にラシックス混注してくれてましたよ。私もこの世のすべての医師のなかで、当時のその医長だけは医業の師匠として尊敬してます。

匿名匿名 2007/06/23 17:46 lib.n-seiryo.ac.jp/kiyo/dkiyo/06pdf/D0612.pdf
グーグルさんで調べたら「看護職が静脈注射を安全に実施するための組織的取り組みと課題 中村悦子 新潟青陵大学看護学科」というペーパーがひっかかりました。
昔の経緯(裁判沙汰)も軽くまとめてあります。
現物はhttp://wwwhourei.mhlw.go.jp/hourei/doc/tsuchi/141004-a.pdf
これなので、抗がん剤は不可とか抗不整脈薬は不可とか塩化カリウムは不可とか書いてはありません。

2007-06-11 護国寺鹿児島別院。山内日豊です。予約して下さい。

[]庶民派カリスマ祈祷師のいさぎよいQ&A 庶民派カリスマ祈祷師のいさぎよいQ&Aを含むブックマーク

水子供養・祈祷は西洋医学とは相容れないものではあるが、必要とする人もいるから存続しているのであろう。■日蓮宗東光山護国寺鹿児島別院公式サイトでは、さまざまな人の悩み事・人生相談をQ&A形式で紹介している。たとえば、

Q私には付き合った恋愛期間が約2年、結婚して4年、セックスレス夫婦(水子の障りでしょうか?)になってから3年になる妻がいる(子供はまだ産んでいません。堕胎経験は交際中にありです。水子は二霊です)のですが、去年の10月下旬辺りから夫婦関係がギクシャクしはじめ妻が限界まで達し別れたいと言われました。(中略)ちなみに妻の話、性格からは不倫浮気などの男というのはないはずです。復縁できますか?それとも離婚でしょうか?男女和合の祈祷が必要でしょうか?ズバリ、お願いします。霧島での対面相談を希望しています。

Q義姉は歌が大好きです。基本的に音楽が好きで、音楽番組も良く見ています。その大好きな歌手が歌っている歌詞、あるいは、アメリカ映画のセリフなどが世の中を動かしているなどと言っています。だから、私はこれから何が起こるか、大概予想がつく、とも言っています。映画も好きで、俳優のセリフを詳しく自分なりに解説し、大学ノートに記しています。その自分で記した言葉をテレビで他の人が発すると、真似している、又パクッテるよ〜と大声で言っています。あと、家の電話機が警視庁公安に盗聴されてる!と言います。なぜ?と聞くと、私や、あなたや、家族が話したことが、テレビニュースで大きな話題になってると言います。おかしいと否定すると、皆がわかっていない!と興奮逆上します。(中略)このような症状は、見守るべきですか?それとも、精神病院へ強制的につれていくべきですか?先月、義姉が山内先生の護国寺鹿児島別院のサイトを頻繁に見ておりました。義姉は自傷行為・リストカットの経験者です。山内先生のご意見をお願い致します。

Qインターネットで検索して護国寺鹿児島別院を知りました。匿名相談でお願いします。(中略)精神病院で処方して頂いている薬は、色々と変わりましたが、現在は以下の通りです。アモキサンカプセルの25mgを2T×3トレドミン錠の25mg 1T×3レキソタン錠 2mg 2T×3パキシル錠20mg 2T×1です。闘病期間が長いことも気になります。とは言っても、休職中は症状は殆どなかったので実際の期間はもっと短くはなりますが・・・治療をすればうつ病は数カ月で直るものだと思うのですが、ストレスを抱えたままではダメなのでしょうか?それとも私はうつ病ではないのでしょうか?霊的障害ですか?私には今の仕事を諦めるしか道はないのでしょうか?山内先生のご意見をお聞かせ下さい。


などなど。強調は原文ママである。上記で紹介している以外にも、実に多くの質問がなされている。これらの問いに対する答えがきわめて潔い。


A護国寺鹿児島別院。山内日豊です。予約して下さい。http://www.gokokuji.com/soudan.form.htm


どの質問に対しても全部同じ答え

詳細な情報がわからないと個別の回答は困難であるとか、いちいち回答していられない(メール等、「一日に約1000通以上」届くそうである)とか、いろんな理由があるのだろう。まあ、医学的な相談でも、ほぼ「医療機関を受診してください」もしくは「主治医とよく相談してください」で終わりになってしまうので、似たようなものなのか。ちなみに、「悩み事・相談料一件30分 5000円」。意外と安い。本格的に祈祷をしてもらうと、別途料金がかかるのかもしれない。精神科医による適切な介入を妨げるようならば困るが、中には確かに祈祷のほうが効くかもしれないという例もある。ご利用は自己責任で。



■日本一のカリスマ祈祷師 山内日豊上人と出会える(出没)スポットもお勧め。意外と庶民的な山内日豊上人。「日豊上人は基本的に菜食主義者 焼肉店に野菜を食べに行く人なのです」「南日本新聞を読みながら300円のうどんを食べています」「日豊上人は二割引買い物専門 昼間の正規料金時には来店しない 徹底した庶民派?です」。



●山内日豊上人の相談コーナー。このころは、ほんの一言ではあるけれども、一応は個別の回答をしている。このページの見所は、TITLEタグの中身。「ギャンブル依存症 アルコール依存症 ハローページ ラブホテル 格安航空券 金券ショップ タウンページ 旅行代理店 小林市 丸尾 新幹線時刻表 不貞行為 初詣 厄払い 横浜市 港北区 都城市 水子供養 祈祷師 祈祷 墓地 霊園 除霊 霊媒師 お焚き上げ供養 呪詛 祈願 心療内科 メンタルクリニック 精神科 精神病院 うつ病 不倫相談 浮気相談 離婚調停 離婚裁判 ストレス パニック障害 分裂病 統合失調症 セックスレス夫婦 霧島 民宿霧島荘 密教 人生相談 懺悔 日蓮宗東光山護国寺鹿児島別院 お見合いの良縁」。検索エンジン対策であろう。格安航空券や金券ショップや新幹線時刻は意味わかんないけど。

sci98sci98 2007/06/11 17:34 30分5000円は安いですね。うん。

apjapj 2007/06/11 20:47 弁護士の一般法律相談の費用も30分5000円ですね。

tematema 2007/06/11 22:42 「焼肉店でも野菜を食べる」ならまだしも、「焼肉店に野菜を食べにいく」のは嫌がらせなのでしょうか。
それとも、マメ(腎臓)やタケノコ(血管)を食べに行ってるのでしょうか

InoueInoue 2007/06/12 09:18 どんな商売でも、初期費用は安くして、後から高額の料金を請求するものです。ゲームマシン、携帯電話、朝三暮四。

mimonmimon 2007/06/12 21:25 ざっと見て、100件近くある質問に、全部同じ答えなのが、すごいです。
質問するほうも、そろそろ気づくべきだと思います。

foolfool 2007/07/27 16:09 山内さん本人とはもう数年来、実際にお付き合いがある者です。本人にはもちろん認識はないのですが、完璧な統合失調症状態です。ついさっき話した話題や約束事もすぐに平気で忘れます。霊的能力は一切なく、でも自分では「日本一の祈祷師だと思い込んでいるので、励ましの言葉と、情と、祈祷らしきパフォーマンス&衣装&読経だけで相談者は安心感やら得られるそうです。複数の原稿入力アルバイトを雇い、沢山のブログや掲示板に同じ文面を載せまくり、ネット展開を実に巧妙に利用し、相談者を募っています。実際、電話はなりっぱなしです。メールの数も数百件/日で、パフォーマンスや話術に洗脳されていく犠牲者(相談者)は増える一方。金銭的な欲は無い方ですが、名誉欲が強く、テレビにも出るそう。本人いわく「自分はたぶん狂い死にするだろう」という時期も時間の問題でしょう。人情的な結婚相談所の経営だけで終えておけば、こんな最悪な状態は招かなかったのに・・・。

mmmm 2007/09/27 12:55 山内さんは僧侶でありながら詐欺師という事なんですね。。
残念です。

山田智子山田智子 2008/01/13 01:31 山内日豊
は狂人か、天才か、
そんな感じの人でした、
いつも身辺に
一億円の宝くじの
当たった人が
ひ弱なボディガードで
不思議でした。

renren 2009/01/10 01:45 私の友人も何度か霧島に祈祷に行きましたが、体をさわられ
耳元で「とろけちゃって〜〜」といわれ、結局はHされたそうです。
人の弱みに付け込み、相当傷ついています。
他にも同じような被害者がいたので、警察に相談しようか悩んでいます。

多分、被害者がたくさんいると思います。

絶対に許せません!!

ひろみひろみ 2009/01/30 21:12 山内日豊上人はおかまです

匿名希望匿名希望 2009/10/11 14:52 今年60歳になる
日本一の祈祷師?
山内日豊さん
余程の奇人変人か
頭に馬鹿がつく天才の一種かも知れません。
おそらく 知能指数の高い馬鹿だろうよ
俺様は 大嫌いだ
宗教人にしては世間ずれしている

裁判のプロだし
弁護士より裁判に詳しい
実際 山内日豊さんに告訴されて
大金を 取られた人は多い
告訴と裁判で
飯を食ってんじゃねえかと思う
それぐらい法律に詳しい奴だ
鹿児島では有名な話だ

下手な書き込みすると
俺も 山内日豊さんに告訴されて
?百万円 確実に取られるだろうぜ
恐怖の 山内日豊さん
味方にすれば 頼もしいが
敵に回したら 恐怖の山内日豊さん
鹿児島・宮崎では 多くの公務員が 恐怖の山内日豊さん のおかげで
何人も退職に追い込まれている


さすが東大卒だけあって
読書家で勉強好きだし
大変な物知りではある。
物欲とか
金銭欲は
皆無の人であるところは
素晴らしい人だが
頭が飛んでる 社会的常識の無い人だ

何をしでかすか わからない怖さのある 恐怖の山内日豊さん

元国会議員の秘書だったせいか
マスコミ・経済界に太いパイプを持つ
やくざ・右翼にも知り合いが多い
しかも ご本人は 日本共産党の支持者だ
創価学会とのパイプも太い
皆さんも 気をつけて欲しい
恐怖の山内日豊さん

恐怖の山内日豊さん の祈祷の実態
噂によると
鹿児島の某元国会議員は 恐怖の山内日豊さん
の祈祷で 首から下が不自由になった 現在も不自由な生活
鹿児島の某元鹿児島市の市議会議員は 恐怖の山内日豊さん
の祈祷で 東京で万引き犯罪をしてしまい 議員辞職に追い込まれた 現在は政界引退
タレントのNさんは 恐怖の山内日豊さん
の祈祷で 東京都内の自宅マンションで自殺した 現在も謎だらけ
横浜市の会社社長は 恐怖の山内日豊さん
の祈祷で 交通事故で即死 未亡人に多額の保険金が

気をつけようぜ
恐怖の山内日豊さん
マジで怖い祈祷師だ
味方にするといいけどさあ。

高橋高橋 2009/10/22 10:26 週刊誌を見ました。山内日豊さんが芸能人ご用達の占い師みたいなのですが、日本共産党の支援者というのが少し気になります。

匿名匿名 2009/10/22 13:52 昨夜のテレビで山内日豊を見ましたが
結構 迫力ありましたよ

そのだそのだ 2009/10/24 18:10 山内日豊は創価学会では有名な人ですよ。第二の日顕という人もいるし、戸田城聖の再来という人もいるんです。評価は二分しています。

片岡片岡 2009/10/25 13:43 山内日豊に一度、会ってみたいですよ!面白い人間だよ。やはり、カリスマという存在なのかなあと思います。僕自身は宗教的な事とは全く無関係ですが興味が有ります。

高橋高橋 2009/10/25 16:46 山内日豊の愛人がタレントのK(元朝日テレビのアナウンサー)だと言う噂ですよ!意外なカップルでした!

高橋高橋 2009/10/25 16:49 山内日豊の愛人がタレントのK(元朝日テレビのアナウンサー)だと言う噂ですよ!意外なカップルでした!

匿名匿名 2009/10/26 13:57 細木数子とも親しいらしいです。

匿名希望匿名希望 2009/10/26 19:01 酒井法子が
介護の勉強と
報道されましたが
介護の仕事を
なめてんじゃないですかねえ

みなみみなみ 2009/10/27 12:12 福島瑞穂はすごい
預貯金が三億円
こんなんで 庶民の気持ちがわかるの?

金丸金丸 2009/10/28 09:06 このままだと 社民党は 政権から追い出されますね
閣内不一致ですから それにしても 福島瑞穂 預貯金が三億円は凄いと思いますよ
庶民の感覚ではありませんね

匿名希望匿名希望 2009/10/28 10:59 そのださんへ
僕は創価学会の人間です。
確かに山内日豊は創価学会では有名な人です。
戸田城聖の再来という人も確かにいます。
僕も山内日豊という人間に会ってみたいです。
山内日豊に加持祈祷を依頼して運気のあがった人が実在しています。
一億円の宝くじが当選した話も真実だと思います。
しかし僕にとってはいまだに幻の山内日豊なんです。

しろうしろう 2009/10/28 19:17 のりピーは立ち直ってくれるんだと思います。
応援して欲しい。
理解して欲しい。

そのまんま南そのまんま南 2009/10/29 08:06 わたしも福島瑞穂の莫大な資産にはびっくり仰天しました。
弁護士は儲かるんですね。

NATROMNATROM 2009/10/29 08:42 管理者にはIPアドレスがわかります。ハンドル名は固定してください。これ以上、意味不明の書き込みを続けたら発言禁止にします。

匿名希望匿名希望 2009/11/11 20:47 僕は山内日豊の 哲学者みたいな顔が大好きですよ!

匿名希望匿名希望 2009/11/14 17:01 一億円の宝くじ 興味が有ります

是枝是枝 2009/11/28 12:56 福島県にも山内日豊はいます

藤原藤原 2009/11/28 20:35 山内日豊上人は浄土真宗の立派な僧侶です

藤原藤原 2009/11/28 20:35 山内日豊上人は浄土真宗の立派な僧侶です

そのまんま西そのまんま西 2009/11/29 15:21 山内日豊先生 ごめんなさい

匿名匿名 2009/12/04 18:13 民放のテレビを見て
山内日豊は
凄いと思いました。
有名人なんですね。
知らなかった・・・。

田中田中 2009/12/17 16:16 くそ坊主とやぶ医者

原田原田 2009/12/17 16:20 やぶ医者は困る

NATROMNATROM 2009/12/17 16:48 上記発言者は、警告にも関わらず発言を続けたので、次から同一のIPアドレスからの書き込みは、アドレスを晒した上で削除します。

武藤武藤 2009/12/21 20:16 管理者の納得の行く
真摯な書き込みを期待します。

zukunashizukunashi 2009/12/21 23:45 武藤さん
あなたが納得したいのでしょう?人のブログのコメントでやらないでご自分で真摯にご自分のサイトに書き込めば済む話では?

NATROMNATROM 2009/12/22 16:45 まり (221.41.238.79)さんの意味不明のコメントを削除しました。

NATROMNATROM 2009/12/23 11:08 静江 (221.41.238.79)さんの意味不明のコメントを削除しました。次にやったら書き込み規制、もしくはホストに問い合わせを検討します。

NATROMNATROM 2009/12/24 13:17 希望 とやぶ医者 (220.210.46.54)さんによる意味不明の発言を削除しました。

NATROMNATROM 2009/12/24 16:55 やぶ医者 (221.41.238.79)さんの意味不明の発言を削除しました。221.41.238.79はコメントを規制します。

みみみみ 2010/01/27 02:25 残念ながら相談とかバイトが頑張って書いてるらしい。
相談内容よくみるとみんな文章似てる…
インチキらしいよ〜
そのうち消えちゃうかなぁ

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/NATROM/20070611

2007-06-08 TOSSと古生物学

[][]ジュラ紀に新人の骨 ジュラ紀に新人の骨を含むブックマーク

TOSS関係の小ネタ。地球上の生物が遺伝子を共有していることを教えるのはかまわないが、それ以外にも驚愕の事実をも教えている。


■遺伝子の授業(解説つき)

発問4 あなたの遺伝子は人間として何年くらい受け継がれてきたと思いますか。

 数百年から1億数千万年まで、かなりの幅が出た。

 正解は1億5千万年くらいだ。「新人」といわれる、今のヒトの祖先に当たる骨が確認されているのがこのくらいの年代なのだ。


な、なんだってー!!(AA略)1億5千万年前の新人の骨って、それなんてオーパーツ?

地下に眠るM地下に眠るM 2007/06/08 14:06 ・・・・・ジュラ紀か

A-WINGA-WING 2007/06/08 14:13 出典は「原始少年リュウ」アニメ版でしょうか。

o-kojo2o-kojo2 2007/06/08 14:33 はじめまして。ずっとROMってましたが、つい・・・
これって「恐竜戦隊ジュウレンジャー」では?

InoueInoue 2007/06/08 17:21 元ネタは、たがみよしひさの「化石(いし)の記憶」でしょう。

AH1AH1 2007/06/08 18:01 化石の記憶ですか・・すると発見者自身の頭骨化石ってわけですね.

ナナシーナナシー 2007/06/08 18:15 ナワヤ「1億5千万年前の新人の骨って、どういうことなんだ!?」 
キバヤシ「俺にだって…分からないことぐらい…ある…」

NATROMNATROM 2007/06/08 18:43 ギャートルズぐらいしか思いつかない…

sci98sci98 2007/06/09 07:49 http://www.nhk-ep.com/view/11491.html←これが元ネタに一票。

安ど安ど 2007/06/09 11:31 これは、「恐竜が絶滅したのが、うん万年前だろう。」と突っ込みを入れるのも恥ずかしいなぁ。
普通は、入力ミスということで誰かが指摘するはず。誰も指摘してくれないということは、彼の周りにはイエスマンしか居ないという事か。

tematema 2007/06/09 11:57 きっと恐竜戦隊コセイドンが…残念、白亜紀でした

woodwood 2007/06/09 21:18 本人に突っ込んであげるのが親切かと。人間が恐竜と共存したのかと。

tokisaka006tokisaka006 2007/06/09 23:22 古生物マニアの子供はけっこう多いだろうから、これが間違いだと気づく率は高そうですね。
「せんせいだってまちがうこともある」というのを学ぶにはいいのかも。

bamboobamboo 2007/06/10 10:17 本人に教えてあげようと思ったのだけど、メールアドレスが違っているみたいで届かない。

Med_LawMed_Law 2007/06/10 12:22
教師相手で、この話。教師も丸め込まれたんだろうね
理性、知性はなくても、相手を説得する技術だけ得意って奴だろうか?

これって、サティアンで行われてた洗脳と同じだね(笑)

やはり基本知識のない御仁が、科学を使って相手を説得するのは間違い

お釈迦様を出せば、文句も言われないだろうに(爆笑)

TBDDTBDD 2007/06/10 23:54 bambooさん>
Topページのメールアドレスはご覧になりましたか?

shinok30shinok30 2007/06/11 05:56 >遺伝子は全ての細胞に入っていること。(ヒト一人当たりの細胞は数百億にもなること)

ヒト一人当たりの細胞数は約60兆個と見積もられているので,
これも三ケタぐらい間違ってますね

>私達の身体には60兆 (6 x 10の13乗) 個の細胞が存在すると言われています。
>これは元はと言えば、1個の受精卵が何度も細胞分裂を行ない、数を増加させた結果生じてきたものです。
http://www.rinshoken.or.jp/ippan_intro/CB.htm
>ヒトの細胞の数
>高校の生物の教科書にも、60兆個と出ています。
http://oshiete.eibi.co.jp/kotaeru.php3?q=191461

地下に眠るM地下に眠るM 2007/06/11 16:42 元ネタはコレでウッド・ボール(き・まり
http://transact.seesaa.net/archives/20070611-1.html

温泉カワセミ温泉カワセミ 2007/06/11 22:21 ヒトの歴史が1.5億年っちゅうとこは圧倒的に強力ですけど、それを元にして世代数を計算するとこも、中々味わい深いです。

なんせ、『平均寿命が50年』と考えて、1.5億年を50で割ってますからねぇ(笑)
みんなが死ぬ間際で子供を作ってたら、育てる時間があらへんがな。

すばらしく、徹底してダメダメですね。

もしかして、『ツッコミ』の訓練をする授業やったんでしょうか?

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/NATROM/20070608

2007-06-07 TOSSと村上和雄

[][]遺伝子からみた「いじめ」の意味 遺伝子からみた「いじめ」の意味を含むブックマーク

みんながだいすきなTOSSランドより、ゆうめいな村上和雄さんのはなしをしょうかいするよ。


■遺伝子からみた「差別・いじめ」の意味(TOSSインターネットランド)

 村上先生は次のような話もされました。ある実験のため、ねずみをいじめたのだそうです。いじめられたねずみはストレスでよい遺伝子のスイッチが切れます。しかし、よい遺伝子のスイッチが切れるのはこのいじめられたねずみだけではないのです。それを見ていたネズミたちもよい遺伝子のスイッチが切れるのだそうです。

 いじめは「自分がされるされない」だけでなく「いじめのある場所にいる」だけでその人の能力が十分発揮されなくなるのです。「いじめをしない」だけではなりません。いじめはなくさなければならないのです。

 一人一人の力を十分に伸ばすためにもみんなでいじめをなくしていきましょう。


「よいいでんしのスイッチがきれる」から、いじめをなくしていかないといけないのかな。でもこのじっけんけいでは、ほかのこたいをいじめるネズミについてはなにもいっていないんだよね。ほかのこたいをいじめるつよいネズミがはんしょくせいこうするのであれば、つよいネズミのよいいでんしのスイッチがオンになっているってことだよね。だとすると、いでんしからみたいじめのきょうくんは、「いじめられたり、ぼうかんしゃになったりせず、せっきょくてきにいじめるがわにまわって、よいいでんしをオンにしよう」っていうことにならないのかなあ。

「水からの伝言」と同じ構図。「よい遺伝子のスイッチが切れるからいじめをなくしましょう」というのは「言葉が人体(の中の水)に影響を及ぼすから感謝の言葉を使いましょう」というのと変わらない。



関連記事

■遺伝子の起こし方 by 村上和雄

■クリスマス中止のお知らせから学ぶネットリテラシーTOSS風味

Med_LawMed_Law 2007/06/07 17:36
こんなのは科学の力を借りずに、仏様の力をお借りすれば良いのにと思う
最近の子供には仏様の法力は及ばないのだろうか?
私にとっては、お釈迦様にしかめっ面されそうなことも子供心に辛かったけどなぁ。笑

ナナシーナナシー 2007/06/07 22:06 そうだよね。よわいこたいをいじめることによってじぶんのいでんしがのこるなら、それはただしいよね。
つまりいじめをやるときはいじめられっこがじさつするまでいじめぬけってことだよね。

sci98sci98 2007/06/08 08:49 良い遺伝子のスイッチがオンになる、ってどういう意味ですか?

NATROMNATROM 2007/06/08 08:55 そりゃ村上和雄さんに聞いてみないと。

地下に眠るM地下に眠るM 2007/06/08 10:39 デムパを受信してスイッチが入るんだにゃ>sci98
ある種のお歴々はデムパを受信する能力があるからにゃ

sci98sci98 2007/06/08 12:29 >デムパ
なるほど。ということは、デムパを受信する能力のない人をいくらいじめてもスイッチには影響を与えないから、いじめ放題ですね。デムパ受信能力差別反対!

地下に眠るM地下に眠るM 2007/06/08 14:03 >デムパ受信能力差別反対!
デムパ受信者が受信してにゃー者をいじめるのは、人類史で繰り返し行われてきたことにゃんね。ま、そういう生き物なんだろ>ニンゲン

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/NATROM/20070607

2007-06-04 医者向けサイトm3はゴーマンか?

[][]利用者を侮辱するサポセンサイトの大ゴーマン 利用者を侮辱するサポセンサイトの大ゴーマンを含むブックマーク

 「パソコンのことをよく知らない私たち利用者にとって、ネット上のサポートセンター勤務者からの投稿で構成されたサイトで、嘘や中傷、さらに素人からの質問をあざ笑うかのような書き込みが続くことは、堪えがたい苦痛。このようなことが許されて良いはずはありません」

 このサイトでは利用者に対して、<トレイも外せないような人間が、いきなりプリンターを分解するな!><こういう人にパソコンを使わせないで欲しい…。(切実)><カタチあるものはなぁ〜みんな壊れるんだよオッサン!><人の時間を何だと思ってんじゃい! コラ!><それぐらい基本でしょ!>といった信じられない中傷が含まれていたのだ。

 しかもわざわざ投稿者の名に“とりあえず殴りたい”“うんこちゃん”などというふざけた仮名をつけて利用者感情を逆撫でしたうえで、トップページにはWindowsのアイコンを模して、<'クレーム親父'を地球上から削除してもよろしいですか?><頑固でド素人で直情的な親父 お客様の言っている意味が理解できません。タイムアウトで処理が終了しました。><イヤな客にロックオンされました… この顧客の履歴を削除しますか?>と利用者がすべてクレーマーであるかのように煽ったのだ。

 自らもサイトを読んでいるユーザーが解説する。

 「これは『絶対サポセン黙示録』という、本も出版した人気サイトです。このサイトは主に、『サポートセンターという、ユーザーに対して開かれているようでいて実態を窺い知ることが難しい場所での出来事を、面白い読み物』として紹介しています。サポートセンター勤務者にとっては情報交換の恰好の場であり、パソコンに詳しいヘビーユーザーにとっても、素人の愚かな反応を面白く読める。そのためネット上でも評判が高いと聞きます」

 絶対サポセン黙示録の問題点をこう指摘する人もいる。

 「サポートセンター勤務者同士の有意義な議論の場所というならば、匿名ではなく実名で意見を述べ合うのが筋。そうして初めて研鑽の場になるわけで、無責任な批判や個人攻撃は何も生み出さないどころかサポセン不信の一因であるとも言えます」

 利用者を蔑ろにするサポートセンターに、今後我々は何を期待すればいいのか。


参考:■患者を侮辱する医者向けサイトの大ゴーマン 週刊文春(産科医療のこれから)。


サポセン黙示録では、非常識な利用者への対応を読み物として提供している。パソコンに不慣れで、ネタになっている行為がなぜ非常識なのかを理解できない人がサポセン黙示録を読んだら、きわめて不愉快になるであろう。にも関わらず、サポセン黙示録はゴーマンだなどと批判されることはあまりない。なぜか?サイトを見に行く人、わざわざ本を買う人は初めからある程度のコンピュータのスキルがあるからだ。サポセン黙示録も、最低限のコンピュータスキルがある読者を対象に書いている。「素人がいきなりプリンターを分解してはいけない」ことを知らない人は読者として前提にない。世間一般でも、(たとえば医療知識と比較して)コンピュータに関するスキルは知られているため、サポセン黙示録はゴーマンだなどと週刊誌で煽っても失笑されるだけだ。

サポセン黙示録で辛辣な毒を吐いている人も、ほとんどは実際の現場でそのような態度をとっているわけではないであろう。その場はプロとして対応し、あとで心情を共有できる場で発散させているに過ぎない。このような発散が一切許されないとしたら、仕事に支障をきたす。プロであっても人間である。どのような利用者に対してもネガティブな感情を持つなというのは不可能である。現場以外でネガティブな感情を言語化し、それを共有することで心の安定が保てるという効果が期待できる。だからと言って、無制限に嘘・中傷を書けるわけではない。同業者がたくさん見ている場で、デタラメなことを書いたらたちまちツッコミが入るからだ。

ネタになっている人に、「ここであなたのことが悪く言われている」とサポセン黙示録をわざわざ見せる人がいたとしたら、何を目的にしているのだろうか。

rnarna 2007/06/04 14:46 PCのサポセンに体や命を預ける人はなかなかいないと思います。

NATROMNATROM 2007/06/04 15:13 もちろん。しかし命を預かっていないからといって顧客を侮辱してよいわけではないですよね。

IkegamiIkegami 2007/06/04 15:38 「命代りのデータを壊した」といって<以下略>

匿名希・望匿名希・望 2007/06/05 08:05 命預けているならちゃんと信頼して話を聞いて欲しいなあ…

bamboobamboo 2007/06/06 05:20 「絶対サポセン黙示録」なつかしいなあ。元々は「サポートセンターの秘密」にはまっていたのだけど、終わってしまったので乗り換えて、しばらく楽しませて貰いました。必要な情報を工夫しながら聞き出して診断するところが共感できたのでしょうね。

 一時期低調になっていたのですが、まだ続いていたのですね。ネタは尽きないんだなあ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/NATROM/20070604

2007-06-01 エムスリー(m3.com)の医師専用掲示板

NATROM2007-06-01

[][]医師専用掲示板の運営 医師専用掲示板の運営を含むブックマーク

エムスリー(m3.com)というサイトに医師専用掲示板がある。使いにくいのであまり書き込みはしていなかったが、医療関係の報道のときなどに専門家がコメントしたりするので重宝していた。ところが奈良大淀病院事件に関し、診療情報の流出が疑われたり、あるいは「妊娠したら健康な児が生まれて、なおかつ脳出血を生じた母体が助かって当然、と思っているこの夫には、妻を妊娠させる資格はないッ!」などという投稿が問題視されたりしたせいか、掲示板が一時停止されていた。

問題とされた投稿の妥当性については他のサイトでも言及されている*1からここでは省略するとして、ここで注目するのは掲示板の管理者たるエムスリーの対応である。2ちゃんねるではあるまいし、放置というわけにもいくまい。で、5月30日に掲示板再開となったのだが、どうなったか。

エムスリーのとった運営方針は、「怪しい投稿は全削除」であった。もうそれはキッパリとすがすがしい位に。(■m3は二度死ぬ(ssd's Diary)、■再見!m3言論圧殺掲示板!(がんばれあかがま)も参考に)。患者を中傷する投稿(ていうか、正確には「医師ではない人からは患者を中傷しているようにとられかねない投稿」なのだが)はもちろんのこと、マスコミ批判や、削除に対する抗議、他の医師掲示板への誘導、エムスリーの脱会の方法など、かたっぱしから削除しまくっている。しかも対応が迅速で、早ければ2-3分で削除されているらしい。また、今日の朝までは「削除されました」と表示されていたが、今では削除された跡もわからないような仕様になっている。

エムスリーの対応は理解できる。理想としては、明確な中傷や個人情報の削除は行なうとしても、医学的知識に基づいた議論や正当なマスコミ批判は削除は行なわないで欲しかった。しかしながら、管理者として訴訟にまきこまれるリスクを看過できなかったのであろう。一企業の掲示板であるからして、その運営は自由に行なってよい。掲示板の運営方針が嫌なら参加しなければよいのだ。これまでは医師しか参加していないという前提のもと、それなりに有意義で活発な議論がなされていた。参加者が多いこともあり2ちゃんねるのような様相も一部呈していたけれでも、S/N比はきわめて高かった。これからは「オープンかつ率直な意見交換」は許されず、「お上品な」投稿だけになる。それを嫌って退会する会員もいるだろうが、削除にかけるコスト+退会による損失が、訴訟リスクより小さければ、エムスリーの運営方針は正しいということになる。

削除に手間がかかるのは最初のうちだけで、根負けせずに削除を続けていたらそのうち投稿者はあきらめて別の掲示板に流れる。大多数にとっては、退会手続きは面倒だし、エムスリーには掲示板以外のコンテンツもあるので、退会せずに残る。投稿者を守る方針を明確に打ち出したライバルの医師専用掲示板でもできない限りは、それなりにエムスリーの掲示板はうまくいくかもしれないぞ。エムスリーは東証1部に上場している。週刊誌報道の影響か、最近は若干株価が下がっていた(写真)。この運営方針でうまくいくと思う方は、いっちょ買ってみてはどうか。私は(まだ)買わないけど。

*1■物証発見(新小児科医のつぶやき)、■患者を侮辱する医者向けサイトの大ゴーマン 週刊文春(産科医療のこれから)

YosyanYosyan 2007/06/01 19:55 物凄い気合の瞬殺ですね。それでも御指摘のように掲示板に昔の活況がなくなっても、幽霊会員を大量に抱えていれば、それを持っているというだけで商品価値があるのかもしれません。あるのかもしれませんが、商品価値はジリ貧になるとも考えられます。

考えようですが、掲示板ごと売り飛ばすのはアリかと思います。考えれば誹謗中傷があっても某巨大掲示板の管理者ぐらい図太ければ運営できますし、そこまで大胆でなくとも、従来より少し厳しいぐらいの管理で対応し、文句を言われたら開き直るぐらいでなら運営可能かと考えます。

ここでオリックス辺りが買収したらウルトラブラックジョークとなり、一時的には日本中の祭が集まったぐらいの騒ぎになるので、そうしておいて転売するのも商売じゃないでしょうか。

書いていたら、あの会長の顔が浮かんできて、本当にやりそうな気がしてきました。怖!。

InoueInoue 2007/06/03 17:15 一般論として、「医者が患者を侮辱する」ことは悪いかもしれませんが、「患者が医者を侮辱する」ことはどうなんでしょう。結構頻繁に侮辱や誹謗中傷が行われてる気がしますけど。

bamboobamboo 2007/06/03 17:17 m3comの新方針によって新たなニッチが生まれたのだから、すぐにそこも埋まるでしょう。棚ぼたのビジネスチャンスを生かすのはどこだろう。

メディアの批判に飢えた人たちで「医療報道を斬る」 http://plaza.rakuten.co.jp/tinyant/ の閲覧が増えるとうれしい。

地下に眠るM地下に眠るM 2007/06/03 20:11 >「患者が医者を侮辱する」ことはどうなんでしょう

地下に眠るM地下に眠るM 2007/06/03 20:13 失敬

>「患者が医者を侮辱する」ことはどうなんでしょう

お客様は神様なんですにゃ。いつ患者が「お客様」になったのかはよくわかんにゃーですが。
で、「お客様」ちゅうのは、相手に対して感情労働を強いる権利があるんだにゃ、きっと

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/NATROM/20070601