NATROMの日記 RSSフィード Twitter

0000 | 01 | 02 | 03 | 04 |
0010 | 11 |
0011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 11 |
0012 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |
0013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 11 |
0014 | 01 | 02 | 05 | 06 | 07 | 09 |
0015 | 05 | 06 | 09 |
0016 | 01 | 02 | 09 | 10 |
0017 | 01 | 03 | 05 |
2004 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 |
cover ■「ニセ医学」に騙されないために

 ホメオパシー、デトックス、千島学説、血液型ダイエット、ワクチン有害論、酵素栄養学、オーリングテストなどなど、「ニセ医学」についての本を書きました。あらかじめニセ医学の手口を知ることで被害防止を。

2008-02-21 千島学説を追試した論文(by 酒向猛)は存在した!?

[][]千島学説を追試した論文は存在した!? 千島学説を追試した論文は存在した!?を含むブックマーク

誰かが「地球が球形だなんてウソだ。大地は平らで、端は滝になっていて、大きな亀の上に乗っているんだ」と主張したとしよう。まともに相手をする必要があるだろうか?暇なら地球球形説の根拠を解説するぐらいの親切心を出してもいいが、まあ指を指されて笑われてもしょうがないレベルだろう。「大地平坦学説がトンデモ学説であると言う文献を示せ」などと言われても困るよね。文献というか、教科書レベルの話。「大地平坦論者のほうが文献出せ」でOK。大地平坦論者が何か文献を出してきても、一般書なら読む必要すらなし。じゃあ論文なら?学会誌レベルであっても、大地平坦説を支持する論文が載るとはとても思えないが、どんな内容なのかスゲー興味あるよな。今回はそんな話。

さて、千島学説というトンデモ説がある。バクテリアの自然発生やら、進化論否定やら盛りだくさんだが、今回扱うのは癌細胞の由来。常識的には遺伝子の異常により統制から外れて増殖し続ける細胞のことだが、千島学説では病的な赤血球が変化して生ずるとされる(癌細胞血球由来説)。「赤血球には核がない」とかそんな説得はまったく通じない。なんせバクテリアやウイルスが自然発生すると信じている方々だから。幻影随想(■千島学説とその信奉者達)や、粘る稀なガン患者(■粘る稀なガン患者)のコメント欄でももめていたが、ウィキペディアの千島学説の項で編集合戦になっている。信者 v.s. 常識的な人たち。たとえばこんな具合。


・足すにせよ削るにせよ要約と根拠くらい書きましょう。ノートだってあるのですから。現状で関連項目でEBMだけ残されても意味不明ゆえ削除。文言の微修正。

・書誌情報に遡れなかった物について自費出版物にのみ基づくものは原則として適切な情報源ではないとされているので削除。検証可能性の観点で未検証の部分を明記。

・「宗教」ではなく「学説」である以上、そのように「新規性」が強い話に関しては、査読付論文をご引用ください。著者名からは論文に辿れません。書誌情報をお待ちしております。

・仮にも科学を名乗るのなら真っ当な文献を引いてください。

・私信にしか根拠がなく、その後に続く人も居ないのに「海外からの評価が高い」という評価は不当です。書誌情報はまだですか。

・単にコメントアウトを復活させるだけでは意味不明です。また、百科事典はルサンチマンを書くところではありません。削除しておきます。

・コメントアウト前半は書誌情報をご確認ください。IJCO誌にて確認できておりません。後半は辞典にふさわしくない記述です。ごく普通のことです。

・千島学説を支持している医学者がほとんどいないのは事実。

・「論文」の正しい巻数・タイトルはまだですか?それとも論文など存在しないのではないですか。

・日本癌治療学会雑誌の何巻の何ページに掲載されたのかの記載がないためコメントアウト。

・指摘事項が一切反映されておりません。タイトルからは例えば赤血球が分化したもの証明とは読みとません。一旦戻します。

・そこを削除することを正当付けるだけの情報が提示されておりません。どの原理の何をどう証明した論文なのでしょうか?一旦戻します。

・きちんとした論文があるなら提示しようね。ないの知ってって書いているのだけど。

・いやしくも百科事典であるならば誰がどのような研究でどの原理をどう実証したかを書くべきです。後最低限真っ当な論文を引くべき。

・『千島学説を追試・実証した医者や研究者がいる。』とするならその根拠となる論文をリンクすべき故いったん削除。


信者の方々はほとんどコメントしない。黙々と記載しては削除・訂正される。論点の一つは、千島学説を追試した論文の有無。残念ながら科学的思考能力に欠けていても医師にはなれるため、稀には千島学説を支持する医師がいてもおかしくはないのだが、査読のある論文となるとまた話は別である。千島学説支持者によれば、酒向猛氏による論文が、日本癌治療学会雑誌に掲載された、とのこと。当然、「何巻の何ページに掲載されたのか」との声が上がるが、返答なし*1。しまいには、「虚偽の可能性もある」とか言われる始末。要するに、酒向猛氏が自著に「千島学説を追試した。日本癌治療学会雑誌に論文も掲載された」と書き、信者が論文を読みもせずに鵜呑みにした、というところだろう。PubMedなどでは検索に引っかからないようだが、医中誌で検索したらすぐ見つかった。「赤血球の細胞増殖促進作用についての研究(癌性貧血との関係より)(原著論文/抄録あり), Author:酒向猛(名古屋大学 第2外科), 市橋秀仁, 中尾昭公, 他, Source:日本癌治療学会誌(0021-4671)22巻6号 Page1217-1224(1987.07)」。論文も手に入れた。古い雑誌だらけの図書館もこういうときには役に立つ。内容は、だいたい予想はついたけれど、全然千島学説の追試じゃない。要旨を引用する。


癌性貧血の原因の一つとして,腫瘍組織への赤血球成分の取り込みが以前より考えられている.この説をin vitroの側面より証明するために,組織培養を用い赤血球が細胞株の増殖に与える影響を検討した.この結果,赤血球はin vitroの細胞株に対して血清と類似した細胞増殖促進作用をもつことが明らかになった.また精製hemoglobinは同量のhemoglobinとほぼ同程度の細胞増殖促進作用を示した.以上の点より,赤血球の細胞増殖促進作用の本態はhemoglobinの栄養素的作用であると考えられた.一方、腫瘍組織由来の細胞株は正常組織由来の細胞株に比較して赤血球を栄養素として利用しやすく,この現象からも腫瘍組織は赤血球を栄養源として利用し消費しているものと推察された.


改めて言うけど、どこが千島学説の追試なの?追試どころか、タイトルの「細胞増殖促進作用」ってところからして、「細胞は分裂増殖しない。細胞は赤血球からできる」という千島学説の主張を真っ向から否定しているではないか。千島学説信者に、腫瘍細胞が実際に細胞分裂していること、経代培養できることを指摘すると、「生体内と試験管内は異なる」とアドホック(その場しのぎ)の言い訳をするが、酒向論文の考察には、「生体内の腫瘍細胞は正常の増殖制御から逸脱し無限に近い増殖を示す細胞群であるから,その性格はin vitroの培養細胞によく似ていると考えられる.」とある。腫瘍細胞は生体内でも増殖するものであって赤血球からできるとは書かれていない。つまり、酒向論文は、千島学説を追試していないどころか、癌細胞=分裂・増殖する細胞という現代医学の常識的な考え方に基づくものである。言ってみれば、「地球は完全な球形ではなく、南北方向がわずかにつぶれた形をしている」という内容の論文を、「大地平坦説を証明した論文だ」と主張したようなものだ。



関連記事

■パリ大学アルベルン(アルペン)教授の「がん細胞の血球原説」

■病原体は自然発生する!森下敬一@千島学説の業績

■「謎解き超科学」(書評)

*1:幻影随想の私のコメントを見てか、"218.45.174.128"氏が追加した模様。誰か訂正して

blackshadowblackshadow 2008/02/21 21:05 私のところのコメント欄でのやり取り、Wikiの編集合戦のそれとまるで同じ展開ですねえ。
どこに行ってもビリーバーのやることは同じですか。
あと論文の検索ありがとうございます。医中誌で見つけることができたのですね。

ちなみにその論文、ビリーバーさんたちは本気で千島学説の証拠になると思っているようです。
http://www.creative.co.jp/top/main2978.html

NATROMNATROM 2008/02/21 21:42 5年ぐらい前にビリーバーとヤフー掲示板でやりあったことがあるのですが、何が驚いたって、彼らは末梢血や臍帯血の幹細胞の存在を、千島学説の証拠と思っているんです。「ほら!造血は骨髄だけじゃないだろう」ってね。本当の千島学説支持者なら幹細胞なんてものの存在を認められるはずないんですが。

ぴらぴら 2008/02/22 21:39 黒影さんのリンクを見て、かなりくらい気持ちになるとともに、一つ疑問が生じました。千島学説を信じている人には、そのリンク先のように身近な人ががんに見舞われるなどして、藁にもならないものをつかんでいる人もいれば、そんな切実な身の上ではない人もいるでしょう。いったい、割合としてはどちらが多いのでしょうか。後者が多いのであれば、個人で信じるのは自由だと思うのですが、前者であれば自分か自分の愛する人の人生の最後をドブに捨てるようなものだと思うのです。

M2M2 2008/02/28 16:21 造血で思い出したのですが「生物は重力が進化させた」の西原克成はどうでしょう
「と」は「と」を呼ぶのでしょうか、と思ってぐぐってみましたところ、
http://www1.odn.ne.jp/shishakamo/news/news25.htm
すでにどうやら「と」ハルマゲドン状態の模様です

JohnnyKJohnnyK 2008/12/21 22:01 お前馬鹿だ。万死に価する。

JohnnyKJohnnyK 2008/12/21 22:01 お前馬鹿だ。万死に価する。

JohnnyKJohnnyK 2008/12/22 15:32 NATROM殿
一つ教えて欲しい。骨髄移植による治癒率、存命年数、治癒の具体的な例について、はっきりとした明瞭な数字を発表して欲しい。少なくとも、こんな役に立たないブログを立ち上げたのなら、そのくらいしてもいいだろう。この質問に答えないなら、あなたに、骨髄移植についてのくわしい知見がないものと看做す。

NATROMNATROM 2008/12/22 16:46 JohnnyKさんがお知りになりたい情報は、http://www.jshct.com/report_2007/6-3-fig1.pdfでよいでしょうか。骨髄移植後の疾患別生存曲線です。

JohnnyKさんも、気が向いたらでいいですから、千島学説による治癒率、存命年数についてはっきりとした明瞭な数字を教えてください。「骨髄移植については具体的な数字を要求するけど、千島学説については別に数字がなくても信じている」なんてことはないですよねえ。

JonnyKJonnyK 2008/12/22 19:51 NATROM殿
まず、この数字、あるいはグラフの出典を明らかにしてもらいたい。それと、骨髄バンkに、直接、問い合わせる方法を教えてもらいたい。
次に、これらの数値は、まるで、100%に遠いということだ。こんなものは、なんの説得力ももたない。だから、わたしとあなたとの連名で、骨髄バンクに、実態について、問い合わせようではないか。
つぎに、あなたの性格のいやらしさが、如実に表れている、「千島学説については別に数字がなくてもしんじているなんてことはないですよねえ。」という文言だが、正しいものには、ことの黒白が、数字など無くても、直接的に分かるものだということについて、あなたは、まったく知らない。科学と信頼とは別物だ。科学は疑ってかかる。だから、科学の妄信を崩すためには、実に其処で起こっていることを、最も客観的に証明しなければならないのだ。だから、さっきも云ったように、実際に二人で骨髄バンクに行って、真相を知らなければならないのだ。50%や数年の存命では、なんお証明にもならない。
あなたは、一応は、医者なのだから、もう一つ、現代の医療状況の混迷について、ちゃんとした、全般に及ぶ見解を示すべきだ。
とにかく、あなたは、ただ、医者というだけで、なにも知ってはいない。あなたのこころは、正しさというものに対して、全く、有効ではないということを知れ。

NATROMNATROM 2008/12/22 20:11 出展は、見れば分かりますが、日本造血細胞移植学会JSHCTデータセンターです。連絡法はウェブサイトにあります。「100%に遠いということだ。こんなものは、なんの説得力ももたない」とのことですが、JonnyKさんがそう考えるのは自由です。私を含めて物事を科学的に考えられる人ならば、「20%よりも50%がいいし、50%よりも70%がいい」と考えます。

「正しいものには、ことの黒白が、数字など無くても、直接的に分かるものだ」という点についても、JonnyKさんがそう考えるのは自由です。「千島学説については別に数字がなくても直接的に正しいと分かる」と仰りたいのですね。なるほど、千島学説については治癒率、存命年数についてはっきりとした明瞭な数字など存在しないのですね。JonnyKさんが信じたいのならご自由にどうぞ。

「現代の医療状況の混迷」については、具体的にどういうことなのでしょうか。少なくとも現代医学が千島学説よりはマシだということは、数字など無くても、直接的に分かります。いや、具体的な数字もあるんですけどね。

ちなみに一つ聞きたいのですが、JonnyKさんは、バクテリアからゾウリムシが自然発生すると信じていますか?

JohnnyKJohnnyK 2008/12/22 20:42 20%より、50%のほうがよいなどというものは、小学生の算数だ。だから、自称、科学的に考える人というのは、全く、小学生の算数なみの知性しか持っていないのだ。
それから、あなたから、「信じたいのならご自由にどうぞ」などと云われる筋合いは全く無い。わたしは知っているのだ。現代医学がまちがっていて、異端的と云われる考え方のほうが、より真実だということを。残念ながら、あなたの知能程度では、そういったことを把握するのは、無理だが。
それから、「現代の医療状況の混迷」とは、具体的にはなんなのかなどと、云っているが、こんなことを、少なくとも、医療業界の人間に一々指摘しなければ、あなたは分からないというのか。それほどまで、あなたは低脳なのか。あなたは、いったい、現代の医療状況が、適切・有効無駄なく機能しているとでも思っているのか。あほらしくて真面目答える気にもなれない。

バクテリアからゾウリムシが自然発生するか、自然発生する時はするだろう。大体、地球上生命は、誰か、科学的にものを考えられる存在が、もたらしたのか、自然発生したんだろう、そうではないのか?
おつむの弱い方。

NATROMNATROM 2008/12/22 21:34 「バクテリアからゾウリムシが自然発生するか、自然発生する時はするだろう」。いやあ、明言ありがとうございました。もういいよね?

JohnnyKJohnnyK 2008/12/22 22:02 NATROM殿
もういいわけではない。怖くて逃げを打つな。
バクテリアからゾウリムシが自然発生すると明言させたと思って安心するな。あんたは逃げを打っている。医療業界での自分の評判を気にしてな。
だから、わたしからの最終的提言は、あなたとわたしと連名で、骨髄バンクに対して、現実の治癒実態を、プライヴァシーを厳守云々など、無視して、確かめに行こうではないか。
YES か NO で答えよ。

だいたい、あなたも、他の大部分の人間と同じく、卑怯、無勇気、いい加減さを持った人間であるということは、全くはっきりしていた。
さっさと、答えよ。

NATROMNATROM 2008/12/22 22:23 NO。骨髄バンクにはもっと大事な仕事があります。バクテリアからゾウリムシが自然発生すると信じているような人に、卑怯、無勇気、いい加減さを持った人間であると思われるのは、かえって名誉なことです。

JohnnyKJohnnyK 2008/12/22 22:49 NATROM殿
では、あんたの名誉というものは、非常に主観的なもので、当てには全くならないということが、あんたの本音として分かった。あんたの本音は、ただただ保身ということに、究極的にはなる。異端的な考え方を本当に排斥したいならば、どうどうと、真実を顕しに行くべきだ。あなたは負けた。「骨髄バンクにはもっと大事な仕事があります。バクテリアからゾウリムシが自然発生すると信じているような人に、卑怯、無勇気、いい加減さを持った人間であると思われるのは、かえって名誉なことです。」などど逃げ見え見えな言辞を弄するような、人間は、本当に人類にとって不名誉なことだ。名誉とか不名誉は、それを云う者によって左右されるものではなく、もっと絶対的な内発的なものであるべきだ。
あなたは、やっぱり、絶対的に、卑怯、無勇気、相当ないい加減さを持った人間だよ。

もういいかい????

IshidaTsuyoshiIshidaTsuyoshi 2008/12/23 02:41 > いやあ、明言ありがとうございました。もういいよね?
明らかに「もういい」でしょう。

石田なら骨髄バンクへの連絡方法をこんなところで教えてもらおうとしてる時点で「子供が書いてる認定」です。まあ、それ以前の「お前馬鹿だ。万死に価する。」で認定してもよいのですが。

# ネットはおとなのひととしようね。

TAKESANTAKESAN 2008/12/23 03:04 今晩は。

興味深いものを見せてもらいました。

早速プチテンプレ。

「水は言葉を解するか、解する時はするだろう」。

▼▼▼引用▼▼▼
大体、地球上生命は、誰か、科学的にものを考えられる存在が、もたらしたのか、自然発生したんだろう、そうではないのか?
▲▲引用終了▲▲
おつむの弱い私には読めません。

IshidaTsuyoshiIshidaTsuyoshi 2008/12/23 03:37 TAKESANさん

> 「水は言葉を解するか、解する時はするだろう」。

こういう【ネタ】を仕込むと JohnnyK氏 によって「馬鹿者」認定されるようです。
もっとも、石田は JohnnyK氏 を低く評価しているので、 JohnnyK氏 が誰か(石田含む)を「馬鹿者」と評価しても、気にする必要は無いと理解しています。

参考:http://d.hatena.ne.jp/NATROM/20080303#c1229894139

ironsandironsand 2010/07/16 12:47 ただ、酒向猛氏はホメオパシージャパンにも関係しているようです。
http://www.homoeopathy.co.jp/event/20100209_bicsite.html