NATROMの日記 RSSフィード Twitter

0000 | 01 | 02 | 03 | 04 |
0010 | 11 |
0011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 11 |
0012 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |
0013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 11 |
0014 | 01 | 02 | 05 | 06 | 07 | 09 |
0015 | 05 | 06 | 09 |
0016 | 01 | 02 | 09 | 10 |
0017 | 01 | 03 | 05 |
2004 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 |
cover ■「ニセ医学」に騙されないために

 ホメオパシー、デトックス、千島学説、血液型ダイエット、ワクチン有害論、酵素栄養学、オーリングテストなどなど、「ニセ医学」についての本を書きました。あらかじめニセ医学の手口を知ることで被害防止を。

2010-02-13 ホメオパシーに予算を割くべきか

[]ホメオパシーに予算を割くべきか ホメオパシーに予算を割くべきかを含むブックマーク

代替医療のトリック」で語られているテーマは幅広く、一つや二つのエントリーでは言い尽せない。このエントリーでは、「代替医療にどれくらい研究資金をつぎ込むべきか。どの代替医療が研究に値するのか」という問題を考えてみたい。「代替医療のトリック」の献辞は、チャールズ皇太子に対して捧げられている。チャールズ皇太子は代替医療に好意的で、「代替医療にもっと研究資金を」と訴えてきた(P305)。一方で、医療研究者の多くは代替医療の効果に懐疑的だった。多くの研究がなされたが、現在得られている科学的証拠によれば、宣伝されているほどの効果は代替医療にないことが明らかになった。

研究結果がフィードバックされる、つまり、たとえばホメオパシーが無効であるという研究によって人々がホメオパシーに無駄なコストをかけないようになるのであれば、研究は無駄ではなかったと言えるだろう。しかしながら、ホメオパシーは無効であるという研究成果はホメオパシー業界にたいした影響を与えていないように見える。研究に使える資金は限られており、代替医療研究に使われた資金は、他のもっと有望な医療を検証することに使うこともできたはずだ。代替医療にどこまで研究資金をつぎ込むか、という問題は、他人事ではない。民主党は、代替医療に好意的だ。


■統合医療の推進、国会で質疑 鳩山首相「真剣に検討、推進していきたい」:Net-IB|九州企業特報|データ・マックス

 長妻厚労相は、厚労省内で統合医療に係る部署が「大臣官房」、医政局の「医事課」、「経済課」、「研究開発振興課」、保健局の「医療課」など、ほかにも細分されている事実を明かしたうえで、今後は一本化していく意向を示した。

 また、ホメオパシーをはじめとしたさまざまな代替医療について、本年度の予算で10億円以上の予算を計上し、プロジェクトチームを発足すること明言した。プロジェクトチームでは今後、具体的な研究について支援する。

 山根議員は、統合医療に欠かせないのが科学的な根拠、有効性、安全性などのエビデンスであると主張。現在、九州大学・東京大学・東北大学などを中心にエビデンスの蓄積に努めている現状を紹介する一方で、統合医療に携わる学会などが予算的に厳しい状況にあることも併せて紹介。今後は国が積極的に関わって、エビデンスの蓄積に協力することを要請し、結果的にそのことがまやかし的な代替医療を医療界から駆逐することになると言外にほのめかした。対する長妻大臣は、「国としても(補助金の交付というかたちで)これまでに蓄積されたエビデンスを一元化し、検証していきたい」と答弁した。


「事業仕分け」と称して、科学研究の予算が削減されたのは記憶に新しい。国家予算には限りはあるのだから、無駄なものや、不要不急の研究費が削られるのは仕方がない。しかし、一方で、ホメオパシーに予算がつぎ込まれるというのは理解できない。既に、複数の研究で、ホメオパシーには効果がないことが確認されているのだ。ホメオパシーは、代替医療の中でも、もっとも効果が期待できないものの一つである。研究によって「まやかし的な代替医療を医療界から駆逐する」ことになればよいのだけれども、海外の状況を考えるに、あまり期待できないと思う。

ホメオパシーは論外としても、どの代替医療を研究すべきか、という問題は難しい。たとえば、漢方薬は薬効成分が含まれており、また、これまでにエビデンスが得られているものもあるわけで、ホメオパシーに研究資金をつぎ込むぐらいなら、漢方薬につぎ込んだほうがずっとましだ。他の代替医療については?ホメオパシーと同様に論外なものから、漢方薬のように効果がある可能性があるものまで、様々である。科学的常識と先行研究から、どれぐらい見込みがあるのかは、ある程度は推測できる。きちんとした「仕分け」を期待したい。


実際の国会での発言は、■長妻厚労相がホメオパシーに言及した件 - Not so open-minded that our brains drop out.に詳しい。ホメオパシーの宣伝に利用される危険性についても述べてある。


「代替医療のトリック」は、チャールズ皇太子だけでなく、日本の政治家も読むべきであると言う指摘は、■Amazon.co.jp: 代替医療のトリックのajiiwaさんのレビューでもなされている。


kikulogでも言及されている。■長妻厚生労働大臣、予算委員会でホメオパシーについて(も)語る?。「代替医療のトリック」が基本文献になるであろうという指摘に賛成する。

石川石川 2010/02/13 15:54 オレの願望なので申し訳がないのだが、低レベルな医療には、論理臭い医者より、エロいナースが胸を少しはだけた状態で、「痛いの痛いの飛んでいけー」と言ってもらえるようになれば、日本の医療は世界で一番になると思う。このためなら、みんな健康保険料を気持ちよく納めるようになると思う。昔々、結核が治らないころは、エロいナースが生甲斐というかナイショでエロい関係になって、そうする治ってしまったとかたくさんあったらしい。うらやましい。

石川石川 2010/02/13 15:56 エロい女医もいいな。w

石川石川 2010/02/13 15:57 エロ医療に予算を割いてほしい。

奪われし味蕾奪われし味蕾 2010/02/13 16:43 巫女みこナースでもやってれば?(古

国の事業として代替療法を検証、ならまぁありかと思うんですよ。ホメオパシーに関しては、メタアナリシス一本やって「効きません。以上」で済ませりゃいいし。(実際それ以上にやりよう無いと思うけど)
>国としても(補助金の交付というかたちで)これまでに蓄積されたエビデンスを一元化し、検証していきたい
という部分には危機感をおぼえますね。「国の事業として検証」じゃなくて部外者への補助金交付だから、ホメオパJAPの関連団体に補助金がでたりして。

inoue04inoue04 2010/02/13 18:12 風俗へ行け、風俗へ。

石川石川 2010/02/14 08:33 バカが多いのか? 医者が信頼されていないだけだろ。低レベルな医療の現場において、高い医療費を払わされて、治らないのだぜ。自分たちの現実を反省しないで、ごく一部でしかやっていない代替医療に対して、魔女狩りをプロパガンダしているだけじゃん。パリでは、医者が真夜中にだって往診してくれるらしいぞ。日本はどうかというと、熱が40度あっても病院まではいつくばっていかなければならない。アホか!! 日本の医者には、ホスピタリティーという基本的概念を理解できない、どうしようもない連中バカりってことなんじゃないのかね???

t_ft_f 2010/02/14 09:11 そんなにホスピタリティにあふるる病院がパリでは繁盛してるってんなら、貴方がその志に応じてくれる医師を募って、東京あたりでやればいいんじゃね?

ところで某ν速で↓なものを拾いますた。
http://www.myspiritual.jp/2010/02/sachie.html

がいしゅつかも知れませんが。

fazzfazz 2010/02/14 09:21 そうすると巫女みこナースがいれば医師の信頼が高まるという話で?

NATROMNATROM 2010/02/14 10:07 石川さんのような方が一定数いらっしゃいますと、現在の日本の「低レベルな医療」「高い医療費」の代わりに、ホメオパシーを導入しようってことにもなり兼ねないのです。なので、こういうエントリーを書いて、少しでも注意を促せたらいいな、と思っています。海外の例を出すのに、アメリカやイギリスではなく、フランスを持ち出すのはマシなほうですが、いくらフランスでも、いつでも真夜中でもすぐさま往診してもらえるほどは医師は余っていないと思います。

http://blog.livedoor.jp/bonjourparis/archives/cat_10000875.html
↑のブログを読んでみたら、たしかにフランスの病院はホスピタリティにあふれているようです。

7$¥ナナシー7$¥ナナシー 2010/02/14 10:21 各国のGDPに対する医療費の割合を示すデータが有ります。
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/1890.html

フランスはGDP比11%で日本は8%だから、日本も3ポイント引き上げて11%にすると増える医療費は15兆円。これだけあれば夜間往診のシステムも構築出来そうですね。
でも世論が反対するのは目にみえてますけど。

またパリでは救急車は有料で2万3千円というデータも有ります。
きっとパリっ子は「フランスの医者には、ホスピタリティーという基本的概念を理解できない、どうしようもない連中ばかり」って嘆いているでしょうね。

私だったら夜間往診より緊急の時は無料の救急車を利用できるシステムの方がありがたいです。

余談ですがフランスでも医師不足は深刻なようですね。

att460att460 2010/02/14 10:59 お医者様の方がご存じでしょうけど、往診先で出来る医療は限られたものになります。薬や検査キットも車に積める限られたものしか持っていけませんね。

夜間受け入れ態勢の出来ている病院の方が(検査を含む)医療機器も薬もマンパワーも揃っていますから、よりよい医療を受けることが出来ます。

日本でしたら、かなりの地域では頼めば救急車が無料で迎えに来てくれますね。本当に有り難いことです。

ただ、現在、夜間の受け入れ態勢の出来ている病院が激減しているのは...

ウォトカで動くロボウォトカで動くロボ 2010/02/14 12:39 何で石川さんのような手合いは
・代替医療を批判する医者は医療の現状に無反省
と決め付けるんでしょうね。

実際の所、NATROMさんをはじめとしたニセ医療を批判する人々は
現代の医療のあり方(特に医療行政)の問題点を幾度となく指摘し改善を訴えています。

何故か、「代替医療への批判」を非難し現代医療を叩きたがる人には、
相手の事を知りもせずに勝手に自分の中でつくったイメージで非難する「藁人形論法」を好む人が多いようです。

おかだおかだ 2010/02/14 14:02  「フランスの医療」に憧れる点はあります。特に「長期バカンス」が取れること。1ヶ月すごい人は2ヶ月のバカンスを取って、開業医はオフィスを閉めるし、病院は病棟を部分的に閉鎖することで対応。それで食っていけるのですからうらやましくてうらやましくて……
 石川さんのような方にどんどん社会に発信していただけたら、日本の医療が潰れてフランス式になるのかな。

牛 2010/02/15 08:55 流れ無視のコメントで申し訳ありません。
先日、貴ブログが「NATROM ブログ」で大量に検索された件ですが、
ベネッセの女性限定の会員サイト「ウィメンズパーク」に書き込みがなされた為かと思われます。
話題は勿論TVで取り上げられた件の産科教祖(医師とは呼びたくありません)について。
妊娠、分娩を控えた女性が集まるサイトですので、
貴サイトの記事が冷静な判断をくだす契機になることを願ってやみません。

うさぎ林檎うさぎ林檎 2010/02/15 12:33 フランスには世界で一番大きいホメオパシー会社ボイロン(Boiron)があり世界中で商売してます。
ですからホメオパシーを積極的に否定はしないと思います(ロビー活動も活発だし)。
そう謂えばレメディーでマラリアを予防しようとして死にかけた女性はフランスの方でした。

NATROMNATROM 2010/02/15 20:20 牛さん、情報提供ありがとうございました。”ブログ NATROM”で700人ぐらいの人がいらっしゃいました。目的の記事にたどりつけていればいいのですが。

一毛一毛 2010/02/15 21:02 え〜、ホメオパシーにも保険適用を、だそうです。
>首相、医療改革も“宇宙人流”瞑想、催眠療法に保険適用!?
>ttp://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20100215/plt1002151633004-n2.htm
> 鳩山由起夫首相のツルの一声で、厚生労働省は瞑想や催眠療法といった民間医療に加え、
>チベット医学、ホメオパシーなど世界各国の伝統医学の保険適用や資格制度化をマジメに考え始めた。
>考え方が宇宙人的といわれる首相が推進する医療改革は「歯科医院での首相の実体験が影響している」(関係者)らしい。

…ホメオパシーどころではない様です。


一番問題のは、『「歯科医院での首相の実体験が影響している」(関係者)らしい』と言うところだと思うんですよね…

一毛(携帯から)(チョットヨッテル)一毛(携帯から)(チョットヨッテル) 2010/02/16 00:02 ×一番問題のは
○一番問題なのは
失礼しました。


明日以降、これを批判されたら、
「そういうつもりで言ったのではない!」と、
否定する方に、一昨年の100ジンバブエドルで。

普通の電気設計者普通の電気設計者 2010/02/16 12:18 >否定する方に、一昨年の100ジンバブエドルで。

ホメオパシー的に考えると、十分に希釈されていてるので効果絶大かも。

出羽守出羽守 2010/02/16 13:42 フランスの話というと、向こうは何事も貧乏人向けと金持ち向けがスパッと分かれてるのに対して、日本は中間層向け1択しかない、という所でしょうね。欧米の貧乏用(サービス最悪)の値段や金持ち向けサービス(超高額)を出して出羽の守をやる人は多いですが、日本人並の生活を向こうでやろうとすると金がかかってしょうがないです。

また時給が高くて労働時間が短いことも言われますが。市場における売上の総量(総額ではない)はだいたい決まりきっていて、月額の賃金は似たようなもんで、(日本型) 長時間働くがいつでもサービスが受けられる(欧州型) 短時間しか働かない代わりに店も役所も病院も全然開いてない 、という程度の違いですね。

yamayama 2010/02/17 21:37 http://kiyotani.at.webry.info/201002/article_6.html
こういったblogに対し先生のコメントをお願いしたいです。

NATROMNATROM 2010/02/18 12:59 ご紹介のブログを読んでみました。標準医療に対する誤解と、代替医療に対する過度に高い期待がありますね。よくあるパターンです。「日本人の健康状態はよくなったのでしょうか」とありますが、平均寿命や健康寿命をみる限りでは良くなっていることを、かのブログを書いた人は知らなかったんでしょう。

しもりゅうしもりゅう 2010/03/05 06:30 エロサイトじゃないので品格をもってね