NATROMの日記 RSSフィード Twitter

0000 | 01 | 02 | 03 | 04 |
0010 | 11 |
0011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 11 |
0012 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |
0013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 11 |
0014 | 01 | 02 | 05 | 06 | 07 | 09 |
0015 | 05 | 06 | 09 |
0016 | 01 | 02 | 09 | 10 |
0017 | 01 | 03 | 05 |
2004 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
cover ■「ニセ医学」に騙されないために

 ホメオパシー、デトックス、千島学説、血液型ダイエット、ワクチン有害論、酵素栄養学、オーリングテストなどなど、「ニセ医学」についての本を書きました。あらかじめニセ医学の手口を知ることで被害防止を。

2011-02-25 おっぱいを想像力で大きくする

[]おっぱいを想像力で大きくする おっぱいを想像力で大きくするを含むブックマーク

プラセボ効果について調べていると、「心が身体に影響する例」という文脈で、自己催眠で女性の胸を大きくできるという話があった。プラセボが痛みや不安をとることはよく知られているが、身体疾患に対しての効果には議論がある。一般的に、プラセボは精神症状と比較して身体症状には効果は劣るとされている。プラセボではなく自己催眠ではあるが、催眠だけで胸が大きくなるという主張には懐疑的にならざるを得ない。研究内容を検討しようとしたが、オリジナルの論文までは入手できなかったが、ネットでかような情報を発見した。一応は、eduドメイン。8ページの後半あたりから。


■Pilgrimage, Therapy, and the Relationship Between Healing and Imagination(PDFファイル)

In five separate studies (Honoites 1977; LeCron 1969; Staib and Logan 1977; Willard 1977; Williams 1974), women who wished to enlarge their breasts were taught hypnosis and autohypnosis procedures--to relax deeply, to let go of extraneous concerns, and to experience calmness. Suggestions were given that they

Imagine that the sun (or a heat lamp) is shining on the breasts or that wet, warm towels are on the breasts and feel the heat as it flows through the breasts; imagine the breasts growing, as they did during puberty, and experience feelings of tenderness, swelling, and tightness of the skin over the breasts; and imagine that the breasts are becoming warm, tingling, pulsating, sensitive, and that they are growing (Barber 1984:85).

Over a twelve week period the seventy women who participated in the five experiments showed an average increase of 1 1/4 inches in the circumference of each breast.



(NATROM訳)独立した5つの研究において、胸を大きくしたいと望む女性は催眠と自己催眠の手順 −深くリラックスし、余計な懸念を捨て、静けさを経験するための手順− を教えられました。女性たちは、以下のような暗示を与えられました。

「想像してください。太陽(または熱灯)が胸を照らしていると。湿った暖かいタオルが胸にかけられ、あたかも胸の中を流れているかのように熱を感じると。想像してください。思春期のころのように胸が成長しているところを。」

12週間にわたって、5つの実験に参加した70人の女性の胸囲は、平均して1と1/4インチの増加を示しました。


胸を太陽や温かいタオルに当て胸が成長しているところを想像するだけで、胸が大きくなるというのだ。1974年から1977年にかけての5つの研究があるとのこと。研究の前後で胸の大きさを測定するにあたって、バイアスを排除するための工夫がなされていたかどうかが知りたい。というのも、胸囲の測定には容易にバイアスが入りこみそうに思えるからだ。

被験者が自分で測定する場合も、あるいは実験者が測定する場合も、胸が大きくなって欲しい、きっと大きくなっているはずだと思いながら測定することになる。測定者の希望が無意識に測定に影響し、実験後には大きめの測定値になる傾向が生じうる。このバイアスを取り除くには、たとえば、測定者をブラインド下におくといった方法が必要である。つまり、被験者が実験前か実験後かを測定者に知らせずに、測定させればいい。厳密には、被験者のちょっとした仕草などが測定に影響を与える可能性もあるが、催眠の効果を二重盲検にするのは無理だろう。

原著にあたっていないので、催眠でバストアップしたという5つの実験が、測定のバイアスを排除する方法をとっていたかどうかはわからない。もしかしたら、「1と1/4インチの増加」は、催眠の効果ではなく、バイアスの大きさを測っていただけかもしれない。追試されているか探すために、"breast enlargement"でPubmedで検索した。いっぱいひっかかると思ったら女性化乳房とかの話であった。"hypnosis breast enlargement"だと一件だけで、例の5つの研究の一つであった。

追試はなされていないか、それとも、Pubmedで検索したのがダメなのか。まあ、催眠による豊胸は現時点で十分な科学的根拠はなく、おそらくはガセであろう、と私は考える。ちなみに、PubmedではなくGoogleで"breast enlargement"を検索したら、"CD's for breast enlargement(胸が大きくなるCD)"を売っているサイトなどがいっぱいひっかかった。ちなみにお値段は"Only $99.90!"*1




関連記事

■パワフル・プラセボ―古代の祈祷師から現代の医師まで

■偽薬効果 [単行本]

*1:URL:http://www.wendi.com/html/breast_enlargement.html

いまだいまだ 2011/02/25 15:20 私も原著までは届きませんでしたが、
The Oxford handbook of hypnosis: theory, research and practice
の15章 Benham G and Younger J (2008) Hypnosis and mind-body interactions
に記載がありました。

このエントリーで紹介されているスタディが概説された後、このようにまとめられています。
The studies vary in scientific rigor and many do not use a control group to assess naturally occurring increases or fluctuations of breast size over time. The topic does not seem to have been revisited in recent years, although it is unknown whether the phenomenon is related more to the lack of scientific interest, or a changing political and social climate.


http://books.google.com/books?id=UfvUOTmnLl4C&lpg=PA393&ots=iYy5Ynf_Lp&lr&pg=PA400#v=onepage&q&f=false

素猫素猫 2011/02/25 22:46 自己催眠だなんてとんでもない。おっぱいを想像したら、確かに大きくなりましたよ!

GloriaGloria 2011/02/25 23:33 アンダーもおんなじくらいアップしてたらちょっと嫌ですね

symbioticwormsymbioticworm 2011/02/26 02:55 「大きくなれ大きくなれと気にしてるくらいのが一番かわいいなあ〜」とどうでもいいことを言ってみるテスト。

PPTPPT 2011/03/01 00:37 uneyamaさんのblogで、ラベンダーオイルが少年(!)のおっぱいを膨らませるかもしれない。という記事があった野を思い出した。これだ。http://www.eurekalert.org/pub_releases/2007-01/nioe-lat012607.php

kirikiri 2011/03/01 07:37 http://www.youtube.com/watch?v=7n9BFo_Nmj4
これおもしれぇなぁw
しかしNATROM信者にはちょっとキツいかもなw

NATROMNATROM 2011/03/01 08:12 爬虫類人(レプティリアン)の実在を信じるkiriさんが勧める動画ですから、馬鹿な陰謀論者がコロッと騙されるような内容なんでしょうね。

たらおたらお 2011/03/01 16:22 >催眠の効果を二重盲検にするのは無理だろう。
ここら辺が催眠オッパイの肝でしょう。そもそもおっぱいなど、見る方も見られる方も、触る方も触られる方も、
数値を測定した上で「大きい、小さい」と言ってるわけではないわけです。
まぁ、Natrom先生の立場としては、「測定した。大きくなってた。」という結論に科学的な根拠がない、ということでしょうが
そもそもおっぱいに科学的根拠は必要ないということをこの研究から、わたしたちは学ぶことができるのではないでしょうか?
>被験者が自分で測定する場合も、あるいは実験者が測定する場合も、胸が大きくなって欲しい、きっと大きくなっているはずだと思いながら測定することになる。
その結果、「やっぱり大きくなってた!!」ということで、みんなしあわせ。
しあわせのお値段が$99.90は、豊胸シリツと比べてもお得だと思いますよ。
おっぱいの20%が生理食塩水で出来ていていても、それともバイアスで出来ていても、いいじゃないですか、しあわせならば。

AH1AH1 2011/03/01 17:51 自分は幸せになったんだ、と思いながら暮らすと幸せになれる波動を送りますから、
みなさん$99.90僕に下さい。

wadjawadja 2011/03/01 23:16 なぜに
and experience feelings of tenderness, swelling, and tightness of the skin over the breasts; and imagine that the breasts are becoming warm, tingling, pulsating, sensitive, and that they are growing

の部分を訳さないのか! 一番なまめかしい部分なのに…っって、論文で興奮してもしかたないけどさ。

2011-02-18 吉村医院をモデルとする助産院と信友浩一先生のコラボ

[]吉村医院をモデルとする助産院と信友浩一先生のコラボ 吉村医院をモデルとする助産院と信友浩一先生のコラボを含むブックマーク

■吉村医院の哲学のコメント欄にて、■糸島産家プロジェクト*1についての情報を教えていただいた。孫引きで申し訳ないが、糸島産家プロジェクトのページに紹介されていた読売新聞の記事を引用する。


f:id:NATROM:20110218170113j:image

「糸島産家プロジェクト」は昨年末、春日助産院(春日市)の大牟田智子院長や福岡市成人病センターの信友浩一病院長、街づくりイベントなどを企画する糸島市のNPO法人「いとひとねっと」代表の桑野陽子さん(47)ら6人が発起人となってスタート。自宅分娩も扱う春日助産院の「分院」という形で実現させようと、現在、立地場所を探している。

メンバーらが施設のモデルとして参考にしているのが愛知県岡崎市の「吉村医院」。同医院では可能な限り、医療の力に頼らない自然分娩を実践している。


「糸島産家プロジェクト」は吉村正医師を招いて講演会も開催している。発起人の一人である大牟田智子助産師は、「自然分娩」を支持する典型的な助産師といっていいだろう。過度な現代医学否定はないものの、取り入れている代替医療としてホメオパシーを挙げている*2。他の発起人やスタッフや協賛企業も、マクロビやらEMやら、ぶっちゃけて言えば、科学的根拠はわりとどうでもよいと考えている方々が多いようだ。

その中でもちょっと毛色の異なるのが、福岡市医師会成人病センター院長・信友浩一先生である。発起人の中で唯一の医師であるが産科医ではない。実は、信友先生は、医療崩壊について語る医師たちの間では有名である。信友先生を一躍有名にした「緊急提言」はネットで読める。ちょうど「たらい回し」が問題になっていた時期だ。一部を引用する。


■日本医療政策機構 : 【緊急提言】第8回「医師は被害者意識を捨てよ」

(1)医師は応召義務を果たしていない

医療問題にまつわるひとつ目のキーワードは、医師の応召義務。医師は、医療業務を独占している。独占しているのだから、必ず義務も出てくる。それが、応召義務。たとえば電力会社は、すべての国民に電力を供給しなければならない。その代わりに、地域の電力供給を独占できる権限が付与されている。つまり権利と義務を、同時に持っているのだ。へき地だから電気を供給しない、儲からないから送らないというとはできないのである。医師は、医療業務を独占していながら、応召義務を果たしていない。これが医療のもっとも本質的な問題だ。

東京や奈良のたらい回し事件もそう。自分の施設が満床だったら断るということが、習慣化されてしまっているから起きる。「施設完結型医療」を前提にしているなら、応召義務も果たしてもらわなければ理にかなわない。

「いまあるもの」で何とかするのが医療だ

求められているのは「地域完結型」の医療。自分の病院で対応できなければ、ほかの病院が対応できないか探してみるべきだろう。医師が不足していようが多かろうが、今いる人員でどうにかする。それが医療の大原則である。

我々はエコーの検査、超音波による検査機器がないからといって、診断をさぼったりはしない。あるいは、血圧計がなく、血圧が測れないからといって何も手当しないなどということもない。そもそも医療は、今あるものでどうにかするものだ。「CTがないからできない」──ありえない。「満床だから」──そんな理由でなぜ診療を断っていい、なぜ、許されるのか。そんな習慣をつけたのは誰か。医師たる者が、業務を独占しながら、応召義務を果たさない。いつ、医師の神経は麻痺したのだろうか。


信友先生の主張を一言で言えば、「たらい回しはけしからん。医師たるもの搬送要請を断ってはならない」というものである。このような主張をする医師は2種類に分類できる。有能な実践者と、無責任な傍観者である。自らが救急診療の現場に立ち、けっして患者を断わらない「実践者」が、他の医師に向かって「たらい回しはけしからん」と言うのはまだ理解できなくもない*3。一方、救急診療の現場から離れてしまった「傍観者」は、自分ではできもしないことを他人に要求する。ちなみに、緊急提言を行った当時の信友先生の役職は、「九州大学大学院医学研究院医療システム学分野教授」である。当時の医療系ブログの反応を3つほど紹介しておこう。


■医療システム教授は精神論がお好き - 新小児科医のつぶやき

■勤務医 開業つれづれ日記・2: ■牟田口中将あらわる 「医師は被害者意識を捨てよ」 信友 浩一 九州大学大学院医学研究院医療システム学分野教授

■他人を信じず被害者意識を捨てきれない医者たち: ぐり研ブログ


さて、吉村医院をモデルとする「糸島産家」に、信友先生が関係していることについて、最初は意外に思って「まさかのコラボ」とコメントしたが、よく考えてみると、これほど適任の医師はいないことに気付いた。よく考えてみよう。いくら自然分娩を目指しているといっても、一定の割合で産婦人科医師の介入が必要になる妊婦もいる。すると搬送先を確保する必要がある。しかし、まともな産婦人科医なら、吉村医院をモデルとする助産院からの搬送などとりたくない。そこで、信友先生の登場ですよ。「医師は、医療業務を独占している。独占しているのだから、必ず義務も出てくる。搬送を断るな」というわけだ。もういっそのこと、信友先生が院長を務める福岡市医師会成人病センターに搬送しちゃえばいい。調べた限りでは常勤の産婦人科医はいないが、信友先生は、


我々は産婦人科医がいないからといって、妊婦の搬送依頼を断ったりはしない。あるいは、胎児心拍モニターがなく、胎児心拍が測れないからといって何も手当しないなどということもない。そもそも医療は、今あるものでどうにかするものだ。「帝王切開ができないから受けない」──ありえない。「NICUがないから」──そんな理由でなぜ診療を断っていい、なぜ、許されるのか。そんな習慣をつけたのは誰か。医師たる者が、業務を独占しながら、応召義務を果たさない。いつ、医師の神経は麻痺したのだろうか。


と言って、搬送を引きうけ、「いまあるもの」で何とかしてくれるであろう*4




関連記事

■信仰と狂気〜吉村医院での幸せなお産

■「たらい回し」と書くな

■「選択肢の確保」と「規制の強化」

*1:URL:http://www.itoshimaubuya.com/

*2:URL:http://www.web-reborn.com/saninjoho/sanin/fukuoka/kasuga.html

*3:本当の現場を知っている医師は絶対にそんなこと言わないけどね

*4:まあ、実際には、産婦人科医の嘱託医がいないと助産院を開業できないはず

7$¥ナナシー7$¥ナナシー 2011/02/18 17:52 かといって、本当に罪もない子どもを殺してはいけませんから、悪のNATROM団首領の奮闘に期待したいところです。

NATROMNATROM 2011/02/18 18:06 嘱託医が見つからず計画が頓挫する可能性が高いと見ています。仮に嘱託医が見つかれば、その先生が何とかしてくれるでしょう。開業助産院が産婦人科の嘱託医を持つことを義務付けた法律がなければ、マジで「成人病センターに搬送しちゃえ」になっていたかも。やはり法律は必要ですな。

放置医放置医 2011/02/18 18:39 福岡市医師会成人病センター院長・信友浩一先生は所属学会は無いし、外来に出る訳でも無さそうだし・・・。小人閑居してなんとやらですな。
http://www.fma-hp.or.jp/hospital/doctor/
http://fmahp848.rsjp.net/patient/consultationfree/

compyacompya 2011/02/18 18:53 春日市内にはNICU持ってて救急断らない運営方針の病院があるわけですが、
糸島にはそういう危ないときに押しつけられそうな先があるのかな…

ふさふさふさふさ 2011/02/18 22:01 むかーし学生の時に直接お会いしたことがあります。
以前は高い見識をお持ちの方という印象だったのですが、どこでこうなったのでしょうか。。

ふぃっしゅふぃっしゅ 2011/02/18 23:29 「医師の応召義務」の話題、思い出しました!

だんだんと「可能な限り、医療の力に頼らない自然分娩」の実態が漏れ聞こえるにつれ、自施設で少し陣痛促進剤を使えば、吸引分娩や帝王切開ができれば、緊急搬送なんてしなくてもよいのではと思えることばかりです。
異常になったら搬送しなければいけないような助産院や現在の産科の医療水準に達していない施設を少なくしていく方が、よっぽど周産期搬送システムの改善につながり2次3次病院の疲弊を少なくできると思います。
自然な分娩を掲げる施設は、自然帝王切開まで完結してほしいですね。

nouhinnouhin 2011/02/19 02:18 >もういっそのこと、信友先生が院長を務める福岡市医師会成人病センターに搬送しちゃえばいい。
>調べた限りでは常勤の産婦人科医はいないが、

牟田口症候群でいくのですね。わかります。

「諸君、当直医は、院長命に背き夜間救急を放棄した。産科医がいないから分娩は出来んと言って救急搬送を勝手に断りよった。これが病院か。病院は空床がなくても受け入れをしなければならないのだ。検査機器がない、やれ薬剤がない、産科医がいないなどは分娩を放棄する理由にならぬ。胎児心拍モニターがなかったら、エコーがあるじゃないか。エコーができなければ血圧計でいくんじゃ。血圧計もなくなったら足で胎児を蹴り出せ。足もやられたら口で噛みついて臍帯を切れ。
当直医には応召義務があるということを忘れちゃいかん。病院は医師会立である。日本医師会が守って下さる・・・」

 以下、訓示は一時間以上も続いたため、当直明け通常勤務後の残業の連続で、立っていることができない医師たちは次々と倒れた。




>まあ、実際には、産婦人科医の嘱託医がいないと助産院を開業できないはず
はずなんですけど。 以心伝心。

桜井純一郎桜井純一郎 2011/02/19 08:19 嘱託医は産婦人科じゃないといけないんですけど、分娩の実態がない産婦人科医や遠方で緊急時に○の役にも立たない産婦人科医が引き受けている助産院があるみたいなので、マッタク安心できませんね。例えば吉村医院が嘱託になるかも。笑えない。

by-standerby-stander 2011/02/19 09:57 院長選に打って出て、一敗地にまみれたあたりでフォースの暗黒面に堕ちたのでしょうか。
いったいどこがどうしてこういう手合いに担がれる立場になられたのか…。

嘱託医の引き受け手は一人ぐらいならどうにでもして捕まえてしまいそうです。
本当の分娩困難症例はまさか百道に押しつけるつもりでしょうか?
…押しつける気満々に見える立地ですよね。

のぎのぎ 2011/02/19 10:55 「緊急提言」はじめて読みましたが、独占の意味を凄く取り違えてますよね。
インフラ事業は同地域で同業の参入を禁止してる話。
医師は誰かが開業してる僻地で、他の医師が後から開業するのって自由ですよね?
まあ、開業医がいる僻地で、あえてもう一軒立てる方なんて居ないでしょうけど。
医業が独占だって言う主張は、電力会社が「俺たちにもガス販売させろ!」って言ってるような感じですか。

GloriaGloria 2011/02/19 14:08 選択の余地なく自然なお産という名の淘汰を強いられる場所は地球上に数限りなくあるはずです。
そこでコラボしてこそ医療ではないですか。

匿名希・望匿名希・望 2011/02/21 18:21 拙コメントをツイートして頂き恐縮です。

しかし、いくら現場に疎く自身の専門外とはいえ、通常の医師が吉村医院の理念を聞いて積極的に協力する気になるとはちと信じがたい部分もあるのですけどね。

その内、友情が崩れて変身解除になるんじゃないかという気が…。

モーロクモーロク 2011/02/22 16:13 いつも感心しながらブログを拝見しております。今回書かれた内容が、やや私に身近な内容でしたので初めて書きこませていただきます。
父の実家が糸島で、この地は幼少のころより何度も帰省している場所です。(海がきれいで魚が美味いです)海、山と広い平野を抱えた自然ゆたかな土地でして、農業、漁業、畜産業が主な産業であり、また、電車で福岡の中心地(天神駅)まで一本で行けるため、近年ではベッドタウンとして開発も進んでいるようです。
僕は現在文系大学に身を置いているため、理系、または医学に関する知識がまったくもって欠落しているためおそらく間違っているかも知れませんが、糸島の立地と、ブログで言及しておられる「糸島産家プロジェクト」の掲げる文言というのは、互いに響き合った条件であるのかなと思いました。
どういうことかと申しますと、糸島市は先述しましたように広い平野にぽつんと農家が点在する地域もあれば、山間部に昭和を思わせるような生活スタイルの家で暮らしている人々もいれば、駅周辺に集合した閑静な住宅街もありまして、ことに山間部に住む人々は万が一病気になったら、という不安があるのだと思います。そういった条件下において、「糸島産家プロジェクト」の言っているようなことは、具体的な医療の方法はアレですが「ウケはいい」のだろうなと思ったしだいです。
けっきょく、「まあ糸島ってこんなところばい」って書きたかっただけなのですが……長々とつまらないことを書いて申し訳ありませんでした。

高級デリヘル高級デリヘル 2011/02/25 15:13 子どもに罪がないことだけは忘れてはいけませんね

SeisanSeisan 2011/02/25 21:55 電力会社は独占企業の特権として、電力の供給に関する権利を独占的に有しています。たとえば、最近流行の家庭用ソーラー発電でも、本来日中の電気の使用量が少ない時間帯の電気を買い取って、夜間の発電できないときには売る、という形態でありながら、その買取価格は独占的に決定できるわけです(ちなみにすごく安いです)
翻って、医業の独占、といわれても、医者には診療報酬の価格決定権もなければ、診療の独占権(どこそこの町では、もう1件診療所があるから、2件目は開業できない、その地域の住人はそこの診療所にしかかかってはいけない、など)もまったくありません。

だから、信友先生のご意見はまったく的を外れているわけです。

でも、もしそんな産家ができても、協力しようだなんて産科はあるのか、本当に疑問です。よほど情弱じゃないと・・・

医師の輸出と輸入医師の輸出と輸入 2011/09/24 15:16 日本は中国人医師を輸入する一方、医療機器に医師と看護師をセットでつけて輸出しようとする動きがあるようです。

Seisanさん
>でも、もしそんな産家ができても、協力しようだなんて産科はあるのか、本当に疑問です。
協力しようという産科がある時は、感謝をこめ、絶賛してあげましょう。

fnorderfnorder 2011/09/25 09:41 > 日本は中国人医師を輸入する一方、医療機器に医師と看護師をセットでつけて輸出

ソースはありますか?

> 感謝をこめ、絶賛

何に対して「感謝」し、何を「絶賛」するんですか?

医師の輸入と輸出医師の輸入と輸出 2011/09/25 13:21 ソースはあります。国内の医療崩壊に対する影響は、医療ツーリズム構想よりはややマシだろうか。
何に対して感謝し、何を絶賛するかと、人に質問されたことがないので驚いて絶句しました。

福島県立大野病院の妊婦死亡例について、報道された事実からは執刀医の過失ではないと考えるのが医学的なコンセンサスだとして、大野病院の利害関係者以外の医師が「我々は妊婦死亡は執刀医の過失によるものではないと結論づけています」と書くことは普通にありえると私も思います。

2011-02-14 「万能薬」は効かない

[][]「万能薬」は効かない 「万能薬」は効かないを含むブックマーク

代替医療にもさまざまな種類があるが、その中でも「あらゆる病気にものすごく効く」と吹聴するタイプのものがある。たとえば、前回紹介した物質X(ミラクルミネラルソリューション)は、


  • 「エイズ、肝炎(A.B,C型)、マラリア、ヘルペス、結核、ほとんどのがんを含む、人類の数多くの病気の解決方法が発見されました。多種の病気を簡単に征圧できるようになりました」

と主張されている*1野島尚武博士による超ミネラル水は、


  • 「ガン・糖尿・アトピーをはじめほとんどの病気を治す遺伝子ミネラル療法です」

とされている*2。古いところでは、IRT(Induced Remission Therapy:誘導消失療法)なる治療法は、


  • 「ガン、エイズ、心臓病をはじめとする数々の難病を99%以上の確率で癒してしまう」

のだそうだ*3

ミラクルミネラルソリューションや超ミネラル水や誘導消失療法などの「万能薬」はすべてインチキである。「あらゆる病気にものすごく効く」という主張があった時点でインチキと断定してよい。どのように治療の効果判定が行われているかを考えればわかる。よしんば、あらゆる病気に効く万能薬が存在したと仮定して、あらゆる病気に効くことをどうやったら確かめられるだろう。病気の種類は数限りなく多い。それぞれの病気について臨床試験を行う必要がある。癌霊1号の事例を思いだそう。砒素が急性前骨髄球性白血病に効果があることを確かめるだけで、少なく見積もっても数年かかっている。あらゆる病気の中の一種類である悪性新生物の中の一種類である血液系腫瘍の中の一種類である白血病の中の一種類の急性前骨髄球性白血病への効果を確かめるだけで、数年の歳月と複数の研究機関が必要なのだ。

「万能薬」は、そうした臨床試験はなされていない。「○○療法はガン・糖尿・アトピーをはじめほとんどの病気を治します」というインチキ医療者の発言の本当に意味するところは、「まともな臨床試験なんてしていませんし、そもそも臨床試験がなぜ必要かも理解していませんが、○○療法がガン・糖尿・アトピーをはじめほとんどの病気を治すと私は根拠なく思い込んでいます」というものである。これが、たとえば、「○○療法は、stage IVの非小細胞肺癌の生存期間中央値を3カ月延ばします」という発言であったら、一応は裏をとらなければ否定できない。「ほとんどの病気を治す」という発言は、裏を取らずに否定してよい。

「万能薬」の持ち出される理由の一つは、潜在的な顧客の大きさによるのだろう。「stage IVの非小細胞肺癌に効果抜群」よりも「ありとあらゆる難病に効果抜群」と宣伝したほうが、カモの数が多くなる。標準医療には限界があるがゆえに、怪しいと思いつつも、一縷の望みをかけてインチキ「万能薬」に騙されてしまう人もいるだろう。超ミネラル水ならおそらくは無害だろうが、ミラクルミネラルソリューションは亜塩素酸ナトリウムであり有害である。自己責任論を理由に、インチキ医療を勧める言説に容認的である人たちは、ご自分が難病に罹り心が弱くなっても絶対に騙されないという自信がおありなのだろう。

さらに、「万能薬」には、標準医療を忌避しやすくなるという大きな副作用がある。「あらゆる病気を短期間で完治させる」素晴らしい治療法がなぜ普及しないのか、という疑問に対して用意される回答は陰謀論である。すなわち、「万能薬の効果を認めてしまうと、多くの製薬会社、医療機関、医師たちが路頭に迷うため、陰謀によって真実が封印されている」というわけだ。また、万能薬の存在は医学的定説と著しく矛盾をきたすため、ほとんどの「万能薬」は「定説はウソ」という主張とセットになっている。「万能薬」を信じてしまった人は、標準医療を避けるであろう。



関連記事

■インチキ医療を見抜く公式

■癌・エイズ等難病を治すワクチン

■標準医療は画一的で、代替医療は個別的という誤解

*1:URL:http://jhumble-japan.health.officelive.com/default.aspx

*2:URL:http://www.super-mineral.com/mineralnituite.html

*3:URL:http://www.asyura2.com/0505/health10/msg/155.html

7$¥ナナシー7$¥ナナシー 2011/02/14 18:23 もし万能薬があるとするなら明後日70歳の誕生日を迎える金正日はもっとピンピンしていていいでしょう。それとも開発者は数十億円あるいはそれ以上の報酬をもらっても独裁者は助けないという信念の持ち主なのでしょうか?
またもし比較的安価な薬品であるなら、国内に製薬会社がないあるいは医療制度が充実していない国で広く普及するでしょう。まさか「まともな製薬会社のない国には売りません」とか言うのでしょうか?

万能薬の開発者(なぜかいっぱいいるらしい)に医療機関の整っていない途上国で広めないか理由を聞きたいものです。

SymbioticwormSymbioticworm 2011/02/14 22:21 「薬」という科学的な体裁は装っていても、万能=Ominipotence=神というわけで、こういうのは本当に宗教的な「信仰」に片足(両足?)を突っ込んじゃってるんでしょうね。この手のアイテムの喧伝者に関して、プロフィール見る限りでは統計的に効果が見られないことくらい理解できる知識はありそうなもんなのに、どんなに科学的な見地から反駁をされても、頑なに効能がないことを否定し続けたり、果てはどう考えても自分の立場をより悪くするとしか思えない無謀な反撃を試みるあたりが、単なる詐欺とは違うように思えて毎度々々不思議だったんですが、Omnipotenceに対する信仰と考えればなるほど、二重思考様に自身をも信じ込ませちゃってるんだろうなあと妙に納得。

信仰や宗教が必ずしも悪いとは思いませんが、それを自然科学の名の下に行われるのは、自然主義的誤謬とは真逆に「べし」から「である」を導くようなもので、やっぱり迷惑極まりない……とともに、彼らのやっていることが「間違っている科学」ではなくそもそも「信仰」に類するものなのだとすると、「科学」の立場から完全に説得するのは甚だ困難に思えて、暗澹としてきますね。とまれ、被害者に関してはNATROM先生他疑似科学批判者方の周知努力で増加が抑えられているだろうことをもって、善しとしましょうか。

abedaijyuabedaijyu 2011/02/15 00:03 万能薬。好きな子からのチョコレート。

kirikiri 2011/02/27 09:52 >もし万能薬があるとするなら明後日70歳の誕生日を迎える金正日はもっとピンピンしていていいでしょう

NATROM記事にはこういうアンポンタンな書き込みがデフォルトで楽しげですね。
万能薬あれば万能毒あり。そんなこと想像することはたやすい。
まあ、金が世界最高の権力だと錯覚しているならばそのことにすら思い至らないのも無理はないでしょうなw
そしてNATROM的には万能薬はない(MMSが万能ではないにしてもソレを否定する)ということによって、無知な一般大衆に既存の薬剤にあえて頼らせ、市場形成している薬剤は売れるはその副作用でまた病院に頼ってくれるはでウハウハだと。

信仰や宗教について理解のない馬鹿が、「必ずしも悪いこととは思いません」などと失笑ものの発言をしているが、
ここは「幸福の科学」のサイトか何か?
「べし」が「である」になっているのはNATROM教祖の掲げる進化論だとか、平和茫洋主義wとかを含む君らの科学思想そのものではないか。

いつも思うが、あんたらは本当にナイーブで馬鹿だ。
どこにそんな公平なる純然たる思考(あんたらが「科学」とよぶ形なき神)があるというんだろう????

利権と聞いたら「陰謀論だ」「似非科学論者だ」と騒ぎ出しかねん君らは一体どこに住んでいるのかな?
NATROMの場合は利権を守るために陰謀論者を歪んだ利権屋とさえ呼ぶかもね。
科学信者というのも、悪魔崇拝と変わらないことを再認識させてくれてどうもありがとうございました。

あなたがたの魂に救済が訪れることを願っています。

NATROMNATROM 2011/02/27 10:25 ちなみに、kiriさんは、以前、「共産主義的なNATROM氏の考えには賛同できません」とコメントしてくださった方でしょう。これからも愉快なコメントをお願い致します。

AH1AH1 2011/02/27 11:45 なるほど、反共利権なのですね。

NATROMNATROM 2011/02/27 12:02 たぶん、私のことを、製薬会社の利権を守るために活動している幸福の科学信者の共産主義者だ、とでもkiriさんは思っていらっしゃるのでしょう。

yamoyamo 2011/03/03 22:52 >万能薬あれば万能毒あり。
これはスゴイですね。どんな毒でしょうか、見てみたい。