NATROMの日記 RSSフィード Twitter

0000 | 01 | 02 | 03 | 04 |
0010 | 11 |
0011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 11 |
0012 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |
0013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 11 |
0014 | 01 | 02 | 05 | 06 | 07 | 09 |
0015 | 05 | 06 | 09 |
0016 | 01 | 02 |
2004 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 |
cover ■「ニセ医学」に騙されないために

 ホメオパシー、デトックス、千島学説、血液型ダイエット、ワクチン有害論、酵素栄養学、オーリングテストなどなど、「ニセ医学」についての本を書きました。あらかじめニセ医学の手口を知ることで被害防止を。

2011-07-25 福島の土のレメディが売られるわけ

[]福島の土のレメディが売られるわけ 福島の土のレメディが売られるわけを含むブックマーク

ホメオパシージャパン株式会社から、「福島で採取した土を希釈振とうして出来たレメディー」が販売された。



■ホメオパシージャパン株式会社*1

f:id:NATROM:20110724123036j:image

このたび「RA Fukushima 1-S-2」(福島で採取した土を希釈振とうして出来たレメディー)を

7月23日(土)に新発売いたします


まあ、ベルリンの壁のレメディがあるぐらいだから、福島の土のレメディがあってもおかしくはなかろう。おそらくは「放射能」に効果があると主張されるのであろうが、ホメオパシージャパン株式会社のページには、効果効能は書かれていない。それもそのはず、ホメオパシージャパン株式会社は、「食品」を売っているのであるから、医薬品的な効果効能を謳うと薬事法違反となる。何か薬物の含まれたものを食品と称して売れば問題だが、「福島で採取した土を希釈振とうして出来たレメディー」は、どんなに成分を詳しく調べてもほぼ100%が糖である。

効果効能を謳うのは、別の部隊である。おそらく、日本ホメオパシー医学協会由井寅子氏あたりが宣伝する。公的には効果をほのめかすぐらいかもしれないが、講演会では「ホメオパシーは放射能による健康被害の対処も可能です。RA Fukushimaがとてもよく効きます」ぐらいは言うこともあるだろう。医学的には荒唐無稽で根拠のない話であるが、講演会に聞きにくるような人たちは信じてしまう。そして、ホメオパシージャパン株式会社から販売されている「食品」を購入するのだ。

薬事法逃れのため、販売部隊と広告部隊を分離するのは、いわゆる「バイブル商法」として知られている。由井寅子氏の関係するホメオパシー団体は、「ホメジャ系(ホメオパシージャパン系)」と呼ばれることからわかるように、お互いに関係が深い。ホメオパシージャパン株式会社の創業者は由井寅子氏その人であるし*2、かつて、日本ホメオパシー医学協会(由井寅子氏が会長)のトップページはホメオパシージャパン株式会社のサイトの下部にあった。ただし、現在は、公式には別団体ということになっている。


ホメオパシージャパン株式会社は、「効果効能は謳っていませんよ。食品を売って何が悪いのですか?」と言うだろう。


日本ホメオパシー医学協会は、「当会の見解を表明しただけです。法的に何か問題はありますか?」と言うだろう。


自分では販売してない食品の効果効能を謳うのがダメだとすると、みのもんたが、「○○は体にいいってですよ、奥さん」などとテレビで言うのもダメだということになる。言論の自由という話にもなってくる。権力が介入して止めさせるようなことではない。少なくとも、ホメオパシージャパン株式会社と日本ホメオパシー医学協会が、金銭的なやりとりも含めて現在でも深いつながりがあるという裏付けでもない限り、「食品」を売っている会社を摘発することはできない。当局にはなんとか頑張っていただきたいところではあるものの、ホメオパシージャパン株式会社側も法的な対策はしているわけで、レメディを売る側の刑事的責任を問うのはかなり困難ではなかろうか*3。「ホメオパシーの会社そのものを摘発するべきです。そうすればレメディー販売もなくなり、根本的な解決になります」という見方*4もあるが、上記したような理由でそんな単純な話ではないことを、賢明な読者であれば容易に理解できるだろう。

ホメオパシージャパン株式会社は、福島の土のレメディ以外にも、いろいろ「オリジナル」なレメディを販売している。祝詞やら、般若心経やら。ちなみに、日本ホメオパシー医学協会認定ホメオパスによれば、般若心経のレメディは、「おもに、成仏していない霊の憑依にいいですが、生き霊にもよく使います*5」とのことである。本来のホメオパシーの原理から考えれば、霊を希釈振とうして出来たレメディを使うべきであるような気がするが。驚くべきことではあるが、福島の土のレメディのほうが、まだ理解できる範囲内なのだ。

「オリジナル」なレメディの有名どころは、「土地の浄化のためのレメディー」。EM菌と同じような感じで、善意の人が買って使用することを期待しているのだろう。


■ホメオパシージャパン株式会社*6

f:id:NATROM:20110724123041j:image

Hyper..Φを基本ベースに心経、祝詞など土地の浄化のためのレメディーをミックスした

HJオリジナルサポートチンクチャーです。


もはや医学とは関係がなく、呪術の類である。こうしたわけのわからないレメディが売られる理由は容易に推測できる。「食品」を売る部隊と、効果効能を謳う部隊が別であれば、効果効能を謳っても、狙い通りの商品が売れるとは限らない。効果効能を謳う部隊が、オーソドックスなレメディを勧めたとしよう。顧客が狙い通りに仲間の部隊の商品を買うとは限らない。というのも、オーソドックスなレメディは、同業他社も売っているからだ。通販で容易に入手可能である(なにしろ「食品」だ)。他者との価格競争に巻き込まれることになり、利益も減る。これが「オリジナル」なレメディだとどうだろう。他社は売っていない。「食品」を売る部隊は、他社と競争することなく、自由に価格をつけることができる。かくして、「食品」を売る部隊はオリジナルなレメディを開発し、効果効能を謳う部隊がそれを宣伝するという構図ができあがる。



関連記事

■ホメオパシーはまた人を殺すだろう

■ホメオパシーが叩かれる理由

■世界で一番美しい元素図鑑

*1:URL:http://www.homoeopathy.co.jp/20110723_info.html

*2:■御挨拶 - ホメオパシージャパン株式会社 URL:http://www.homoeopathy.co.jp/company/president_greeting.html

*3:いやもう本音をぶっちゃけちゃうと、ホメオパシージャパン株式会社と日本ホメオパシー医学協会がつながっていることなんて明らかなんだから、何とか摘発できないのか、とは思っている

*4:URL:http://openblog.meblog.biz/article/5108902.html

*5:URL:http://pub.ne.jp/homoeopathy/?entry_id=2509941

*6:URL:http://www.homoeopathy.co.jp/product/hj_new010_tochi.html

UMEUME 2011/07/25 12:15 レメディのジェネリックを半額ぐらいで販売できないかな?

NATROMNATROM 2011/07/25 12:29 「波動を転写する機械」を使えば、普通の砂糖玉でも、とたんにレメディに変わりますからね。ホメオパシージャパン株式会社の発売するレメディを、端から「波動を転写」して、安価に売る商売は、法的にはどうなんでしょう。特許などないはずだし。

alpinixalpinix 2011/07/25 14:39 ホメジャはFUKUSHIMAのネガティブブランドを利用して海外にレメディーを逆輸出しようとしてるのか? という深読みのは穿ち過ぎでしょうか?
 
早いうちに誰か英米訳でも記事を上げて欲しい内容です。

sksksksk 2011/07/25 16:22 本題と違う所に突っ込みます。

「福島で採取した土を希釈振とうして出来たレメディー」は効かないのではないでしょうか?
「類似したものは類似したものを治す(類似の法則)」がレメディーの作用原理なので、現在「毒性」のほとんどない「福島の土」で作っても効かないのではないかと思います。
やっぱり、最低限「発電所敷地内の土」ぐらいにしないと説得力に欠けるのではないでしょうか。

まあ、「心経、祝詞など土地の浄化のためのレメディー」があるのですから私のいちゃもんは・・・。

てか、どこがホメオパシーだよ。

NaochinNaochin 2011/07/26 01:55 レメディのジェネリックって言うか、砂糖玉を全く同じ名前のレメディとして売る(成分は同一です とか言って)だけでホメジャは弱って行きそうだな。砂糖玉の原価でやれば詐欺にもならない(かもしれない) 希釈・振盪?しませんよ。コストかかるじゃないですか:-)

7$¥ナナシー7$¥ナナシー 2011/07/26 08:07 レメディのジェネリックを売るにあたって一番の難関は(個人的には)他人を騙せるか?ですね。
本家(笑)のホメオパシー団体を弱体化させるにしても、精神安定のためだとしても、効かないとわかっているものを売るのは人を騙しているようで良心が咎めます。
レメディのジェネリックが売られてないのはそうした精神的ハードルがあるからかも?
「福島の土のレメディ」なんて普通の人間だったら販売できないですよ。

antant 2011/07/26 10:07 skskさんの
>「類似したものは類似したものを治す(類似の法則)」がレメディーの作用原理なので、
を見て思ったのですが、チェルノブイリの土で作ったレメディーは日本では効果が期待できない事になるんでしょうか?
向こうはストロンチウム等重元素てんこ盛りですが、日本はせいぜいセシウムくらいですし。
逆に見れば、RA Fukushima 1-S-2はセシウム汚染にしか効果(?)が期待できませんので、ウクライナやベラルーシに輸出して儲ける事も、残念(?)ながら期待できないかもしれません。
あと一寸マジレス。
ttp://www.rist.or.jp/atomica/index.html
放射性同位元素等による放射線障害の防止に関する法律
(昭和三十二年六月十日法律第百六十七号)
第三条  放射性同位元素であつてその種類若しくは密封の有無に応じて政令で定める数量を超えるもの又は放射線発生装置の使用(製造(放射性同位元素を製造する場合に限る。)、詰替え(放射性同位元素の詰替えをする場合に限り、廃棄のための詰替えを除く。)及び装備(放射性同位元素装備機器に放射性同位元素を装備する場合に限る。)を含む。以下同じ。)をしようとする者は、政令で定めるところにより、文部科学大臣の許可を受けなければならない。(以下略)
一定線量以上の放射性物質を含むものを利用する際には、法律による規制がかかります。
当然一定線量以上の放射性セシウムを含んだ土砂の採取、運搬、利用、廃棄も含まれるはずです。
もしホメオパシージャパン(株)が真面目(?)に福島県で放射性セシウムに汚染された土砂を利用しレメディを作製したのであれば、使用した土砂の管理を厳格に行う事が法律で求められています。
まあ、多分その辺の土を採取して作ったか、せいぜい低い汚染レベルの土砂を使うくらいでお茶を濁した(?)んでしょうけど。
でもそんなもんホメオパシー的に見ても効くんかね?

AH1AH1 2011/07/26 13:15 創造論がIDという科学的な何かを標榜しようとしたのとは逆の道を進んでますね。
こちらの脳と意識が希釈振とうされそうです。

M悦男M悦男 2011/07/26 17:25 アイロニーを真に受けて反論というのではないのだが
レメディ購買者は「たとえ成分は一緒でも自分たちのことを真剣に心配してくれてる人から買わないとちゃんと効かない」とかしゃらっと言うでしょう。ことの眼目は“冷たい”医療に対するオルタナティブなのだから。

しかしこういうのの購買層の実数というか市場規模って実際のところはどのくらいのものなんだろう。
もはや呪符と区別のつかない方向へのレメディの多様化は「分業」をうまく成立させるためではないかという洞察はひとつ頷けるが、あるいはただ単に目立ちたいため、カスほどのパイを熾烈に食い合ってるがためとも思える。

FKFK 2011/07/28 16:45 東日本大震災の影響による諸情勢に鑑み、開催を延期しておりました、

第62回『小沢一郎政経フォーラム』を下記のとおり開催する運びとなりました。

小沢一郎代議士も会場におきまして皆様方にご挨拶をさせていただく予定でございます。

皆様のご来場を心よりお待ちしております。

「 第62回小沢一郎政経フォーラム 」 

【 日時 】2011年8月17日(水)

      開場 10:30 第1部 <勉強会> 11:00 〜 第2部 <懇親会> 12:00 〜

【 場所 】ANAインターコンチネンタルホテル東京(港区赤坂1−12−33)

【 会費 】20,000円

【 講師 】 評論家・副島国家戦略研究所主宰 副島隆彦 先生

【 演題 】「大災害から復活する日本」

somebodyssinsomebodyssin 2011/07/29 20:28 『「錠剤、カプセル状等食品の適正な製造に係る基本的考え方について」及び「錠剤、カプセル状等食品の原材料の安全性に関する自主点検ガイドライン」について』(http://www.mhlw.go.jp/shingi/2007/07/dl/s0710-5g.pdf)の別紙フローチャートのStep4〜5のあたりでなんとか…

tamatamakoketatamatamakoketa 2011/08/04 13:01 スレ違い(すれ違い?)かもしれませんが、どこに要望書いたらいいかわからなかったので、
失礼します。

◆横行する「トクホ」食品の嘘  普遍的でない「健康効果」
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20110801-00000301-sentaku-bus_all
三万人のための情報誌「選択」より

というのがありました。
「特定保健用食品」いわゆる「トクホ」に関して、何やら、プンプン臭う記事です。
例の花王製品不買運動に関連して見つけた記事です。
もちろん、フジうんぬん、韓流うんぬん、いわれのない不買運動に加担するつもりはありません。
ただ、知らなかったのですが、「特定保健用食品」って、なんとなく健康によさそうなイメージで、
ある種の「お墨付き」とも思えるのですが、この記事が本当だとすると、「トクホ」も怪しく思えます。
NATROMさん、一度調べてみてください。
怪しそうなら、エントリーにしてみてください。

放置医放置医 2011/08/04 13:38 ホメパチの厚顔無恥さはほんと計り知れないです。(そんなのに引っかかる状態の人がカモなんでしょうが。)
http://d.hatena.ne.jp/Mochimasa/20110801/p1
さんざん指摘されたにもかかわらず放置し、結果的にホメパチにつけ込ませたwebronzaなるマスゴミ逝ってよし。

NATROMNATROM 2011/08/04 23:53 『横行する「トクホ」食品の嘘』は良い記事ですね(エコナについては「発癌性物質など議論以前の問題」とは私は思いませんが)。トクホは怪しいです。政治的なこと(学者利害関係者になっている、など)は私は確認していませんが、あんなもん、対象が少なすぎるし、多くの場合、代理指標を測っているだけです。私個人としては、トクホなんて買いません。トクホは効果はないか、あったとしてもごく小さいものでしょう。トクホを買う前にやることはいくらでもあります(私の場合、適度な運動とか)。ただ、利点もあって、質の悪い研究であっても無いよりマシだし、概ね安全です(エコナはヒトに対してはほとんどリスクにならないと思う)。現代医学を忌避させるわけでもない。暴利をむさぼるほど高価というわけでもない。正直、微妙なところです。

M悦男M悦男 2011/08/05 04:05 >トクホ
有機JASと一緒なんじゃないですかね。
「やめろ」とは言えないが、そのかわり野放しにはできない。だからひとえに消費者保護のために一定のタガをはめてやろう…
というのがオカミ側の事情ですが、結果としてはその単なる「タガ」が、国家のお墨付きとして受け取られるようになってる。

売春を根こそぎ摘発はできないから、どうせやるんなら鑑札受けて定期検査等の基準を遵守してやれという所謂赤線とも似てますね。
いずれの例でも当局はそれそのものをプッシュしてるわけではまったくないので、消費者側の「自己責任」がまず問われる。

【政府は定義のあいまいな売り文句が氾濫して消費者が混乱するのを防ぐべく管理監督してるだけで、特定商品のお奨めなんかしてない】
ここんとこ、案外一般常識として固まってないような気がします。アナウンス不足ともいえましょう。

*地方自治体レベルで、本当に「おすすめ」の意味で有機無農薬マークみたいなのを自主制定した例はあるけど、JASとバッティングしてムダにややこしいことになっています。
*消費者にとっての産品の安全性には直接関係ないことですが、生産者側にとっては生産技術の研究・開発のための「有機」農法は必ずしも無駄な試みではありません。

ちゃびちゃびちゃびちゃび 2011/08/15 10:06 鹿児島大学心身医療講座はホメオパス原田美佳子医師を臨床教授に任命。

黒豚焼酎大学教授会議決

ホメオパシーは高度な技術が要求される臨床医学であり、その研究臨床に造詣が深い、
専門家たるホメオパシー学会認定医は、医学の発展に寄与するところ大である。

よって、教授会は本ホメオパスを臨床教授として承認する。

<原田美佳子プロフィール>http://www.kunikuni.info/page021.html
大分県出身。平成5年熊本大学医学部卒業。医師。
熊本大学小児外科・移植外科、熊本市立熊本市民病院外科、
熊本大学医学部腫瘍医学講座、埼玉県川越市帯津三敬病院
などを経て、平成19年よりメディポリス医学研究財団附属医院院長。
平成17〜18年、アリゾナ大学統合医療アソシエートフェロー。
現在、鹿児島大学心身医療科臨床教授。日本外科学会専門医。
日本ホメオパシー医学会認定医。
現在は、自然治癒力を高めることを治療の基本とする「統合医療」
「ホリスティック医療」を行う一方、カウンセリング・ワークショップ・
講演会などを行っている。

トゥルセガルトゥルセガル 2011/09/10 21:12 もしホメオパシーが単に砂糖を売るだけなら、パチンコよりはマシだと思えます。
しかし彼らは正常な医療を邪魔するのでそうではありません。

HaidiHaidi 2011/09/12 20:49 >ちゃびちゃび 2011/08/15 10:06 さんは書かれました

>黒豚焼酎大学教授会議決

>ホメオパシーは高度な技術が要求される臨床医学であり、その研究臨床に造詣が深い、
>専門家たるホメオパシー学会認定医は、医学の発展に寄与するところ大である。

>よって、教授会は本ホメオパスを臨床教授として承認する。

原田美佳子教授ですか。応援いたします。
心療内科の先生方がホメオパシーを使って下さると、とても助かります。

RVRV 2011/10/11 18:35 腐れモンサントのF1なんぞ糞食らえです。医療関係者に危機感の無いやつが多すぎます。前原も玄葉も必死。上からのプレッシャーが相当キツイんでしょうね。<<<<<<<<トラコジャパンの皆さん、医療関係者の悪口を言いたくなった時はぜひこちらの路線でお願いしますp(^o^)q