NATROMの日記 RSSフィード Twitter

0000 | 01 | 02 | 03 | 04 |
0010 | 11 |
0011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 11 |
0012 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |
0013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 11 |
0014 | 01 | 02 | 05 | 06 | 07 | 09 |
0015 | 05 | 06 | 09 |
0016 | 01 | 02 |
2004 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 |
cover ■「ニセ医学」に騙されないために

 ホメオパシー、デトックス、千島学説、血液型ダイエット、ワクチン有害論、酵素栄養学、オーリングテストなどなど、「ニセ医学」についての本を書きました。あらかじめニセ医学の手口を知ることで被害防止を。

2012-12-17 非典型例の恐ろしさ

[][]非典型例の恐ろしさ 非典型例の恐ろしさを含むブックマーク

ワクチンで防げる病気(VPD)に対して、「免疫力があれば難なく乗り越えられる」と主張している自称医師がいた。




ワクチンで予防可能な疾患は「ごく当たり前で自然に備わった免疫力があれば難なく乗り越えられる」というのはたいていの場合はという限定付きでしか正しくない。医療においては、典型的でない経過をたどる例はある。残念ながら、健康であった子供がワクチンで予防可能な疾患で死んだり、障害が残ったりすることもある。実例はいくらでもあるが一例として■ムンプス難聴にかかった方および子どもたちの保護者からのメール その1 - 杉原 桂@多摩ガーデンクリニック小児科ブログを挙げておく。「知っていたら、絶対に予防接種を受けたのに」という保護者の言葉は重い。

確かに、健康な子供がおたふくかぜ(ムンプス)に罹っても、たいていの場合は後遺症なく治る。しかし稀ながら後遺症が残ったり、亡くなったりすることもある。稀と言えば、ワクチンによる重大な副作用も稀である。特に死亡といった重大なものは、ワクチンと因果関係があるのか、それとも偶然なのか区別が付き難いぐらい稀である。健康な子がワクチンで予防可能な疾患で亡くなるよりもずっと稀だ。だからワクチンが推奨されている。ワクチンの必要性はメリットとデメリットを勘案して判断すべきものである。

「ごく当たり前で自然に備わった免疫力があれば難なく乗り越えられる」とツイートした自称内科医は、「急性肝炎の劇症化は臨床では容易にわかります」とも言った。外来から入院1日でだいたいわかるのだそうだ(■急性肝炎の劇症化は臨床では容易にわかります - Togetter)。

急性肝炎もほとんどの場合は自然治癒するが、稀に(約1%)劇症肝炎に進展し、死亡したり、肝移植を要したりすることがある。かの自称内科医は、劇症肝炎を5例、急性肝炎を50例経験したそうだ。たったこれだけの経験でどうやって「容易にわかる」という自信を持ったのか謎である。たとえ1000例の急性肝炎を診た経験があり、そのすべてで劇症化を正確に予測できたとしても、1001例目で予測を外すかもしれないではないか。「どのような方法で劇症化がわかるのか」と質問したが返事をもらっていない。返事できるはずがない。答えずに逃げるしかない。

ハッキリ言えば、この自称内科医は劇症化予測が困難な例を経験したことがないだけである。ついでに言えば自験例が無くとも肝臓内科領域について医学雑誌を読んだり学会発表を聞いたりしていれば、劇症化予測が困難な例を見聞きすることはいくらでもある。また、まともな指導医は、非典型的な経過をたどる症例の経験について教えてくれる。この自称内科医は劇症肝炎について勉強もしていなければ指導もされていない

■山口新生児ビタミンK欠乏性出血症死亡事故 - Wikipediaはまだ記憶に新しい。山口市の助産師はビタミンKの代わりに薬効の無い砂糖玉を投与していた。ホメオパシー団体もビタミンKの代わりに砂糖玉を与えていいと言っていた(■ホメオパシー訴訟の和解がもたらした最大の成果を参照)。ビタミンKを投与されていない母乳育児の新生児は約2000人に1人の割合でビタミンK欠乏性出血症を起こす。ということは2000人のうち1999人は砂糖玉を投与されていても何も起こらない。そのためホメオパスたちは事件が起きるまで砂糖玉を与え続けたのだろう。ホメオパスたちはビタミンK欠乏による出血を経験したことがなく、また、ビタミンK欠乏が出血が引き起こしうることを不勉強で知らなかったため、子供が犠牲になったのだ。

たいていの臨床医は、自分の専門分野において、非典型例を経験したことがあるものだ。たとえば、劇症肝炎はおろか急性肝炎を一例も見たこともなく、さらに急性肝炎について勉強したことのない眼科医であっても、眼科領域で「ほとんどは問題ない経過を取るが、稀に問題を生じることがある」事例を知っている。よって、まともな臨床医であれば、専門外領域について少々の経験を積んだぐらいで非典型例を見抜けるなどとはうぬぼれない。

「ワクチンで防げる病気は自然に備わった免疫力があれば難なく乗り越えられるもの」などと主張する医師は、感染症についてよほどの多くの症例を経験したか、でなければ、自分の専門分野というものがなく非典型例を診たことがないか診ても気付いてない、臨床経験に乏しく非典型例の恐ろしさを知らないヤブ医者のどちらかである。後者は、砂糖玉をビタミンKの代わりに投与していたホメオパス助産師と同レベルである。


関連記事

■ホメオパシーはまた人を殺すだろう

■ホメオパスの成功体験が悪性リンパ腫を見落とさせた

オルトオルト 2012/12/17 18:32 @narumita氏は医師ではなくて看護師のようですね。性教育が専門で、臨床経験もあまりなさそうです。
http://researchmap.jp/hori_narumi/

彼女の論でいけば、「すべての交通事故は重大事故でなければ難なく治癒するのでシートベルトは不要」ですね。

NATROMNATROM 2012/12/17 18:46 わかりにくかったかもしれませんが、@narumita氏による「ワクチンによって乳幼児期の感染リスクを回避しよう」という趣旨のツイートに対し、自称内科医が「自然に備わった免疫力があれば難なく乗り越えられる」と返事したのです。

と 2012/12/17 22:34 ちょっと前に風邪薬の記事で、風邪はウイルス感染だから抗生剤は無駄って言う意見を読んで、風邪のような症状でも細菌によるものはあるのでもにょりました…

crantcrant 2012/12/18 16:59 自称内科医さんのツイートを今みたら、シートベルトは普段はしていなくて、取り締まりがあるときだけしているそうです。あぁ、さもありなん。ですね。

e10goe10go 2012/12/19 12:20  シートベルトしないで運転する人は、荒っぽい運転や悪路の運転で事故を起こすかもしれませんね。

 シートベルトは運転中に体を運転席に(緩やかに)固定してくれますが、シートベルトをしていないと体が揺れやすく、ハンドル操作がうまくできなくなることが多いですから。
 シートベルトなしできついカーブを曲がると、これを体験できます。おすすめしませんけど。

NATROMNATROM 2012/12/19 12:32 シートベルトをしないのも、よく考えず自分の経験を延長しているのでしょう。「これまでシートベルトをしていなくても問題がなかったからこれからもシートベルトをしなくても問題ない」「これまで急性肝炎の劇症化は容易にわかったのでこれからも劇症化は容易にわかる」「これまでビタミンKの代わりにレメディを与えても出血なんてしなかったらこれからも大丈夫だ」。

ErdaErda 2012/12/20 00:57 よくいろんな人から免疫力って言葉を聞けど、
これが上がるとか下がるとか何の基準をもって言ってるのかすごく気になる。

「カイコを使って免疫力を測定する方法を発見しました。カイコは人と同じ病気にかかり、人と同じ薬で治るといわれています。」とか
もはや私の理解の範疇を超えてしまった免疫力もあるようだが。
http://www.brolico-research.jp/page/immunity03.html

att460att460 2012/12/20 16:37 「・・・といわれています。」というのも、よく見かけますね。

「根拠はありません」の言い換えだったりして。

sakimisakimi 2013/01/08 02:43 凄いな、この無意味な書込み禁止的な許可反応

それと、http://d.hatena.ne.jp/NATROM/20121203#p1の書き込みと無茶苦茶に矛盾する事を平気で書けるって予防接種受けようが毒は毒
それを認識しないで予防接種受けない人間はアホですが?

もっと掘り出して欲しいなら、幾らでもやってあげますよ
自分の勉強にもなるので

MMRMMR 2013/01/13 15:54 えーと、にほんごで書いてくださってOKですよ

MMRMMR 2013/01/30 17:04 NATROMさま
以前に書き込んだ時とは違うハンドルで書いてしまいました。
ダブハンするつもりではないので、このエントリのみのハンドルとさせてください。

通りがかり通りがかり 2013/02/26 18:13 自称でなく内科医として検索すると
http://www18.ocn.ne.jp/~nba-sapp/shopping.html
の名前としたら、一人厚生省の□確認でhitした方がいますが、
http://blog.goo.ne.jp/dental-dds/e/c0f19a8138d25e6907155ad333645e0d
http://mimizun.com/log/2ch/news/1107383671/
と同じ人でしょうか。

NATROMNATROM 2013/02/27 01:07 コメントを一件削除しました。空気を読むようにお願いします。