NATROMの日記 RSSフィード Twitter

0000 | 01 | 02 | 03 | 04 |
0010 | 11 |
0011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 11 |
0012 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |
0013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 11 |
0014 | 01 | 02 | 05 | 06 | 07 | 09 |
0015 | 05 | 06 | 09 |
0016 | 01 | 02 | 09 | 10 |
0017 | 01 | 03 | 05 |
2004 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 |
cover ■「ニセ医学」に騙されないために

 ホメオパシー、デトックス、千島学説、血液型ダイエット、ワクチン有害論、酵素栄養学、オーリングテストなどなど、「ニセ医学」についての本を書きました。あらかじめニセ医学の手口を知ることで被害防止を。

2014-04-09 「HPVは子宮頸癌の原因ではない」というトンデモ説

[][]「HPVは子宮頸癌の原因ではない」というトンデモ説 「HPVは子宮頸癌の原因ではない」というトンデモ説を含むブックマーク

喫煙は肺癌の原因の一つである。「タバコは肺癌の原因だ」という主張には、「タバコを吸ったら必ず肺癌になる」とか、あるいは「肺癌の人は必ずタバコを吸ったことがある」とかという主張は含まれない。「タバコを吸っていると、吸わないよりは肺癌になりやすい」という意味である。細かいこと*1を言い始めたらきりがないが、医学上の因果関係を表す際に「タバコは肺癌の原因だ」といった表現が一般的であることにほとんどの人は同意していただけるもののと思う。

HPV(ヒトパピローマウイルス)は子宮頸癌の原因である。この点において医学界で議論はない。HPVと子宮頸癌の関係は、喫煙と肺癌の関係と同程度か、それ以上に強い。具体的に数字で示そう。「タバコを吸っていると、吸わないよりは肺癌になりやすい」として、タバコ吸わない人と比較して吸う人は何倍ぐらい肺癌になりやすいのか?報告によっても差があるが、喫煙-肺癌の場合は5〜20倍ぐらいである。ではHPV-子宮頸癌ではどれぐらいか?これも報告によって差があるが、だいたい50倍から数百倍である*2。これは癌に関する疫学の中で最も高い数字の一つである*3。喫煙-肺癌の関係と違って、HPVは単に子宮頸癌の主な原因であるというだけでなく、必要原因であると考える強い疫学的証拠がある*4

なぜ今回、わざわざHPVと子宮頸癌の因果関係について書いたのかというと、HPVは子宮頸癌の原因ではないとする誤った主張がなされているからである*5。私が把握した範囲内では、子宮頸癌の原因に関する誤った主張はすべて反ワクチン的な主張と結び付いている。子宮頸癌との関連が強いタイプのHPVに対するワクチンが既に存在するが、そのHPVワクチンに反対するためにHPVは子宮頸癌の原因ではないといったトンデモ説が持ち出されるのだ。

トンデモ説に頼らなくてもワクチンに対して合理的な懐疑を呈することは可能である。重大な副作用があるかもしれない、コストが効果に見合わないのではないか、不適切な製薬会社の宣伝がある、長期の効果が検証されていない、真のアウトカムである「子宮頸癌による死亡」を減らすかどうかが未確認、などがあるだろう。もちろん、これらの懐疑に対して合理的な反論も可能である。医療には不確実性が伴う。HPVワクチンに慎重になりすぎると将来の子宮頸癌を抑制できなくなるし、かといって拙速に導入するとかえって不利益が生じるかもしれない。事実に基づいて健全な議論を行って意思決定するしかない。そこにはトンデモ説が入り込む余地はない。

HPVは子宮頸癌の原因ではないというトンデモ説の根拠として、FDA(アメリカ食品医薬品局)の文書が持ち出される。FDAがHPVと子宮頸癌が無関係だと認めたというのだが、これは誤読である。詳しくは■「HPVワクチン(子宮頸がんワクチン)の嘘」の検証をわかりやすく - うさうさメモで論じられている。うさうさメモのようなページが検索で上位に表示されるべきだと私は考える。FDA文書にはHPVに感染しても多くは自然治癒すると書かれている。HPVに感染しても多くの人は子宮頸癌にならないのは事実である。しかし、それを言うなら、喫煙しても多くの人は肺癌を発症しない。B型肝炎ウイルスに感染してもおおかたは自然治癒する。インフルエンザに感染してもほとんどの人は脳炎にならない。赤信号を渡ってもたいていは交通事故に遭わない。

HPVと子宮頸癌の因果関係を認めないトンデモ説の有害な点は、HPVワクチンについての健全な議論の妨害だけに留まらない。たとえば、コンドームを使うような安全なセックスに対する理解を妨げるだろう。あるいは、HPV-DNA検査を併用した子宮頸癌検診の有用性を否定することなりかねない。

ただ一つだけ、このトンデモ説を役立てる方法を思いついた。それは信頼性の指標にするというものである。あなたがHPVワクチンについての情報を得たいと考えたとしよう。「HPVは子宮頸癌の原因ではない」と主張している人やウェブサイトの情報は信頼できないとみなしてよい。一切参考にしなくてよい。そのようなトンデモ説を主張している人は医学についてまったく理解できていないからである。



関連記事

■「タバコを吸うとガンになる可能性は3分の1以下になる!」。何が何だか分からないよ!

■ワクチン接種による胎児死亡率の増加が40倍?!

*1:「原因が結果の必要十分条件である場合のみ、言い換えれば原因と結果が1対1の関係にある場合にのみ、因果関係が存在すると言える」とか、「観察研究からは厳密に因果関係を証明することはできない」とか

*2http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/12807939

*3http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/14690309

*4http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/11091143

*5:たとえば、http://ja.naturalnews.com/jabuzz_buzz000064.htmlやhttps://ja-jp.facebook.com/nomorevaccine/posts/346999222066775

通りがけ通りがけ 2014/05/10 22:51 ◎日本はムー大陸時代以来続く先祖代々菩薩常民国である◎

この秋田嘉弘という人天の師釈尊の言葉法句経に帰依する伝統の日本人が現在もっとも宇宙の真理(三宝すなわち仏法僧)に近づいていると思いますね。

>神々のハーモニー(文と音楽by秋田嘉弘)
https://www.youtube.com/watch?v=04xIZvVYQtM&list=UU2fHPR-NxuYGd1oMOGXLwFA

◎法句経◎
http://www.asyura2.com/13/senkyo158/msg/472.html#c149

>ダンマパダ(「真理のことば」として中村元さんが邦訳。漢訳は法句経)
法句經 荻原雲來訳註 は青空文庫にあります。
http://www.aozora.gr.jp/cards/001529/files/45958_30545.html


>スッタニパータ(「ブッダのことば」として中村元さんが邦訳)

> 釈迦の言葉

(出展はインド原始経典「スッタニパーダ」などで、実際の釈迦の説法に、かなり忠実であるとされる)

「世に母を敬うことは楽しい。また父を敬うことは楽しい。」

「母と父とは子らに対して多大のことをなし、育て、養い、この世を見せてくれた。」

「母、または父が老いて朽ち衰えていくのを養わないで、自らは豊かに暮らす人、これは破滅の道である。」

「親の義務とは、子を悪から遠ざけ、善に入らしめ、技能を習学させ、適当な妻を迎え、適当な時期に相続させることである。」

「子らは、すみかであり、妻は最上の友である。」

「飲み友達なるものがある。きみよ、きみよと呼びかけて、親友であると自称する。しかし、事が生じたときに味方となってくれる人こそ、友だちなのである。」

「人の価値とは、生まれや身分によるものではなく、清らかな行いによって決まる」

「王よ、婦人といえども、ある人々は、実に男子よりも優れている。智慧があり、戒を保ち、姑を敬い、夫に忠実である。かの女の生んだ子(女の子)は、英雄となり、地上の主となる。かくの如き、良き妻の子は、国家をも教え導くのである。」

「自分よりも愛しいものはない。同様に他の人々にも、自己は愛しい。故に自己を愛するものは、他人を害してはならない。」

「生き物を自ら害すべからず。また他人をして殺さしめてはいけない。また、他の人々が殺害するのを容認してはならない。」

盛年をすぎた男がティンバル果のように盛り上がった乳房ある若い女を誘い入れて、かの女への嫉妬から夜も眠れない。これは破滅への門である。 

「女に溺れ、酒にひたり、賭博に耽り、得るにしたがって、得たものを、その度に失う人がいる。これは破滅の門である。」

「婦女の求めるところは、男性であり、心を向けるところは装飾品、化粧品であり、よりどころは子どもであり、執着するところは夫を独占することであり、究極の目標は支配権である。」

「足りないものは、音をたてるが、満ち足りたものは静かである。」

「道を行きて、己よりも勝れたる者、または、己に等しき人に逢わずんば、むしろ、独り行きて誤るな。愚かなる者の友となるなかれ。」

 「あらゆる生物にたいして暴力や悩みを与えてはならない。独り、サイの角のように歩め。実に欲望はいろとりどりで甘美である。心を楽しませてくれ、満たしてくれる。しかし、欲望の対償には、憂いがあることをみて、サイの角のように、ただ独り歩め。」

「世界はどこも、とどまってはいない。すべての方角も揺れ動いている。私は、安住の地を求め探したが、どこにもなかった。すべて、死や苦しみにとりつかれている所ばかりだった。殺そうとしている人々を見よ。武器をとって打とうとしたことから恐怖が起こった。すべてのものは、燃えている。欲望と怒りと愚かさによって。」

以上、優れた考察が述べられている下記HPより抜粋して転載した。
http://sound.jp/haruu/r-budda.html

衣笠万里衣笠万里 2014/10/04 02:31 NATROM先生、いつも興味深く拝読しております。
私は兵庫県尼崎市内の病院に勤務している産婦人科医です。日本国内におけるHPVワクチンの低接種率や不正確な情報がネット上に氾濫している現状を憂慮してメールマガジンに拙文を投稿しました。長ったらしいのですが、お時間のある時にお目通しいただければ幸いです。

http://medg.jp/mt/?p=2668
http://medg.jp/mt/?p=2670
http://medg.jp/mt/?p=2673
http://medg.jp/mt/?p=2675