NATROMの日記 RSSフィード Twitter

0000 | 01 | 02 | 03 | 04 |
0010 | 11 |
0011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 11 |
0012 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |
0013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 11 |
0014 | 01 | 02 | 05 | 06 | 07 | 09 |
0015 | 05 | 06 | 09 |
0016 | 01 | 02 | 09 | 10 |
2004 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
cover ■「ニセ医学」に騙されないために

 ホメオパシー、デトックス、千島学説、血液型ダイエット、ワクチン有害論、酵素栄養学、オーリングテストなどなど、「ニセ医学」についての本を書きました。あらかじめニセ医学の手口を知ることで被害防止を。

2014-06-05 「ニセ医学」についての本を書きました

[][]「ニセ医学」についての本を書きました 「ニセ医学」についての本を書きましたを含むブックマーク

cover

本を書きました。2014年6月25日が発売予定日です。


■「ニセ医学」に騙されないために NATROM (著)


内容はこのブログの読者にとっては馴染み深いものです。「抗がん剤は毒にしかならない」「麻薬系の鎮痛剤は体に悪い」「瀉血でデトックスできる」という誤解・デマや、ホメオパシーやオーリングテスト、千島学説といった科学的根拠に乏しい主張を30項目取り上げて、批判的に言及しました。ブログと同じような表現になってしまった部分もありますが、基本的にはブログの転載ではなく書き下ろしです。

マーティン・ガードナーの■奇妙な論理や、ASIOS■謎解き超科学のような本と思っていただければよいでしょう。

いつも指摘されることですが、こうした本に載っている情報を本当に必要としている人は読まない、というものがあります。根本的な解決策はないでしょう。次善の策として、少しでもわかりやすく読んでいただけるよう試みました(成功したかどうかはともかくとして)。

医学と「ニセ医学」の間には明確な境界線は引けません。一方の端に十分にエビデンスのある正統な医学があり、もう一方の端に明らかな「ニセ医学」があります。その間にはグレーゾーンが広がっています。科学とニセ科学の間以上に、医学の分野においてはグレーゾーンは広大です。


f:id:NATROM:20140606000221j:image

医学と「ニセ医学」の間に明確な境界線は引けない


企画段階ではグレーゾーンの項目を扱う予定もありましたが、ページ数や時間や私の能力といった制約のため、本書ではかなり黒い側にある「ニセ医学」の例のみを取り上げることになりました。結果的にはわかりやすくなり、「ニセ医学」について不慣れな読者をむやみに混乱させることがなくなったと思います。

ですが、問題が深く、そして興味深いのはグレーゾーンの部分です。普通の病院で行われている医療の中にもグレーゾーンのものはたくさんあります。というか、濃淡はあれどもほとんどがグレーゾーンと言ってもいいくらいです。濃淡というのも不正確で、医療は一次元で良い悪いと評価できるものではなく、多くの評価軸があります。本書では真正面からグレーゾーン部分を論じることはできませんでしたが、考えるヒントぐらいにはなると思います。既に「ニセ医学」について詳しい方が本書を読むときには、グレーゾーンについて思いをめぐらしていただければ幸いです。

帯の推薦文を宋美玄先生に、解説文をサイエンスライターの片瀬久美子さんに書いていただきました。本当にありがとうございました。本を書くきっかけを与えていただいた出版社にも感謝します。(よりにもよって?)この出版社から本を出すことになった経緯については、今後このブログで書きます。最後に、このブログを読んでくださった読者のみなさま、私が本を書くことができたのは、みなさまのおかげです。コメントやブックマークだけでなく、アクセスカウンタが一つ回るだけでも、書く力になります。ありがとうございました。


関連記事

■「謎解き超科学」(書評)

ななせななせ 2014/06/06 05:07 STAP細胞にしても、なんとか大学の研究不正にしても、科学者や医者が、グレーゾーンをいいように利用して金儲けをしている限り、ダメでしょうね。本来なら、科学者や医者は、グレーゾーンに足を踏み込まないものではありませんか?

イボイノシシイボイノシシ 2014/06/06 07:52 正しいか、正しくないかとか、安全か危険かという文脈でいうと、科学はそもそもグレーなものです。STAP細胞にしても、Natureに論文が載ったからといって、科学者の多くは「本当にあるんだ」とは考えません。一つの極めて興味を引く現象が提示されたという捉え方をします。逆に、論文の取り下げに関して合意が出来たからといって「嘘だったんだ」とも考えません。STAP細胞が本当にあるのかというのは、例の論文がらみのゴタゴタがあろうとなかろうと、今後年単位の時間をかけて検証されるべきものです。脱線して済みません。
 話を戻しますと、科学実験から得られるデータには必ず誤差やばらつきがあります。統計的な手続きでそれらの影響も評価したうえで例えば「95%の確率で」とか「±5の幅をもって」という言い方をするのが科学のやり方です。相手が生き物になると個体差その他の影響もあるので、NATROMさんがおっしゃるようにグレーゾーンは広くなるでしょう。
 今回のSTAP細胞の件で改めて感じたのは、科学界とそれ以外の世界では(良し悪しは別にして)科学に対する考え方のギャップが大きいということです。科学界以外の方には、もし科学について語るのであればもっと科学の思考回路について知ってほしいと思いますし、科学界サイドはそれを伝える努力をすべきだと考えます。

antant 2014/06/06 08:06 科学者(医者は医学と言う科学分野にいる科学者)は、グレーゾンに脚を踏み込むべきものです。なぜなら、グレーゾーンこそ真実(真理)が未だ不確定であり、真実(真理)を解明する科学者こそ、その不確実さをただす責務があります。
否、全ての分野(領域)に関する批判的検証を行うのが科学であれば、グレーゾーンだろうとダークゾーンだろうと(そしてホワイトゾーンも)脚を踏み入れ検証を行う必要があります。
深遠を覗き込む者は、深遠から覗き返されている。科学者も人間である以上、一定の割合でダークサイドに移ってしまう人間が出ます。それらに対する批判的検証を怠れば、ダークサイド(グレーゾーンもか)にいる人間がのさばる様になるでしょう。
科学者が白亜の巨塔にこもりっぱなしの方が、ダークサイドやグレーゾーンの人間にとって都合がいい事になるでしょうね。

NATROMNATROM 2014/06/06 09:02 臨床の現場でのグレーゾーンというのは、たとえば以下のようなものです。

外来で診る頭痛の多くは生命の危険のないものです。頭部CTを撮影しても病変はうつりません。軽度の頭痛の患者さんが「心配だから頭部CTを撮ってほしい」と希望したとして、問診や診察によって頭蓋内病変を積極的に疑う所見がなければCTは必要ありません。コストや被曝の問題から、ホイホイとCTを撮ってはいけないということになっています。

ですが、その患者さんが、「最近、友人がくも膜下出血で倒れた。自分もそうなるのではないかと心配で心配で…」と訴えたとしたらどうでしょう。これも教科書的な対応をするならば、不安を十分に傾聴し、CTを撮る必要性が乏しいことを十分にご説明し、ご納得していただくというのが筋です。

ところがですね、はじめからCTを撮る気で来院された患者さんが、「CTは不要である」といくら説明されたところで、ご納得するとは限らんのです。そして付添いのご家族が「そうは言っても不安だから検査してもらいたい」とか言いはじめるんです。こういう場合、私はCTを撮ります。コストは不安を解消するための必要経費、被曝の問題があってもごくごく小さなことです。

これ「ホワイトゾーン」じゃないですよね。「CTを希望する患者さんに対して、CT撮影群と対照群を比較して、前者のほうが不安が解消されQOLが高かった」なんて研究はたぶんありません。かなり白いところではありますが、グレーゾーンです。少なくとも医師は、「不安解消目的にCTを撮るのは完全にホワイトじゃないよ」ということを自覚しながらCTをオーダーしなければなりません。

さらにもうちょっとだけ黒いほうに近いのは、「くも膜下出血を見落としたら訴えられるからCTを撮ろう」とか「十分に説明する時間がないから、とっととCTを撮ろう」とか、そういうケースです。これは現実的な妥協の産物です。これをダメと言い張ったら現場は回りません。しかしながら、問題意識がないのも良くありません。

この本で取り上げた「ニセ医学」は、たとえるなら、ぜんぜん心配もなにもしていない軽症の頭痛の患者さんに対して、「くも膜下出血の可能性がある。CTを撮らなければならない」と吹き込んで、不要なCT検査をガンガン行うようなもんです。グレーゾーンの問題を論じるには、少なくともこうした事例が真っ黒であることを理解している必要があります。「軽症であっても、くも膜下出血の可能性はゼロではない。考えられるメカニズムはこれこれである」などと言いはじめる人にグレーゾーンの議論なんかできるわけがありません。

7$¥ナナシー7$¥ナナシー 2014/06/06 10:27 >「軽症であっても、くも膜下出血の可能性はゼロではない。考えられるメカニズムはこれこれである」などと言いはじめる人にグレーゾーンの議論なんかできるわけがありません。

やっぱりこれは福島の鼻血問題を念頭に置かれての発言でしょうか?

理科の授業でこういうものを取り上げて、論理的思考力を高める工夫は今の学校教育ではされているのでしょうか?
子どもがいない私にはその辺りの状況がさっぱりです。

uchitode2014uchitode2014 2014/06/06 21:51 ニセ医療かどうかはともかく、以下の物質が医療機関で用いられていると聞きました。

Impurity Doped Nitrogen with quarter Oxygen (iDNQO)

・医療機関で赤ん坊にこの物質を無理やり摂取させることがある
・当然、赤ん坊は泣き喚く。
・恐ろしいことに、周りの大人たちはそれを見て笑っているらしい
・この物質のNは、危険物トリニトロトルエンのニトロと同じ意味である
・DHMOと同等の常習性がある

kurokazkurokaz 2014/06/10 13:34 つまらない冗談は2chでやれ。空気嫁。

eed0hjeed0hj 2014/06/19 12:19 初めまして。買って手元に置きたいところですが、お財布状況の理由で図書館に購入希望図書としてお願いしてきました。貸出開始は7月になるそうですが、新刊の借り手一号になるかもと思うとそれはそれで楽しみ。図書館からの「御準備できました」の電話が待ち遠しいです。

eed0hjeed0hj 2014/07/15 14:49 NATROM本を図書館で購入して頂き読みました。借りる際「返却したら当分の間新刊図書コーナーに置かれるんですよね?」とお聞きしたところ、「いえ、次の貸し出し予約が入っていますのでそちらに回ります。」とのお返事でした。一気読みして翌日返却しました。何人の予約が入っているかは聞きそびれましたが(これは単なる私の興味)、予約が途切れたところで一番目立つ場所にある新刊図書コーナーに置かれ、たくさんの方々(高齢者が多い!)の手に「届く」のではないかと思います。

NATROMNATROM 2014/07/15 20:15 読んでいただいてありがとうございました。多くの人に読んでもらいたいです。

とくめいとくめい 2014/07/27 11:09 ななしさま
私は大学で科学者の卵をやっておりますが、ななし様の発言におけるSTAP細胞批判からの唐突すぎる「科学者や医者は、グレーゾーンに足を踏み込まないものではありませんか?」というくだりについて純粋に意味が分かりませんでした。「科学者や医者はあるかわからないものを研究しないものでは」という意味でしょうか・・
あとグレーゾーンをいいように利用して金儲けしているというのもよく分かりませんでした。「あるかどうかも分からないものの存在を検証するために科研費を申請すべきではない」という意味でしょうか・・

KEIKOKEIKO 2014/09/01 23:03 はじめまして。乳がん患者です。手術、放射線、化学療法と終えて今は服薬だけで落ち着いています。治療もうまくいっているようだし、医療関係につとめており普通の人よりは医学知識もあると思うのに、新しい学説?や療法が出るたび不安になりいろいろ試してみたくなっていました。この本を読んで勇気づけられました。ありがとうございました。