NATROMの日記 RSSフィード Twitter

0000 | 01 | 02 | 03 | 04 |
0010 | 11 |
0011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 11 |
0012 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |
0013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 11 |
0014 | 01 | 02 | 05 | 06 | 07 | 09 |
0015 | 05 | 06 | 09 |
0016 | 01 | 02 | 09 |
2004 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 |
cover ■「ニセ医学」に騙されないために

 ホメオパシー、デトックス、千島学説、血液型ダイエット、ワクチン有害論、酵素栄養学、オーリングテストなどなど、「ニセ医学」についての本を書きました。あらかじめニセ医学の手口を知ることで被害防止を。

2014-08-04 海水を点滴したというルネ・カントン氏について調べてみた

[]海水を点滴したというルネ・カントン氏について調べてみた 海水を点滴したというルネ・カントン氏について調べてみたを含むブックマーク

■はてなブックマーク経由で、■「ただの海水で、病気が治っては儲からない」のでウィキペディアから消えている人物:ルネ.カントン|人生は強く,たのしく、しあわせに☆ ネオヒルズというよりも,ネオ日本人。というブログを知った。このブログによれば、ルネ・カントン(Rene Quinton)という人物は、「1907年、初めてのクリニックをオープンしてから、血液の濃度まで薄めた海水を病人に輸血し、1910年までにフランス国内で約70ものクリニックを開け、50万人以上の命を救った」のだそうである。「ただの海水で、病気が治っては儲からない」ため「ペニシリンや抗生物質が売られ始めてから、彼は歴史から消されかけた」とのこと。なお、「ウィキペディアからさえ消えている」そうだが、英語版のWikipediaにRene Quintonの項目は普通に存在する。

情報源は、『「ザ・フナイ」の中で船瀬俊介氏が連載している記事』だそうで、お馴染みの標準医療を否定する論法である。最近では船瀬氏は輸血の有用性を否定しており、ルネ・カントン氏の逸話はその一環である。船瀬氏によれば、輸血には効果がないにも関わらず「悪魔的な吸血ビジネス」として使用されているのだそうだが、むしろ船瀬氏のほうが本の出版や講演会で儲ける「標準医療否定ビジネス」を行っているように思える。船瀬氏の主張を信じるのは個人の自由であるが私はお勧めしない。輸血を拒否し、死亡したり後遺症が残ったりしても、船瀬氏は責任を取ってくれない。

そもそも海水を点滴して大丈夫なのか。海水は浸透圧が高く、そのまま点滴すると血管痛や溶血を起こすだろうが、水で薄めて浸透圧を調整すればその問題は回避できる。次に問題になるのは細菌感染のリスクだ。たとえば海水中にはビブリオ・バルニフィカスという細菌がいて、傷口から感染し敗血症を引き起こすことが知られている。煮沸消毒すれば感染も回避できるが、煮沸後であっても微生物の死骸などの不純物を含む海水を直接血管内に投与すると、アナフィラキシーショックを起こすかもしれない。ただし、感染やアレルギーは確率の問題なので、運が良ければ起こらない。

映画や漫画などのフィクションにおいて、理想的な輸液製剤を使えないという設定下で(離島に遭難したとか、戦場で補給が途絶えたとか、江戸時代にタイムスリップしたとか)、高度な脱水がある患者を救命するために、代替手段として煮沸消毒・ろ過した海水を点滴する医師を描くこともできる。というか、私が知らないだけで、既にそのような作品があっても驚かない。

そんなわけで、「カントンの犬」の逸話は実話であってもおかしくない。カントン氏は、愛犬の血液を瀉血した後に濃度を調節した海水を点滴静注する実験を行い、「赤血球の急速再生」などを観察したそうである。海水を点滴されて運よく死ななかった犬は貧血状態にある。動物の体はうまくできているもので、貧血状態にあると、元に戻ろうと造血機能が亢進する。この生理的な造血亢進を、海水療法による効果と誤認したというのはありそうな話である。

カントン氏が海水療法を行ったのは20世紀の初期の話であり、ブックマークコメントで、カントン氏は「輸液療法の初期の時代の貢献者の一人」である可能性があると述べた。しかし、輸液の歴史をあらためて調べてみたところ、19世紀末には既にリンゲル液(生理食塩水にカリウムやカルシウムを加え浸透圧を調節した細胞外液)が開発されており、カントン氏の輸液療法への貢献はあったとしても小さいものと思われる。

興味深かった発見は、カントン氏の海水療法が現代においても代替医療として利用可能なことであった。"www.quintonhealth.com"というサイトで、"Quinton Isotonic Ampoules"(カントン等張アンプル)が販売されている。24ポンドというから4000円ぐらいか。日本人向けの個人輸入サイト(■クイントン アイソトニック - IAS Japan)でも同様の製品が売られている。


f:id:NATROM:20140804170114j:image

「100%自然!」というキャッチコピーに親和性のある人たちが顧客である


アンプルの形で販売されているが、血管内投与ではなく経口摂取するもののようである。だったら普通に海水を薄めて飲めばよさそうなものだが、業者によれば、「ただの海水」ではなく、特別な作り方をしていると称されている。とくにエビデンスの提示も無く効果効能を謳っているが、少なくとも標準医療の否定はしていなさそうだ。高血圧や心不全といった塩分制限が必要な病態なら話は別だが、健康な人が経口摂取するぶんには単なるお金の無駄に留まる。

「カントン・アイソトニック」は単なる生理食塩水とは異なり、微量のミネラルが含まれているがゆえに特別な効果があると根拠なく主張されている。本当に海水療法に効果があるというのであれば、「カントンの犬」の再現実験をしてみせればよい。実験動物の血を抜いて、「カントン・アイソトニック」を点滴した群と、対照として生理食塩水を点滴した群を比較すればよい。しかし、業者はわざわざそのような実験をしないであろう。商品を売るのが目的だからである。



関連記事

■船瀬俊介に殺される〜「抗ガン剤で殺される!」批判〜

■「ニセ医学」についての本を書きました

首領兵衛首領兵衛 2014/08/05 00:25 最近よく見かける海水療法を検索してこちらにたどり着きました。言いたい事や疑問がソース付きで全て書かれていてとてもスッキリ!ありがとうございます。

shinzorshinzor 2014/08/05 06:05 「ただの海水で、病気が治っては儲からない」ので4000円で売っているのですね。

モグモグ 2014/08/05 09:33 海水輸血は知りませんが、「仁」やゴルゴ13(黄昏のカシミール)で
天然塩を溶かした生理食塩水を点滴や人工血液として利用していました
ただしどちらの作品も、感染症の危険について描写していました

海水療法なんてのをゴルゴ13に施したら
眉間を撃たれても文句言えないですね

メロン記念日メロン記念日 2014/08/05 10:42 海水(=自然塩)万歳が流行っているのでしょうか?
FBでミネラルウォーターに自然塩を入れたものを点眼すると、視力が回復するという説が流れてきました。友人が試そうとしていますが、感染症が心配です。

十六夜十六夜 2014/08/05 21:57 本当は、次のコメントは「ニセ医学に騙されないために」の感想を書く予定だったのですが、どうしてもこのロマンあふれる記事をスルーできなかったのでついコメントをしてしまいました。

いやー、自然派信仰(?)も、命がけですねー。まあ、「ワクチンってなんとなく怖い」とか「普通の野菜より無農薬野菜」とか「放射能が怖いけど、予防手段がないから、とりあえず砂糖玉」ぐらいなら、共感はできなくても理解はできるのですが、この人達は、目の前ですくってきた海水を「じゃあこれを点滴しますね」とバケツもって医者がせまってきたら「ハイ☆」と喜んで腕を差し出すわけですね。

NATROM先生は「海水点滴のリスク」について緻密に分析されていますが(そして私が思っているよりは危険ではないらしい)、私なんかはもう…そんな理屈を知らなくても本能的にムリ。絶対逃げる。

あ、この「理屈ぬきで本能的にイヤ」という感覚が「彼ら」と同じなのか…。

TamemaruTamemaru 2014/08/06 10:29 ちょうどタイムリーにこの記事見た後だからガクブルですよ……。

◆たった1滴の海水の中にこれほど生物がいるとは… GIZMODO JAPAN
http://www.gizmodo.jp/2014/05/1_174.html

質問質問 2014/08/11 02:56 NATROM氏は村田 幸生ですか?

質問2質問2 2014/08/11 03:07 (*・・)σあなたの著作の推薦文を書いてる医者はテレビでノロウイルス患者は病院に行くなと言ってました 無駄だと


村田さんNATROMさん、あなたも同じ考えですか?

NATROMNATROM 2014/08/11 09:00 >NATROM氏は村田 幸生ですか?

個人情報に関する質問にはお答えできません。


>(*・・)σあなたの著作の推薦文を書いてる医者はテレビでノロウイルス患者は病院に行くなと言ってました 無駄だと
>村田さんNATROMさん、あなたも同じ考えですか?

より正確には、宋美玄先生は、「ノロウイルスかどうか診断してもらって来いと患者に言っている学校や職場があるが、ノロウイルス感染であるかどうかを診断してもらうためだけに病院に来るのは意味がないからやめたほうがいい」と仰ったのではないですか。私も同意見です。

ノロウイルス感染を含めた急性胃腸炎には特異的な治療法はなく、強い腹痛がある、嘔吐が酷くて経口摂取できない、症状が長期間持続する、といった理由でもない限り、受診の必要性が乏しいのです。それでもご本人の不安が強いのであれば受診はやむを得ないのですが、「学校や職場に言われたがゆえに診断のための受診」はダメです。

uchitode2014uchitode2014 2014/08/11 10:55
> 日本人向けの個人輸入サイト

リンク先には、「成分」と、「その他の成分」の区分がありますが、
どちらか一方にまとめられそうです。

成分 (略) 塩素,ナトリウム, (略)
その他の成分 塩化ナトリウム, (以下略)

なるほどなるほど 2014/08/11 17:54 (^O^)あなたがどういう考え方の人かよくわかりました


(^-^)

NATROMNATROM 2014/08/11 18:10 >(^O^)あなたがどういう考え方の人かよくわかりました

私や宋美玄先生が、ノロウイルス感染症について標準的な考え方をしていることをわかっていただいたようで、良かったです。今後も適切な受診行動についての情報を発信していきます。

なお、質問さん、質問2さん、なるほどさんはIPアドレスが同一ですが、偶然の一致なのでしょうか。今後もコメントするようであれば、ハンドルネームを統一していただくようにお願いします。ついでに言えば、「あなたの著作の推薦文を書いてる医者はテレビでノロウイルス患者は病院に行くなと言ってました」という主張は不正確ですので、訂正・謝罪するのが礼儀だと思います。

tentententen 2014/08/12 09:14 >>不正確ですので、訂正・謝罪するのが礼儀だと思います

宋さん自身がしないにですか?笑

NATROMNATROM 2014/08/12 12:14 質問さん、質問2さん、なるほどさん、tentenさんは投稿ホストが同一です。いったいなぜしょうね。たまたま偶然に同じプロバイダの方が次々に投稿したのか。それとも、パソコンを共有していらっしゃる家族や職場の同僚なのか。それとも「今後もコメントするようであれば、ハンドルネームを統一していただくようにお願いします」という日本語をご理解できないのか。


>>>不正確ですので、訂正・謝罪するのが礼儀だと思います
>宋さん自身がしないにですか?笑

宋先生が誰かに対して訂正・謝罪する必要があるのでしょうか?その理由は?(tentenさんはこの質問に答えられずに逃げてしまうような予感がします)。

なお、質問2さんが訂正・謝罪するべき理由は明確です。宋先生の発言を誤認し、言ってもいないことを言ったとコメントしたことです。質問2さんは、「あなたの著作の推薦文を書いてる医者[つまり宋美玄先生]はテレビでノロウイルス患者は病院に行くなと言ってました」とコメントしました。実際には、宋先生は「ノロウイルス患者は病院に行くな」とは言っていません。標準的な感染症の知識を持つ医師なら誰でも同意するように、ノロウイルス感染が疑われる事例において、診断だけが目的の受診や軽症者の受診は必要ないと言ったのです。(参考:ノロウイルス流行に関するネット上の医師達の声 http://togetter.com/li/423210 )。

tentententen 2014/08/12 13:03 あなたも宋氏もメディア世界で発信する資格を持ちません。

NATROMNATROM 2014/08/12 13:55 ・宋先生が誰かに対して訂正・謝罪する必要があるのでしょうか?その理由は?

という質問にtentenさんから答えがありません。答えられないからでしょうね。


・「あなたも宋氏もメディア世界で発信する資格を持ちません」とのことですが、その理由は?

この質問に対してもtentenさんはまともに答えられない予感がします。

せせらぎせせらぎ 2014/08/14 17:13 何故ここまでムキになるのか理解に苦しみますね……

私もその番組をみていましたがほそくなどなにもありませんでしたから、tentenさんがそうおもうのも当然だおもいました……

そもそも一般のひとがノロウィルスと自分でははっきり判断dきませんものね…
回りが心配して病院に行けとすすめるのは当たり前ではないのですか?

NATROMNATROM 2014/08/14 18:19 せせらぎさん、コメントありがとうございました。

医学的には、ノロウイルス感染であろうとなかろうと、軽症の胃腸炎で病院を受診する必要はありません。「ノロウィルスと自分でははっきり判断」する必要はありません。

そもそも、番組では、「回りが心配して病院に行けとすすめ」た場合ではなく、「ノロウイルスかどうか診断してもらって来い、という学校や職場が」あった場合の話ではないですか。病状を心配して受診を勧めるのと、学校や職場が診断のために受診して来いというのは全然違います。

また、「ほそくなどなにもありませんでした」とのことですが、「症状が酷かったり、ぐったりした場合を除いて」とは言っていませんでしたか。あやふやな記憶でものを言っていませんか。それともせせらぎさんは番組内容を完璧に記憶なさっておられるのでしょうか。

多くの病院で外来は混雑しています。「回りが心配して病院に行けとすすめるのは当たり前」であるのなら、なおさら、テレビというメディアで、「診断のためだけに受診する必要はない」という情報を多くの人に伝えることは必要でしょう。臨床の現場にいるものとして、とてもありがたいと思います。「メディア世界で発信する資格を持ちません」というtentenさんの主張はまったくの意味不明です。

ゆんゆん探偵ゆんゆん探偵 2014/08/14 18:30 http://gurikenblog.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/post-92ed.html
ノロに関してはこんなやりとりがあったんですねー。
大元のとくダネ!の放送がすでに一年半前のことですか。
とくダネ!での宋先生の発言をJ-CASTニュースが曲解した
……という経緯があるようですが、元の番組を見てみたいな。

ゆんゆん探偵ゆんゆん探偵 2014/08/14 18:33 文脈的に見ると宋先生の大元の発言の意図はこういうことですよね。
「マスコミが騒いでるからってそこまで身体に変調も無いのに病院行くのは誰も得しないからやめようね!
普通に、身体の調子悪いな−、きついなーって理由で病院受診すればじゅうぶんだから!」
とくダネ!でそれが伝わる内容になってたかどうかは、私は見てないので判断つかないわけですが。

ゆんゆん探偵ゆんゆん探偵 2014/08/14 18:36 「普通に、身体の調子悪いな−、きついなーって理由」ってのはつまり
「ノロかどうかと考えて自分の判断基準を変えることなく、普段自分が病院に行くかどうかの判断基準に従って考えればそれでよい」ってくらいの意味です。

nn 2014/08/14 19:31 「インフルやノロ感染を疑ったら、軽症でもすぐに病院で検査を受けよう、その結果(陽性でも陰性でも)を見れば安心できる」というのは、一般人(と、数学に弱い一部の医師)が持っている典型的な誤解です。その認識は、医療費の無駄だとか病院の忙しさとか以前の話として、計算が間違っています。どんな検査にも偽陰性とか偽陽性というものがあり、軽症の人に無理に検査を受けさせても、本人が得をしないばかりか、周囲の感染予防という意味ですらメリットはありません。「感染症の陰性証明」を誰が始めたのか知りませんが、無意味さについては例えばこの辺で解説されています。
http://www7a.biglobe.ne.jp/~doctorn/hakajyo/kensa.html
こんなのホントは医学部の初期くらいで勉強させられる話なのですが、現実にはこの辺を理解していない医師と、分かってても儲かるので検査する医師とで大半を占めてしまっています。NATROMさんのように、ブログでくらい正論で堂々と言う人がいてもいいんじゃないかな。
あと当たり前ですが、本人が現に症状で強く苦しんでる時に受診するなと言う医療機関はありません。

雷神雷神 2014/08/17 09:29 >「ただの海水で、病気が治っては儲からない」ので4000円で売っているのですね。

買う側の心理としては4000円で買うから病気が治ると思う訳で、これが100円だったら治ると思う人は寧ろ少ないのではないかと思います。

十六夜十六夜 2014/08/17 12:37 「ここまでムキになっている人」とは、実際に軽症でも診断目的で受診した人や、急性胃腸炎症状で受診した人が

「だって仕方ないだろ! 診断書がでなきゃ会社来ちゃ駄目だっていうんだからさ〜!!(怒) 文句は俺じゃなくて会社に言えよ!」とか

「いや、だって本当に苦しくて吐きまくって下痢しまくって熱も出て本当に死ぬかと思ったんだから! は? 急性胃腸炎では受診の必要がない? だーかーらー、それが素人には判らないんだっつーの! 他の重大な病気かもしれないって思うじゃん!」

と、自分が責められている気になって、見えない敵と戦っているのではないかと。

勿論、NATROM先生も宋先生も「文句を会社に言っている」のだし、「本当に死ぬかと思うほど苦しい人」に病院に来るなとは言っていないわけで。

tentententen 2014/08/19 14:55 自演するならもっとわかりづらくやりなさいな

(笑)

かりやかりや 2014/08/20 14:03 当該の記事は私も読みました。
まあ大量失血にともなう血圧低下を防ぐという意味では効果が多少あったのかもなーと思います。
あと犬に輸液した実験で白血球量が増えたっていうのは感染症を起こしたのでは?とも…
具体的にどれくらい増えたのかにもよりますが…

tentententen 2014/08/21 01:13 >多くの病院で外来は混雑しています


こんなものはあなた方医者の都合でしょう
訪れる人間を限定したいなら予約制にでもしたらどうですか(笑)

NATROMNATROM 2014/08/21 08:33 tentenさんは、まず、以下の質問に答えてください。

・宋先生が誰かに対して訂正・謝罪する必要があるのでしょうか?その理由は?
・「あなたも宋氏もメディア世界で発信する資格を持ちません」とのことですが、その理由は?


>こんなものはあなた方医者の都合でしょう
>訪れる人間を限定したいなら予約制にでもしたらどうですか(笑)

定期通院であれば多くの病院では予約制にしていますが、急に発症する疾患を予約制にするのは難しいのです。海外ではGeneral Practitioner(家庭医/かかりつけ医)に受診するのも数日待ちという国もありますが、日本ではほとんどの病院で予約なし、待ち時間が長いといってもその日のうちに診てもらえます。日本の医療制度におけるアクセスの良さは世界でも高く評価されています。

しかしながら、そのアクセスの良さがゆえに患者数の増大を招き、医療資源が浪費されています。このままでは制度的にアクセス制限をせざるを得なくなるかもしれませんが、それよりも各自が「賢い医師へのかかり方」を行うほうが望ましいと思います。これは「医者の都合」という話ではありません。軽症で医療の必要性に乏しい患者さんがむやみに病院にかかることで、日本の優れたフリーアクセスが制限されるかもしれないのです。そのことで迷惑を被るのは、他の患者さんです。

OceanBlueOceanBlue 2014/08/21 12:54 いつまでブログ記事の内容と関係のないやり取りがコメント欄で続くのでしょうか?(と、記事と無関係なことを書く私が言っても説得力ゼロですね(^^;)

個人的にはtentenさんがNatromさんの質問にどう答えるのかと、記事と無関係のことをわざわざ書いた理由には興味はありますが…(笑)

tentententen 2014/08/21 14:45 でわたしが謝罪などどこで求めているのですか笑

訂正も謝罪もあなたが勝手に言い出してるだけじゃないかね

>予感
あなたはテレパシーかなにかを信じている人なのですか(笑)

NATROMNATROM 2014/08/21 19:02 tentenさんへ

>でわたしが謝罪などどこで求めているのですか笑
>訂正も謝罪もあなたが勝手に言い出してるだけじゃないかね

tentenさんは、2014/08/12 09:14に、
********************
>>不正確ですので、訂正・謝罪するのが礼儀だと思います

宋さん自身がしないにですか?笑
********************
とコメントしています。「宋さん自身訂正・謝罪しないのに、私(質問さん、質問2さん、なるほどさん)が訂正・謝罪する必要があるですか」という意味ではないのしょうか。いずれにせよ、「訂正も謝罪もあなたが勝手に言い出してるだけ」と仰るということは、

・宋先生が誰かに対して訂正・謝罪する必要はない

という点を、tentenさんが認めたわけですね。

もう一点、tentenさんは、2014/08/12 13:03に、
********************
あなたも宋氏もメディア世界で発信する資格を持ちません。
********************
とコメントしました。その理由について二回質問しましたが、tentenさんは答えていません。tentenさんはその理由について説明できないから、つまり、tentenさんは宋先生や私の主張を気に入らないと感じているものの、その理由を明確に説明する能力に欠けているからだと思います。


>>予感
>あなたはテレパシーかなにかを信じている人なのですか(笑)

それを言うならテレパシーではなく予知能力の類だと言うべきだと思います。実際のところ、ESPのような力がなくても、tentenさんがご自分の発言のついて無責任に逃げ回るだけなど容易に予想ができるのです。

日本の医療制度において急患を予約制にはできない点についての私の説明に対し、tentenさんから反論がなくてなによりです。ご理解いただけましたでしょうか。

tentententen 2014/08/21 21:09 具体的に説明しなさいな

無意味な長文はいりません(笑)

>宋さん自身がしないにですか?笑

この文のどこに訂正や謝罪しろという意味があるのですか?

tentententen 2014/08/21 21:16 >その理由について二回質問しましたが、tentenさんは答えていません。tentenさんはその理由について説明できないから、つまり、tentenさんは宋先生や私の主張を気に入らないと感じているものの、その理由を明確に説明する能力に欠けているからだと思います。


あなたは自分で自覚する能力も理解する能力もないのですか?笑

雷神雷神 2014/08/21 22:05 単一の論点さえ真っ当に理解出来ない人が居る状況で、別の論点を示すと混乱を助長しそうで怖いのですが、混乱せずに読んで頂ける方がいらっしゃる事を期待して、敢えてコメントします。

*

まず、医療というサービスは量的に有限なリソースです。従い、その配分を適正に行わなければ社会的な損失が生じます。具体的に言えば、専らノロかどうかの診断のための受診により医療サービスが消費されれば、緊急度や優先度の高い目的(例えば救急患者や「本当に死ぬかと思うほど苦しい人」などの診察)に医療というサービスを供給する機会が失われます。

従い、専らノロかどうかの診断のための受診は控えるよう要請する事は、受診者全体に対する医療サービスの効用(の総和)を最大化するための『社会の要請』であり、単に医師の都合では無いと考えます。

では、医療というサービスの供給量を増やして専らノロかどうかの診断を目的とする受診が可能となるようにすべきでしょうか?

nさんの指摘のように、このような診断には社会的にも受診者個人にも便益は有りませんから、このような目的のために医療というサービスを投入する事は、個人負担であれ公的負担であれ正当性は無い事になります。

NATROMNATROM 2014/08/21 23:28 適切な受診行動のための情報提供は日本医師会なども行っていますが、どうしても開業医のための団体という側面があるせいか、受診を促す方向へ傾きがちです。無駄な受診を減らすことは医療費削減のみならず、過剰医療を回避できるという患者側の利益もあるのですが、いったいなぜだか反発する人がいるのは興味深いことです。

十六夜十六夜 2014/08/22 22:16 あえてエントリーに関係ない話題を続けてみるテスト

ハイ tentenさん質問です! 「判りやすい自演」とはどの投稿のことですか? すみませんが頭の悪い私には判りません。

う〜ん、文脈的には多分私も「自演」仲間に入れられているんでしょうが…、というか私がかの有名なNATROM先生だったとは! いや〜〜知らなかった〜〜(笑)

私なんか例えば、以下のエントリーでNATROM先生に反論してボッコボコにされているんですが、これが「自演」だとしたら、「判りやすい」どころか、相当手が込んだ自演ですねぇ…。

http://d.hatena.ne.jp/NATROM/searchdiary?word=%CA%DD%B8%B1%C0%C1%B5%E1&.submit=%B8%A1%BA%F7&type=detail

ていうか自演だとしたら、NATROM先生が今回の出版でがっぽり稼いだ(推定)印税も私のものということに…。ぬぉぉぉぉ〜〜〜! 自演してェェェェ〜〜〜!!!(違)

カントン否定派カントン否定派 2014/09/02 22:55 tentenって内海聡じゃ無いですかね?
いかにも彼のやりそうな行為見えました

放置医放置医 2014/09/03 16:40 内海聡氏についてはこんな情報もあります。
https://www.facebook.com/permalink.php?id=100000564424405&story_fbid=890373037658169