NATROMの日記 RSSフィード Twitter

0000 | 01 | 02 | 03 | 04 |
0010 | 11 |
0011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 11 |
0012 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |
0013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 11 |
0014 | 01 | 02 | 05 | 06 | 07 | 09 |
0015 | 05 | 06 | 09 |
0016 | 01 | 02 | 09 | 10 |
0017 | 01 | 03 | 05 |
2004 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 |
cover ■「ニセ医学」に騙されないために

 ホメオパシー、デトックス、千島学説、血液型ダイエット、ワクチン有害論、酵素栄養学、オーリングテストなどなど、「ニセ医学」についての本を書きました。あらかじめニセ医学の手口を知ることで被害防止を。

2015-02-20 「MCSの本物の性質が認識されている公式な報告書」って、どれ?

[]それで、「MCSの本物の性質が認識されている公式な報告書」って、どれ? それで、「MCSの本物の性質が認識されている公式な報告書」って、どれ?を含むブックマーク

代替医療を提唱・実践する組織が、○○医学協会、○○学会、○○研究所、○○医学センターなどを名乗ることがある。慣れない人が公的な組織であると誤解することもあるだろうが、名乗るのは自由である。また、代替医療の組織が医学雑誌を発行することも自由である。組織外のメンバーに読まれるかどうかはともかくとして、論文のようなものを掲載すれば医学雑誌のように見える。なんならグループ内部で査読したことにしてもいい。

たとえばの話、日本ホメオパシー医学協会*1が、見た目の体裁だけは整った医学雑誌を発行することもできる。そのような雑誌に載った総説に「複数の公的な報告書がホメオパシーの有効性を科学的に認めている」と書いてあったとして、読者らは信じるだろうか?

さて、sivad氏は、「もう少し新しい知見を追いましょうね」として、イギリス・アレルギー環境栄養医学協会(BSAENM)の報告書(以下BSAENM報告書)を引用している。



■NATROM氏はどこで道をあやまったのか〜なぜ1994年報告書はMCSや臨床環境医を否定しなかったのか〜 - 赤の女王とお茶を

ちなみに氏は英国の、またぞろ1994年の文献を持ち出してきています。何度もいいますが、もう少し新しい知見を追いましょうね。たとえば英国なら2000年にイギリス・アレルギー環境栄養医学協会(BSAENM)が報告書を出しています。

Multiple Chemical Sensitivity: Recognition and Management. A document on the health effects of everyday chemical exposures and their implications

http://www.bsem.org.uk/uploads/BSEM%20MCS%20Report.pdf

EXECUTIVE SUMMARYの4を見てみましょう。

The genuine nature of MCS has been recognized by officially commissioned reports from independent scientists in the USA and the UK, who have concluded that it is a valid diagnosis and a sometimes disabling condition, although all have stressed the need for further research.

MCSの本物の性質は、米国と英国とでそれぞれ独立した科学者らによる公式な報告書において認識されており、MCSが有効な診断であり、時に重篤な疾患であると結論しているが、すべてにおいてさらなる研究が必要だと強調されている。

そういうことですね。



「MCSの本物の性質は、米国と英国とでそれぞれ独立した科学者らによる公式な報告書において認識されて」いるのだそうである。文脈からは、「化学物質曝露との関係はともかくとして、MCSとされる患者さんの苦痛は本物である」といった意味ではなく、「臨床環境医の主張するように、超微量の化学物質の曝露で症状が誘発される疾患は実際に存在する」という意味だと取れる。ただ、BSAENM報告書の該当箇所には参考文献の提示がなく、「米国と英国の公式な報告書」が具体的にどの文書なのか不明である。

さらに、285編もの長い参考文献のリストがあるにも関わらず、臨床環境医学に批判的な1992年のアメリカ医師会の報告書*2、あるいは1989年のアメリカ内科学会のposition paper*3も含まれていない。また、2000年であれば、すでにMCS(Multiple chemical sensitivity:多発性化学物質過敏症)の別名としてIEI(Idiopathic Environmental Intolerance:本態性環境不耐性症)という、より中立的だとされる呼称が提唱されていたのに、BSAENM報告書にはIEIについてまったく言及がない。そもそも、BSAENM報告書を出したイギリス・アレルギー環境栄養医学協会(BSAENM)なる組織は、どのような性格を持つのであろうか。また、BSAENM報告書が掲載されている雑誌、Journal of Nutritional & Environmental Medicineはどのような位置づけの雑誌なのだろう。

BSAENM報告書BSEM(British Society for Ecological Medicine:イギリス生態医学協会)のウェブサイト内にある*4Our history(我々の歴史)というページによれば、2005年にBSAENMからBSEMに名前が変わっており、事実上同じ組織であることがわかる。さらにさかのぼれば、Clinical Ecology Groupつまり臨床環境医学のグループがその起源である

BSEMは主に代替医療を行っている組織である。BSEMのサイトではBSEMのトレーニングを受けた開業医を検索するメニュー(Find a practitioner)があり、開業医の使用するMethodsを検索条件にできる。これらのMethodsの多くが代替医療である。読者になじみのあるのはホメオパシーだろう。現時点では、検索可能な開業医15人のうち、7人がホメオパシーを使用している。また、BSEMの会長のDr Damien Downingはホメオパシーに擁護的であるとして批判されている*5

「NATROMがまたホメオパシーを持ち出して印象操作している」「ホメオパシーには興味がない」「臨床環境医はホメオパシーだけを研究しているわけではない」などという的外れな批判が予測されるので、あらかじめ反論しておく。私がホメオパシーを例に挙げるのは、ホメオパシーの非科学性が周知されているからに過ぎない。BSEMが代替医療を行っているとする根拠はホメオパシー以外にも多くある。たとえば、"Bio-identical Hormons"や"i.v. Detoxiification"などのBSEMの開業医が用いている他の代替医療を挙げても私の主張は可能である。しかし、それらの代替医療が一体どういうもので、どういう評価がなされているのかをいちいち説明する必要がある。ホメオパシーならそのような説明が不要である。

BSAENM報告書が掲載されたJournal of Nutritional & Environmental Medicineについても話しておこう。これはBSEM(2000年当時はBSAENM)が発行している医学雑誌である。ResearchGateというサイトで調べてみたところ、Journal of Nutritional & Environmental Medicineのインパクト・ファクター(その雑誌に掲載された論文がどれくらい引用されているかを示す指標)はゼロであった*6。ちなみに同サイトによると、1992年のアメリカ医師会の報告書が掲載されたJAMAのインパクト・ファクターは約30、また、1989年のアメリカ内科学会のposition paperが掲載されたAnnals of internal medicineは約16である。両誌ともに数多くある臨床系の医学雑誌の中で5本の指に入る。ただしこれらの数字は近年のものであるので、BSAENM報告書が掲載された2000年ごろは異なる数字かもしれない。しかしながら、Journal of Nutritional & Environmental Medicineがきわめてマイナーな雑誌であることは間違いない。BSEMのメンバー以外にはほとんど読まれていないと私は思う。

それどころか、Journal of Nutritional & Environmental Medicineに掲載された「論文」のほとんどがPubMedで検索できない。PubMedは、医学論文を検索するための世界最大のデータベースである。別に代替医療だからといってPubMedから排除されているわけではなく、代替医療に関する論文も多数検索できる。しかしながら、Pubmedを運営するアメリカ国立医学図書館は、Journal of Nutritional & Environmental Medicineに掲載されるような論文は検索されるに値しないと判断したわけである。PubMedを普段使わない読者には伝わりにくいかもしれないが、そうでない読者は、Journal of Nutritional & Environmental Medicineなる雑誌に学術的価値がほとんど認められていないことをご理解できたであろう。

「MCSの本物の性質」が公式な報告書において認識されていると主張したいのであれば、その公式な報告書を示せばよい。しかし、公的な報告書ではなく、代替医療を行っている組織が発行する、Pubmedにおいて検索されるに値しないとみなされている医学雑誌に掲載された報告書をsivad氏は示した。なぜか。つまりはそういうことである。



関連記事

■「EPAらが臨床環境医を否定できなくなった」という主張は根拠なし

■1994年報告書は多種化学物質過敏症の概念を支持していない

*1:「山口新生児ビタミンK欠乏性出血症死亡事故」において、乳児にビタミンKシロップを与えなかった助産師が所属していた団体

*2http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/1460738

*3http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/2662850

*4:URL:http://www.bsem.org.uk/uploads/BSEM%20MCS%20Report.pdf

*5https://apgaylard.wordpress.com/2008/04/26/homeopathy-and-the-absence-of-evidence/

*6http://www.researchgate.net/journal/1359-0847_Journal_of_Nutritional_Environmental_Medicine

bamboobamboo 2015/02/22 16:30 日本バイ・ディジタルO−リングテスト医学会なんてものもありますしね。
ttp://bdort.kenkyuukai.jp/about/
上記のサイトは m3.com のサイトなのですが、m3.comというのは、そういう会社なんですかねえ。
そういえば、ドクター中松もお手盛り学会を作っていたなあ。

傍観者傍観者 2015/11/17 02:21 http://state-of-our-world-anan1477.blogspot.jp/2013/05/cs6-the-damage-caused-by-misinformation.html

『化学物質過敏症の風評被害について ・ 過去の二重盲検法の問題点……』

まあ、リンク先のPDFファイルは、オーストラリア政府のもので間違いがないのでしょう。オーストラリアのロゴが描かれていましたから…。

私は、それ以上は、言いません。

傍観者傍観者 2015/11/17 02:31 ついでにこちらも

http://state-of-our-world-anan1477.blogspot.jp/2013/05/cs5-the-damage-caused-by-misinformation.html

『化学物質過敏症の風評被害について』

いっそのこと、皆さん、anan1477さんの化学物質過敏症の記事全部隅々まで読んだほうが良いんじゃないですかね?

http://state-of-our-world-anan1477.blogspot.jp/2015/03/Category-Archive.html

TAKATAKA 2015/11/18 20:22  こんにちは。初めにプレゾンテしておきます。私は、「常勝のニセ科学批判批判への道を探求している者」です。
 ちなみに先ほどまでは、「ハイコンテクスト」という言葉と、「最高に『ハイ!』ってやつだ、WRYYY!」という言葉の、語源の関係について調べていました。

 ところで、傍観者さんによる以下の言い回しに私は注目しました。

 >『私は、それ以上は、言いません』

 これは斬新な言い回しだと思いました。
 というのも、他の読者の皆さんから、「だから何? その記事を私達に読ませることによって、NATROMさんの主張に誤りがあることを悟らせたいのかしら?」という感じのツッコミをもらった際に、「この私は、他所で見つけた記事を紹介しただけの者である。NATROMさんに反論したいわけでもなく、かといって賛同するわけでもない、公平無私の紹介者にすぎないのである。よって、諸君が私にツッコミを入れる行為は、全くの的外れな行為だといえる」と返すことが可能だからです。

 「客観的な立場の紹介者であることを名乗りつつ、気がついたら世の全てのニセ科学批判者達に勝ってしまっていた論法」を模索している私にとって、大変参考になった次第です。

OceanBlueOceanBlue 2015/11/19 12:47 傍観者様、OceanBlueと申します。

 11/17 2:21付け記事にの『化学物質過敏症の風評被害について ・ 過去の二重盲検法の問題点……』を紹介されたコメントで、

> まあ、リンク先のPDFファイルは、オーストラリア政府のもので間違いがないのでしょ
> う。オーストラリアのロゴが描かれていましたから…。

と書かれていましたが、リンク先の記事内にPDFファイル、もしくはPDFファイルへのリンクは見つかりませんでした。「オーストラリア政府のもので間違いがない」ことを確認したいので、PDFファイルへの直リンクをご教示いただけないでしょうか。

2015-02-15 「EPAらが臨床環境医を否定できなくなった」という主張は根拠なし

[]「EPAらが臨床環境医を否定できなくなった」という主張には根拠がない 「EPAらが臨床環境医を否定できなくなった」という主張には根拠がないを含むブックマーク

sivad氏によると、1994年ごろには「EPA(Environmental Protection Agency:米国環境保護庁)らがMCSや臨床環境医を否定できなくなった」のだそうで、その根拠として提出されているのが、1994年報告書に挙げられているMillerの報告■White paper: Chemical sensitivity: history and phenomenology., Toxicol Ind Health. 1994 Jul-Oct;10(4-5):253-76.である。Millerによれば、EPAの内部で200人超の職員がシックビルディング症候群に関連した症状を呈し、そのうち十数名がMCSを発症したとのことである。

Miller CS(Claudia S. Miller)は医師で、現在はテキサス大学の教授である。MCS(Multiple chemical sensitivity:多発性化学物質過敏症)の疾患概念に肯定的な研究者の中では比較的ましな部類に入る。この点では、たとえば、ホメオパシーをはじめとする効果の不明確な治療を行い、当局から懲戒処分請求を受けるようなウィリアム・レイ(William Rea)医師*1などとは異なる。

Millerの功績の一つは、化学物質過敏症患者のスクリーニングのための調査票QEESI (Quick Environmental Exposure and Sensitivity Inventory)の開発である。MCSには明確な診断基準がなく、研究者Aの指すMCSと研究者Bの指すMCSが同一である保障がなかった。QEESIは自己申告に依存するため、実際に化学物質に反応する症例と化学物質に反応すると思い込んでいるだけの症例とを区別できないという欠点はある。一方、一定以上の得点を得た患者さんは真の原因はともかくとしてなんらかの健康問題を抱えてる可能性が高いわけで、そうした患者さんを拾い上げるのには役立つ*2

また、MillerはMCSとされる患者さんの奇妙に見える反応への説明として、ユニークなモデルを提唱した(参考:■反証が事実上不可能な方向に進んでいるように見える: 忘却からの帰還)。症状を引き起こすとされる化学物質に暴露しても症状を引き起こさなかったり、むしろそうした化学物質を積極的に摂取したりする患者さんが一部にいる。こうした現象はMillerによれば暴露後の二極性の反応の重なり合いとして説明される(その化学物質は実際には症状を引き起こさない、と考えてもそのような現象は説明できると私は思うが)。このモデルは当時はもちろん、現在でも証明されていない。

私の把握している範囲内ではMillerが臨床環境医を名乗ったことはない。近年ではMCSという名称の代わりに新たにTILT(Toxicant Induced Loss of Tolerance:毒物誘因耐性消失)という用語を提唱している。Millerの意図はわからないが、もし私が研究者だったとしたら、MCSという用語はできるだけ避ける。なぜなら、既にMCSという用語は臨床環境医による怪しげな主張と強く結びついているからである。

さて、EPA職員がMCSを発症したと主張しているのはMillerである。EPAではない。sivad氏は「引用されている」と書いているが、私の把握している範囲内では1994年報告書にMiller報告は引用されていない。EPAは、"For Assistance and Additional Information"としてMiller報告を参考文献の一つに挙げているだけである。なお、EPAが同じく参考文献の一つに挙げた"Terr, A. "Clinical Ecology". Annals of Internal Medicine. III(2): 168-178."は、■臨床環境医学は専門家にも注目されていた。悪い意味で。で紹介したアメリカ内科学会のposition paperである*3。「そこにいたる経緯を知りたければ、当該文書にある参考文献を読むべきなんじゃないですか」と仰ったsivad氏は、もちろんこの文献もお読みであり、今後のエントリーで言及してくださるのであろう。

要するに、Miller報告はMCSに関するさまざまな意見があることを紹介する文献の一つに過ぎない。sivad氏は、Miller報告内の主張とEPAの主張を明確に区別していただきたい。sivad氏の言うように、「EPA内部でMCSが発症していた」ことが事実であり、EPAもそう考えていたとしたら、1994年報告書には間に合わずとも、後にEPAをはじめとした公的機関がなんらかの総括なり声明なりを公開していることが期待できる。しかし、私の知る範囲内ではEPA内でのMCS発症についてはMillerとそのグループによって言及されているのみである。

ついでに言えば、仮にEPAがMiller報告の内容を全面的に支持していたとしても、「EPAらが臨床環境医を否定できなくなった」とは必ずしも言えない。なぜなら「臨床環境医学はトンデモでどうしようもなくダメダメではあるが、それはそれとしてMCSという病態はあるのだ」という立場もありうるからである。とくに1994年の段階では。Miller報告はMCSの疾患概念には肯定的であるが、臨床環境医学に対してはよくて中立的で、私には臨床環境医たちから距離を置こうとしていることが読み取れる*4。「EPAらが臨床環境医を否定できなくなった」と主張するにはMiller報告だけでは不十分である。

なお、1994年の段階で、MCSが研究に値する、あるいは警戒されるにしかるべき疾患であったというのは正しい。予算もついて研究もなされた。別に「わかるまで放置」されたり、「機序がわからないなら心因性にしてしまえばOK」とされたわけではない。しかし、1994年から20年以上が経ったが、MCSの疾患概念、診断基準、治療法などにはいまだ定まった見解はない。MCSとされている患者さんの症状誘発の原因が微量の化学物質の暴露ではなかったとしたら、真の原因や有効な治療法についての研究の遅れによって被った患者さんたちの被害は甚大である。患者さんの苦痛は本当はどうでもよく、単に化学物質の害を指摘したいだけの論者でもない限り、こうした被害についても考慮するであろう。

sivad氏は「MCSの本物の性質は、米国と英国とでそれぞれ独立した科学者らによる公式な報告書において認識されて」いるという2000年のイギリス・アレルギー環境栄養医学協会(BSAENM)の報告を挙げている。BSAENMなる組織の信頼性については、近日中に書く予定である。



関連記事

■1994年報告書は多種化学物質過敏症の概念を支持していない

■「MCSの本物の性質が認識されている公式な報告書」って、どれ?

*1■治療にホメオパシーを用いる化学物質過敏症の権威 ■メモ「排気ガスを希釈して電磁気的印影しか残っていない液で治療するWilliam Rea, MD」: 忘却からの帰還■William Rea医師への懲戒請求 2007-09-21 - 食品安全情報blog

*2:"Apart from the debate over causality, chemical intolerance holds particular relevance for primary care clinicians.", Katerndahl DA et al., Ann Fam Med. 2012 Jul-Aug;10(4):357-65.

*3■Clinical ecology. American College of Physicians. - PubMed - NCBI

*4:たとえば、"The New Jersey Report on chemical sensitivity suggested that legitimate professional concerns over unorthodox diagnostic and treatment approaches employed by the clinical ecologists be separated carefully from the question "Does chemical sensitivity exist as a clinical entity?""

nn 2015/02/18 10:00 詳しくない分野なんで傍観してましたし参考文献まで目も通していませんが、「1994年報告書」の該当欄、一読してMCSに対するイヤミだらけの批判的言及に見えるのですが…。

●そもそも書いてある位置が「そういう質問をする人がいるかもしれないので」という補足的欄。近年勃興したマトモな医学と思っていればこんな扱いはしない。
●「Persons with the diagnostic label of multiple chemical sensitivity are said to suffer 〜 (MCSの診断のレッテルを貼られた人々が苦しんでいるとされているのは…)」とか「Some who espouse the concept of MCS believe that 〜 (一部のMCSの信奉者が信じているところによれば…)」といった言い回しは、MCSを肯定したと読解されないよう明らかに意図的に言葉を選んでいる。espouseって普通の医学論文じゃ滅多に見ない単語。
●該当節では「"total allergy"」などと、名称をやたら二重引用符で囲んで提示しているが、これは典型的な英語のscare quotesの用法で、「誰かさんが言うところの」というニュアンス。

最後の「心因性だと切り捨てずに調べましょう」には、毒にも薬にもならない綺麗事でお茶を濁して締める配慮が感じられ、他のケチョンケチョンな報告と比べると相対的には中立寄りかもしれません。が、「無視出来ない派閥がいるので、擁護していると絶対思われないように配慮しつつ、イヤミっぽく言及する」という雰囲気の文章なので、ある程度読解力があって医学論文を読み慣れた人が「擁護している」と解釈するのは無理なんじゃないかと思います。

sivad氏によればこの時点で既にEPA内部で現にMCSが発症しまくっており(ただしソースはMiller氏)、EPAがMCSを擁護しないことは有り得ないという流れだったそうで。スポーツ新聞の「情報筋からの噂ではあの2人は離婚間近」みたいな記事じゃあるまいし、そんな間接的証拠じゃなく英文そのまま味わった方がいいと思います。

NN 2015/02/18 19:29 へ〜、またバカな事を言い出したよこの人。
たとえ 「EPAらが臨床環境医を否定できなくなった」という主張は根拠なしであったとして,Multiple Chemical Sensitivityの存在がなくなる訳でもあるまいし。
NATROM氏は自分の言い分を正当化させる事しか考えてないようですね。
本がもう売れなくなったからバッシングされないように我慢していたんでしょうけど情けないです。
今回のレビュー採点はどうなるでしょうね、★0かな。

mushimushi 2015/02/18 22:10 『「EPAらが臨床環境医を否定できなくなった」という主張は根拠なしであった』と認識されているのなら、とりあえずはそれで十分です。

NATROMNATROM 2015/02/19 09:03 Nさんへ。

『「臨床環境医学はトンデモでどうしようもなくダメダメではあるが、それはそれとしてMCSという病態はあるのだ」という立場もありうる〜』

という部分まで読んでいただければ幸いです。

るんるん 2016/10/02 18:03 以前NATROM先生は新型シックハウス症候群なぞ無いと断言していましたが
科学的エビデンスに基づく「新シックハウス症候群に関する相談と対策マニュアル(改訂版)」の作成
というのが2014年から研究されてますが?

NATROMNATROM 2016/10/02 18:58 それは「『新型シックハウス症候群』のマニュアル」ではなく「新・シックハウス症候群のマニュアル」なのではないでしょうか。日本ローカルの診断基準で「新型シックハウス症候群」というのがあってもおかしくはないとは思いますが、現時点で"新型シックハウス症候群"を検索しても、ほとんど情報がありません( https://www.google.co.jp/webhp?sourceid=chrome-instant&ion=1&espv=2&ie=UTF-8#q=%22%E6%96%B0%E5%9E%8B%E3%82%B7%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%8F%E3%82%A6%E3%82%B9%E7%97%87%E5%80%99%E7%BE%A4%22 )。

るんるん 2016/10/04 03:33 「新型」という名称に拘るから見えてこないでしょう。Multiple Chemical Sensitivityも脳アレルギー等様々な呼び方がされました。主に建築業界でシックハウス症候群対策品を使っても対応できていない事から使われている言葉ですが化学物質の代替品として化学物質を使ってシックハウス症候群の主な症状である中毒様症状が起こる事はおかしい事ではないはずです。
シックハウス症候群の研究がまだ続いている事についてこう書いてある物があります。
https://mhlw-grants.niph.go.jp/niph/search/NIDD00.do?resrchNum=201330005B
結論:
SBS関連症状と粉じん濃度など室内空気質に係る複数要因に関連を認め「省エネ・経済性等に由来する社会的要請」と「部分空調等に代表される技術革新」による影響を俯瞰して,今日もSBSは潜在していることを指摘した。対策や基準の構築にはエビデンスレベルの高い資料整備が必要である。また,建築物衛生管理のあり方については,実態把握を通して,高齢者福祉施設や住宅の衛生環境整備などの重要さと必要性を確認した。新しい空調技術・社会的要請への対応をめざし,個別空調に代表される新技術について衛生管理や監視・指導に対応した指針やマニュアルの整備普及を提言する。
[今日もSBSは潜在していることを指摘した。]対策をしたはずなのにまだ起こるから研究されているのですが何かおかしいですか?
既にシックハウス症候群は主犯をホルムアルデヒドと決めたのにまだ研究されているのは何故でしょう?代替品ののりが水分を化学反応を起こしアセトアルデヒドを発生させたなど建築業界では色々な不具合が出ています。
シックハウス症候群を否定しないという姿勢だったはずのNATROM先生ではなかったのでしょうか?このやり方を否定したら一部引用ばかりのNATROM先生の主張も再考するべきではないでしょうか?

NATROMNATROM 2016/10/04 08:29 「対策をしても現在もシックハウス症候群が起こるから研究されている」というのは事実でしょうね。その事実は「新型シックハウス症候群という用語はアカデミックの場ではほとんど使用されていない」ことと両立します。麻疹対策をしても麻疹は起こり研究もされていますが、誰も「新型麻疹」とかいわないでしょ。

さらに言うなら、よしんば「新型シックハウス症候群」という言葉が使用されているとしても、臨床環境医のいう多発性化学物質過敏症の疾患概念がきわめて怪しいという事実には変わりありません。

NATROMNATROM 2016/10/04 08:41 というか「新シックハウス症候群に関する相談と対策マニュアル」( http://www.mhlw.go.jp/file.jsp?id=332107&name=file/06-Seisakujouhou-10900000-Kenkoukyoku/0000113188.pdf )を見に行ったら、『いわゆる「化学物質過敏症」(本態性環境不耐症)』についても言及されていました。「化学物質曝露と症状の関係は否定的」「科学的には化学物質曝露と身体反応には関連はなく,症状の原因が化学物質とはいえない」「「室内環境に由来する健康障害」であるシックビルディング・シックハウス症候群とは異なる疾患」と書いてありました。

以前のマニュアルは「特定の化学物質との因果関係や発症のメカニズムなど未解明な部分が多く,今後の研究の蓄積や成果が待たれている」と曖昧な記述でした。新しいマニュアルではもっと踏み込んで、世界標準のコンセンサスに則った記述に変わっています。宮田先生、石川先生の影響力が薄れてきた現象の一つだと思います。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/NATROM/20150215

2015-02-14 1994年報告書は多種化学物質過敏症の概念を支持していない

[]1994年報告書は多種化学物質過敏症の概念を支持していない 1994年報告書は多種化学物質過敏症の概念を支持していないを含むブックマーク

化学物質過敏症を巡る議論において、sivad氏によって、私(NATROM)が「英語レベルでの誤読」をしているとの指摘があった。しかしながら、誤読をしているのは私ではなくsivad氏のほうである。この話には複数のテキストが出てくるので、まず確認しておこう。



  • 1994年報告書 正確には"Indoor Air Pollution: An Introduction for Health Professionals"で、EPA(Environmental Protection Agency:米国環境保護庁)やAMA(The American Medical Association:米国医師会)などの複数の公的組織・学術団体による報告書である。室内環境の空気汚染についてが主な内容で、MCS(Multiple chemical sensitivity:多発性化学物質過敏症)や臨床環境医学への言及は一部である。




さて、sivad氏によれば、「多種類化学物質過敏症は公認されたか?」において、私が「英語レベルでの誤読」をしているという。


■NATROM氏はどこで道をあやまったのか〜なぜ1994年報告書はMCSや臨床環境医を否定しなかったのか〜 - 赤の女王とお茶を

http://natrom.sakura.ne.jp/consensus.html

ここでNATROM氏は、EPA(Environmental Protection Agency:米国環境保護庁)や米国医師会(AMA:The American Medical Association)が出している以下の報告書が、MCSや臨床環境医を否定的に書いていると主張しています。

Indoor Air Pollution: An Introduction for Health Professionals

http://www.epa.gov/iaq/pubs/hpguide.html

しかし一読してわかるように、氏が否定の根拠としている”claimed””suspected”は、医療において症状を述べたり、推測したりする際に普通に使われる単語であって、特に否定的意味はなく、以下のような氏の主張はまず英語レベルでの誤読であることがわかります。

アメリカ医師会らの報告書は臨床環境医学の主張するような多種化学物質過敏症の概念を支持しているわけではありません。だから、claimed(〜と主張されている)やsuspected(〜だと疑われて いる)という表現になっているのです。


「”claimed””suspected”は、医療において症状を述べたり、推測したりする際に普通に使われる単語」である。その通りだ。問題は、私が”claimed””suspected”をもってMCSや臨床環境医の「否定の根拠としている」という指摘である。”claimed””suspected”を私が問題にしたのは、否定の根拠としてではなく、1999年コンセンサス1994年報告書を引用するにあたって不適切な引用を行っていることを示すためである。わかりやすく要約すれば以下である。


「アメリカ政府や学術団体も化学物質過敏症を公的に認めている。なにしろ、1994年報告書に『MCSの訴えは心因性のものとして退けるべきではない』とある」。

「おいおい、MCSと『主張されている』あるいは『疑われている』症例においては、だろう。そこ大事」。


普通に日本語を読める人は、MCSや臨床環境医の「否定の根拠としている」部分は、”claimed””suspected”ではなく、以下に示す1994年報告書から引用した部分であることがわかるだろう。



The diagnostic label of multiple chemical sensitivity (MCS) -- also referred to as "chemical hypersensitivity" or "environmental illness" -- is being applied increasingly, although definition of the phenomenon is elusive and its pathogenesis as a distinct entity is not confirmed.(現象の定義がとらえどころがなく、はっきりした実態としての病因が確定されていないのにもかかわらず、「化学物質過敏症」または「環境病」とも言われる、多種化学物質過敏症(MCS)の診断的ラベルはますます適用されている。)



ちなみに1999年コンセンサスには、1994年報告書にあるMCSの定義や病因が不明確だとする部分は引用されていない。sivad氏の今回のエントリーでもこの部分は触れられていない。

「MCSの定義や病因が不明確だとしているからといって、必ずしも1994年報告書がMCSや臨床環境医を否定しているとは限らないではないか」という批判ならまだ理解できる。しかしながら、「”claimed””suspected”は特に否定的意味がないがゆえに、NATROMの主張は誤りである」という批判は的外れである。実際のところ、これは英語の問題ではない。文脈を読む日本語の問題である。

なお、1994年報告書がMCSや臨床環境医に批判的であると考えるより詳しい根拠は、別途■臨床環境医学は専門家にも注目されていた。悪い意味で。 および■臨床環境医学と環境医学は異なるで述べた。前者は1994年ごろの医学界のコンセンサスについて公的な団体による複数の文献をもって、後者は1994年報告書が参考文献として挙げた文献でもって論じた。sivad氏は「さてNATROMさん、当の文章を読まずに、参考文献ですらない文書を持ち出して、いったいなにがしたいのでしょうか」と仰っておられるが、当時の主流のコンセンサスを知るために他の公的な性格を持つ学術団体の見解を参考にするのは当然であるし、そもそも■臨床環境医学と環境医学は異なるでは当該文書にある参考文献を持ち出して論じたのである。その部分に対してはsivad氏はまったく反論できてないように見えるのだが?sivad氏の次のエントリーに期待したい。

sivad氏は「EPAらがMCSや臨床環境医を否定できなくなった」とする根拠としてMiller CS, Toxicol Ind Health. 10(4-5):253-76.を、「もう少し新しい知見を追いましょう」として、イギリス・アレルギー環境栄養医学協会(BSAENM)の報告書を挙げている。前者はMCSについての多様な意見の一つとして挙げられているだけでEPAの主張とは異なるし、そもそも臨床環境医学を支持するような内容ではない。後者についてはもっとひどい話である。この2点に関しては後日詳しく述べる予定である。



関連記事

■なぜ「化学物質過敏症」患者に対して包括的な検査が必要なのか

■臨床環境医学は専門家にも注目されていた。悪い意味で。

■臨床環境医学と環境医学は異なる

kiya2015kiya2015 2015/02/14 19:18 sivad氏の態度をここまで硬化させてしまったのはニセ科学否定派の責任です。

bamboobamboo 2015/02/15 03:26 何があったのかは知りませんが、「赤の女王とお茶を」を読むと、意図的に外さなければここまで的を外すことはないだろうな、とは思う。
何があるとあんな風になって当然なんだろう。

NATROMNATROM 2015/02/15 10:00 信頼できる論客の一人であったsivadさんがああなってしまった責任の一端は、確かにニセ科学批判派にあります。申し訳ありません。

mushimushi 2015/02/16 01:08 sivad氏ほどの論客であれば、自身が非理性的なことを言っていると自覚できるような気がするんですけどね。
なぜこれほど頑なになって、自分自身を貶めるのでしょうね。自分が勉強不足だったと言えばそれで済むことであって、そのことを批判する人などいないのに・・・。

放置医放置医 2015/02/16 11:30 自分の間違いを認めたり謝ったりすると死んじゃう病気の治療法って無いんでしょうかね。

lets_skepticlets_skeptic 2015/02/16 12:04  以前、sivad氏の過去の投稿をだらっと読み返したことがあるのですが、ニセ科学がなぜニセなのかということについては、いまいち曖昧な理解をしているイメージがありました。こうなる要素はあったのだと思います。

 ただ、原発事故以降に明らかに酷いことになっているので、何らかのきっかけは原発事故による低線量放射線被爆の健康被害にあったのだと思います。下種の邪推になってしまうので、踏み込んだ想像はしないようにしていますが。

 考える能力のある人は、自分を正当化する能力も高くなりやすいので困ったものです(正当化に納得するのが自分のみってこともあるんですが)。

かばかば 2015/05/02 04:17 はじめまして。

最近たまたまnatrom先生のTwitterをフォローいたしまして、その流れでこちらのブログも拝読しております。
2013年の化学物質過敏症に関する記事のコメント欄をつい今しがた数時間かけて読了しました。

どんな業界にもトンデモな意見は存在しますが、私含め多くは「常識的に考えてあり得ない」とスルーするのが普通の反応かと思います。
しかしその意見に同調してしまうある意味被害者のような方が出てきてしまうのもまた事実です。

その中でのどんな相手の質問・意見にも真摯に答える先生の姿勢に尊敬の念を隠せません。
中には本当に常識を疑うような態度の方もいらっしゃいますし、私ならおそらく途中で嫌になって放棄してしまうでしょう。

業務外の時間を使ってのことと思いますので、お手間も相当かと類推します。
しかし否定する方以上に私のような応援する者がいると思いますので、どうかお身体を労わりつつ頑張って下さい!

そして医療関係を志す者として、先生の対応はぜひ将来見習わさせていただきます。

突然のコメントで失礼いたしました。

uchitode2014uchitode2014 2017/07/08 10:43 Multiple Chemical Sensitivity: A 1999 Consensus(多種類化学物質過敏症:1999年の合意事項)
http://www.heldref.org/html/Consensus.html
上記リンクつながりませんでした。

探したところ、下記にはありました。本文の通りで、”in cases of claimed or suspected MCS”が抜けています。
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/10444033
"complaints [of MCS] should not be dismissed as psychogenic, and a thorough workup is essential,"

TAKATAKA 2017/07/08 15:57  こんにちは。私は本文中の、
 「参考文献ですらない文書を持ち出して、NATROMさんは何がしたいのか」
 『いいえ、参考文献を持ち出して論じていますよ、sivadさん』
 という感じの部分が勉強になりました。

 ちなみに私の場合、「あれ? よく分からないけれど、主流の科学を支持する人たちの言い分は、おかしいぞ!」と思い始めると、
 いままで見えていたものが見えなくなり、
 あとは自分の主張に都合のよい記事をネット上で探す作業に没頭する日々となります。

 「じつは、自説のほうがダメでした」と気がつくころには、多大な時間を失ってがっかりする次第です。

 以上で、報告を終えます。ご読了、ありがとうございました。

NATROMNATROM 2017/07/11 07:50 uchitode2014さん、リンク切れのご指摘、ありがとうございました。古いコンテンツなのでリンク切れはしばしばあります。機会があったときに直しておきます。

TAKAさんもご感想ありがとうございました。ネット上にはさまざまな主張があり、それは必ずしも悪いことではなく多様性は尊重されるべきですが、それでも「主流の科学」ではどう考えられているのか、ということを紹介していきたいと思います。

uchitode2014uchitode2014 2017/08/25 21:29 「suspected(〜だと疑われて いる)」は、「MCSであるかどうかは疑わしい(MCSではないと考えられる)」と読み間違える可能性があるかな、と思いました。