NATROMの日記 RSSフィード Twitter

0000 | 01 | 02 | 03 | 04 |
0010 | 11 |
0011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 11 |
0012 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |
0013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 11 |
0014 | 01 | 02 | 05 | 06 | 07 | 09 |
0015 | 05 | 06 | 09 |
0016 | 01 | 02 | 09 | 10 |
0017 | 01 | 03 | 05 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
cover ■「ニセ医学」に騙されないために

 ホメオパシー、デトックス、千島学説、血液型ダイエット、ワクチン有害論、酵素栄養学、オーリングテストなどなど、「ニセ医学」についての本を書きました。あらかじめニセ医学の手口を知ることで被害防止を。

2015-08-30 「打つと他の国から入国拒否されるワクチン」について

[]「打つと他の国から入国拒否されるワクチン」について 「打つと他の国から入国拒否されるワクチン」についてを含むブックマーク

■子供の予防接種拒否について思うこと:Unwise decisions尊重の限界 - Noblesse Oblige 2nd by iGCNのブックマークにおけるyou21979 さんのコメント。


■はてなブックマーク - speculative and investment market hacking - 2015年8月29日

ワクチンはインフルかそうでないかで分けて考えたほうがいい。子供が受ける奴は打ったほうがいいけど打つと他の国から入国拒否されるワクチンもあるからひとまとめに考えないほうがいいよ。(入国拒否されるのはBCG)


概ね正しい。BCGを接種することでツベルクリン反応が陽性になり、結核感染が疑われ、国によっては胸部レントゲン撮影や予防内服を要求されることがある。

BCGは結核菌ワクチンである。接種すれば結核を100%を防げるというものではなく、効果は限定的であるが、小児の結核性髄膜炎等には有効性が高いとされる。結核の罹患率が比較的高い日本では定期接種されているが、他の先進諸国では定期接種になっていない国も多い。

ツベルクリン反応は結核感染の検査の一つである。結核菌由来の物質を皮下注射し、発赤や硬結などの皮膚の反応によって判断する。結核菌に感染した場合のみならず、BCGを接種してもツベルクリン反応は陽性になる。

BCGを定期接種していない国においては、ツベルクリン反応陽性すなわち結核菌感染とみなされてしまう。よって、実際には結核菌に感染しておらず、BCG接種歴があるだけなのに、検査や予防内服の対象になってしまうことがありうる。


■一般財団法人 海外邦人医療基金 海外赴任と予防接種

アメリカでは、BCG 接種を行わないので、入園・入学時にツベルクリン反応検査を行い、

その結果が陽性であれば、結核に感染していると判断し、胸部 X 線撮影を行い、治療(予防投薬)されることがあります。BCG 接種をしていれば、ツベルクリン反応は陽性になるので、BCG 接種を受けた旨を予防接種証明書に明記してもらってください。


おそらく、ツベルクリン反応が陽性であるというだけでは、入国が拒否されることはない。また、観光目的の入国ではいちいちツベルクリン反応は調べず、就労や就学のときに限るようである。とはいえ、海外渡航の際にBCG接種の証明や追加の検査を要求されることがあるというのは、デメリットの一つとは言えるだろう。

日本で定期接種の対象となっているワクチンの中では、BCGは必要性が比較的小さい。日本の結核の罹患率は低下傾向にあり、BCGの定期接種を継続すべきかどうかは議論があるところである。「ひとまとめに考えないほうがいい」というyou21979 さんの意見に賛成する。



参考:

■結核とBCGワクチンに関するQ&A|厚生労働省

■虐待じゃありませんぜ・・(BCGワクチン) - 感染症診療の原則

■【パブコメ3】 中止すべきワクチン - 感染症診療の原則

■アメリカにおけるツベルクリン反応の取り扱いについて Kobayashi Clinic - Dr. Shuichi Kobayashi

yuzuyuzu 2015/09/02 17:37 本筋とは関係ないのですが……
私が高校の頃は結核は近年再び増加中で問題となっているというように保健で習った記憶があるのですが、最近は減少に変わったのですか?また、その理由は何が大きいのですか。

NATROMNATROM 2015/09/02 20:14 yuzu さん、コメントありがとうございます。

[ http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou03/05sankou.html ]の結核罹患率の推移のグラフがわかりやすいかと思います。平成9年に逆転増加していますが、トレンドとしては減少傾向です。「本来であれば、もっと順調に減少してほしいところであるが、思ったよりも減少せず、あまつさえ増加している年度もあるところがヤバイ」という感じです。

減少の理由については、普通に感染対策を行ったことと、保菌者が高齢化して亡くなりつつあることがあるのではないかと推測します。

結核菌は環境や動物からは感染せず、人からしか感染しません。健康状態が良くなり、治療法もある現在では、きちんと感染対策すれば罹患率は必ず減ります。むしろ逆転増加のほうが説明が必要で、一言でいえば「最近、減ってきているので油断した」ためです。医師が結核を見落として「ただの風邪」「普通の気管支炎か肺炎」と誤診すると、感染が広がります。「油断するなよ〜」という注意喚起をyuzu さんが保健体育で習ったのでしょう。

また、結核の特徴として、感染しても必ずしも発症しないことがあります。若いころに感染して、発症しないまま(あるいは発症しても自然に治まって)何十年もずっと保菌していた人が、高齢になって抵抗力が落ちて結核を発症し、感染源になることがしばしばあります。高齢者が若いころはいまよりずっと結核が流行していましたので、高齢者における保菌者の割合は高いのです。しかし、そういう「保菌者が多い世代」がそろそろ亡くなりはじめたことが、結核罹患率の減少の理由の一つではないかと。

眞理眞理 2015/09/04 15:36 > 健康状態が良くなり、治療法もある現在では、きちんと感染対策すれば罹患率は必ず減ります。
 以前「最近多剤耐性菌や超多剤耐性菌が増えてきた」とか聞いたような気がするのですが、このような菌でも治癒可能なのでしょうか?
 又、BCG接種すればこれらの耐性菌にも有効なのでしょうか?

NATROMNATROM 2015/09/04 15:58 眞理さん、コメントありがとうございます。


>以前「最近多剤耐性菌や超多剤耐性菌が増えてきた」とか聞いたような気がするのですが、このような菌でも治癒可能なのでしょうか?

「治癒する可能性はゼロ」とまでは言いませんが、通常の結核菌と比較すれば治療に難渋します。具体的な治療成績は私も知りませんでしたので、調べてみました。

「[多剤耐性結核の]治療は困難であり,4 剤以上の感受性薬による治療を 2 年以上にわたって投与し,状況によっては手術も行う必要があるため,治療にかかるコストは大きなものとなる.それでもなお,治療成功率は 6 割程度にとどまっており通常の感受性結核とは大きな開きがある.」
(露口 一成、3.抗結核薬の進歩、日本内科学会雑誌 Vol. 102 (2013) No. 11 p. 2922-2927)


>又、BCG接種すればこれらの耐性菌にも有効なのでしょうか?

症例数が限られているために推測するしかありませんが、菌の表面の抗原に変異が生じるわけではないので、原理的には通常の結核菌と同様であろうと思われます。つまり、「接種すれば結核を100%を防げるというものではなく、効果は限定的であるが、小児の結核性髄膜炎等には有効性が高い」。

yusukesyusukes 2015/09/06 03:15 私も本筋とは関係ないのですが...。米国の場合、BCGがよく話題になるのはグリーンカード申請時と就学時の結核検査だと思うのですが、前者は2009年からツ反でなくBCGの履歴に影響されない血液検査(IGRA)でもOKとなったそうです。私も実際QuantiFERON-TBという血液検査で済ませました。就学は地域によって違うかと思いますが、私の住んでいるあたりでは2014年頃から血液検査でもOKとなったようです。ということで、(素人の推測ですが)BCGのせいで胸部X線やその後の服薬を要求されるケースは少なくとも米国では減ってきているかもしれません。

http://www.cdc.gov/immigrantrefugeehealth/exams/ti/civil/civil_tb_ti_2009_update_interferon_option.html
https://www.sccgov.org/sites/sccphd/en-us/healthproviders/tb/Pages/default.aspx

NATROMNATROM 2015/09/06 15:18 yusukes さん、新しい情報の提供ありがとうございました。クォンティフェロンをはじめとした採血による結核診断法は、ここ10年ぐらいで臨床に浸透してきました。入国における基準でも採用されているのでしょう。