NEED77の自己啓発日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード



2008年01月06日(日)

皇国の守護者2巻の感想と既読リストの追加

皇国の守護者〈2〉勝利なき名誉 (C・NOVELSファンタジア)

皇国の守護者〈2〉勝利なき名誉 (C・NOVELSファンタジア)

今、図書館で借りてる本で、今日、読み終わりました。

日本をモチーフにしたと思われる「皇国」と

西洋の国をモチーフにした「帝国」の戦いを描いた、架空戦記ものです。

この本の主人公の新城がいい感じに歪んだ性格をしてて、実に僕好みです。

しかし、坂之上の雲を読んだ時にも思ったのですが、

軍隊の階級や軍の規模、単位の大きさとかが、相変わらず、よくわからなくて困ります。

中尉ってどれぐらい偉いんだ?とか、旅団ってどれぐらいの規模なんだ?とか、

1間ってどれぐらいの距離?とか、そういうレベルですからね。

今までは適当に読み流して来ましたが、

これはちょっと真面目に覚えないと、理解が深まらないかな。

追記

ウィキペディアの説明が詳しそうだったので、これを読んで色々覚えてみます。

たくさんあって、読むの大変そうだなぁ…。


スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証


Connection: close