NEED77の自己啓発日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード



2008年03月14日(金)

20世紀ポップ・ロック大全集Vol.4 ブリティッシュブルースからブリティッシュロックへ -黒人音楽のイギリス的展開-

前回の続きを図書館で借りてきました。

本当はVol3を借りたかったんですが貸し出し中…残念。


Vol.4の内容

1950年代アメリカシカゴで流行したブルース

ブルースとは毎日辛い労働にあけくれる黒人労働者の現実、心情を歌った音楽であり、

それが海を越えたイギリスの一部のミュージシャンに影響を与え、60年代イギリスブルースが流行。

ローリング・ストーンズミック・ジャガーキース・リチャーズ)、

ヤードバーズエリック・クラプトンジェフ・ベックジミー・ペイジ)、

アニマルズ(エリック・バードン、チャス・チャンドラー)などが世に出てきます。

それらのバンドはやがてブルースの本場アメリカでヒットを飛ばしアメリカツアーを敢行、人気を博します。


その後、ヤードバーズを脱退したエリック・クラプトン

ジョン・メイオール&ザ・ブルースブレイカーズに入るがそこも脱退し、クリームを結成。


アニマルズのチャス・チャンドラージミ・ヘンドリックスアメリカ見出し

ジミヘンジミ・ヘンドリックスエクスペリエンスというバンドを結成。


ジミヘンに刺激を受けたジェフ・ベックジミー・ペイジにバンドを組もうと誘うが、

ジミーはボーカルのロバート・プラントと共にレッド・ツェッペリンを結成。

レッド・ツェッペリン音楽ブルースを元にロックからヘヴィメタルへと少しずつ変わっていきます。


1970年秋、ジミ・ヘンドリックスが薬物の多量摂取により27歳で世を去り、

最後にロバート・プラントが語ります。

1920年代ブルースマントミージョンソンからブルースが始まり、

彼の演奏を録音したレコードによって、ハウリン・ウルフロバートジョンソンに受け継がれていった。

(俺達は)根っこをたどれば、皆同じところに行き着くのさ、と。


感想

Vol.4はギター・ヒーローがてんこ盛りです。

ブルースに影響された60年代ミュージシャンが互いに影響し合い、

イギリスアメリカを行き来し、新しい音楽の流れを作っていくのがよくわかります。

これを見たらなんかギターが弾きたくなっちゃいましたね。

最近ほとんど弾いてなかったけど、また再開しようかな。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証