NEED77の自己啓発日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード



2008年04月05日(土)

20世紀ポップ・ロック大全集 Vol.9 音楽の新世紀 −拡大と再生、そして実験者たち−

これで最後、Vol.9です。


Chapter1 ヒップホップの台頭〜音楽は再びストリート

80年代パンクの勢いが衰え、替わりに台頭したヒップホップ

クラフトワークテクノサウンドを取り入れたアフリカ・バンバータアルバムプラネットロック」という曲を作り出します。

レコードの音を自由にミックスし、その上に自由な語りを乗せる

ラップという基本的なスタイルは、この「プラネットロック」によって確立されました。

ラップの勢いが増してくるとブロンディを始め、そのスタイルを取り入れる白人も増えていきました。

Chapter2 MTV開始以降〜ミクスチャー化の進行とメッセージの発信

音楽プロモーションビデオを専門的に流すMTVの誕生は、

ポップミュージックの歴史に多大な影響を与えました。


ラッセルシモンズとリック・ルービンが手を組んで設立した

ラップ専門のレーベルDef Jam recordings。

このレーベルからランDMCアルバムを出す時に

エアロスミスの「ウォーク・ディス・ウェイ」をカバー。

これをきっかけに多くのロックファンがラップに注目を寄せることになります。


しかし、ランDMCは黒人だった為にMTVなどからは無視されます。

白人のラップグループビースティ・ボーイズのファーストアルバムライセンス・トゥ・イル」の大ヒットで、

ラップはようやくアンダーグラウンドな存在から表舞台に飛び出します。

Chapter3 ‘80年代以降の実験者達〜テクノロジーの進化とブラックミュージック

ミシガン州デトロイトで大きな発展を遂げたテクノポップ

先進的過ぎてアメリカ音楽業界でほとんど無視されてきたテクノサウンドは

FMなどで流されることはなく、クラブ流されることで発展していきました。

その流れでメロディーをより重視したハウスミュージックが生まれました。



ネットワークが世界を結び、ヒット曲が地球の隅々にまで運ばれる今日、

ポップミュージックはある種の世界共通語になったといってもいいでしょう。

しかし、その言葉は大いなる多様性を秘め、今も進歩と衰退を繰り広げています。

新しい音楽が古い音楽を駆逐し、古い音楽が改良されて再び息を吹き返し、

その絶え間ない動きの中にこそポップミュージックの本質があるのです。

と締めてこのシリーズは終わりです。

全編を通しての感想

イギリスの放送協会(BBC)が作った為か、どうしてもイギリスびいきな内容で、

微妙なアメリカ批判(人種差別問題をやたら取り上げる、アメリカ音楽業界の保守的なイメージの連呼)

が混じってたりもしますが、音楽の歴史の流れをサラっと理解するには

十分な内容だったと思います。

個人的にはVOL.1Vol.4が特に面白かったですね。

羅生門

羅生門 [DVD]

羅生門 [DVD]

今日のNHK-BS2でやってたので見ました。

没後10年黒澤明特集として、これから監督の全30作品を放映していくらしいです。

全作品は見るつもりはないですが、良さげなのはチェックしていこうかな。


芥川龍之介小説「藪の中」と「羅生門」を併せたお話です。

時は平安時代、雨の降りしきる羅生門に居合わせた3人の男達が、

ある一つの事件について回想し、それについて語り合うのですが、

検非違使の取調べに答えた盗賊、男、女の3人の言い分がすべて食い違うという事実に

人のエゴや醜さ、弱さを見るという重い内容です。


この映画は役者のそれぞれの演技が凄いですね。

特に京マチ子さんの演技は鬼気迫ってて怖かったです。

男2人の泥臭い剣戟も茶の間の時代劇のような魅せるようなものではなく、

演技を感じさせないものなので、リアルな感じがして新鮮でした。


話については最後にちょっとした救いがあるのですが、僕はこれは蛇足に感じました。

どうせなら徹底的に救いが無いお話の方が、潔いと思うんですけどね。

何か予定調和なものを感じて、すっきりしなかったです。


「人の業に 

   鬼も逃げ出す

        羅生門


Connection: close