NEED77の自己啓発日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード



2009年01月23日(金)

香港国際警察/NEW POLICE STORY

今夜の金曜ロードショーでやってたので見ました。


ジャッキーチェン主演のアクション映画2005年日本公開。

ポリスストーリーシリーズの一つらしいですが、話の繋がりはありませ

ん。


感想

最初の30分はひどいです。

主人公のチャン(ジャッキー・チェン)は香港警察特殊部隊の警部なんですが、

特殊部隊の部下達を率いて敵のアジトに突入するも、

ゲーム感覚犯罪を楽しむ5人の若者の犯人グループに部下は全員捕らえられ、

それを助けるために犯人から持ちかけられた銃の組み立て競争に負け、

更に格闘にも負けて土下座をさせられ、

最後は婚約者の弟を含めて部下は全員殺されてしまいます。


大失敗のショックで酒びたりになり、心配する婚約者を遠ざけ、

酔って町をふらふらと歩き回るチャンの姿はどうにも見てられないという感じでしたが、

新たな相棒シウホンが登場して、チャンが立ち直ってからストーリーはようやく面白くなってきます。

どん底から立ち上がるヒーローとそれを助ける若き相棒という図がいいですね。


ジャッキーといえばやっぱりアクションシーンに期待するわけですが、

見所は中盤の暴走バスを止めるシーンと、

終盤の犯人との一対一の格闘シーンですね。

特に格闘シーンは良かったです。

ジャッキーもそろそろいい歳の筈ですが、

この格闘シーンを見る限りはまだまだやれるなと思えるぐらい迫力がありました。

バスの暴走シーンも派手でスピード感があってハラハラしました。


あと、この映画はストーリー展開もうまかったです。

前半で主人公をどん底に落とした後にシウホン登場で救いを出し、

中盤でチャンが犯人逮捕に失敗した本当の理由が明かされ、

後半は犯人グループに銃の組み立てや格闘のリベンジを果たしたり、

犯人の親が出てきて犯人が狼狽するシーンがあったりと

今までのうっぷんを晴らすようなシーンを出して事件を解決し、

最後はしっかりハッピーエンドに持っていく。


事件解決後の最後の最後にシウホンの過去が明かされて終わるという話の展開も、

いい余韻を残したラストだったと思います。

まとめ

2000年以降のジャッキーの映画はイマイチなのが多いのですが(特にハリウッドで撮ったもの)、

これは香港で撮ったおかげか、なかなかいい出来だったと思います。

ただ、やっぱり8、90年代の全盛期の頃に比べると物足りないかな。

関連記事

ポリス・ストーリー 香港国際警察(1985)の感想

http://d.hatena.ne.jp/NEED77/20080327/p1