NEED77の自己啓発日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード



2009年04月12日(日)

レッドクリフ Part I

今日の日曜洋画劇場でやってたので見ました。

テレビ朝日50周年記念特別企画らしいです。

映画公開から5ヶ月で地上波放送とは太っ腹ですね。


内容

ジョン・ウー監督。

約1800年前の中国が舞台。

魏(曹操)、呉(孫権)、蜀(劉備)が中国覇権を争う

三国時代に突入する少し前に起こった史実に名高い「赤壁の戦い」を映画化したものです。

感想

序盤からいきなり新野の戦い。

劉備軍が民と共に曹操の大軍に追われるシーンが

この映画の一番の燃えどころでした。

趙雲無双、糜夫人の井戸ダイブ、張飛関羽の活躍と見所一杯。

特に趙雲の槍さばきは格好良かったです。

っていうかまんまコーエー三国無双でした。


ただ、劉備が阿斗を放り投げるシーンがなかったのが残念。

わが子の命より趙雲の安否を優先する劉備趙雲が感激するシーンが好きだったんですが、

やっぱり倫理的にまずかったんでしょうか?


それにしてもこの映画、この超燃える序盤が終わってからが非常につまらなかったです。

孔明が呉と同盟を結ぶために呉に渡り

やがて孫権劉備との同盟を受け入れ曹操軍との開戦に踏み切るわけですが、これが長い。

馬の出産シーンとか、周瑜と小橋のベッドシーンなんていらないでしょう。

ただ、劉備がわらじを編むシーンや関羽先生の授業は良かった。

こういうシーンを入れてくれると、三国志ファンとしてはついニヤリとしてしまいます。


そしてつまらない中盤が終わって最後に曹操軍との戦いがあるんですが、

この戦いは映画的な盛り上がりを入れる為に無理やり入れたという感じがして、

どうもしっくり来ませんでした。


八卦の陣はいいとして、わざわざ一人で多数に向かっていく将軍達や

自ら戦場で戦う大都督とか無理があります。そりゃ矢だって受けますよ。

この戦いが終わって、さてこれからいよいよ水上戦というところでPart Iは終わりです。

まとめ

見所は最初の戦場シーンのみ。あとはイマイチでした。

Part IはPart 2の赤壁の戦いの為の前座みたいなものですから

ある程度は仕方ないですね。


あとキャストに関しては大体イメージ通りでしたが、

周瑜だけはちょっと違和感を感じました。

美周朗というイメージからはかけ離れて普通の武人っぽいです。

あと、張飛映画ロードオブザリングに出てきた

ドワーフギムリにそっくりでなんか笑えました。


Part Iを見る限り戦場シーンに関してはかなり期待が持てる内容だったので

クライマックスのPart 2が今から楽しみです。

2009年04月05日(日)

座頭市

座頭市 <北野武監督作品> [DVD]

座頭市 <北野武監督作品> [DVD]

今日の日曜洋画劇場でやってたので見ました。

監督北野武ビートたけし主演の時代劇映画です。


あらすじ

銀蔵一家が支配する宿場町に現れた盲目の居合いの達人、市(ビートたけし)。

そこで知り合った老婆のおうめ、その甥で遊び人の新吉、

親の仇を討つ為に旅をする芸者姉妹との交流を経て、

やがて銀蔵一家との対決に挑む事になっていく。

感想

この映画は殺陣が凄いですね。

居合いを中心にした剣戟は非常に迫力があります。

ただ、その分血しぶきが飛ぶなど残酷なシーンも多いです。

そういうシーンが苦手な人は気を付けた方がいいかもしれません。

(僕はこういうのが苦手なので、見てる途中で少し気分が悪くなりました)


ストーリー的には非常にわかりやすいというか王道です。

町で悪さをする悪党達を市がバッタバッタと斬り倒し、姉妹のピンチには颯爽と登場。

銀蔵一家の凄腕の用心棒との対決や敵の親玉との対決。

町民達のタップダンスという変化球もありますが、

エンターテインメント性に溢れた良質な娯楽映画だと思います。

おまけ

座頭市の「座頭」って何ぞや?と思ったので

Wikipediaで調べたところ江戸期における盲人の階級の一」という事らしいです。

一つ勉強になりました。


来週は「レッドクリフ Part1」が放送されるとか。

これは是非見たい。

2009年03月31日(火)

話して聞きとる!ネイティブ発音塾 Lesson 12(最終回)

英語の発音をテーマにしたこの番組。

最終回の第12回は同じつづりの単語でも「発音の違いによって意味が変わる」です。


今週のポイント

赤字がアクセント、一番後ろが単語の意味です。)

content[kɔ'ntent]ンテントゥ 名詞 内容

content[kəntént]コンントゥ 形容詞 満足して(いる) 


record[rékɔ:d]コード 名詞 記録

record[rikɔ':d]リード 動詞 記録する


overlap[óuvəlæp]ゥバラップ 名詞 重複

overlap[ouvəlæ'p]オゥバップ 動詞 重なる 


project[prɔ'ʤekt]プジェクトゥ 名詞 計画

project[prθʤékt]プロジェクトゥ 動詞 計画する


attribute[æ'trəbju:t]トリビュートゥ 名詞 属性・特質

attribute[ətríbju:t]アトビュートゥ 動詞 (〜を…に)帰する


conduct[kɔ'ndʌkt]ンダクトゥ 名詞 ふるまい

conduct[kθndʌ'kt]コンクトゥ 動詞 行なう


object[ɔ'bʤekt]ブジェクトゥ 名詞 物体

object[θbʤékt]オブジェクトゥ 動詞 反対する


produce[prɔ'dju:s]プデュース 名詞 産物

produce[prə'djú:s]プロデュース 動詞 生産する


今週はいつもと趣が違いますね。

基本的に前にアクセントが付くと名詞で、後につくと動詞になる事が多いようです。

番組は今週で終わりですが、個人的にはもう一度再放送して欲しいと思います。

やっぱり復習が大事ですからね。

以前の内容の復習

  • /Iə/(二重母音)のポイント
    • 前半の音は「エ」の口の形で「イ」のように発音、後半の音は口・舌ともに力を抜いて発音
    • fear[fíə](フィアー)、dear[díə](ディアー)、steer[stíə](スティアー)

  • /i:l/のポイント
    • 前半の音は唇を横に張って発音、後半の音は横に張った唇を緩めて舌の先を上の歯茎に付けて発音
    • feel[fí:l](フィール)、deal[dí:l](ディール)、steel[stí:l](スティール)

長母音

  • /ɔ:/のポイント
    • 日本語の「オ」より少し唇を丸めて発音
    • 感心した時の「オー」と発音
    • bought[bɔ':t](ボートゥ) ball[bɔ':l](ボール) hall[hɔ':l](ホール)

二重母音

  • /ou/のポイント
    • 前半の音は日本語の「オ」のように発音、後半の音は日本語の「ウ」のように唇を丸め小さく「ウ」と発音
    • boat[bóut](ボゥトゥ) coal[kóul](コーゥル) hole[hóul](ホゥル)
  • /əu/のポイント
    • 長母音の/ə:/の出だしと同じ音(Lesson3を参照)を出す、最後のところで唇を丸め小さく「ウ」と発音
    • boat[bəut](バゥトゥ)(注、二重母音の例と同じboatですが、発音は2種類あってどちらでもいいそうです)

関連ページ

Lesson11

Lesson10

Lesson9

Lesson8

Lesson7

Lesson6

Lesson5

Lesson4

Lesson3

Lesson2

Lesson1


話して聞きとる!ネイティブ発音塾の公式サイト(2009年3月31現在、別の番組のページになってて見られません)

http://www.nhk.or.jp/gogaku/english/3month/index.html

2009年03月23日(月)

話して聞きとる!ネイティブ発音塾 Lesson 11

英語の発音をテーマにしたこの番組。

第11回は/Iə/(二重母音)と/i:l/です。


今週のポイント

  • /Iə/(二重母音)のポイント
    • 前半の音は「エ」の口の形で「イ」のように発音、後半の音は口・舌ともに力を抜いて発音
    • fear[fíə](フィアー)、dear[díə](ディアー)、steer[stíə](スティアー)

  • /i:l/のポイント
    • 前半の音は唇を横に張って発音、後半の音は横に張った唇を緩めて舌の先を上の歯茎に付けて発音
    • feel[fí:l](フィール)、deal[dí:l](ディール)、steel[stí:l](スティール)


今週は二つの音が同じように聞こえると番組で言ってましたが、

僕には明らかに違うように聞こえました。


以前の内容の復習

長母音

  • /ɔ:/のポイント
    • 日本語の「オ」より少し唇を丸めて発音
    • 感心した時の「オー」と発音
    • bought[bɔ':t](ボートゥ) ball[bɔ':l](ボール) hall[hɔ':l](ホール)

二重母音

  • /ou/のポイント
    • 前半の音は日本語の「オ」のように発音、後半の音は日本語の「ウ」のように唇を丸め小さく「ウ」と発音
    • boat[bóut](ボゥトゥ) coal[kóul](コーゥル) hole[hóul](ホゥル)
  • /əu/のポイント
    • 長母音の/ə:/の出だしと同じ音(Lesson3を参照)を出す、最後のところで唇を丸め小さく「ウ」と発音
    • boat[bəut](バゥトゥ)(注、二重母音の例と同じboatですが、発音は2種類あってどちらでもいいそうです)
  • /ε/(短母音)のポイント
    • 日本語の「エ」より口を少し縦に開く
    • get[gεt](ゲットゥ) west[wεst](ウエストゥ)
  • /ei/(二重母音)のポイント
    • 前半の音は日本語の「エ」のように発音、後半の音は前半から口を少し狭め小さく「イ」と発音
    • gate[géit](ゲイトゥ) waist[wéist](ウェイストゥ)意味は腰、ウエストという発音は×

関連ページ

Lesson10

Lesson9

Lesson8

Lesson7

Lesson6

Lesson5

Lesson4

Lesson3

Lesson2

Lesson1


話して聞きとる!ネイティブ発音塾の公式サイト

http://www.nhk.or.jp/gogaku/english/3month/index.html

2009年03月22日(日)

リトル・チャロの第4回テストに挑戦

NHK教育のリトル・チャロの特番での全国テスト。

第4回目に挑戦してみました。

(番組特設ページはこちら

僕の第2回の結果第3回の結果


前々回は61点、前回は56点とそこそこの成績でしたが、今回は…。


テスト結果

f:id:NEED77:20090322225250j:image

f:id:NEED77:20090322233055j:image

f:id:NEED77:20090322233129j:image

全然ダメでした。

苦手だったブロック1のイディオムと得意のブロック2の発音問題はそこそこだったんですが

ブロック3の英語の掟で間違えまくり。

この時点でやる気が激減。

後半のリスニングと勘違いイングリッシュも正解は半分ぐらい。

感想

パッとしない成績でしたねぇ…。

ちなみに全国平均は45点。平均以下の成績です。

今までで最悪の出来でした。


最近英語の勉強に対するモチベーションも下がり気味だし、

なんか自信が無くなって来ましたよ…。