猫田の食事メモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

2011-11-23 (Wed)

[]クロックムッシュ 08:56 クロックムッシュを含むブックマーク

f:id:NEKOTAten:20111123085658j:image

数日前に残ったサンドイッチ用のパンで、クロックムッシュを作る。

クロックムッシュはハムとチーズ、クロックマダムはハムとチーズにホワイトソースと卵、だと思うんですが、今日作ったのは、ハムとチーズとホワイトソース(牛乳で米粉を伸ばしただけ)。なので、ちょいマダム入りのムッシュってことでしょうか。ホワイトソースをプラスしたのは、チーズの使い過ぎを防止するためです。山ほどグリエールチーズって素敵ですが、カロリーすごいからなぁ。

まずは、パンに薄くバターを塗って、ハム、チーズ、ホワイトソースを少量ずつ塗り、もう1枚パンを乗せ、ホワイトソースたっぷり、チーズも可能な限りたっぷり散らしたら、200度のオーブンで20分。チーズがぐつぐつし、いい焼き色がついたら食べごろです。黒こしょうをたっぷりふって、ナイフとフォークで食べました。

んー、そうそう、こういうのが食べたかったんだよねー、という満足感たっぷりの朝ご飯でした。

[]風月ベーカリー 18:49 風月ベーカリーを含むブックマーク

f:id:NEKOTAten:20111123184906j:image

国立劇場で行われた11月歌舞伎公演を観てきました。

前日にインターネットで取った際は、パラパラとポツン一人席しか残っていなかったのですが、いざ劇場に行ってみると、案外空いている席も多く、何だか不思議な感じ。

とはいえ、休日の公演ということもあってか、弁当は一瞬にして売り切れ、食堂もあっという間に満席(そのお客様たちはどこにいたのだろう)。ほうほうのていで残りわずかなサンドイッチを手にして、やっとこさ食事にありつけた次第。やっぱ国立劇場は、何でもいいから弁当持参で行かんとなぁ。

今日の演目は、「日本振袖始」「曽根崎心中」の2本。国立劇場は、今秋から来春にかけて、45周年記念と銘打って月毎に一人の戯作者をフィーチャーして、それにちなんだ演目を上演しているのですが、11月は近松門左衛門。おかげさまで、どっちも初めての舞台を見ることができました。

「日本振袖始」は、時代物の1本。「出雲国簸の川川岸桜狩の場」「出雲国簸の川川上の場」の二幕構成。本来は全五段構成で、現在では五段目の大蛇退治の場のみ上演されることが多いそうですが、今回は一〜四段をまとめて補綴されたものを序幕に差し入れて上演されています。素戔嗚尊を梅玉、稲田姫を梅丸、侍女くまざさを松江、足摩乳を東蔵、岩長姫実は八岐の大蛇を魁春。

たくさん見てるわけではありませんが、私はどうにも近松門左衛門の時代物はなんかあんまり得意ではなく。ただ、これはこれまで見た時代物の中ではわりにすんなり観られたな、という感想です。補綴されているためストーリーが整理されていて観やすかったのがひとつ、たまたま、つい最近古事記を読み返したばっかりだったのも、とっつきやすかった理由のひとつなのかもしれません。

いわゆるザ歌舞伎的な見ごたえあるシーンも多いのですが、ただ、古典の趣が強いので、中盤眠気を誘うところもところどころあり。周囲を見回すと隣の老夫婦も前にいる外国人の女性三人連れも撃沈しており、少し安堵した私なのでした。そんな中、印象的だったのは、稲田姫を演じた梅丸丈の可憐な美貌。すごくかわいかったです。

もう1本は今日のお目当ての「曽根崎心中」。「生玉神社境内の場」「北新地天満屋の場」「曽根崎の森の場」の三幕構成。天満屋お初に藤十郎、平野屋手代徳兵衛に翫雀、油屋九平次に亀鶴、平野屋主人久右衛門に竹三郎。

今でいうところの純愛ものってことなんでしょうねぇ。みんないい人ばっかりなのに(九平次以外)、金のせいでうまくいかない。比較的現代劇に近い演出がされており(それが昔からそういう演出なのかはわかりませんが)、ぐいぐいテンポよく心中まで進み、中だるみなしで一気に観たな…という感想。

なんつうても、皆さんおっしゃる通り、藤十郎のお初がものすごく、ホントに若い娘(ただの若い娘ではなくて、恋する若い娘)にしか見えないところが、芸の力というか、怖さというか、まぁホントにすごかったです。

[]さといもと玉こんにゃくの煮物 13:42 さといもと玉こんにゃくの煮物を含むブックマーク

f:id:NEKOTAten:20111129122111j:image

出かける前にさといもと玉こんにゃくで煮物を作っていたので、晩御飯はこれで済ませてお酒をちょいと。

で、私は煮物が苦手なのですが、今日の煮物は食べた本人もびっくりするほどおいしかったのでした。煮加減はねっとり柔らかく、味のしみ具合もばっちり。

なんでこんなにおいしくできたのかなぁ…、いつもより高いさといも(有機栽培の)を使ったから? さといもの皮を薄く剥いたから? (普段は包丁で分厚く剥いているのですが、今日は皮むき器で薄く剥いた)、たっぷりの煮汁で強火で一気に仕上げたから? 理由は分かりませんが、近いうちにもう一度作らねば…。まぁとにかくおいしかったです。

後は、甘えびの塩辛、かぶときゅうりの浅漬け。

[][]千疋屋総本店 21:35 千疋屋総本店を含むブックマーク

f:id:NEKOTAten:20111123213532j:image

国立劇場からバスで新宿に出たので、伊勢丹によってぶらぶらし、千疋屋で目についたバナナオムレットを買って帰宅。

夫がしげしげと見つめるので(夫は見たことがない食べ物は、食べる前にただじーっと見つめることが多い)、「ヤマザキの"丸ごとバナナ"みたいなもんだよ」と言ったら、「何それ?」と言われました。

丸ごとバナナを知らないなんて…と軽くショックを受けたが、説明するのも面倒なんで「まぁ、食べなよ」と勧める。おいしいと言っていたので、よかったよかった。

Connection: close