三度の飯より任天堂

本文の一部を引用される場合は、必ず、本ページのURLを明記、または本ページへのリンクをしていただくようお願いいたします。

2011-01-21

11年3月号のニンドリ

| 22:12

あけまして最初のニンドリ。今月は840円です。

「今月は安いな」と思ってしまった自分が恐いです(笑)


その原因が「DS&Wii ソフトカタログ」。

しばらくご無沙汰でしたが、かつてのニンドリでは定番でしたね。

今までは、DSWiiと別々に出ていましたが、今回は一冊に両方載ってるようです。

さぞかし分厚いんだろうなと思っていると・・・



f:id:NEKU:20110121211021j:image

あら薄い。

(上の緑のは昨年版DSカタログです。)

DSiなんて目じゃないコンパクトさ。すごい圧縮技術だ!?


その秘密は簡単。今回のカタログは「2010-2011年版」。

10年1月から11年1月までに発売されたソフトしか載ってないんです。

1タイトルあたりのスペースも広くないし、以前のように売上データも載っていません。

これはちょっと・・・あんまり良いものではないですね。


f:id:NEKU:20110121211132j:image

ところどころこんな手抜き?もありますし。

コナミキャラゲーは何故かパッケージが載ってるだけみたいですね。


ただ 巻末に年間売上ランキングTOP20が載っており、

DSWii別々のランキングになっているので結構細かいデータが追えたりします。

気になったのは、

ゼノブレイド:16万本

バサラ3:12万本

Other M:7万本

レギン:5万本

あたりでしょうか。すべて11年1月2日までのメディクリ調べの数値です。



さて、本誌のほうは、「逆転」一色という感じですね。

巻頭こそ3DSの記事やラスストの記事がありますが、

「検事2」記事がかなりのボリューム、オールアバウトも「逆転」ですしね。

逆に今月は上記以外、目立った新作記事が無かったです。

少ないページでヘタに多数のタイトルを扱おうとするよりは、

このくらい絞ったほうがいいかもしれませんね。


連載コーナーでは、婆娑羅草紙が最終回、

新たに「二ノ国の書架」がスタートしました。


そうそう、読者アンケートの質問項目が少し変わってましたね。

特に注目は「どんな付録をつけてほしいですか?」。

とりあえず、特定タイトルの攻略冊子はつけるな、と書いておきました。



まとめ

オールアバウト:逆転シリーズ十周年

キャラかみ:鈴木利治さん(戦国無双3 猛将伝

天任家族:ドンキーコングリターンズ

まぜロジー:ゼルダの伝説 夢を見る島

楽曲魂:岩垂徳行さん(逆転検事2)

インタビュー:坂口博信さん、江城元秀さん・山崎剛さん・岩元辰郎さん、巧舟さん

sheltem3sheltem3 2012/02/07 23:51 はじめましてこんにちわ。^^

ブログやってますよろしく。^^

http://blog.livedoor.jp/sheltem2/

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/NEKU/20110121/1295615556
Connection: close