Hatena::ブログ(Diary)

日々の泡

2012-05-02

[][]ジョン・レノン対火星人

ジョン・レノン対火星人 (講談社文芸文庫)

ジョン・レノン対火星人 (講談社文芸文庫)

正直難しかった。数年前に読んだ"さよなら、ギャングたち"はリリカルでもっと面白く読めた気がするが、本書の感想として言葉にできることと言えば、暴力やエロスが全面に出てて攻撃的だなぁということくらいで、申し訳ない。