Hatena::ブログ(Diary)

気随式(映画MEMO) このページをアンテナに追加 RSSフィード

【最新記事】   【極私的推薦映画】

2007-05-03 キサラギ/Firewall/Hostel

オタク討論会

キサラギ

キサラギを含むブックマーク キサラギのブックマークコメント

http://www.kisaragi-movie.com/

 

大好きだった(C級)アイドル、如月ミキの自殺から一年。コアなファン・サイトの常連たちはそれを悼み、ハンドルネーム家元(小栗旬)の呼びかけで「追悼オフ会」を開催することに。

集まったのは家元の他に、スネーク小出恵介)、安男塚地武雅)、オダ・ユージユースケ・サンタマリア)、イチゴ娘香川照之)の、最もコアなファン5人。

初めて顔を合わした彼らだったが、ミキの思い出話に花が咲き、オフ会は大いに盛り上がる。

そんな中、「彼女は自殺なんかする人間なんかじゃない。殺されたんだ!」という誰かの発言がきっかけで、5人の男たちによる、怒濤の推理合戦が始まるのであった。次々と判明する意外な事実。しかし真相へ近づいたかと思うと新たな疑惑が生まれ、事態は意外な方向へと突き進む!いや、それほど意外じゃないけど!

 

てな感じのワンシチュエーション・コメディ

配給側は「ワンシチュエーション・サスペンス」として売りたがってるみたいけど、基本的にはコメディだな。

  

ほぼ密室劇ということで、役者の演技力が全てと言える映画。そしてそれは、なかなか成功している。特に小栗旬と小出恵介が良い。もちろん香川照之は言うまでもなく、彼ら3人がドラマを強引に転がしてみせる。残るユースケ・サンタマリアと塚地武雅も特別悪いわけではないので、キャスティングとしてはまずまず。

 

ワンシチュエーション・コメディといえば最近の佳作に『東京原発』というのもあったが、あれはテーマがテーマだけに説明的なシーンが多く、やや舞台演劇っぽい雰囲気であった。その点、本作はいわば推理劇だから、より映画的。低予算でエンターテインメントしようとするなら、こういう些末事を極限まで拡大していく展開が向いてるのだ。

 

それにしても、ワンシチュエーション・コメディとか密室劇とかいうと、日本の場合すぐに「十二人の優しい日本人みたいな…」という枕詞が付くね。プレスでも引き合いに出されてたけど、アレそんなに面白かったかね?いや面白くないわけじゃないけどさ、『十二人の怒れる男』のパロディなら『十二人の浮かれる男』(筒井康隆の戯曲)が最高傑作でしょ。映画化されてないけど。

それに三谷幸喜脚本なら、監督作でもある『ラヂオの時間』のほうが(一種の密室劇としては)はるかに面白かった。最近じゃ『スペーストラベラーズ』なんつーのも面白かったし。いつから『十二人の優しい日本人』が日本の密室劇の代表作になったんだか。

 

まあ、そんなことはどーでもいいが(いいのか)、とにかく本作も、日本の低予算映画としてはソコソコの秀作。こーゆー軽くて、シチュエーションだけで笑わせられる作品は意外と少ないからね。その脚本は『ALWAYS 三丁目の夕日』の古沢良太。監督は『シムソンズ』の佐藤祐市。ほのぼのしたコメディで暇つぶししたい向きにはお奨め。

 

ちなみに、死んだ如月ミキを演じるのは酒井香奈子。まったく売れずに死んだアイドルを演じるアイドルの心境は如何に。

 

6月公開。

 

ファイヤーウォール

| ファイヤーウォールを含むブックマーク ファイヤーウォールのブックマークコメント

ファイヤーウォール 特別版 [DVD]

ファイヤーウォール 特別版 [DVD]

 

公開時は全く興味が湧かなかったんだけど、観てみたら意外と面白かった。

ちなみにハリソン・フォードて、普段は映画を観ないらしい。理由は「映画に興味ないから」。そんな完全職人役者のくせに、仕事させるとやっぱ巧いんだな、これが。

ブルース・ウィリスの『ホステージ』やダコタ・ファニングの(?)『コール』同様、突っ込みどころは多いけど、主人公の雰囲気が良くて、意外と楽しめた。でも子役は下手。

 

ホステル

| ホステルを含むブックマーク ホステルのブックマークコメント

 

すみません。観てませんでした。なんとなく機会を逸してそのまんま。で結局DVDで鑑賞。

ものすごくエゲつないのを期待してたら、意外とそうでもなかった。あれ、拷問シーンは、もうお終い?みたいな。イーライ・ロスなら、もっとストロングなホラーも作り得ただろうに。タランティーノが悪いんだな、きっと(笑)。つーか後半を復讐劇にするなら、主人公が実は凄腕の殺し屋で…みたいな徹底した悪ノリが欲しかったなあ。なんか、いろんな面で「惜しい」映画でした。

mikimiki 2007/07/05 19:21 キサラギ観てきました。面白かったです〜。最後までキサラギの顔が出なくて、最後に出てきたときは、ちょっとズルッとなりました。が、そういう設定なんですよね。本人可哀想かも。若手の俳優さんてあまり知らなくて^_^;、小栗旬と小出恵介も知らなかったんだけど、よかったです。脚本もよくできてるなあと感心しました。

観てきた映画館で、リピートなんとかという紙を渡され、映画の半券をその紙に2枚貼ると(二回観ろということ)なんか特典があるようでしたが、2回はな〜。

NKYYSDNKYYSD 2007/07/05 19:24 おーご覧になりましたか。楽しまれたようで、よかった良かったです。「リピートなんとか」は気になりますね。なんだろ?

mikimiki 2007/07/05 21:54 えーと、手元に持ってきました。(笑){☆リピーター☆プレゼント応募用紙。本日は『キサラギ』にご来場いただきまして誠に有難うございます。本作品の公開を記念し、リピータープレゼントキャンペーンを実施します。本作品を2回以上ご鑑賞頂きましたお客差もの中から抽選で1名のかたに、(俳優全員)5名のサイン入りプレスをプレゼントいたします!!!}この劇場のみ有効です。同一回のチケット2枚は無効です。一名かよ。
ていうか、経営者のご苦労がしのばれます。。

mikimiki 2007/07/05 21:55 サイン入りプレスって何でしょう?

NKYYSDNKYYSD 2007/07/05 22:38 プレスというのは、我々マスコミや関係者向けの資料です。パンフレットみたいなものだと思って下さい。それに出演者がサインをしたものですね。たぶん経営者がもらってきたやつでしょう。

mikimiki 2007/07/12 11:40 ファイアーウォール借りて観ました。突っ込みどころ結構ありますね。最後の5分間に迎えに来てコールが…(泣)家で観ると、生活の雑事に中断されて興がそがれることが多いです。まあ、最後の5分はアクションだけでしたが。ハリソンフォードは好きな俳優さんです。ジャックって、、前にも同じ役名であったような、「目撃者」だったかな。ちなみに、彼の映画の中で一番好きなのは、たぶん、「目撃者」です。

NKYYSDNKYYSD 2007/07/12 16:53 『目撃者』でのハリソン・フォードは、ジョン・ブックですね。『刑事ジョン・ブック 目撃者』というのが邦題だったかと。ジャックは、ジャック・ライアンのシリーズだと思います。『今そこにある危機』とか『パトリオット・ゲーム』とか。あと『ワーキング・ガール』の役名もジャックでしたね。

mikimiki 2007/07/12 17:23 おーそうでした。>『目撃者』(^^ゞジャックって役名、多いですよねー。

Connection: close