Hatena::ブログ(Diary)
ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

NMA DIARY

 

2008-01-30

NMA2008-01-30

・今夜は寿司。DVD上映会速報!!

きょうは毎年カミさんがご馳走してくれる日。

ここ数年はなじみの「鮨処・佐藤」(大通西5丁目昭和ビルB1)

鮨ならぜったいお薦めの店、ランチタイムは800円と1,200円で。

さより、まぐろのはがし、あなごの塩焼き、たち焼き・・・、

熱燗と鮨で満足して帰宅の途へ。

直結している地下鉄への地下道へ降りる階段で、Kさんにバッタリ!!

一時体調を崩して「ミ○ジャ○イカ」などの店を手放し一店だけにして以来

ごぶさたしていた。たぶん3,4年ぶりだと思う。

ずいぶん元気そうだったので嬉しかった!!

きのうの日記に書いたDVD上映会の追加情報です。

『NMA history DVD上映会』

〜NMAライブで活躍したアーティストたち〜  vol.1(1983ー1986年)

2月22日(金)@ATTIC

19:00 〜 22:00

会費:¥1,300

1983年発足以来25年間137回のライブ映像のダイジェスト版と、

その中から数本をピックアップして上映します。

○今回の主な出演アーティスト/グループ

アート・アンサンブル・オブ・シカゴ(実行委員会)、

クリスチャン・マークレィ、デヴィット・モス、ジョン・ゾーン

LAST EXITビル・ラズウェル他=共催)、

小杉武久高橋悠治高瀬アキ、石渡明廣、

藤川義明&イースタシア・オーケストラ etc.

<写真は、AEC、1st. International NOW MUSIC Festival Sapporo '86 のモス&マークレイと、'85年イースタシア>

ライブおよび出演アーティストのリストはこちら↓

http://homepage2.nifty.com/nma/profile/history83-90.html

2008-01-29

・5月のライブ危うし!?

今日夕方、5月末に計画中のライブの件でブッキングをしている東京のOさんから電話。

計画しているのはまだアーティスト名は明かせませんが、ピアノサックス(韓国)、女性ヴォイスによる豪華トリオ。

ところがピアニストの○○○○さんが「6月からクラシック系のツアーで札幌Kitaraにも行くことになったので、この時期の札幌のライブは残念だけど避けたい」ということだそうだ。先日、釧路と旭川にも相談して道内は3カ所で実現する方向だが、札幌は○○○○さん抜きのDUOになるのか???

内容はかなり異なると思うので何とか札幌もと思うけど・・・。

悩ましい事態です・・・

●NMAライブ(1983ー2008)DVD上映会 vol.1

ず〜っと延び延びだった上映会、ユッキーさんから2月のATTIC空き日の連絡があったので、22日(金)で決定しスタートしようと思っています。

とりあえずは80年代の懐かしい秘蔵名場面から・・・。内容など詳細は近日またお知らせするので、ぜひぜひ予定に入れておいてください!!

また、リクエストもお寄せください!!

NMAライブの全リストはこちら↓

http://homepage2.nifty.com/nma/profile/history01-.html


●4月22日(火)は@ことにパトス で

アクセル・ドナー(tp)

マーティン・ブランドルマイヤー(percussion, vib, synth)

大友良英(guitar, turntables)

Sachiko・M(sinewave)

です。

2008-01-26

NMA2008-01-26

・きのうの「宝示戸×瀬尾ライブ」

「宝示戸亮二×瀬尾高志DUO」おかげさまで満席の大盛況かつ見応え十分の内容でした。来ていただいたお客さん、協力していただいた皆さんありがとうございました。また開演直前に席を詰めていただいたりご協力ありがとうございました。

初共演とあってスタートはお互いの様子見の感でしたが、二人のバトルは一分の隙もなく緊張感に満ち満ちながらすべてのお客さんを釘付けにし、2時間弱のライブを終えました。

ライブの詳細を途中まで書いたけど、つい先ほどマイミク関係になったマサさんが素晴らしく的確なレビューを書かれているので、企画者の僕が書くよりもそちらを読んでいただきたいと思います。

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=695362301&owner_id=9411597

深く瞑想する人、座ったままゆったりと手と上半身を動かしダンスをする人(あの動きはたぶんダンサー、パフォーマー?)、こらえきれずに笑いを洩らす人・・・それぞれ思い思いに心に脳裏に刻まれた時間を共有したことでしょう。

企画者の僕でさえも絶妙のDUOだったと思うし、僕の独断ですがこのデュオは間違いなく世界で通用するレベルだったと断言します!

宝示戸くん、瀬尾くん、ありがとう!!

開演前のミュージシャン紹介のMCを、予約のお客さんを待ってスタートが遅れていたので手短に済ませてしまったので、このライブを企画するまでのいきさつをこの場で補足します。


宝示戸くんと出会ったのは1985年2月、深夜のジェリコだった。3月のジョン・ゾーン "GAMES AMONG FRIENDS" のフライヤー配りで訪れたとき、カウンターにうつむきひとり酒を呑んでいたのが宝示戸くんだった。H大を卒業して1年サラリーマンをやったけど、もっとライブ活動がしたくて仕事を辞めたという。「ジョンのライブにきてみないか!」と誘ってジョンを見た彼は、「ジャズって好きなようにやっていいんですねっ」と言った。90年3月、大友良英の札幌初ソロライブのアンコールで共演をけしかけたところ、大友くんが「東京デビューの機会を作ります」とその秋に新宿ピットインで「梅津和時+プレイヤーピアノ+宝示戸亮二」が実現。同時期に大友自身の招聘で「デビット・モス・ジャパンツアー・札幌ライブ」に共演することになり、宝示戸は「モスに対抗するには鍵盤だけでは太刀打ちできない」と発泡スチロールやトイなどを持ち込む独自の内部奏法を考案した。以後、ネッド・ローゼンバーグ、ジョン・ローズ、姜泰煥、トム・コラなどなどNMAが招聘した国内外のインプロヴァイザーと共演を重ねる。また、評論家・副島輝人さんの紹介で初のロシアツアーをきっかけに、毎年ロシア、北欧のフェスティバルやコンサートに出かけている。

瀬尾くんが昨年10月にツアーをした高瀬アキさんと、11月に東京・武蔵野公会堂でのピアニスト十数人出演のイベントで宝示戸が連弾したというのも不思議な偶然を感じてしまう・・・。

瀬尾くんとの出会いは6,7年くらい前?彼がまだH大生当時。NMAライブのたびに「スタッフやります!何人必要ですか?」と、「3人たのむ」「5人になったけどいいっすか?」という調子でNMAライブを毎回見るようになった。3、4年前の「井野信義×斉藤徹ベース・デュオ」の打ち上げがきっかけで、彼自身で井野さん徹さんを招いてワークショップを開き、コントラバスによるアンサンブル『漢達の低弦〜オトコタチノテイゲン』を主催。また石田幹雄トリオでの活動など、ジャズベーシストの枠を超えインプロヴァイザーとしても意欲を見せていた。そして先秋ベルリンから来日した「高瀬アキ×瀬尾高志DUO」に立ち会った僕は、彼の著しい成長を目の当たりにし、数日後に電話で「宝示戸亮二くんとやってみないか?」と提案すると「ぜひやりたいっす!」というわけで今回のライブになったというのがいきさつでした。


ということで前置きが長くなりましたが、僕が言いたいのは二人に共通する大切なことで、ともに自ら視野を広げてどん欲にチャレンジする気概と行動が道を切り開いたということです。

昨夜のライブには、ミュージシャンあるいはミュージシャンを目指す若者たちも多かったと思いますが、宝示戸くん、瀬尾くんのように「拠点が札幌であろうとなかろうと音楽を求め続けることができる!」ということが実証されたライブだったというもう一つの大きな意義があったと思います。

打ち上げで瀬尾君が「アメリカでは経験したけど、次はヨーロッパへ行ってみたいんです!」という言葉が印象的で嬉しかったし、今の気持ちを強く持ち続ければきっと実現すると思う。

僕が25年間活動してきた大きな理由の一つは、彼らのようなミュージシャンに続いて次々と若い人たちが育ってくれる状況を期待し続けてきたからでもあります。

魅力あるミュージシャンと聞き手がいるところには世界中から魅力あるミュージシャンが集ってくる、聴きたいライブがもっともっと身近になる、そんなことを望んでもう少しがんばってみようと思う・・・。

二人と満員のオーディエンスに触発されたライブでした。

2008-01-23

NMA2008-01-23

・25日は『宝示戸 VS 瀬尾 DUO』と4月の予告!!

秋にベランダから居間に取り込んだハイビスカスが突如咲きました!!(写真)


いよいよ25日は「宝示戸亮二×瀬尾高志DUO」

宝示戸ファンも瀬尾ファンもそうでない人もこのビッグ対決をお見逃しなく!!

<NMA Live vol.137>

『宝示戸亮二 VS 瀬尾高志 DUO』

宝示戸亮二(piano) 瀬尾高志(bass)

1 / 25(金)@くう

札幌市中央区南1西20 LOGビルB1 (地下鉄「西18丁目」駅下車1番出口徒歩2分)

●7:30pm open 8:00pm start

●前売券¥2,500 学生券¥2.000 当日券各¥500増

  (要ドリンクオーダー)

●チケット取扱い:4プラ、大丸、ヤマハ各プレイガイド他

●共催/お問い合せ/予約

くう  011-616-7713

info@sapporo-coo.com  http://www.sapporo-coo.com/

NMA 011-742-3458

nma-1983@mbr.nifty.com http://homepage2.nifty.com/nma/


昨年11月下旬、ベルリンから来日したピアニスト高瀬アキと瀬尾高志のDUO北海道ツアーが行われ、私は札幌と新ひだか町三石のライブにピアノ調律で立ち会いました。一昨年ジェリコで「斉藤徹×瀬尾高志」ベースデュオを見てからちょうど1年がたち、瀬尾高志のインプロヴァイザーとしての意欲、大胆かつ多彩なテクニックとセンスとも著しい進境ぶりに感銘したことから、すでに十数年前から国内外でインプロヴァイザーとしての高い評価を得ている宝示戸亮二との対決をぜひとも見たいと思い、このライブを企画しました。

年令差はちょうど20才、ともにH大ジャズ研新旧対決。

事前の打ち合わせナシの完全即興演奏

予想もつかないスリリングで楽しい展開が期待されます。

ぜひ皆さんのご来場をお待ちしています!!


<profile>

すでに札幌のジャズシーンで高く評価されている瀬尾高志(1979年札幌生れ)は、日本を代表するベーシスト井野信義、斉藤徹を自ら招いてクリニックやコントラバスによるアンサンブル『漢達の低弦』コンサートを開くなど、即興音楽シーンにも意欲的に取り組み、テクニック、表現力とも著しい進境を見せている。

(瀬尾高志のHPとミクシイ)

http://plaza.rakuten.co.jp/anabiosisofjazz/

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=690489392&owner_id=671729

一方、宝示戸亮二(1959年生れ)は15年前の1993年 "ロシア・ノボシビルスク・ジャズウイーク" に招かれて以来ほぼ毎年のようにロシアや北欧などのフェスティバルやコンサートに主にソロピアノで出演。国内でも来日ミュージシャンらと数多く共演。その稀にみる独創的な演奏で聴衆を魅了し絶賛されている。

ーーーーーーーーーーーーー

●4月22日(火)@パトス

アクセル・ドナー(tp)

マーティン・ブランドルマイヤー(percussion, vib, synth)

大友良英(guitar, turntables)

Sachiko・M(sinewave)

●NMAライブ25年分のDVDが終わり、ダイジェストバージョンも進んで準備が整ってきたので、昨年から延び延びになっていた上映会を2月中にはスタートしたいと思っています。ご期待ください!!

2008-01-22

NMA2008-01-22

・こうやさんが亡くなった・・・

覚えている方も多いと思うけど、数年前までの20余年南3西4で「こうや」という店をやっていたこうやさん(小林光成さん)が、2年ほど前から闘病生活をされていると聞いていたが、きのう朝亡くなられ今日夕偲ぶ会に出席してきた。

大好きな音楽と酒を全うした人生だったという・・・

僕はライブのたびにフライヤーとポスターを持って行く程度のお付き合いだったが、いつもその場でポスターを貼ってくれ、90年代半ばまで不定期で発行していたミニコミ紙「NMA express」の広告をいつも快く引き受けてくれ、協力的に優しく接してくれたことを今も感謝している。自宅のピアノ調律も数回させてもらった・・・。

障子貼りの格子戸を開けると、やや暗めの店で長い髪を後ろで縛り黒縁の眼鏡をかけたこうやさんが、白い歯を見せてニコッと笑顔で迎えてくれた。ときどき「おやっ!」と思わせるジャズやロックのレコードをかけてくれたことからも、かなりの音楽通だったことをうかがい知ることができた。

それもそのはず、今日の偲ぶ会で知ったのだが、弔辞を述べた稲村一志や佐々木幸男らと以前はベーシストとして活動していたそうだ。

残念ながら仲間達より一足先に逝ってしまったが、57年間自分を生き抜いたことは今日駆けつけた大勢の友人達が証明していたと思う。

こうやさんのご冥福を心からお祈りします!!

(写真は94年3月発行の「NMA express」4ページ目)

2008-01-11

NMA2008-01-11

・1月4日付・北海道新聞と、ノロノロ高速道路??

12月6日の日記でご紹介しましたが、NMAライブことしの第1弾は1月25日(金)@くう「宝示戸亮二×瀬尾高志DUO」です。

北海道新聞「おふたいむ」の編集長がライブの内容に興味を示してくださって

1月4日号に掲載されました!!内容はいまいちの部分もありますが・・・

NMAの企画で札幌のミュージシャンを採りあげるのは、宝示戸くん以外では、2002年3月にエレクトロニクス・畑中正人くん(現在は東京で活動中)がハンブルグに移住する際に宝示戸くんとDUOを、昨年8月ニューヨークで修行中のののこの「ののこ・プレイズ・エレクトリック・マサダ」を企画して以来なので異例の企画です。それだけに今回のライブに期待を賭けているので、みなさんぜひいらしてください!!


今日は旭川に仕事があったので、昨年8月開店し、今月25日でスピード閉店するというマイミク・テッピーさんのワインバー「LMO」でランチをと出かけたけど、道央自動車道は天候も穏やかで路面も舗装面が出て乾いている所もあるというのに、江別から「路面凍結50キロ規制」。江別から岩見沢まで先頭にパトカー。三笠から再びパトカーに追いつき深川までの約50キロの区間を50〜60キロで走らされはるか後方まで数珠つなぎ状態。パトカーの脇にピッタリ付けて何とかクレームを付けようと試みたが、窓から手を出して「下がりなさい」と問答無用のジェスチャー・・・。

高い高速料金を払いながら一般道よりも遅い速度で走らされるのは「ナットクデキナイッ!!」状況に応じた細やかな規制を望む!!

ということで仕事の約束時間いっぱいになってしまい、ランチはそそくさと「山岡家ラーメン」で済ませ、LMOには行けず最悪!! 

パトカーのいない快適な帰り道に電話でテッピーさんの優しい声を聞き癒されました(「癒」は大嫌いな言葉ですが今日はあえて・・・)

1月25日をお忘れなく!!

http://homepage2.nifty.com/nma/info/08hojito-seo.html

2008-01-06

NMA2008-01-06

・おくればせながら・・・

あけましておめでとうございます。

みなさんよいお正月を迎えられましたか?

暮れからお正月休みにかけて、

昨年コピーが終わったNMAライブのダイジェスト版DVD制作に明け暮れていました。

タイトルやテロップを入れたりBGMを挿入したりと、1983年から1989年まで進みました。

DVDに焼くためには iMovie から Quicktime にエンコードするのですが、これが異常に時間がかかるので、先日 Apple Support Discussion のページに投稿したところ、アッと驚く裏技を教わり試してみると4〜5分の1の時間でできました。

我ながらまずまずの出来で自画自賛!時々息抜きに皆さんのミクシイも拝見しながらゴキゲンなお正月でした。

早く作業を終わらせて上映会をしようと思っているので、もう少々お待ちください。


他に X'mas からお正月にかけての出来事をまとめて日記とアルバムにしました。

妻がX'masプレゼントにhiビジョンDVDレコーダーを買ってくれる(自分も見たいので)といい、B店のチラシに「AQUOS¥49,800が23日限定5台(ポイントなし)」を狙って開店前に行ったがすでに遅し。しかし「ランクが上のこちらの商品を特別¥59,800で出してあげますよ」といわれ、予定よりも3、4

ランクくらい上のAQUOS最新機種をゲット、さらに15ポイント付いた!!

後日他店をチェックしいちばん安くてY店の¥84,800だったのは驚いた。とにかくラッキー!!結局は妻と半々出し合うという異例のプレゼントに・・・

妻は休み中映画を撮りまくっていました(笑)

X'masはともに未婚の義妹とその友人がローストチキンを焼いてきてくれて4人で過ごした。

晦日には、一月ほど前にPCのメンテナンスをしOSを再インストールしたときに、うっかりミスで大事なアドレス帳が消えてしまい、Previous Systems の中を末端まで何回も探しても見つからず半ばあきらめていたが執念深く探し出し無事復元。

2日は母の命日で由仁のお寺参りのあと、南幌温泉で4姉弟家族の新年会。

夕方札幌に戻り、近くの烈々布神社に初詣。

きのう4日は札幌珈琲工房に行きマイミクの皆さんと会い、今日はミクシイ書いて、いよいよ明日から始動です。

ことしもよろしく、良い一年にしましょう!!