積読も読書のうち? このページをアンテナに追加 RSSフィード

2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 03 | 06 | 09 | 10 |
2011 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |
超簡易版・小説感想過去ログはこちらから。

2013/06/08 (土) デュレンマットは他の作品も読ンでみたいぞ

デュレンマット「失脚/巫女の死」



いつもの列車は知らぬ間にスピードを上げ……日常が突如変貌する「トンネル」、自動車エンストのため鄙びた宿に泊まった男の意外な運命を描く「故障」、粛清の恐怖が支配する会議で閣僚たちが決死心理戦を繰り広げる「失脚」など、本邦初訳を含む4編を収録。


おお、これはすごいぞ。


4編から成る短篇集なのですが、どれもこれもバリエーションが異なるクセの強い作品ばかりで実にワシのツボをつく内容でありました。日常から突如非日常に変化する不条理幻想小説の味わいの「トンネル」、登場人物全てが記号表現される実験小説手法粛清の恐怖を描写し安定のオチに到達する「失脚」、ハイテンションで繰り広げられる擬似法廷によって到達するある真実故障」、ギリシャ神話モチーフした世界観にて割と適当託宣を下してた巫女の死の間際に展開されるオイディプス王と愉快な仲間たちの悲喜劇巫女の死」。全て一筋縄ではいかないお話だけどすげぇ面白くてびっくりですよ。個人的にはとりわけ「故障」がツボ。


1000円とちょいと厚さの割にお高いですが、クオリティハンパないので値段分以上に楽しめること請け合い。これはオススメですぜ

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/NOBNOB/20130608