Hatena::ブログ(Diary)

日本は危機的な状態です!

2012-04-13

北朝鮮のミサイルは撃墜された?


↑↑↑始めにクリックよろしくお願いします!

 さて、北朝鮮ミサイル発射実験失敗とのニュースが世界に流れた。

北朝鮮は13日午前7時39分、人工衛星打ち上げと称して予告していた長距離弾道ミサイル発射実験を実施し、失敗した。ミサイルは同国北西部の東倉里から発射。防衛省幹部によると、ミサイルは1分間以上飛行し、高度120キロ付近で空中分解した。うち1個が韓国西側の黄海の予告海域に、7個の破片が東側の洋上に落下した。藤村修官房長官記者会見で「失敗したとの判断だ」と明言した。

 日米韓は過去の国連安全保障理事会決議違反と非難。安保理は13日の緊急会合で対応を協議する。11日に事実上の最高指導者である第1書記に就任した金正恩氏の威信は大きく揺らぎ、新体制への打撃となる。(2012/04/13 共同通信)』(http://www.47news.jp/CN/201204/CN2012041301001113.html

 今回の発射実験をアメリカは厳重に監視していた。嘉手納基地には弾道ミサイル発射監視機RC−135コブラボールを3機展開させたほか、空中給油機も配備し、常時哨戒体制が構築されていた(http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00221121.html http://www.sponichi.co.jp/society/news/2012/04/12/kiji/K20120412003029990.html)。アメリカは、ミサイルの発射を偵察衛星で探知し、発射後のミサイル弾道を完ぺきに追跡、予測する準備が出来ていたのだ(http://d.hatena.ne.jp/navi-area26-10/20110125/p6)。

 そんな厳重な監視下での発射である。果たしてアメリカミサイル発射を見守っただけだろうか?

 アメリカミサイル迎撃のための秘密兵器を持っている。AL−1エアボーンレーザーと呼ばれるものである(http://www.f5.dion.ne.jp/~mirage/hypams01/al-1.html http://ja.wikipedia.org/wiki/AL-1)。

 通常のミサイルは、着弾する直前には速度が上がっていて撃墜しにくいが、発射直後の段階ならば、まだミサイルが加速していないため撃墜しやすい。AL−1は、そうした発射直後のブースト段階のミサイルを早期に迎撃するシステムである。アメリカは、既にAL−1によるミサイル撃墜実験にも成功している。液体燃料を使用する北朝鮮ミサイルは、固体燃料を用いたミサイルよりレーザーでの破壊は容易である。

D

 エアボーンレーザーの射程は数百キロと言われる。今回、北朝鮮ミサイルは高度120〜150キロで爆発したらしいが、充分射程内にあると思われる。

 アメリカは、かつてキューバカストロを失脚させるため、様々な権威失墜作戦を企図したことがある。例えば、LSDを噴霧して滅茶苦茶な演説をさせたり、脱毛剤で髭を落とすと言う荒唐無稽な計画まであった(http://www10.plala.or.jp/shosuzki/history/cuba/306.htm)。今回、北朝鮮ミサイル発射が失敗すれば、金正恩の権威が低下し北の新体制にとって大きなダメージになるし、何よりミサイル開発を遅らせることにもつながる。それは直接、アメリカの利益となる。もしミサイル発射を失敗させられるなら、願っても無いチャンスではないか?

 アメリカはAL−1の開発を中止し、モスボール処理すると昨年末に発表しているが、AL−1の現在の動向は不明だ。開発中止の情報そのものが欺瞞の可能性もある。AL−1はRC−135コブラボールに機影が似ている。コブラボールの展開空域には、空中給油機も待機しているし、もし米本土から直接飛来したAL−1が、RC−135にまぎれて活動すれば、レーダーで監視している中国ロシア、そして北朝鮮を欺く事も可能であったろう。

 北朝鮮ミサイルが高度100キロを越えてからレーザーで迎撃するのは、少し高度がありすぎるような気がするかもしれない。だが、ミサイルが地上に落下せず、海上の回収不能な場所に落下するようにするためには、発射からある程度、時間をおかなければならない。また、北朝鮮に迎撃を気付かれず失敗したと思わせるためには、北朝鮮光学観測では検知が難しい領域で破壊する必要がある。それが高度120〜150キロではなかったか?

 今回のミサイル発射失敗は純粋に北朝鮮の失敗であったかもしれない。だが、アメリカは、今回の様なケースでは、ミサイル発射があたかも失敗したかのように見えるように撃墜する能力を持っている。そして、それを秘密裏に計画・実行し、実行した後は、実行したことについて完全に秘密を保つ能力をも、持っている。

D


<世界のミサイル・ロケット兵器>


<人気ブログランキング>


人気ブログランキングへ



(リンク)

http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-4614.html 

http://whisper-voice.tracisum.com/?eid=366

http://d.hatena.ne.jp/kata-san/20120414/1334331763

http://nihonnococoro.at.webry.info/201204/article_9.html

http://blog.tukuyomi.com/?eid=864980

coffeecoffee 2012/04/14 18:37 迎撃なんてナンセンスです。
膨大な無駄です。
私は、税金の無駄遣いだし、米国に日本の技術を吸い取られるのでやめるべきだと思います。

NOFNOFNOFNOF 2012/04/14 19:05 coffeeさん、ミサイル迎撃は攻撃が事前に予期される時以外、使い物になりません。奇襲的意図に対しては全く無意味です。仰るように無駄になります。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト