Hatena::ブログ(Diary)

日本は危機的な状態です!

2015-12-02

ロシア新型戦略核魚雷の脅威!


↑↑↑始めにクリックよろしくお願いします!

 MDシステムでは核の脅威を防げないとロシア専門家が語った。その理由は、ロシアが開発中の新兵器にある。ロシアは、この兵器について意図的に暴露したようだ。

ロシア大統領府のペスコフ報道官は火曜夕方の会見でロシアの一連のテレビ局が海洋多目的コンセプト「ステータス6」のに関する情報を映り込ませてしまったことを明らかにした。このコンセプトの入手情報について、戦略技術分析センターの専門家、ヴァシーリイ・カーシン氏はラジオスプートニク」の特別インタビューに答え、次のような分析を明らかにしている。

 ロシアの設計する新たな核兵器システム「ステータス6」という名称の巨大な戦略魚雷。描写からこの魚雷は沿岸都市や海岸沿いの施設へ核攻撃を行なうためのものであることがわかる。魚雷は1万キロという途方もなく長い射程距離をもち、事実上これは、水深1000メートル近くをハイスピードで移動する核兵器を搭載した無人潜水艦になぞらえることができる。

 魚雷の開発情報が現れる前にプーチン大統領はいかなるMDをも凌駕する兵器の開発に取り組んでいることを明らかにしていた。全体から察するに魚雷に関する作業はまだ初期段階にあり、その生産は2025年より前には始まらないだろうと予測できる。エネルうギー仕様の形など、設計の多くの重要部分は現時点では明らかにされていない。魚雷運搬手段となるのは現在建造中の潜水艦「ベルゴロド」や「ハバロフスク」となるだろう。

 こうした魚雷を作る構想自体はそう新しいものではない。有名なソ連科学者で政治的抑圧を受けたことで知られるアンドレイ・サハロフ氏は1960年代、戦略魚雷T15を指示した。これは100メガトンという非常に強力な弾頭をもつはずだった。これだけの弾頭があれば海岸近くの都市を破壊できる巨大な津波を引き起こすには十分だとされていた。冷戦の最中でさえ、こうした構想はソ連指導部には人間離れしたものと受け止められ、実現化はされていなかった。おそらく「ステータス6」の場合はより出力の低い魚雷ではあるものの、非常に発見しにくく、より長い射程距離をもったものだろうと予想されている。

 MDにどれだけ投資しようと、米国は新型の潜水型の脅威からは自国を守りきれないだろう。理論的には機械自体は発見し、殲滅することができるが、そのためには仮想敵国海岸線沿いに対潜水艦防衛システムを配備するため、巨額の追加投資を行なわざるを得なくなる。

 大陸弾道ミサイルと対抗できるほどの射程距離をもった潜水機器「ステータス6」はいかなる軍縮合意、軍備コントロールのカテゴリーにも相当しない。魚雷自体は核が装填されておらず、現在ある国際規範観点から自由に使用が可能。原則的にはロシアはこうしたシステムを(もちろん核弾頭の無い状態でだが)、たとえば中国インドなど自国のパートナー国に自由に渡す可能性も有することになる。ロシアの主要都市は大陸内陸部または海岸部だったとしてもバルト海黒海など大洋から孤立した海域の沿岸部にあることから、こうしたクラスの兵器が広く用いられたとしてもロシアの安全は揺るがない。

 しかも標的に達するまで数日ないしは1週間を要すこうしたシステムは、その製造は理論上は戦闘上の課題から呼び起こされた可能性がある。魚雷は紛争が核の使用段階に達する前、紛争エスカレーションの初期段階で発射され、その間に紛争の正常化が図られれば、魚雷には自滅司令を送ること行なわれることが想定されている。(2015年11月16日 Sputnik日本)』(http://jp.sputniknews.com/opinion/20151116/1176100.html

 これは新たな脅威である!


 ロシアによれば、このステータス6により『海岸部に位置する敵の経済施設を攻撃し、確証的かつ受け入れ不可能な損害を与え、周辺地域放射能汚染させ、長期にわたり漁獲その他あらゆる経済活動および軍事行動を行えないようにする』ことが出来ると言う(http://jp.sputniknews.com/russia/20151112/1156993.html)。

 核魚雷であり水中を推進してくるため、潜水艦と同じで探知が難しい。現時点では、奇襲的に使用された場合に邀撃が極めて難しいと思われる。

 特に日本のように四方を海に囲まれた国では、仮にこうした兵器で大規模港湾を全て破壊されてしまうと、経済活動の持続が致命的に困難になる。大型船を受け入れる港が無くなるからだ。

 日本はMDシステムに過度の投資をしているが、MDは対空ミサイルなので、水中から迫るステータス6の攻撃に対しては完全に無力である。

 当ブログでは核武装を主張しているが、効果的に核の脅威に対処する為には、やはり抑止力として核を持つ以外に無いのだ!


 

潜水艦の戦う技術 現代の「海の忍者」――その実際に迫る  新書>


<日本も核抑止力を持て!、クリック宜しくお願いします。 m(_ _)m>


人気ブログランキングへ


(リンク)

http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6043.html

coffeecoffee 2015/12/02 23:05 もともとMDは全く役に立ちません。
ロシアは、自分ができないばかりに、MDを過剰評価しているくらいです。

http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-4553.html
2007年12月18日、フィリップ・コイル元兵器運用・試験・評価局長
(ハワイ沖で、イージス艦「こんごう」が迎撃ミサイル「SM3」の発射・迎撃実験に成功したことについて)

「実験はお膳立てされたもの」

「米国と良い関係を維持するために数千億円を無駄に費やす必要などない」

「MDなんて、あまりにも現実離れしている」

NOFNOFNOFNOF 2015/12/03 08:47 coffeeさん、確かにMDシステムでは、現状でも気休めの効果しか期待できないですね。核武装して核抑止力を持つことでしか、他国の核の脅威に対処する方法は無いように思います。

Suica割Suica割 2015/12/03 18:46 水中は考えていませんでした。
確かにこれなら、MDは役立たずです。

しかし、思うのですが、核にみんなこだわりすぎです。

核のように国際法のしばりを受ける事無く、相手が嫌がり、交渉に乗らざるを得ない何かを作るべきです。

それなら、監視を潜り抜け、強力な何かを作り出せますし、廃棄をさせられる前にばら蒔いてしまえば、誰も無くすことを考えません。

これでロシア、中国と格段に異なる条件の違いが無くなります。

まあ、MDは私的には、効果はあるとは思いますよ。
本当に脅威ではないならば、左翼団体が配備反対したり、ロシアが東欧にシステムを配置することに強硬な反対をしませんから。