Hatena::ブログ(Diary)

novtan別館 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2008-04-25

放送業界の陰謀

放送業界は包括契約でも痛くもかゆくもない。もはや流れる楽曲はシステム化され管理され、使用した楽曲の明細を出すことなどお茶の子さいさい(死語だと思ったら携帯の辞書に入ってた)である。何しろ流すのはそのシステムを利用した特定の誰かなのだ。

「しかし、ニコニコの奴らはユーザーが勝手にアップロードする動画内の楽曲を管理できまい」

「そうですな、ふふふふふ」

「包括契約など時代錯誤。次の世代も我々の元に主導権があるべきなのだ!」

…一方そのころ

「楽曲マッチングシステムと解析用DB出来たよ〜」

「ごくろうさん。最近HDD安くて助かるわ。そのうち全世界のCDが一台に収まるんじゃね?」

「それにしても、似てるけど違う曲を検出するためのチューニングが大変でしたよ〜にてる曲大杉」

「それだ!次のサービスはパクリ自動解析システムとかどうよ!おもしろくね?」

「夜道に注意じゃないすかそれ?」

ここに次世代著作権管理団体の萌芽が芽生えたことに、まだ誰も気づいていなかった…

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/NOV1975/20080425/p4
Connection: close