Hatena::ブログ(Diary)

novtan別館 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2008-06-08

当事者じゃなくなればとたんに観客になる人々ってなんだかなあ

仕方ないのかも知れないけど。不謹慎というつもりはないけれども。戦場カメラマンが「そんなすごい写真が撮れるなんて、お前はずいぶん人を見殺しにしたんだな」という汚名を着ながらも報道の使命を果たす精神とはかけ離れているようにも思えます。

女性によると、現場で直接写真を撮影した男性が「捕まったぞ」と叫ぶと、周囲には携帯電話を差し出し、「コピー」を求める人だかりができたという。

ページが見つかりません - 毎日新聞

ほとんど記念撮影のノリ。もっとも、既存のメディアも大した違いはないようだけどね。

サスケットサスケット 2008/06/09 02:50 これはなあ……大事件を酒の肴にするというのはもう昔から存在している野次馬根性なのでどうしようもないとしても、
そこまで見知らぬ人とわくわくてかてか…じゃない、(間違っていないようないもするけど)和気あいあいとしなくても


でもつい興味深く関連エントリ見回ってしまう私の精神も五十歩百歩なのかもしれません。
このニュースほどのことはしなくても、「コピー」の需要があるわけで。
まあ、全く無関心でいるべきという意味ではないのですが、自戒自戒

VossVoss 2008/06/09 04:16 戦場カメラマンは自分も命を落とすかもしれない、という覚悟の上で仕事をしています。ミャンマーの長井建司さんのように。事件現場に居合わせた人たちは、遠巻きで安全地帯にいたわけで、そんな覚悟なんか微塵もないですよね。

NOV1975NOV1975 2008/06/09 06:54 >サスケットさん
そのへん指摘された向きもあります(http://d.hatena.ne.jp/naoya_fujita/20080608)が、現場でwktkはまあ仕方がないんですよね。
ただ、コピーしてまで持ち帰ろうと言うのがよくわからんというか。僕だったら自分で撮れなかったら諦めるけど。

>Vossさん
まあ、そうはいっても、「一歩間違えたら自分が死んでた」となればその犯人を一目見てやろうとかそういう気持ち自体はおかしくもないと思います。
問題はその後なんだよなあ。

bb 2008/06/09 10:19 昔から人間こんなんばっかでしょ。
ネットや携帯カメラがあるから簡単にできるようになっただけで。
昔はそれをマスコミにまかせっきりにしてたわけです。

死んだ人もいるのだからそれは自重・自粛しろというけどなんでしなけりゃいけないのか、説明できる人は少ないと思う。

なまえなまえ 2008/06/09 13:58 問題の本質とズレるけど、こういう写真って撮影者の了解なく新聞に載せていいんですかね?

NOV1975NOV1975 2008/06/09 20:45 >bさん
まあそうなんですけどね。改めて考えるいい機会というか。

>なまえさん
新聞に載ったのは許可取ってるんじゃないですか?テレビを見てたときは、一般の人提供の映像とかテロップ出てましたし。

くらさんくらさん 2008/06/10 12:53 この決定的瞬間に偶然にも居合わせることができたのだから、
この状況をできるだけ撮ってwebなどで公開して自分を誇示したい、という思いは
加藤智大容疑者のそれと大して変わらないのかも知れません。

ただ、自分もその現場にいてたらどういう行動を取っていたか分かりません。
一種の興奮状態におちいってしまうとは思いますけれど。

NOV1975NOV1975 2008/06/10 21:24 >くらさん
大半の人は公開ではなく、身内用、また、こんなに大きな事件だとは思ってなかった、と信じたいです。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証