Hatena::ブログ(Diary)

novtan別館 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2012-05-24

善意で始める危険

昔ちょっと偉そうなことを書いて炎上しかけたことがあるんだけど、まさかその時怖いなって思っていたことがサービス化されるとは思ってもみなかったなあ。

U2plus | うつ病症状の予防と回復、再発防止をサポート

結構前からやってたのねこれ。これだけでもちょっと微妙なのに、こんどはこれですよ。

ホットペッパーのクーポンにより何回払いかが決まる銀座カラー

なんと、鬱っぽい人に「お前うつじゃね?」ってメールを送りつけてさらに追い込むというサービス!なんて恐ろしい子…

しかもさ、これがStudygiftがらみでお騒がせのlivertyが絡んでいるという…

昔、成功体験では人は救えない - novtan別館でも書いたことだけどさ、個人の知見ってのは実際にはものの役にも立たないようなことがほとんどで、体系化・理論化して実践しないといけないものばかり。果たしてこれは何の知見に基づいて診断されるの?そもそも医師のサービスじゃないんだよね。普通の病気と違って医者による診断以外が禁止されている(厳密に言うとNGなんだろうけど極端に禁じると人生相談もできない)わけではないから、適当なこと言ってu2plusの顧客として誘導するってことが出来ちゃうよね。

というわけで、やってみた。

「うつ通知サービス"うつっぽ"からのご連絡です。」

うげ…うつ通知サービスとな…なんと恐ろしい。しかも匿名の友人から「お前うつじゃね?」というメッセージが来る…

本文は転載になるので書きません。みなさん捨てアドで確かめてご覧ください。

さらに、診断サービスを受けてみた。

ここに書いてしまっていいのか分からないけどどうせみんなやるでしょってことで。質問は五つ。いつも、たいてい、ときどき、少しだけ、全くの5段階を選択。

  • 神経過敏に感じましたか?
  • 絶望的だと感じましたか?
  • そわそわしたり、落ち着きなく感じましたか?
  • 気分が沈みこんで、何が起こっても気が晴れないように感じましたか?
  • 何をするのも骨折りだと感じましたか?

全部少しだけにしてみると…

5点〜9点
うつ、あるいは不安の注意報50%の確率です。
休日は気晴らしの外出よりも、ゆっくりお休みした方がいいかもしれません。
うつの予防をするサービスを利用したり、うつの知識を得ておくと良いかもしれませんね。

何点満点じゃこりゃ。なんどか試してみたけどどうも各選択肢が4〜0点っぽい。で、他のリンクもあるとはいえ、予防サイトとしてのu2plusに誘導してと。まったくよい手法ですね。お前はうつだと通知し、診断で追い込み、サービスに金を払わせる。もちろん、今僕は悪意のある書き方をしています。でも、当事者の理想がどうあれ、これはそういうものだ。

このサービスを提供している人がこんなことを書いている。

最後に、自殺の責任はだれもとれません。

うつの問題に関わろうとするとき、必ず自殺の可能性は起こりえます。

医師も、カウンセラーもみな「自殺させてしまった」という経験を持っているでしょう。

U2plus.jpのサービスでは幸いにしてまだ自殺の報告はありませんが、

サービス開始前から、利用者に自殺者がでることは想定しています。

しかし「自殺リスクがあるからやらない」からこそ、

民間でうつに積極的に取り組む企業がなく、サービスの選択肢が増えないのではないでしょうか。

企業としての法的な問題とは別にして、

東藤泰宏個人として、

「例え自殺者がでても、ひどい現状を変えられるのなら、誰かの助けになるのなら、罪を負ってもやる」

と覚悟しています。

お探しのページは見つかりませんでした。 - はてなブログ

なぜ、医者やカウンセラーが「自殺させてしまった」という経験を持っていることがこのサービスの免罪符になるのかさっぱりわかりません。うつに関わって結果として自殺が発生することにおいて免罪されるのは、あくまでそれが「止められなかった」ことだったからという一点においてだけだと思います。つまり、きっかけを与えたり、追い込んだりすることはNGですよね。「自殺者が出る」という言葉は多少なりとも「このサービスが原因で」自殺をする人が出たとしても、というニュアンスがあるように思えますが、だとしたらダメ絶対。それこそ免罪されない罪であって、負って負いきれるものではありません。交通事故で人を引き殺してもいいからこの輸血用血液を間に合わせるんだ!的な。

責任はだれも取れない、という無責任な前提を元に、罪を負う覚悟をするなどどう考えても自己陶酔的な何かですよ。

ここには絶対的な善意があるとは思うんですよね。だからこそ、それは危険なことだし、慎重にやらなければならない。studygiftだってそうだけど、善意に依拠したやり方は、もっとも素晴らしくて、でも、もっとも悪いことだと思うのですよ。

うつかもしれない人を心配して、少しでも早いうちになんとかしたい。それ自体はとても共感できるし、素晴らしい。でも、あのメールがうつっぽいときに送られてきたら、とんでもなく暗い気持ちになります。もしかしたら、反発して目をそむけてしまうかもしれない。それが人を救うことになるのかな。そして、メールを送った人は、人助けしたいい気分かもしれませんが、匿名でメールを出してしまった以上、相手に直接的なアプローチもやりづらくなってかえって事態は悪化するかもしれませんよ?

追記

増田なんで話半分としても

俺、試しで申し込んだら断られたし。

なんか、俺達には治せそうにないからお断りします、みたいな文面がメールで返って来たのを覚えてる。

はてな匿名ダイアリー

誘導しといて断られるかもしれないとかないわー鬼畜だわー。

うつかもしれないという得体の知れないメールが来る→でも心当たりあるから診断してみる→注意報が出てU2plusに入ろうとしてみる→無理です治せそうにないです→世界に味方がいないことに絶望し自殺

とかなったら最悪だ

// 2012/05/24 23:36 うつかもってメールを受け取って暗い気持ちになると思うのは何故ですか?

Pz-4Pz-4 2012/05/25 03:57 なぜ暗い気持ちになるかって?
匿名でそんなメール受け取った日には、実は自分は周りにそういう目で見られてたのかと、それぐらい誰でも想像できると思うんですがね。
うつっぽでちょっと自分宛てにメールしてみなさいな。

ななしななし 2012/05/25 06:16 ああ、まさに今日ここからメールが届いて、不眠で苦しんでてせっかく寝られたと思ったら二時間後に叩き起こされました。

「気のせいならいいのですが、友人として、どうしても心配なことがあるんです。
わたしが最近のあなたを見ていると、ストレスをため込んでいるように見えます。すこし無理をしていませんか?
思い過ごしならいいのですが、すこしリラックスされるといいのかな、と感じています。」

という余計なお世話な満載メールを早朝に送りつけられる身にもなってください。
毎日入眠するのに必死です。一度寝たらなんとか5時間は寝られるように願って入眠してるわけです。
睡眠薬などで治療してもなかなか効果が出ず、毎日毎日必死で寝るけれど満足のいく睡眠が取れずに出社して、もうふらふらでキツいです。
おそらく鬱で仕事をしている人は誰しも抱える悩みだと思うんです。
それなのに早朝に平気でメールを送ってくるというのは、もう、本当に本当に腹が立ちます...

////// 2012/05/25 11:09 > /
やっぱりこういう風に、気持ちを分からない人も大勢いる。
開発メンバーのなかにも気持ちが分かる人が含まれているとは思えないですね。
私は一人暮らしでうつがひどいとき、実家からNHKのうつ特集を録画したDVDが送られてきました。
いったい私にそれをどうしろというのでしょう。
数年前の話ですが、未だにDVDは見ていません。覚えてないですが、捨てたかもしれません。
この記事を読んでそれを思い出しました。

123123 2012/05/25 12:02 難しいなと思うのは、わたしはこんなメールが送られてきたら絶望するし誰とも会いたくなくなって疑心暗鬼になるし鬱が加速する気がビンビンしますが、鬱の人の中にはこれで「私だれかに気にかけてもらえてるんだ…嬉しい」ってなるタイプの人も(割合は不明にしろ)いるんですよね。
その子はボダっぽい子だったので、「鬱」の種類によるのかなーと思います。
決して言えない。
なので、一概に「これは余計な御世話だ!」とも言い切れないけど、
相手がどちらのタイプかは正直周りの人に見極めは難しいと思うから、気軽に「このサービスいいよ!使ってみて!」とは決して言えないなーと。

みずたまりみずたまり 2012/05/25 15:13 身内に一人、ウツを患う者がいます。
最近は調子いいみたいだけど、遠距離なため、本当の様子はわからない。
そこで、もしこのサービスを使ってみたら?と想像したけれど、
本当に困っている人、本当に心配している人、本当に大事な人に対しては使えないツールだと思った。
本当に大事なら直接電話なり、会うなり、連絡を取る。匿名なんぞ使わず。
けれども、心配だけど、あたしが言ってるってなると、角が立つ(?)なぁとか思うくらいなら、言わない方がいい。
もしも自分がすっごい落ち込んでる時にそんなメール着たら、気持ち悪くて仕方ないんだけれど、
作り手の人は、そういう想像がないんだろうか?

ウツの人間をすくいたい!っていう善意だろうけれど、
ただのおせっかい。有難迷惑ってやつでしょうか。

自分も過去に鬱になり通院したことがあるから、言えることなのです。

ただ、私はほっといて欲しい、っていうタイプだった。
反対に、こういうメールでも構ってほしいと思う人も、いるかもしれないから、
厄介。
誰でもOKなサービスじゃないと思います。

患者A患者A 2012/05/25 20:27 うつ患者です。
「うつっぽ」は絶対NGです。

他社の自殺の「罪を負う」とは具体的にどういう行動のことを指すのでしょうね。
絶対に何もしないはずです。

無責任極まりないですよね。

ファラオファラオ 2012/05/25 22:51 善意でなく、狂気。

東藤東藤 2012/05/25 22:52 立案者の東藤です。
うつっぽにつきましては、様々な意見のもと、随時修正を加えているところです。
追ってこれまでの議論や問題点、改善内容などをどこかで公表させていただきます。

ただ「うつの予防と回復をサポート, みんなで行う認知行動療法 | U2plus」に関して。
>結構前からやってたのねこれ。これだけでもちょっと微妙なのに、
こちら、微妙な点を具体的にお聞かせいただけないでしょうか。
実際にご利用されている方の多くからは好評をいただいています。
改善すべきところがあれば参考にさせていただきますので。

>俺、試しで申し込んだら断られたし。
>なんか、俺達には治せそうにないからお断りします、みたいな文面がメールで返って来たのを覚えてる。

これは、極度に抑うつ度が高かったか、他の精神疾患を併発されている方のケースです。
サイト上で「低〜中程度のうつ症状」と明記していたので、問題ないと考えています。

東藤東藤 2012/05/25 23:42 主題は「地獄への道は善意で舗装されている」ということだと思います。
が私の善意云々ではなく(私信公開は、要請に応じたまでなので)サービスとしてどうか、ということだけが問題ではないでしょうか。
そして今回のサービスは、拙速で至らない点がありました。
その点反省しています。

Pz-4Pz-4 2012/05/26 04:33 なんで素人に改善点を尋ねるんだ。
なんで専門家をあてにしないんだ・・・。

NOV1975NOV1975 2012/05/26 10:51 返答用エントリ書きました

774774 2012/09/02 23:19 というか医師でも心理士(これすら国家資格ではないが)でもない藤藤は責任すら取れないと思うのだが。
システム的には、セラピストは実名開示が推奨されていて、なんかあった場合はセラピスト自らが責任負う可能性
があります。料金を徴収している以上「業として」サービスを提供しているとみなされますが、セラピストの大部分ははボランティア
ですので、かなーり微妙な問題が未解決のまま残っています。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/NOV1975/20120524/p2